• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年04月02日

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.7 走行ログ分析 ヘアピン

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.7 走行ログ分析 ヘアピン 浜松なう。

明日からずっと雨なので、今日はビートで出勤してROMの挿し替えとテストをしたかったんだケド、昨日の仕事が夜遅くまで終わらなくて帰阪できなかった。。。



2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28」の自己ベスト 1:04.970 の反省会続き。


ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー
ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.4 走行ログ分析 3~4コーナー、S字1つ目
ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.5 走行ログ分析 S字2つ目~3つ目
ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.6 走行ログ分析 アドバンコーナー

の続編。


走行動画はこちら。



解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)


※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。




■セッティング、環境

気温11.8℃程度、湿度32%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14(使用1年半、サーキット走行10回目←ただし4回雨、フラットスポット有)
R:175/60R14(サーキット使用2回目)

空気圧
 F: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)
 R: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

スプリングレート
F:6k
R:7k

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:3段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230



■ヘアピン



緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


毎度のことだが、1Lapの終盤に近づくにつれ、GPSログの誤差が大きくなる。

立ち上がりは、ログとほぼ同じだが、進入は赤い~のん!?さんもコースのアウト側を使っている↓



赤い~のん!?さんのヘアピン進入手前のシフトダウン部。



緑: mistbahnのヘアピン進入手前のシフトダウン部。ここもシフトダウンを終わらせてからのターンインとしているが、どういうアプローチが最適なのだろうか?




また、ログとは異なり、クリップ部では「珍しく」赤い~のん!?さんよりも緑: mistbahnの方がガッツリ縁石を踏んでいる。(12/29のログに対して、赤い~のん!?さんから頂いたアドバイスをかなり意識した)




赤い~のん!?さんのクリップ部。



緑: mistbahnのクリップ部。
そして、これも「珍しく」、赤い~のん!?さんよりもステアリング蛇角が小さい。






緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


↑ヘアピン手前では赤い~のん!?さんの車速が伸びているが、ブレーキング位置をコース図にプロットシてみると、緑: mistbahnとほぼ同じなため、レイトブレーキングされているワケではなく、アドバンコーナーの脱出速度の差なのかなあ?



緑: 今回(2/28)のmistbahnは、茶: 前回(12/29)の反省(どのコーナーでもボトムスピードは高いケド、立ち上がりで加速できていない)を踏まえ、今回はシッカリと減速して向きを変え、立ち上がりでリアにトラクションをかけることを意識した・・・・・

・・・が、ボトムスピードが低すぎる。



結果として、「早めに向きを変える」ことには成功し、立ち上がりの加速は茶: 前回(12/29)より改善されているが、立ち上がりに「余裕」があり過ぎて、アウト側のコース幅いっぱいを使う必要がなくなってしまっている。

動画で確認しても、コース図のログのように、立ち上がりで外側の縁石を踏んではいるものの・・・





↑立ち上がりにおける赤い~のん!?さんのステアリングをニュートラル位置に戻されているポイント。



緑: mistbahnのステアリングをニュートラル位置に戻しているポイント。(この後、無駄に車体を左に寄せている。。。

ここでも「珍しく」、赤い~のん!?さんよりもステアリング蛇角をニュートラルに戻している位置が手前。
そもそもの蛇角が小さかったこと、ボトムスピードが低かったこと・・・に因るものかな。


他のコーナーではボトムスピードが低くても、このあたりダメなので、ヘアピンはまあまあなのかなあ?




・・・続く。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2015/04/02 08:54:31

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/08/02 19:23
鈴鹿南7/21解析編の続き。 明日から出張続きなので、REV鈴鹿フルまでに完結できそうもないなあ・・・。 (2/28の分析もヘアピンまでで止まってしまってるので、今回は、REV鈴鹿フルが終わってか ...
ブログ人気記事

箱根にプチ旅行...仕事でトンボ帰 ...
こいんさん

今宵はパンに合わせて #料理 ...
どんみみさん

アルペンジロー レトルト
RS_梅千代さん

ニックネーム改名📝🆕
SURF808@styleworksさん

有名なくずもち
銀鬼7さん

気になる車・・・(^^)663
よっさん63さん

この記事へのコメント

2015/04/02 10:29:30
レースを長くやってたら、インを締めるラインを取ることが多くなったような気がします。
教科書的なアウトインアウトのラインってインががら空きに見えるんですよね。
インを差しやすいので歓迎ですけど。笑

ライン図見てたら、ピンク線がオーバーラップしてるように見えたので。。。
コメントへの返答
2015/04/02 19:13:13
タイムアタック以外のバトルってちゃんと経験したことがないんですよね。
烈ビートで大勢のビートと走っていても、私は他車とのデッドヒートはしていないので・・・

あ、でも、レンタルカートでは遅いクルマをパッシングする必要があるのでインを挿したりクロスラインを取ることは多いですね。

最近カート行ってないので悶々としてます。。
2015/04/02 20:42:08
こんばんは、このコーナーはデフなしの僕にとっては辛いところですね。なので、僕の場合はボトムを高くする走り方をしてますね。ちなみにボトムは42.5キロでした。
ボトムを高く維持するのは、ブレーキを遅らすというイメージを持ち気味ですが、実際は逆で、早めのブレーキングで早めにアクセルを開けながら車速を維持するという走り方ですね。といっても、実際はクリップ手前まではブレーキ残してますけどね。
コメントへの返答
2015/04/02 21:40:22
LSD無しでのあのタイムは本当に驚異的です。

今度、是非、ログ採らせてくださいm(u_u)m

「ボトムを高く」は「旋回円を大きく」でもあるんでしょうか?やっぱり。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.