• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年07月31日

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.7 アドバンコーナー

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.7 アドバンコーナー 3日間、横浜に出張に行ってたので、解析作業止まってました。。。
8/6のREV鈴鹿フルに向けて、頭をフルコースに切り替えなくちゃイケナイのだケド・・・


ここまでのブログエントリ。

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.1

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.2 mistbahn 車載動画 1:06.762

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.3 赤い~のん!?さん 車載動画 1:04.164

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.4 走行ログ分析 1~2コーナー

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.5 走行ログ分析 3~4コーナー~S字1つ目

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.6 走行ログ分析 S字

あと、御参考までに、赤い~のん!?さんの当日ベスト1:04.164の直前Lap、1:04.361の動画もYouTubeにUPさせて頂いております


■セッティング、環境

気温:32℃、湿度:67%

タイヤ
 フロント:Z2☆(サーキット使用3回目)
 リア:Z2(サーキット使用5回目)

バネレート
 XCoils
 フロント:7k
 リア:8k + φ19スタビライザー

減衰
 フロント:4段戻し
 リア:9段戻し

ブレーキ
 フロント: WINMAX AP3
 リア: ENDLESS Type-Drift EP210TD

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230



■アドバンコーナー

アドバンコーナーは好きなコーナーだけど、特に今回はリアが出るため、「攻めることができなかった」「アクセルを踏めずに我慢を強いられた」コーナー。

2枠で40Lapぐらい走って、この区間をキマッタ!と思えたのは2Lapぐらいしかなかったんじゃないかなあ・・・



赤い~のん!?さんの当日ベスト(桃色、動画 1:04.164は、アドバンコーナーでは修正舵が入ってタイムロスされているので、このアドバンコーナーだけは、赤い~のん!?さんの1:04.361ラップ(茶色、動画 1:04.361との比較を中心に行う。

ただし、赤い~のん!?さんもこのアドバンコーナーでは「我慢した」と言われており、1:04.361ラップ(茶色)でも我慢されているのが良くわかるので・・・

・・・今の足とアドバンコーナーが合っていないのかなあ?とも思ったり。



以下の写真は赤い~のん!?さんのドライビングを撮影。











以前は他の方が運転するmistbahn号を外から観察したり、他の方の車載動画で、mistbahn号を後ろから撮影したものを見て、リアのロールがかなり大きかったのだが、今回はリアのロールは本当に小さくなっている。

φ19スタビライザーがかなり効いている。


ロールが小さければ必ずしも良いわけではないと思うので、功罪については要検討。






緑: mistbahn(ドライ、1:06.762)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.164!!!)
茶: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.361)


一応、Lap+Correctでの補正はしたのだが、コース図はGPSの誤差がかなり大きい模様なので、なんとなく傾向をつかむだけにしとくべし。

実際、動画で確認すると、S字編で先述したように、S字3=アドバン進入はmistbahnもコース幅の左ベタを走っている。
赤い~のん!?さんはきちんとクリップに付けてますし。
また、立ち上がりでは赤い~のん!?さんもmistbahnも、コース幅いっぱい、左側の縁石まで使っているので、本当にGPS誤差が大きいのだろう。



今回のmistbahnのライン(早めのターンイン、早めにインに付く)・・・
・・・は、どちらかというと、赤い~のん!?さんの過去動画や過去ログに多かったアプローチだと思う。

前回(2/28)は、終盤、「アドバンコーナーはもちょっと奥から進入した方が良いな」とアジャストできたのだが、今回はそのことを終始忘れてしまっていた。(←アカン)





まず、mistbahnはブレーキングの開始位置が遅い。
結果としてボトムスピードへの到達も遅い。(例によってクリップちょい過ぎ)


クリップ部では、赤い~のん!?さんの当日ベスト(桃色)とも、1:04.361ラップ(茶色)ともセクター内のタイム差がないのだが、そこまでの過程が悪く、立ち上がりからのタイム差に効いている。


また、最大横G発生位置が赤い~のん!?さんよりかなり手前なので、コース図のラインに関してはGPS誤差が大きいので信ぴょう性が低いとは言え、mistbahnの方が手前で大きくステアリング舵角を付けた・・・と想定できる(※後述の動画のスクリーンショットでも確認できる)。





緑: mistbahn(ドライ、1:06.762)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.164!!!)
茶: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.361)

グラフの解説はほとんどコース図内に書き込んであるので、文章での分析内容は割愛。





緑: mistbahn(ドライ、1:06.762)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.164!!!)
茶: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.361)

旋回円半径を確認すると、アドバンコーナーでの進入時にmistbahnはおかしなことになっているので、やはりターンインのステアリング舵角が大きすぎるのかな?


進入でオーバーステアを誘発するため、アドバンを攻めきれなかったり・・・というのは、自分のドライビングにも起因した問題だと思う。

本ブログエントリ以前の、今回の鈴鹿南の分析にも書いたように、前回(2/28)にかなりのアンダーステアセッティングだった自分のクルマに合わせて、ターンイン時のステア操作をアジャストしていたのだが、今回はアンダー傾向が収まっていたのに、そのクルマの傾向の違いにドライビングをアジャストできなかったことが大きな問題のひとつと考えている。





赤い~のん!?さん、コース幅左ベタからのターンイン開始。




mistbahn、コース幅左ベタからのターンイン開始。
※コース図ログとは異なり、この直前はシッカリ縁石踏んでる。

ログとリンクするが、ステアリング舵角が大きいのと、ノーズの向きが既にインを向いている。
動画上はまだ横Gが発生していないように見えるが?

目線のあり方は良いと思うのだが・・・






赤い~のん!?さん、若干の切り足し後の最大ステア舵角到達位置。




mistbahn、修正舵、切り足しの後のステア最大舵角到達位置。

位置よりも、赤い~のん!?さんと較べて、クルマの向きが十分に変わっていないのが、この後の立ち上がりのタイム差に繋がっていると考えている。
(結局、最大舵角に到達するまでの舵角の積分で向きが変わるので・・・)





赤い~のん!?さん、ボトムスピード。




mistbahn、ボトムスピード。






赤い~のん!?さん、立ち上がり、アウト側縁石終わり付近の図。
ステアリングセンターに戻すことなく少し舵角と横Gを残したまま立ち上がり。





mistbahn、立ち上がり、アウト側縁石終わり付近の図。
同じく、ステアリングセンターに戻すことなく少し舵角と横Gを残したまま立ち上がり。








●区間タイム

・S字完了・アドバンコーナー手前~アドバンコーナー脱出

緑: mistbahn : 7.070
桃: 赤い~のん?さん : 7.030
茶: 赤い~のん?さん : 6.965

アドバンコーナー区間で、大きく修正舵を入れた赤い~のん!?さんに対しても0.04secの遅延、比較的スムースに走られている赤い~のん!?さんのLapには0.105secの遅延。

あと、アドバンからの脱出速度の違いが、次のヘアピンまでの区間でも効いている。


・とりあえず、コントロールライン~アドバンコーナー脱出

緑: mistbahn : 40.827
桃: 赤い~のん?さん : 39.327
茶: 赤い~のん?さん : 39.299




・・・続く。



●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2015/07/31 12:33:09

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/08/02 19:23
鈴鹿南7/21解析編の続き。 明日から出張続きなので、REV鈴鹿フルまでに完結できそうもないなあ・・・。 (2/28の分析もヘアピンまでで止まってしまってるので、今回は、REV鈴鹿フルが終わってか ...
【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/08/05 23:52
明日8/6のREV鈴鹿、パドックのゲートオープンがAM6、受付がAM7なので、鈴鹿前泊なう。 ここんところ、熱中症気味で、ここ2~3日は、キャンセルしようかマジメに考えた。 (参加費はもちろん戻っ ...
ブログ人気記事

給油100回(備忘録)
あっと~むさん

【みんカラプレゼント企画】大切なキ ...
VS-ONEさん

門司港ネオクラ2020、今日一のエ ...
P.N.「32乗り」さん

備忘録57…リアガーニッシュの取り ...
いざいこさん

巡視艇いよざくら
dora1958さん

猫を連れて軽井沢に行ってみた。
minnjiさん

この記事へのコメント

2015/08/01 21:27:19
アドバンは奥まで少し行き過ぎてるカンジですね。

S字からアウトに出たらすぐ
なるべくス~っとインに寄せるイメージで
しっかりCPに付けましょう~
コメントへの返答
2015/08/02 06:22:03
ありがとうございます。

過去の分析でも、赤い~のん!?さんの走りって、そうなんですよね。
私のイメージよりずっと早くインに寄せられている。

前回(2/28)は、今回(7/21)よりも、

「もっと奥からターンインして、左足ブレーキで適度に前荷重を与えながら・・・」

が走りやすいかな、という方向にアジャストしたんですが、うーん、難しいです。


インへの寄せ方のあり方に、何か根本的に赤い~のん!?さんとの違いがあると感じてて、私なりにも「コレはキマッタ!」と思えるラップ(=立ち上がりでシッカリとアクセルを踏めて、クルマが前に進む)は、やっぱりCPでクルマの向きが、赤い~のん!?さんのように、シッカリと変わっているときなんですよね。

うまくいってるときのラップの感覚は得ているんですが、安定してそれを引き出すことができない、引き出し方がわかっていないのが現状です。


「S字からアウトに出たらすぐなるべくス~っとインに寄せるイメージ」、実践してみます!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.