• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2018年04月19日 イイね!

【ビート】エキマニ オートマック復旧、データ採り、適合

【ビート】エキマニ オートマック復旧、データ採り、適合エキマニをNUSARI TYPE-Rから、オートマック・ステンレス・EXマニに戻した。





改めて、オートマックに戻してみて、フィーリングにはだいぶ違いがあるなぁ・・・と。


NUSARI TYPE-R: 排気量をかなりUPしたかのような余裕感。太い排気音が支配的でメカニカルノイズが気にならない。心地よい。

オートマック: 締まり、パンチがある、キレがあるとも言えるが、カリカリしているとも言える。
クルージングや街乗りならNUSARI TYPE-Rの方が気持ち良い。






以前のオートマックEXマニのデータが2/24と、寒い日のデータなので、温かくなっての4/18のデータを再取得し、NUSARI TYPE-Rと比較。

4速WOTの方がわかりやすいので、今回は4速WOTのみを比較。





- オートマックEXマニ(4/18=温かい日)
- NUSARI TYPE-R(4/7=寒い日)

の同一ROM(A/Fフィードバック無し)比較。

4速WOT、5500~8000rpm。


同一ROM=同一燃料噴射量だと、この領域ではやはりオートマックの方が燃調リーン(すなわち、吸排気が多い)。

で、寒かった4/7のNUSARI TYPE-Rと較べても、オートマックの方が実際にパワーも出ている。







- オートマックEXマニ(4/18=温かい日)
- NUSARI TYPE-R(4/7=寒い日)

それぞれ、燃調を適合したデータを比較。

4速WOT、5500~8000rpm。



お互いに適合しているので、A/Fは良く似た傾向。

パフォーマンスはわずかにオートマックが勝っているように見えるが、誤差範囲、ほぼ互角。



・・・ただし、NUSARI TYPE-Rの方が吸気温度の低い日のデータなのと、エキマニ自体がかなり重いので、サーキットユース前提では「互角」ではダメなんだよね。。。







次に、中速域の比較。




- オートマックEXマニ(4/18=温かい日)
- NUSARI TYPE-R(4/7=寒い日)

の同一ROM(A/Fフィードバック無し)比較。

4速WOT、4000~6200rpm。


やはり同一ROM=同一燃料噴射量だと、4000rpm台はNUSARI TYPE-Rの方がかなりリーン(すなわち、吸排気が多い)。

パフォーマンスはほぼ互角。






- オートマックEXマニ(4/18=温かい日)
- NUSARI TYPE-R(4/7=寒い日)

それぞれ、燃調を適合したデータを比較。

4速WOT、4000~6200rpm。


NUSARI TYPE-Rの方が、圧倒的にパワーが出ている。

リーンな領域を吸排気が多いのに伴って、燃料を多く噴いてやる方向の適合なので当たり前か。


街乗り、高速道路などで多用する中速域で、NUSARI TYPE-Rの方がフィーリングに余裕があり、大排気量っぽい感覚で気持ち良い・・・

・・・のひとつの裏付けと言えるのかな?







●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/04/19 00:23:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2018年04月09日 イイね!

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2018.04.09

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2018.04.09年度末の激務の末期に、謎の頭痛が発症したり(MRIやマルチCTスキャンで検査)、風邪のクシャミでギックリ腰が再発したり、頭痛の薬の副作用があれこれあったり・・・・

・・・で、一昨日の土曜出社時などは虫の息って感じだった。


昨日も朝から体力不足やわ、腰が痛いわ・・・・で、サーキット走行どころか、準備作業(タイヤ交換したり、携行缶積んだり・・・・)や、鈴鹿までの往復も無理かも・・・・

・・・・と、昨日の午前中はキャンセルも考えたのだが、昼前になって、体が温まってきたら調子出てきたので、準備した。



で、本日、ちょっと無理して、鈴鹿南、行ってきた。

1/14に鈴鹿フルを走ってから、サーキット予定はキャンセル続きだったので、ここでキャンセルすると、そのまま「走らない人」になってしまいそうな気がして。。。



HONDA BEAT ホンダ ビート 鈴鹿南コース

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




ところが・・・・




↑サーキットに着いて、左リアタイヤを見るとこんなことに・・・。



練習用に、たか@。さんにお借りしたA050なのだが、昨年末の鈴鹿南も、雨で走れず、ほぼ往復しただけだったのに、(↓2/18の写真)



↑こんな状態まで、溝が減って
いて、「?」とか「大丈夫かなあ?」と思ったのだが・・・・



・・・・大丈夫じゃなかった。。。。



・・・しかし、南大阪~鈴鹿間の片道2時間ドライブで、こうもリアタイヤが減るのは、アライメントを見直した方が良いのだろうか??

(※サーキットランでは外減りするので、かなり外減りしていた中古A050を裏組みして、減っている方を内側にした結果、下道では内側がダメージを受けた感じなのだが・・・)


1/14の鈴鹿フルに新品A050で往復したときはあまり気にならなかったのだが・・・・。





4枠予約していたうち、1枠目以外はキャンセル。




1枠目は走ってみたものの、超オーバーステアで、リアが全くグリップせず、ほとんどのLapでスピンした。

1枠目の途中で棄権。






↑タイヤはこんな状態に。




午後から、赤い~のん!?さんが来られる予定だったので、待っているつもりだったが、体調もまた悪化してきたので、撤収した。
(赤い~のん!?さん、ゴメンナサイ。。。)





→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




・・・・何をしに鈴鹿南まで行ったのか、わからんような一日だったが、このお借りした練習用A050は、鈴鹿南かMLSのどちらかで使うつもり満々で、ずっと機をうかがっていたので、どのみち、どこかのタイミングで同じ問題が発生したハズ。

それが、たまたま、今日だった・・・・と。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/04/09 18:22:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2018年04月08日 イイね!

【ビート】エキマニ NUSARI TYPE-R 二次評価、適合

【ビート】エキマニ NUSARI TYPE-R 二次評価、適合ブログエントリ: 「【ビート】エキマニ交換 NUSARI TYPE-R、一次評価

の続編。




今日は、やたらと寒い日だった。
上下ヒートテック+ジャージ+アウターを着ても寒いぐらい。

なので、オートマックEXマニのデータを採った2月24日と、比較的平等な評価ができるかと。






まずは、V PROのマッピングは何も触らず、

- 4/3(かなり温かい日)
- 4/7 (かなり寒い日)

のNUSARI TYPE-R エキマニ同士の3速WOTの比較。
5500~9500rpm をトリミング。

気温の低い4/7の方が露骨に加速性能が高いのがわかる。







- オートマックEXマニ
- NUSARI TYPE-R (4/7=寒い日、適合前)

の比較。

3速WOT、5500~9500rpm。

若干オートマックEXマニにアドバンテージがあるように見えるが、誤差範囲。

最初にこのデータを解析して、

「なんだ、気温差だけだったのか!NUSARI TYPE-R、イケてんじゃん!」

と思った。







次に、燃調の適合前後のNUSARI TYPE-R同士(ともに4/7=寒い日)の比較。

3速WOT、5500~9500rpm。

A/Fは適合後の方が平滑で、無駄にオーバーリッチな箇所がなくなったが、車速上昇勾配にはそれほど違いがない。







- オートマックEXマニ
- NUSARI TYPE-R(4/7=寒い日、燃調 適合後)

の比較。

3速WOT、5500~9500rpm。

互角・・・と言えるデータ。


NUSARI TYPE-Rは、オートマックEXマニよりも、かなり重いので、パワー互角ではダメなのだが、4/7がいくら寒いとは言っても、オートマックEXマニのデータ集録した2/24よりは温かいハズなので、

「これは、NUSARI TYPE-R、使えるのでは!?」

と希望が生じた。











次に4速WOTのデータ比較。




まずは、V PROのマッピングは何も触らず、

- 4/3(かなり温かい日)
- 4/7 (かなり寒い日)

のNUSARI TYPE-R エキマニ同士の4速WOTの比較。
5500~8000rpm をトリミング。


3速WOTでは、吸気温度の差で露骨な違いが確認できたが、4速WOTでは確認できない。


4速の方が、空気抵抗や転がり抵抗など大きくなる(空気抵抗は車速の2乗に比例)が・・・・

吸気温度が低いことによるゲインと、空気密度が高いことによるドラッグ増がつり合ってしまっているとか??







次に、燃調の適合前後のNUSARI TYPE-R同士(ともに4/7=寒い日)の比較。

4速WOT、5500~8000rpm。

3速WOT同様に、A/Fは適合後の方が平滑で、オーバーリッチ傾向が改善されたが、車速上昇勾配にはそれほど違いがない。







- オートマックEXマニ
- NUSARI TYPE-R(4/7=寒い日、燃調 適合後)

の比較。

4速WOT、5500~8000rpm。

3速WOTでは、オートマックEXマニと互角のデータを示したNUSARI TYPE-Rだが、4速WOTでは、残念ながら、やはりオートマックEXマニに劣るデータとなった。










次に、中速域の比較評価のグラフを掲載する。




- オートマックEXマニ
- NUSARI TYPE-R (4/7=寒い日、適合前)

の比較。

4速WOT、4000~6200rpm。


5000rpm以上ではオーバーリッチ傾向なNUSARI TYPE-Rのデータが、4000rpm台ではリーン。
(これは4/3のデータもそうだった)

EXマニの特性なのだろう。


エキマニ違いでの性能差はほとんど確認されない。







- オートマックEXマニ
- NUSARI TYPE-R (4/7=寒い日、適合後)

の比較。

4速WOT、4000~6200rpm。


適合してやると4000rpm台は若干、NUSARI TYPE-RがオートマックEXマニに勝るが、誤差範囲だよな・・・。





●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/04/08 00:40:34 | コメント(3) | トラックバック(1) | ビート | クルマ
2018年04月07日 イイね!

【三菱アイ】車検とローダウン・スプリング交換

【三菱アイ】車検とローダウン・スプリング交換三菱アイ(嫁車)の我が家ではハジメテの車検完了。


朝、休日出社前に、ショップに引取に行ってきた。



三菱 アイ Mitsubishi i HA1W

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




三菱 アイ Mitsubishi i HA1W

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






車検ついでに、コルトスピードのローダウン・スプリングキットに交換。

みんカラのパーツレビューでは乗り心地とダウン量と安さでTEINの「HIGH.TECH」が評判良かったので、それを注文したのだが、廃番となっていたので、コルトスピードに変更。


三菱 アイ Mitsubishi i HA1W COLT SPEED コルトスピード

↑フロント。




↑リア。



三菱 アイ Mitsubishi i HA1W COLT SPEED コルトスピード

評判どうり、フロントはもっと下がって欲しい。

コルトスピード公称値「F -25~-30mm」は、評判どうり、嘘やと思う。

・・・が、以前よりはいくらかマシになったので良しとしよう。



三菱 アイ Mitsubishi i HA1W RAYS ITC SEBRING

リアは良い感じ。






↑ノーマル・スプリング時代

↓コルトスピード・ローダウン・スプリング交換後

三菱 アイ Mitsubishi i HA1W RAYS ITC SEBRING

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



なんだかんだで、まあまあな感じに。



三菱 アイ Mitsubishi i HA1W RAYS ITC SEBRING

乗り心地は損なわない(ハーシュネスは大きくない)範囲で、締まりのある硬めの足になった。

個人的にはノーマルよりだいぶと好み。





●三菱アイ・ターボ(MMC i Turbo, CBA-HA1W)関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2018/04/07 18:45:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | MMC i(アイ) | クルマ
2018年04月04日 イイね!

【ビート】エキマニ交換 NUSARI TYPE-R、一次評価

【ビート】エキマニ交換 NUSARI TYPE-R、一次評価ブログエントリ:「【ビート】レーシングマニ NUSARI TYPE-R

で紹介した、エキマニ「レーシングマニ NUSARI TYPE-R」も、3月にASLANさんに預けて、A/Fセンサのボス溶接とビートへの換装をお願いした。



Honda Beat ホンダ・ビート レーシングマニ エキマニ EXマニ エキゾースト・マニホールド NUSARI TYPE-R

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda Beat ホンダ・ビート レーシングマニ エキマニ EXマニ エキゾースト・マニホールド NUSARI TYPE-R

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





Honda Beat ホンダ・ビート レーシングマニ エキマニ EXマニ エキゾースト・マニホールド NUSARI TYPE-R

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



美しいな・・・・。



Honda Beat ホンダ・ビート レーシングマニ エキマニ EXマニ エキゾースト・マニホールド NUSARI TYPE-R

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






●外観の比較



↑ASLANさんのブログ
から転載。


上がこれまで使用していたオートマックのエキマニ、下がNUSARI TYPE-R。

径は同じだが集合までの長さが異なる、とのこと。


NUSARI TYPE-Rが届いたとき、「大きくて重いな」と感じたのは、錯覚ではなかったのか。

低い位置の重量増なので、良しとするか、NGと考えるか?は、パワーアップできるか否か次第。






●音の比較



↑オートマックEXマニ





↑NUSARI TYPE-R





●データの比較

早速データを採ってみた。





↑同じ場所での3速WOTの比較。

5500rpmから上のトリミング。

オートマックEXマニでのデータは2/24と寒いときのデータ、

NUSARI TYPE-Rは4/3と暖かくなってからのデータなので・・・

平等な比較ではないが、データだけ見るとオートマックEXマニの方がだいぶとパワー出ているな・・・・。






↑4速WOTの比較データ。

6500rpmから上のトリミング。


3速同様、オートマックEXマニの方が顕著にパワーが出ている。

※4000rpmから、など中速域からのトリミングをしても結果は同様。


3速WOT、4速WOTともに、NUSARI TYPE-RのA/Fがやたらリッチなのが気になる。

A) 暖かくなったので空気密度が小さくなったが、V PROの吸気音補正が適切ではなく、オーバーリッチとなり、パワーが出ていない。

B) NUSARI TYPE-Rの排圧が大きい→吸えない→オーバーリッチかつパワーが出ない

のいずれか・・・・だと思うが・・・?


現状の気温やNUSARI TYPE-Rに合わせて燃調を適合してデータ採り直してみる必要はあるが・・・・

うーむ。。。





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/04/04 09:09:01 | コメント(7) | トラックバック(2) | ビート | クルマ

プロフィール

「【ビート】エキマニ オートマック復旧、データ採り http://cvw.jp/b/242406/41368421/
何シテル?   04/19 00:23
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしか書かれない方もお断り(興味をもてない)。
234 人のお友達がいます
es355es355 * ほりいもほりいも *
Garage KGarage K * BlueflexBlueflex *
ぱん・ともしぱん・ともし * 叢雨おいち@叢雨魔法店叢雨おいち@叢雨魔法店 *

ファン

320 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.