• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年11月23日

【書籍】SUPER STREET Vol.20 No.12 DEC.2016

【書籍】SUPER STREET Vol.20 No.12 DEC.2016 栃木。



アメリカで購入した雑誌 「SUPER STREET」 をご紹介。

いろいろコンビニとか空港の本屋を見ていて、「なんもオモロイ本がナイ・・・」と思っていたんだケド、帰国する日に本誌が発売されたみたいでゲット!




アメリカ訪問の少し前に、この雑誌のWEBサイト( 「SUPER STREET ONLINE」。オモシロイので見てみてください! )を知り、



↑このシビック(2012 Honda Civic Si - FWD Supremacy)
、メチャクチャ、カッケーな!!!!

・・・と思っていたところなので、雑誌を購入できて、とてもウレシイ。




■SUPER STREET Vol.20 No.12 DEC.2016

●ALBERT ZHENG 1993 MAZDA RX-7



表紙を飾る、サンフランシスコのALBERT ZHENGさん所有のFD3S。

キミドリ好きな私には表紙からいきなりツボ。





エンジンはコルベットのV8の「スモールブロックエンジン」:LS1 をベースにいろいろいじくり倒したもの(いろいろスペックが記載されてるケド、トレースするのが面倒なぐらい・・・)。
450馬力。

「スモールブロック」という名前でも、LS1は5700cc V8。(実装されている改造エンジンが何ccかは不明)

コンパクトなRE13BがフロントミッドシップされていたFD3Sに、6L近いV8を「無理矢理、押し込んで」いる。
無理矢理だけど仕上げは本当に美しい。


一般的には、「ロータリーエンジンであることこそがRX-7のアイデンティティ」 だとされているが・・・、そのロータリーを放棄して、FD3Sのスタイリングを選択

「いや、ならば・・・・バイパーに乗れば良いのでは?」 ・・・なんてツッコミは「粋」じゃないんだろう。

これぞ「酔狂」!







●PATRICK LEONG 2013 SCION FR-S



テキサス州・ダラスにお住まいのPATRICK LEONGさん、ご所有のSCION FR-S=トヨタ 86

コチラは極めて「正攻法」で、ベースエンジンをFA20のまま、486馬力までパワーアップしている。

CEA 5858 ターボチャージャー
圧縮比 11.5
CPの鍛造ピストン
キャリレロのコンロッド
Full Blown Motorsportsのシリンダヘッド、カムシャフト

・・・などなど。




●AARON WEIR 1989 HONDA CR-X



私は昔、CR-Xに乗っていたのだが、今でも大好きなスタイリングなので、見かけると目が釘付けになる。

カナダ・オンタリオにお住まいのAARON WEIRさん ご所有のこのCR-Xは、メカドックみたいに「ミッドシップ化」したワケではないが・・・



S2000 後期型のF22C と 6MT換装により、FR化!!!

更にギャレット GT35Rターボを実装し、330馬力を絞り出している。

ロマンだ!!!!
泣ける!!!!



・・・・アメリカって、スタイリングとかあまりセンスなさそうなイメージがあるんだケド、SUPER STREETの掲載車両って、だいたいスゴく見た目もカッコイイと思う(主観)。





●TOYOTA SIENNA R-Tuned

アメリカで トヨタ・シエナ を見て写真撮影して、ブログアップした後なので・・・



「R-Tuned」という2台のシエナ(仕様不明)が、 OLOA (One Lap Of America) という600マイルの大陸横断を行う、キャノンボール的なレースで、カマロとかポルシェとかランエボとバトルするお話。

優勝したワケではなく、クラス1位、総合21位だったそうな。



====


UKで購入した 「Racecar engineering」誌と合わせて、定期購読したい・・・。

PC人間、WEB人間のクセに、電子書籍ではなく、紙の雑誌派なんだケド、なんか良い手ナイかなあ???
(「Racecar Engineering」は電子書籍の購読は容易)




●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2016/11/23 22:23:00

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

どんどん孤高の存在になっていく
エイジングさん

みんカラ:ユーザーインプレッション ...
まんじゅさんさん

結局は、
1・2・3・○○!!さん

約1ヵ月のチャレンジ成果は?
グラグラEXさん

割烹弁当「升本」
UU^^さん

【セルスターダイレクト】AR-19 ...
セルスター工業さん

この記事へのコメント

2016/11/24 12:14:47
ukのAutocar誌は定期購読で普通に日本にshippingしてくれてましたがそっちはダメですか?
コメントへの返答
2016/11/24 21:04:11
情報ありがとうございます。

確かにどちらの雑誌のサイトにもSubscribe欄がありますね。

「Racecar engineering」誌の方は、最初からShipping先のプルダウンメニューに「Japan」がありました。
「Racecar engineering」誌の方がプライオリティが高いので、問い合わせしてみます!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.