• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月18日

【サーキット】【ビート】鈴鹿サーキット・フルコース タカス研修走行会 2018.01.14 ログ解析

【サーキット】【ビート】鈴鹿サーキット・フルコース タカス研修走行会 2018.01.14 ログ解析 ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿サーキット・フルコース タカス研修走行会 2018.01.14

の、mistbahn ビート にSタイヤ(A050)を初投入、自己ベスト 2分49秒496 を記録したラップの解析、過去ログとの比較編。



alt


■動画






■メインストレート ~ 1コーナー ~ 2コーナー

●メインストレート

メインストレート ~ 1コーナー ~ 2コーナー

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト


メインストレートは、今回(2018.01.14 タカス研修走行会)は、タイヤのグリップが高いので、1コーナーへのブレーキングタイムを遅らせているので、最高速は伸びているものの、前回(2017.12.05 KRS走行会)より更に気温が低かかったにも関わらず、車速上昇勾配が緩やか(つまり、遅い)




ちなみに、前回(2017.12.05 KRS走行会) のログ解析編で解説したが、前回(2017.12.05 KRS走行会) も 今回(2018.01.14 タカス研修走行会) も、気温の高かった2017.09.24の烈 と較べて、ストレートスピードは変わらない(か、やや遅い)

9月の烈より、12月のKRS走行会が低い気温なのに、ストレートスピードが変わらない(か、やや遅い)のは、GTウイングが付いたことと、ネガキャンを強くしたことに因る、と考えている。(でもラップタイムは4秒更新したのでOK)



前回(2017.12.05 KRS走行会) と 今回(2018.01.14 タカス研修走行会) の違いは、

・ラジアルタイヤ → Sタイヤ(前後ともタイヤ幅は10ずつ増。重量も増)

・ワイドボンネットによる軽量化と、ワイド化によるフロントバンパーからのハミタイ

・リップスポイラー

・エアクリをRSマッハ製 → ホンダ純正(HAMP)に戻した

・タコ信号不良によりV PROが混乱し、オーバーリッチ燃調(A/F10台など)


低気温にも関わらず、ストレートスピードが伸びなかった理由として、燃調不良を一番に考えていたが、タコ信号不良に陥る前の、2枠目のログも、あまりストレートスピード差がなかったので、要因は別のところにありそう。


ワイドボンネット、リップスポイラー、ハミタイ

ボンネットの軽量化は、加速には貢献するものの、ワイド化のデメリットとしては、

・前面投影面積増(たぶん影響は極めて小さい)

・ワイド化により、フロントタイヤもワイトレ化しており、フロントバンパーが純正のため、フロントタイヤに走行風がモロあたりしている(これはドラッグ増、リフト増なので良くない。対策を準備中)

などがあり、後者の方は影響があると考えている。


あとは、Sタイヤのグリップ増、タイヤ幅増による、転がり抵抗増・・・も影響がありそう


いずれにしても、ラップタイムは5秒も短縮できているので、ワイドボンネットによるワイド化も、Sタイヤもデメリットよりメリットの方が遥かに大きい
空力的なデメリットは改善できるので今後、対策する。



リップスポイラーがストレートスピードに貢献したか?
リップスポイラー追加により、リップスポイラーの後方底面に負圧域ができることで、フロントのダウンフォースが向上したか?

・・・は、アップデートが多すぎて、正直良くわからなかった。




●1~2コーナー

メインストレート ~ 1コーナー ~ 2コーナー

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト


前回(2017.12.05 KRS走行会) も 足回りの刷新 と GTウイングの追加 により、1~2コーナーの安定感、安心感が劇的に向上したことに感動、ボトムスピードを劇的に上げることに成功したが、Sタイヤの投入により、更に劇的に安定感、安心感が向上した


前回(2017.12.05 KRS走行会) は、グリップレベルの劇的向上でボトムスピードは大幅に向上したものの、それでも十分にアジャストしきれず、
 1~2コーナー間
も、
 2コーナー出口~S字1つ目間
も、コース幅を使い切ることなく、余らせてしまっていた(まだボトムスピードを上げる余地があった)。


今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は、まだ改善の余地はあると思う(特に2コーナーに向けての姿勢制御やアクセルONのタイミングなど)が、少しずつアジャストでき、良い結果を出すことができた

1コーナーも2コーナーも、もはや比較分析が意味をなさないほどにボトムスピードが向上しており、また、ボトムスピードの向上が
 「オーバースピードのため2コーナーからの立ち上がりで踏めない」
などの弊害ももたらしておらず、S字にかけて高いアベレージスピードで攻略できた。




■S字 ~ 逆バンク ~ ダンロップ

S字 ~ 逆バンク ~ ダンロップ

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト


「鈴鹿フルコースは、ストレートが速いよりも S字~ダンロップ を高いアベレージスピードで攻略できるマシンの方がタイムが良い」

というのが、私のこれまで、いろんな仕様比較、黄姫体験、他の方々のログとの比較・・・からの結論。


今回(2018.01.14 タカス研修走行会) Sタイヤの導入により S字~ダンロップ も劇的に高いアベレージスピードで攻略できたので、好タイムに繋がった。

2コーナーからの脱出速度が高いのでS字1つ目に至る速度も高いのだが、その進入速度を殺すことなく、デグナーに至るまで繋げることができた。


失敗点は、 前回(2017.12.05 KRS走行会) と同様にS字2つ目での姿勢制御が悪く、S字3つ目に向けて、S字2つ目の出口でアクセルを戻す必要があったこと。


前回(2017.12.05 KRS走行会) は、ヘアピンやシケイン(・・・と、ときどきスプーン2つ目)のクリップからの立ち上がり時にリアが底付きしてボンボン跳ねたが、今回(2018.01.14 タカス研修走行会) の自己ベストLapでは、スプーン3つ目でもリアがボンボンと跳ねた。
旋回速度が上がっているから・・・というのもあるかもしれないが、S字2つ目の攻略が悪く、姿勢が良くないからだと思う。



S字~逆バンク~ダンロップ を、全てアクセル全開!・・・というワケにはいかなかったが、逆バンクでのスロットル開度は、劇的改善を果たした 前回(2017.12.05 KRS走行会) よりも更に改善し、前回(2017.12.05 KRS走行会) での失敗点だったダンロップ手前での息継ぎ(アクセルオフ)を、今回は改善できたので、良い結果に繋がった。




■デグナー ~ ヘアピン

デグナー ~ ヘアピン

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト


●デグナー

今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は Sタイヤによるグリップ向上に、安心感、安定感があったため、デグナーも思い切った攻め方ができた。

これまでは、ノンブレーキで5速→4速にシフトダウンしてエンブレのみで減速して4速で進入するか、5速のままで進入するか・・・のいずれかだったが、今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は迷わず5速での進入。

これまではギア比の関係で、4速に落とすと、ボトムスピードが落ちすぎるし、5速のままだと回転数降下でパワーバンドから外れてしまったり、そもそもデグナー1つ目で思い切ってアクセルを踏めなかったり・・・・

・・・だったが、今回(2018.01.14 タカス研修走行会) 5速チョンブレから、ドンとWOTでデグナー1つ目を攻略できた。


デグナー2つ目も、これまでの自分のログと較べると遥かにボトムスピードは高いのだが、それでも、脱出~立ち上がり時に、外側の縁石を使うことが一度もなかったので、グリップレベルに対してまだアジャストできていない。
改善の余地アリ・・・・・だが、それでもこれまでの私からしたら上出来なので、ログを見てウレシクなる。



●ヘアピン

前回(2017.12.05 KRS走行会)、足回りを刷新(BLITZ ZZ-R + X-Coilsバネ + φ19スタビ → RSマッハ車高調+スタビ)してから、ヘアピンはクリップからの立ち上がり時に、リアが底付きしてボンボン跳ねるようになった。

今回(2018.01.14 タカス研修走行会) もその症状はあったが、スタビの硬さ設定を一段強くして臨んだからか、気持ちマシだった。

でも、足回り刷新後、元々、苦手意識のなかったヘアピンで良い走りができた試しがナイ。
鈴鹿フルコースの多くの高速コーナーに最適化した足で、引き換えにヘアピンは捨てたような感じ(トータルとしてOK)。


今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は少しずつブレーキングの踏力を強くし、ブレーキを残してターンインするように努めた。
(2枠目の最後にはブレーキングが強すぎてロックしたので、フラットスポットができていないかドキッとしたが、大丈夫だった)





■マッチャン~スプーン

スプーン

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト


前回(2017.12.05 KRS走行会) では、ヘアピンからずっとWOTだったにも関わらず、2017.09.24の烈に対し、何故かマッチャンで失速した。(ログ解析に対し、当日の強風影響を御指摘頂きました。ありがとうございました)

今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は制御不調にも関わらず、失速しなかった。


今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は他のコーナーの例に漏れず、スプーン1つ目、スプーン2つ目ともに、ボトムスピードが過激に上がっており、また、ボトムスピード上昇が何か別の弊害をもたらすようなこともなく、良い結果となった


デグナー1つ目と近似した話で、ギア比の関係で、スプーン1つ目も、これまではノンブレーキで5→4速にシフトダウンして、エンブレだけで減速して進入・・・・というアプローチが一番結果良かったのだが、今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は迷わず5速で進入できた。

スプーン1つ目~2つ目 間で、ノンブレーキで5→4速に叩き込んで、エンブレを効かせ、後は成り行きで可能な限りアクセルを踏むことができた。


スプーン2つ目からの立ち上がりでは、デグナー2つ目同様、コース幅をいっぱい使う必要のないラップばかりだったので、スプーン2つ目は改善の余地アリ
でも、今回はこの結果に満足。




■130R

alt

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト

130Rも、S字2つ目出口、ダンロップ進入時の息継ぎと同様に、前回(2017.12.05 KRS走行会) の反省点で、前回(2017.12.05 KRS走行会) では、130R 進入手前のホンの少しのアクセル戻しが大きな失速に繋がった。
(一瞬、スロットル開度70~80%ぐらいに戻しただけだが、登坂区間なので・・・)


今回(2018.01.14 タカス研修走行会) は、クルマがイケているので、毎回、アクセル全開で攻略できた。
(全開で攻略しなかったのは、前走者に引っ掛かって、次のLapに向けてバックオフするときぐらい)


2014年は130Rが得意なコーナーで、全開で攻略できていたのが、2015年2月頭に、BLITZ ZZ-R車高調のスプリングを交換したり、スタビを太くしてからは、ケツが出て大スピンするようになって、全開で攻略できなくなっていた↓(悩ましかった)



↑※閲覧注意: 2015.10.05 の烈 の130Rでのド派手なスピン


3年以上ぶりに、130Rのボトムスピードを更新できた!(長かった)



■シケイン~メインストレート

alt

桃: 2018.01.14 mistbahn号 2分49秒496 Sタイヤ(A050 新品)での自己ベスト 
緑: 2017.12.05 mistbahn号 2分54秒533 ラジアルタイヤ(Z3)での自己ベスト 
橙: 2017.04.18 黄姫レンタル 2分57秒633 Sタイヤ(A050 中古)
茶: 2014.11.24 mistbahn号 2分59秒830 2017.09移行のエンジンや足回りの大規模アップデート前のラジアル(Z3)での自己ベスト

今回(2018.01.14 タカス研修走行会) シケインは、毎回、キレイに攻略できたケド、ログを見るとシケイン1つ目のボトムスピードは低いね。

ただし、シケイン1つ目でのボトムスピードは低いケド、シケイン2つ目は全開で攻略できているので、結果として過去の他のログよりも、最終コーナーやメインストレートの車速は上がっているのでトータルではOK


Sタイヤを履いたことで、制動距離が極端に短くなったので、少しずつアジャストはしたが、最後まで、ブレーキングポイントは手前過ぎたと思う。



■まとめ

Honda Beat ホンダ・ビート mistbahn号 鈴鹿フルコース Suzuka Circuit

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



これまで 「この区間の攻略はこう改善したい」 と思っていたイメージに近い走りができたが、ドライバースキルが向上したというよりは、単純に、その思いを実現可能としてくれる、タイヤ、サスペンション、空力・・・となった、という解釈。

今まで、あれこれやっても、タイムが落ちたり、頭打ちしたり・・・・だったケド、適切なアップデートが適用されると、こうも如実に、コーナリングスピード、ラップタイムに影響するのか・・・・・と、いろいろと考えさせられる。


いずれにしても、好タイムが出せたのはウレシク思うし、マシン作りにご協力頂いた方々、ドライビングにアドバイスを頂いたみん友さんたちには、本当に感謝しています。
ありがとうございます。




●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2018/01/18 20:11:41

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【サーキット】【ビート】HONDA V ...」 From [ mistbahn MOTOR WEB ... ] 2019/08/12 00:23
ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】HONDA VTEC ONE MAKE RACE 鈴鹿フルコース 2019.08.05 part.1」 ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】HO ...
ブログ人気記事

【シェアスタイル】新しいものはいい ...
株式会社シェアスタイルさん

あめばかり
ma_miさん

今日のモエレ・ソロ ~ さとらんど ...
里美さん

茨城 ♪
reicolin-navigatorさん

トリミングスクール合間のランチへ
ユーレヴォさん

【夏の投稿企画】『積載性に優れたク ...
みんカラスタッフチームさん

この記事へのコメント

2018/01/18 23:51:38
こんはんは。

ロガーデータでもSタイヤを主とするmistbahnさんのマシンの凄さが伝わってきます。(もちろんドライバーの適応力も。)

私のビートの比較ですが、4速の最後の方の伸びと、5速に入ってからの伸びにおいて、私のマシンの方が加速がいいです。
なぜそうなっているか考えていただければ、対応策は出てくると思います。
コメントへの返答
2018/01/19 00:11:31
こんばんは。

「Sタイヤが主」です。これは、もう、ホンマに!

ドライバーの適応力・・・というより、本当に、今まで皆さんにご指導頂いたり、皆さんのログや動画を拝見して、「こう走りたいのに・・・」と描いてきたイメージが、本当に容易く実現できるマシンになった・・・・という感じです。

「Sタイヤで安全とタイムを買う」というのが良くわかりました。



4速高回転→5速は、小物よりもギア比なんでしょうね。。。

「空気抵抗は車速の二乗」ですが、羽根を付ける前から、ひろあき!さんとは5速で差が付いていましたし。。。

すべきこと・・・はいろいろありますが、どのタイミングで何をするか・・・が難しいところです。
2018/01/19 01:06:37
こんばんは♪

自己Best更新、おめでとうございます。
空力、メカニカルグリップ、環境条件、ドライビングが上手くリンクしたようですね。それも 経験、知識などのスキルがないとタイムに繋がらないですから、凄いです。
次はPower ですか?(笑)
コメントへの返答
2018/01/19 01:49:59
ありがとうございます!

うまくリンクしました!

確かに、長いこと、あれこれマイナーUPDATEを積み重ねても、タイム頭打ちしていたのですが、その期間が無駄か?と考えると、

・限界の低い足でいろいろ苦労することでドライビングスキルを身に着けた

・車高調のスプリングレート変更やスタビ変更が改悪となり、S字や130Rが駄目になったこと、足回りの刷新で回復したこと・・・で、「良い足とは?」の理解が進んだこと

・・・など、無駄にはなっていないと思います!


パワーは、エンジンそのものは今の仕様でもっと出ると思うのですが、

・しばらくサボっている適合作業をちゃんとやる

・DI化

・ビッグスロットル(本当に効果あるのか?)

・ギア見直し

・・・など、小物ではいろいろすべきだと考えています。


・・・でも、その前に、タコ信号がおかしくなったのを直さないと・・・・です。
2018/01/19 20:06:06
こう走りたいが容易く実現できるマシン。
すごく分かりやすい表現ですし、共感できます。
現在のマシン制作の方向性が良い方向に向かっているということですね。
私はトータルバランスに気を付けながらイジっているつもりです。

にしても、今回の動画を拝見すると、S字~逆バンやスプーンでもアクセルをキッチリ踏めており、ドライビングスキルもかなりアップしていると思います。

ビッグスロットルの私の感想は、劇的な変化はありませんが、鈴鹿フル等の高速コースは効果があると感じています。
コメントへの返答
2018/01/19 22:15:46
ありがとうございます。

先日の足回りの刷新でも、今回のSタイヤ投入でも、とんでもなくコーナリングスピードが上がっているのですが、

「本当にラク」

なんですよね。。
で、

「ラク=ツマンナイ」

ではなく

「ラク=楽しい」

です。


ドライビングは、マシンに安心感があるので強気のアプローチができました。

シェイクダウンさんに面倒見て頂いた、「ハジメテの烈」の

3'15.810

からは、25秒35 の短縮です 笑



制御屋さん的にはDI化の方が興味あるんですが、3連スロットルの在庫をもっているので、適当なタイミングでASLANさんに預けて、ビッグスロットル化をお願いしようかと考えています。
2018/01/22 22:16:31
おめでとうございます。筑波とかだとSタイヤでキロ1秒といわれますからもはや違う車ですよね。バランスが取れて何よりです。

変化の度合いでいうとスロットル>DIでしたが排気量次第かな…
DIは正直??な。フルコンだと効果ないのかな。黄色に積み替えた旧エンジンは元のデスビに戻しました。
コメントへの返答
2018/01/22 22:25:12
ありがとうございます!

コーナリングスピードは上がっているのに、本当に安心感、安定感があって、自信をもって攻めることができました。

湾岸ミッドナイトじゃないですが、エンジンも足回りもタイヤも変わって、本当に速く、安定感のある、もはや違う車になっているハズなのですが、
「ちゃんとビート」
「ちゃんと私のビート」
です♪


でも、以前は

「命を乗せて走るにはスリリング過ぎた」
「今は命を乗せて走れる」

から、湾岸文法からは外れるのか・・・・。



ビッグスロットルは排気量によるでしょうね。(エアクリも)

結局、どこがボトルネックになるか、という・・・。



DIに関しては、昔からデスビ起因のノイズ(ノックアンプの回転検出に混入したり、オシロで計測した波形が・・・)が気に入らないのもあって、以前から興味がありました。

エンジンの仕様や制御にもよると思いますが、デスビ→DI化しただけで、燃焼が改善して、A/Fがリーンになった・・・的なブログもちらほら目にしてきたこともあり、試してみたいメニューです。
2018/01/22 22:57:01
>燃焼が改善して、A/Fがリーンになった・・・
アイドリング時の話かなーと。ウルトラのMDIもそうでした

フルコン利用であればヘッドカバーとコイルと配線で簡単に実現できますから是非お試しを。タコメーターの手直しの方がめんどかったです
コメントへの返答
2018/01/22 23:01:45
今回の鈴鹿フルの3枠目で、タコ信号が暴れだしたことで、イグナイターを疑い、新品をDラーで購入済です。

(先週末に交換、検証するつもりでしたが、会社同僚かつ友人の不幸があり、作業はまだ、です)


イグナイターが問題なければ、次はコイルが疑わしいのですが、コイルも高額なモノですので、せっかく交換するのなら、永井のコイルに交換してDI化してしまいたいのですが・・・・
(でも最近、ホンマに金欠気味。。。)
2018/01/22 23:26:03
イグナイターやコイル異常だとタコが踊るだけでなくエンジン咳き込む感じになるのでは。
うちのが踊った時はタコへの信号電圧が高回転時に上がりすぎてました
コメントへの返答
2018/01/23 01:16:32
咳き込みはしないですが、燃調がオーバーリッチです。

ときどきエンジンチェックランプも点きます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.