• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年05月08日

【サーキット】【ビート】MLS 2020.03.15 part.3 ログ・動画分析 2

【サーキット】【ビート】MLS 2020.03.15 part.3 ログ・動画分析 2 ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】MLS 2020.03.15 part.2 ログ・動画分析 1

の続き。


同じマシン、同じコンディションでの、赤い~のん!?さんとmistbahnの走りの違いを分析。(赤い~のん!?さんが1.2秒速い)



■コース図

alt

alt






■車載動画

mistbahn 49秒911




赤い~のん!?さん 48秒704








■ログ・動画 分析

●ログの色

桃: 赤い~のん!?さん 48秒704
緑: mistbahn 49秒911

ログの横軸は時間ではなく距離。



●横G

alt

横Gのピークは、赤い~のん!?さんmistbahnも同じだった。(ともにA050の横方向のグリップを使い切っている)

また、横G発生が、急激か滑らかか?もログ上は同じに見えので、横Gの比較は本ブログでは割愛。




●第2ヘアピン(=5コーナー)

alt

↑ミニコースのコース図におけるGPSのライン取りの精度はアテにならん。。。

減速開始位置は、赤い~のん!?さんmistbahnも同じ。



alt

赤い~のん!?さんがスゴくレイトブレーキングしているように見えるが、

「横軸=距離」

のグラフで、ここのヘアピンに至るまでの赤い~のん!?さんの総距離が長いために減速開始位置がズレている。
※3コーナー~4コーナー(=高速セクション、20R-20R)で赤い~のん!?さんがアウトに膨らんでいるかのようなログに起因するものと思われるが、これはGPSロガーの誤ログだと思う。



alt

↑減速開始位置。


3コーナー~4コーナー(=高速セクション、20R-20R)は mistbahnの方がボトムスピードが低く、スムースに攻略できているような動画とログだったが、第2ヘアピン手前のトップスピードは赤い~のん!?さんの方が高い。


1コーナー=ヘアピンでは、mistbahnの方がハードブレーキングだったが、第2ヘアピンでは 赤い~のん!?さんの方が減速Gが鋭く・強く、車速の減速勾配も急。


alt

↑第2ヘアピンへのターンイン。

mistbahn の急操作(ON-OFF)に対し、赤い~のん!?さんが丁寧・・・なのが、このスクリーンショットからもわかる(-_-;)


alt

↑第2ヘアピン脱出開始。

ボトムスピードは似たようなものだが、赤い~のん!?さんの方がシッカリとクルマの向きを変えることができているのがわかる。


alt

↑第2ヘアピンからのステアリングの戻し始め。

クリップ付近でのボトムスピードは似たようなもんだったが、クルマの向きをシッカリと変えることができている赤い~のん!?さんの方が、速く加速に入ることができている・・・と思う。(←断定口調じゃないのは、車速ログ、加速ログからは読み取りにくい)

ステアの戻し方も mistbahnはON-OFFで修正舵を織り交ぜないとダメなのに対し、赤い~のん!?さんはグリップを確かめながら、滑らかに、ジワッと。
この操作の違いだけでも、mistbahnはフロントタイヤのグリップを十分に使えずにアンダーを誘発していそう・・・。




●インフィールド

alt

インフィールドで派手に差が付いている。
アプローチも全く異なる。。。

ボトムスピード位置をコース図にプロットするだけでも、全く異なる走り方をしているのが良くわかる。。。


alt

↑第2ヘアピンからの短い直線の後、インフィールドに向けてのステアリングの切り始め位置、車速、ステア舵角はほぼ完全に一致しているのだが・・・



alt

↑このログの派手な違い。。。

まずインフィールド最初の8コーナー(ちょっと複合っぽい)の減速アプローチからして違う。
mistbahnが二回ブレーキングしてしまっているところを、赤い~のん!?さんは奥に仮想クリップを設定し、一回で済ませている(コース図のボトムスピードのプロットも参照)。




第2ヘアピンのステア操作で、

mistbahn=ON-OFF
赤い~のん!?さん=ゆったり

・・・と書いたが、インフィールドにおける「加減速」は真逆で、赤い~のん!?さんはかなりメリハリの効いた走りをされている。

赤い~のん!?さんの各コーナーのボトムスピードはmistbahnより低く、しっかり曲がることのできる車速まで落としている。

逆に、赤い~のん!?さんの各コーナーのトップスピードは、シッカリ向きを変えて、トラクションをかけて立ち上がれている分、mistbahnより過激に高い。

mistbahnは一生懸命走っているつもりだが、ずっとコースとクルマに振り回されている状態。。。




alt

↑8コーナーのボトムスピード位置。


alt

↑8コーナーのエイペックス。

赤い~のん!?さんのステア舵角=450°
mistbahnのステア舵角=270°

うーん。。。。



alt

↑8コーナー → 9コーナーへの切り返し直前。

mistbahnは9コーナー攻略(最終コーナーを重要視して、9コーナーをインベタで立ち上がりたい)のために、8コーナー脱出は右に寄せているが、赤い~のん!?さんは車体を9コーナーに向けている。

良く、「MLSのインフィールドは最短距離重視で」と言われるケド、こういうことか・・・。



alt

↑9コーナーへのターンイン(というかステア切り返し)。

赤い~のん!?さんのターンインはmistbahnよりずっと奥だが、やっぱりステア操作が「速くて滑らか」。

というか、そもそも、8コーナーの脱出から9コーナーを向いているので、ターンイン時点ではすでにかなりクリップに寄せることができている。

mistbahnはここでも修正舵も織り交ぜざるを得ない状況。。。



alt

↑9コーナーのボトムスピード位置。

mistbahnの方がボトムスピードが高いが、そのせいで、あるべき姿勢制御ができていない。。。

ステア舵角は

赤い~のん!?さん=270°
mistbahn=300°

ぐらいかな?

ここでも赤い~のん!?さんのステア操作は落ち着いている。




alt

↑9コーナーから最終コーナーに向けての切り返しでステアリング位置がニュートラルになる瞬間。

車速こそ同じだが・・・

mistbahnは最終コーナー攻略に向けて、9コーナーをインベタで立ち上がりたくて、8コーナーの立ち上がりを犠牲にしたのに、最終コーナー攻略に向けて、9コーナー出口を左寄せできているのは赤い~のん!?さん。。。。




alt

↑最終コーナーへのターンイン。

9コーナーの立ち上がりのラインの差で、mistbahnは苦しい。

ステア舵角は

赤い~のん!?さん=180°
mistbahn=240°

ぐらいかな?

ここに最終コーナーのボトムスピードはそこからのメインストレートのために重要なのに、ここで車速差がついてしまっている。



alt

↑最終コーナーからの立ち上がり。

車速差5km。。。

ただでさえ最終コーナーが苦しかったmistbahn、立ち上がりでもっとコース幅を使えていれば少しでもラクになったハズだが・・・。





赤い~のん!?さんmistbahnで、インフィールド攻略の違いが本当に歴然。

次回MLSを走る機会があれば、事前にこのブログエントリを何回も読まないと。

赤い~のん!?さん、貴重なログと車載動画を集録させて頂き、ありがとうございました m(u_u)m



足回りをUPDATE(フロント:5kgf/mm→9kgf/mm、リア:9kgf/mm→12kgf/mm)したので、タイトコーナーでのド派手なインリフト、リアの跳ねも改善されると思うし、楽しみなのだが・・・

・・・まずはエンジンが直らないことには・・・。





●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2020/05/08 12:25:12

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

【サーキット】【ビート】MLS 2 ...
mistbahnさん

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コー ...
mistbahnさん

【サーキット】【ビート】鈴鹿フル ...
mistbahnさん

【サーキット】【ビート】岡山国際サ ...
mistbahnさん

2019.11.16 モーターラン ...
Yuatoさん

写真を整理(THE 48TH SU ...
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

2020/05/08 17:07:38
動画を見た感じですけど、41秒、42秒の比較がわかりやすい。
シフトダウン後、切り込んでるところです。
mistbahnさんの方が、車速が高い状態で切り込んでいるんです。たぶん10km/hくらい速い状態。タイミングで言うと、もう一拍待たないと。
ただ、位置では正しい。つまりブレーキをもっと手前で始めて合わせる。

ドライビング、特にブレーキは遅れたらその後取返しがつかないので、攻略としてはブレーキ強さは同じでも早めに開始、終わりが余りそうになったら踏力を緩めて辻褄合わせる、を覚えると失敗が少ないです。開始遅らせるのはよっぽど余った場合。
緩めブレーキは感覚的には無駄なようですがそれほどでもなく(というか遅れて大失敗するより全然マシ)周回ごとに詰めて行きやすいです。






コメントへの返答
2020/05/08 17:22:52
ありがとうございます。

赤い~のん!?さんに、このMLS当日、現地でも同じアドバイスを頂きました。

「もっと手前からやさしくブレーキング」

↑のアドバイスを頂いて、2つのヘアピンでは意識してみましたが(でも上手くできなかった)、インフィールドのはじめでは意識できていなかったですね。。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.