• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2007年08月03日

【B4】R480 with Beat

【B4】R480 with Beat ここずっと、仕事がかな~~~り忙しい。
本日、ひとつの山を乗り越えたが、明日・明後日の土日もいろいろとすべきことが山積みである。

で、今夜は久々に、ワインディングをスカッと流して気分転換してから帰るか~~~~と、帰宅途中に思いつきで。

・・・が、泉州歴まだ4ヶ月の私は、泉州の峠道をよく知らない。
なんとなく、R170(外環)の方に行けば峠道がいくつかあるイメージはあったので、とりあえずR170を走っていたら、なんだかステキなシルバーのBEATがヤル気な感じで走ってた。
このクルマについていけば、たぶん峠にたどり着くハズ・・・・と、追いかけてみた。

昨春に友人のシルバーのビートを運転させてもらった経験があり、
「懐かしいなあ・・・」
「萌えるなあ・・・」
などと感傷に浸・・・・・・・・・・・・・れなかった。

!!!
なんだこのビート!激っ速!!

ワインディングに入るにつれ、ついて行くのがやっとどころか、ジリジリと引き離されて行く。これではスバル乗り、レガシィ乗りの恥である。みなさんゴメンなさい。
挙句、砂っぽいコーナーでスピンモードに入りかけた。修正舵で切り抜けたものの、MRのビートがクリアしている場所で、なんともAWD乗りとして恥ずかしい。みなさんゴメンなさい。

あ~~、こりゃついて行けんわ。と素直に諦め、スローダウンして、そのまま道を進んで行った。

道はどんどん狭くなり、クルマ一台が通るのがやっとの林道になった。
ここは一方通行なのか?
対面通行だったら、対向車に遭ったらどないするんだろ?
2速どころか、コーナーによっては1速のレンジだ。

大事なファミリーカーのB4なので、かなりスローに走行していたところ、シルバーのビートが溝にハマっていた。

B4を停めて、駆け寄る。
クルマを下りてみると、道はウエットだった。山の中では雨が降ったのかな?

前後輪ともに、右タイヤが完全に溝にハマっている。
ステアリングは切れず、また、クルマが完全に右に傾いていて、左後輪は全くトラクションのかからない状態(ほぼ浮きかけ)。
デフのせいで、右後輪が溝の中でひたすら空回りしている状態だ。

そうこうしていたら、もう一台、帰宅途中の方がきた。
よく、溝にハマってる人を見かけるらしく、脱出のためにいろいろアドバイスをくれ、溝の中に入れるべき枕木を取りに行ってくれた。

そうこうしていたら、カッターシャツの会社帰りぽい方(彼女連れぽかったけど、彼女は決して下りてこなかった)が通りかかり、この方も手伝いに参加された。

で、更に通りがかりの50代ぐらいにオジサンも手伝ってくれた。

MRのビートはフロントがかなり軽いので、大人4人で持ち上げてみたら、案外あっさりとフロントは溝から出せた。3人では少ししか持ち上がらんかったが、4人だと「軽っ!」と言ってしまうぐらいアッサリだった。

で、溝に入れた枕木も使い、ビート脱出!!!
みんなで拍手!

ビートは、左車輪がパンクしていた。
溝に落ちたときにパンクしたとも思いにくいので、パンクしたから溝に落ちたのかもしれない。

近くで見ると、すごく大事にキレイに乗ってるビートで、COBRAの赤いバケットがよく似合っている。
ビート所有はなんと2台目とのこと。アッパレ。

ビート萌えの私は、パンクしてなかったら「運転させてください」とお願いしていただろう。

現場は↓このあたり
地図
で、

・この道が国道480号線であること
・対面通行であること
・このまま真っ直ぐ行くと和歌山に行ってしまうこと

などを聞いて、そっかあと思い、引き返すことにした。
もうちょっとで山頂だったハズなので、山頂までは行っておけばよかったかな?と少し後悔した。


ノロノロと来た道を下っていると、対向車が来た。

ちょっと広めのとこまでず~っとバックして道を譲った。

相手は、やたらとレーシーなペイントをしたシビックか何か(すんません、ちゃんと見てませんでした)で、徐行ですれ違う際に、運転手のどう見ても走り屋のオッチャンに
「ここ走ってんの?」
と聞かれた。
ここを走るのはハジメテだということと、ビートの一件と、ビートがパンクのため、ゆっくりと走ってることを伝えると、
「ほなゆっくり行くわ。上までのぼって、また下りてくるわ」
とのこと。

ワインディングにはワインディングのコミュニティがあるよなあ・・・と、妙に気持ちがポカポカした。
いいな・・・とも思うが、私は2児の父(もうじき3児の父)として、クルマに金も命もかけられないし、人に迷惑かけたりもできないので、そっち側には行けないなあ・・・と。


ツイスティなワインディングを走ると、やはり足回りを全般に換えたくなるが(スプリング、ロアアームバー、スタビなど)、多忙+ガソリン代高騰もあり、峠はごく稀にしか走れそうにない。
なので、とりあえず街乗りが楽しくなる方向で、次はマフラー交換とかしたいなあ・・・・と。


ちなみに、ここいらのR480はどうも「鍋谷峠」というらしい。
風景はこんな感じ その1
風景はこんな感じ その2





●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 | 日記
Posted at 2007/08/04 00:59:30

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

「上がりのクルマ」 その20 Hond ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/08/17 07:25
私の中学時代から現在に至る、クルマ好きとしての変遷と、クルマ歴を綴った「上がりのクルマ」連載。 久々の続編。 ■Honda Beat (PP1) <img src='http://carview ...
ブログ人気記事

愛車イイネ1000突破‼️
RC-ZEROさん

談合坂スマートIC見学?!
NORItamaさん

愛車と出会って2年!
さくらはちいちさん

続×6・コロナショックをブッ飛ばす ...
リョマ太朗さん

応募します!
.しんぱぱさん

セレナ C26 CVTリコールで ...
こいんさん

この記事へのコメント

2007/08/04 01:29:54
こんばんは!
ビートって大人四人で持ち上がるんですねwww

あれだけ細い道だと軽さと小ささが、大きなアドバンテージになりますね!
車にはその車種にあったステージがありますし♪

私も、たまにワインディングを走ると、物欲病が発病してしまいます(爆)
コメントへの返答
2007/08/04 01:36:33
> 車にはその車種にあったステージがありますし

ですね。勾配も緩やかで、とにかく狭くツイスティだったので、ビートやカプチーノあたりが一番輝くステージでした。

トミカイのバンパーに換装してフロントがだいぶ軽くなったけど、レガシィのフロントヘビーを実感してから、
「3.0の6気筒のレガシィって想像を絶するフロントヘビーなのでは??」
とよく考えます。
2007/08/04 12:20:51
エエ話ですな~(>_<)ヽ ナケルゼェ

オイラの立ち往生なんて可愛いもんでしたε=ε=(/ ̄□)/
コメントへの返答
2007/08/04 12:44:11
地元民の皆さんは
「やれやれ、またかよ」
って感じだったのかもしれないですが(笑)、名前も知らない、世代も違う初対面同士で協力するのって、イイですよね。

はっけいさんに習って、私もクルマの夏バテに注意します!
2007/08/04 17:14:10
うんうん
いい話ですなぁ~

心があたたまりますぞぅ
コメントへの返答
2007/08/04 17:42:39
くそ暑い真夏に、あたたまる話題でゴメンなさい(笑)

ワインディングを走ると、おさむさんのB4は、つくづく良かったなあ・・・と、おさむ号と比較してのネガがいろいろ目立ちまする。
2007/08/05 23:51:24
いい話ですね~
やっぱりみんな困ったときは助け合うって、心洗われますわーい(嬉しい顔)

ツイスティなコースでは軽のワークスとかめっちゃ速いですからね~。
ヘタレ仕様のおいらと黒亀号では付いてもいけんです冷や汗2
コメントへの返答
2007/08/06 12:21:01
フォロー、ありがとうございます(笑)。
インプもランエボもGT-Rも、軽に勝てなそうなコースでした。エンジン的にもNAの方が得意そうな・・・(言い訳??)。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】運転席側エアインテークを塞ぐと弊害はあるのか? http://cvw.jp/b/242406/44125013/
何シテル?   06/25 23:43
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.