• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年03月03日

【試乗】Subaru Legacy Touring Wagon B-Sport (BP5D)



B4の修理中のレンタカー。

BP5D 2.0iオーナーの方は気を害される可能性が高いです。
予めお詫び申し上げます。ごめんなさい。
でも、正直な私の個人的な感想です。


■レガシィ・ツーリングワゴン 2.0i B-SPORT

正直、乗ってみてショックだった。

NA・SOHCなので、エンジンには特に期待していなかったのだが、足回りが・・・・・・。

フワフワと止まらない、収まりの悪いピッチング(クラウン系)、大きく沈み込むロール。酔う。怖い。
おまけにスタッドレス

を履いているのもあり、やたらとケツを振る。ドリフトカーの如し。

40km/hでのコーナリングですら「怖い」と思う。

V36 スカイライン 250GTを「スポーツセダンなんかじゃない」と酷評したが、正直、このクルマは、250GTよりも遥かにスポーツセダンと遠い位置にいると思う。「B-SPORT」って???

この問題は、ビルシュタインのショックを使ったSpec.Bとの違いだと思われそうだが、個人的には、D型レガシィだからではないかと思う。

スバリストにはお馴染の話だが、スバル車は、フルモデルチェンジで出来損ないのクルマをリリースし、年次マイナーチェンジで少しずつクルマを仕上げていく。
BL・BPは、
2003年:A型(私のB4はコレ。脚が硬いと悪評判)
2004年:B型
2005年:C型
2006年:D型(ビッグマイナーチェンジ)
2007年:E型

私がはじめて試乗したのは2006年、BL5C型B4の2.0GT Spec.Bだった。
3メートルぐらい動かしただけで
「うわっ、このクルマ、めちゃ好みかも!」
とビビッときた。

でも、その直後に新発売された、BP5D型ツーリングワゴンの2.0GTに試乗したときに、
「あれ?なんか、まるで違う・・・・。まったり?もっさり??」
と違和感を覚えた。
そのときは「Spec.Bじゃないからなんだろうな」と思って帰ったのだが、いざ、クルマ買い替えに際し、BP5Dツーリングワゴンの2.0GT Spec.Bを納得行くまで試乗して、
「これじゃないっ!」
と強く感じた。
BL5C Spec.Bで感動したフィーリングはなんだったのか?と疑問符だらけになるぐらい、D型レガシィはSpec.Bも含めてまったりしてしまったのだ。

レンタカーしていたBP5D 2.0i B-SPORTは前述のように、とにかく大きくロール・ピッチングし、ピッチングの収まりが非常に悪い。
たぶん、A型で「硬すぎる」と不評だった脚をどんどん柔らかくした結果なのだろうが、全体のバランスを考慮できていないセッティングのため、トヨタ系のフワフワ脚になってしまった感じである。

この後登場した現行インプレッサ(GH、GRB)が、「ソフトだけど収まりのよい脚」「とことんしなやかな脚」という前人未踏の素晴らしいサスペンションをSIシャシーで実現できたのは、このレガシィの失敗も反省点としてなのかもしれない。



パワー・ウエイト・レシオの違いも効いているのだろうが、この軟弱な脚のせいで、私のB4よりも軽い車重のBP5Dは、やたらと重く感じる。遠心力も強く感じる。

そんなわけで、とにかく脚のフィーリングが苦手だったのだが、このトヨタ・日産に多い「踏めないフワフワ脚」が、オーバースピードでのコーナー侵入を思い留まらせ、日本の交通事故の低減に貢献しているのかもしれないなあ・・・・
・・・・と、安全運転強化期間中の私はそんな風にも考えたり。


私がA型のBLを購入したのは「一番硬い」という評判と、実際試乗してみてドンピシャだったからなのだが、たぶんレガシィで一番完成度が高いのはC型なんじゃないかと思う。


新車でD型を購入しなかったのは、フィーリングの合わなさもあったのだが、見た目もあった。
エンリコ・フミアのデザインによるBL・BPレガシィのフロント・ビューは、D型で大きく改悪され、BMWコンプレックスをモロに表したヘッドライトとなってしまった。
D・E型のスペックBの顔はカッコイイのだが、目はBMW5、バンパーから下部はAudi RS4・・・というなんともコンプレックスの強いデザインになってしまった。
BL・BP A~C型レガシィのデザインは十分に胸を張れるものだと思うのだが・・・・・。



エンジンは、車重に負けてる感は多少あるが、SPORTSモードで走れば必要十分だと思う。

レッドゾーンが6100[rpm]と低いのがなんとも寂しいが(ショートストロークなのに・・・)

EJ20ターボだと、ターボのフィーリングが強すぎて、BOXERの素性はわかりにくいが、NAの本エンジンでは、水平対向らしさが明確で良い。
結局のところ、水平対向エンジンは、構造上、定重心だけでなく、極めてバランスがよく振動が少なく滑らかに回るのが特徴である。
何かとスバリストの掲示板で「ボクサーサウンドが大好きです」「あのボクサーのフィーリングがたまりません」という発言を見かけるが、ボクサーは「フィーリングの要素が少ない(のが美点の)エンジン」「サウンドが小さい(のが美点の)エンジン」なのであり、正直勘違い甚だしいと思う。
(・・・最近は、それもすこしずつ認識されつつあるようだが。)

だからといってボクサーがつまんないエンジンだとは少しも思っておらず、少なくとも事故直前の私のB4のエンジンは本当に感動できるフィーリングまで来ていたと思う。自画自賛ですんません。

・・・・ただ、この2L SOHC、燃費は気持ち悪いぐらい良く、ATのシフトチェンジのタイミングなどは随分とマジメに観察した。



ステアリングホイールがチルトだけでなくテレスコ機能も追加されているのは嬉しいところ。
パドルシフトは、ステアリングと一緒に回らないタイプ。
一緒に回るタイプと一緒に回らないタイプは、どちらも肯定派・否定派がいるが、私はステアリングと一緒に回る方が好きだなあ。
結局、マニュアルモードで使うときは、シフトレバーでガチャガチャ減速した。
・・・しかし、トルコンATがトルコン色強すぎて、結構ションボリした。




内装は、素晴らしく良くなっている。
とくにセンターコンソールのマットな質感はメルセデスから学んだかのようで、手触りも良い。
シフトノブ台のピアノブラック仕上げもステキ。
内装のあちこちから「ギシギシ」言わないのもA型からの大きな進化。



ABペダルそのものは良いのだが、ブレーキペダルとフットレストの間に距離がありすぎて、左足ブレーキを使うにはダルだった。




●試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | 日記
Posted at 2008/03/03 23:31:29

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【試乗】Subaru Exiga 2. ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/07/06 02:12
ロアアームの交換とタイヤローテーション作業を行ってもらってる間に乗ってきた。 ス
ブログ人気記事

ハーフサイズ。
vfr800ccさん

お天気は、曇り☁️❓
真夜中の銀狼さん

今日のワンコメ!
一日千秋さん

アルペンジロー レトルト
RS_梅千代さん

マツダの気になる未来(1)
タッチ_さん

美味い味 552
ライト パープルさん

この記事へのコメント

2008/03/04 01:28:27
こんばんわ~

どーもスタッドレスの影響が強いような気もするのですが。。。スタッドレス、バイト先のレンタカーで何種類か乗りましたが、メーカー・サイズでまったく違う感じですよね。ブリジストンはスタッドっぽいフニャってした感じにはなりますが、そこまで怖い感じはなく、逆にファルケン・ダンロップのスタッドはなんじゃこりゃ!?ってくらいフワフワで、最近の日産のコンパクトカーみたいに非常に怖くなります(どちらもGD2FもしくはGG2Fインプ)。

親父のレガシィはC型ですが、納車したての頃感じたのは、リアの伸び側ストローク不足からくる(?)収まりの悪さでした。ブレーキングレーンチェンジではリアがワンテンポ遅れて付いてくる感じで気持ち悪かった印象を覚えています。今は足からリンク類まで変えてしまったので、良い塩梅なのですが。いかんせん、現行レガシィはワゴンのC型しか知らないので、比べることは出来ませんが・・・。

B4・ワゴンのリア重量の違いもあるかもしれませんね(>_<)

以上若造の主観的意見でしたw
コメントへの返答
2008/03/04 07:28:35
そうですね。確かにスタッドレスの影響は大きいと思います。
・・・ので、過去のBP5DのGT、Spec.B試乗の感想も合わせて書いてみました。

実際には、おっしゃるとおり、今回のレンタカーがスタッドレスじゃなかった場合の脚のフィーリングはわかりません。

ちなみに、現在借りているGG2Fもスタッドレスなんですが、こちらはフニャフニャしません。

確かに、B4とTWの違いもあるかもしれないですね。
重量以外にも脚のセッティング違うのかも。
今まで乗ってイケてたのはB4ばかりで、疑問符がついたのはTWばかりだったので(たまたまかもしれないのですが・・・・)

仮説が多くなってしまいました(^_^;)
2008/03/05 00:32:50
こんばんは!BP5Cワゴンに乗っているチョビレガです。お久しぶりです。

 A型が出た時に、ワゴンとセダンを連続して乗り比べましたが、全く違いますよ!
セダンGT(B4)と比較してワゴンGTは、
 1.走り始めから重い(重量が重い)
 2.カーブを切った瞬間に尻が遅れる
  (おつりがくる感じがします、クィックでは無い)
 3.剛性が無い(特にリヤまわり)
ともかく、反応が鈍いです。

但し、他のワゴンと比較すると断トツに
 1.軽~く走る
 2.カーブを曲がっても、気持ちよく曲がる
 3.剛性が高い
と感じます。

家族構成や車への要求を考慮すると、今回の選択肢はワゴンしか考えられなかったが、要求が無ければ絶対にB4にしますよ。

一度同じグレードのワゴンとセダンを同じ日に乗り比べると面白いですよ。あまりの違いに驚くと思います。是非、乗って感想を教えてください(^^;
コメントへの返答
2008/03/05 07:34:51
なるほど、そうなんですか!

確かに、同じグレードでB4とTWの両方の試乗車ってしてないですね。

そんなに違うんですね・・・・。
言われてみれば納得です。

行きつけのディーラーにB4のBL5Eがあれば、一度試乗させてもらいます!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.