• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年03月30日

【ECU】CL to OL Transition with Delay (Calculated Load)

久々のECUネタ。

1.5ヶ月間の修理前後で、気温がかなり上昇しているし、事故の影響も気になるので、仕事帰りはとりあえずひたすらロギング。
Feedback Knock Correctionのみを徹底的に注視した。
Feedback Knock Correctionが負値=ノッキング検出・・・である。


3300~3600[rpm]、負荷0.6~0.9[g/rev]で、割と頻繁にFeedback Knock Correctionが負値を示した。

とくにギアチェンジの時に発生しているわけでもなく、スロットル変化のない状態でもよく発生しているので、Throttle Tip-in Enrichmentは関係ない。

で、該当回転数・負荷のPrimary Open Loop Fueling Bを少しずつリッチ寄り(13.5あたり)にセッティングしては再ロギング。
→症状改善されず。


う~ん・・・・と悩みながらログを見ていたら、該当箇所は、A/F値がPrimary Open Loop Fueling B設定値付近ではなく、ストイキとなっていた。
ああ、Closed Loopだったんだ・・・。

で、OL/CLの設定値をひととおり見直して、「CL to OL Transition with Delay (Calculated Load)」が原因だろうな、と判断し、イジってみた。

症状は改善された。

↓改善前
CL to OL Transition with Delay (Calculated Load)

↓これにて改善
CL to OL Transition with Delay (Calculated Load)

↓現在は更にOpen Loop領域を広く
CL to OL Transition with Delay (Calculated Load)

なんだかんだで、ECUチューンを続けているうちに、Closed Loop領域はかなり狭めてしまった。
時代と逆行しているなあ・・・・(-_-;)
R35 GT-Rなんかはかなりの高回転・高負荷域までClosed Loopだとのこと。



とりあえず、Feedback Knock Correctionは負値を示さなくなったので、次のステップへ移行中。

元々、ECUチューニングを始めた頃は、3000[rpm]以下のタルさ解消、パーシャル域の気持ち良さを重視してセッティングを続けた(結果、かなり成功していると思う)。
フロントパイプをHKSのメタキャタに交換してからは、ジワジワとブーストアップをし、スロットル全開域や、高回転域のセッティングに熱中したが、今後は安全運転のため、再び低回転域・パーシャル域の更なる気持ち良さを追究しようと思っている。



●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2008/03/30 22:13:50

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

【夏の投稿企画】『積載性に優れたク ...
みんカラスタッフチームさん

キーケース欲しい〜‼️(゚∀゚)
Orionさん

復活ー①
.ξさん

【シェアスタイル】新しいものはいい ...
株式会社シェアスタイルさん

32テストランの結果(笑)
P.N.「32乗り」さん

巡視艇いよざくら
dora1958さん

この記事へのコメント

2008/03/31 00:47:35
楽しみにしていたmistbahnさんのECUネタ。早速、読ませていただきました。

予想されてたとはいえ、気温の変動に影響を受けてしまうのが難しい部分ですよね~。
現状でベスト!と思っていても、気温や湿度、ハードウェアの経年変化なんかもありますし…
メーカーの苦労も少しだけわかるような気がしてきます。
コメントへの返答
2008/03/31 01:22:25
春夏秋冬、晴・雨・雪。レギュラーガソリン給油・・・・・様々な条件下で壊れないエンジンにするために、随分とマージンが取られているわけで・・・・

だからこそ「詰める余地」も十分にあって楽しいですよね!
2008/04/04 23:30:36
昼に見て思ったのですが、CL to OL Transition(Throttle)は変更されましたか?
あとこのTransition項目ですが、A,B,Cと3つのモード?じゃないみたいですが、これはROMが違うからですかね?自分のROMは、値は同じですけど3つ表示されます。
昔のブログにコメントして申し訳ありませんm(__)m
コメントへの返答
2008/04/05 07:35:14
3つ・・・・ですか?

■CL to OL Delay
A1、A2、A3、B1、B2、B3
の6つ。いずれも0設定(ノーマルのまま)です。

■CL to OL Transition with Delay (Throttle)
これはかなり下げてます。
~800[rpm]:12.8
1200[rpm]:6.4
1600[rpm]:4.1
2000[rpm]:2.3
2400[rpm]:2.3
2800[rpm]~:0.0
としてます。


「CL to OL Delay」は何か解ってないのですが、ご存知だったら教えてください。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.