• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年04月19日

【書籍】おまえの話はクルマばかり。

【書籍】おまえの話はクルマばかり。 友人に、湾岸ミッドナイトの作者、楠みちはるの「おまえの話はクルマばかり。」を借りて読んでいる。
「楠先生」という表現もあるが、「先生」と呼ばれる職業(教師、医者、建築士、弁護士、代議士etc...)には、どうも勘違いした人が多いので、「先生」と呼ぶのはやめ。だいたい、40冊も「湾岸」を購入している私は楠にとって「上顧客」以外の何物でもないわけで・・・


これは、「ミスターマガジン」(1991.05~1994.09)、「ヤンマガ」(2003.10~)でのクルマのインプレ・批評連載をまとめたものである。

個人的にはめちゃくちゃ面白い。

基本的に、楠のかなり偏った趣味に拠るところが大きいので、車種もポルシェ、BMW、フェラーリが繰返し登場し、その合間を縫うようにメルセデス、NSX、いすゞなどのレビューがちりばめられている。

湾岸ミッドナイトを読んでいても、楠が
 ・ニッサンとポルシェとRX-7が好き
 ・徹底したターボ偏重
 ・スバルは嫌い
なのは伝わってくるのだが、「おまえの話はクルマばかり。」ではそこまで偏ってはいないものの、楠の好みのみで展開されるクルマ批評は痛快である。
堂々と各クルマで公道240や250[km/h]を叩き出したことが記されているが、問題ないんだろうか???

「湾岸ミッドナイト」のZ32のマコト編で、富永が山下に語る930ターボの話・・・
S2000のユウジ編での山本の長い長いトーク・・・
それらが、結局、本書でも楠の言葉で綴られている。

特に後半のヤンマガ連載「となりで乗るクルマ」は、インタビュワーの「メルセデスまり子」とのやりとりが、「湾岸」の城島とれいなのヤリトリのようで、読んでいて楽しい。
テンポ良く、「で、このクルマは?」とツッコミたくなるほど脱線も多い。


スバル嫌いだと思っていた楠が、レガシィ 3.0R(BLE・・・6気筒水平対向の6MTのヤツね)を妙に評価していたのが意外でちょっと嬉しかった。
私のB4の先日の修理時に配線ミスがあったことがわかったので、今日ディーラーで直してもらった際、「3.0って試乗車ある?」って聞いたけど、残念ながらなかった。



私は、週に2回ぐらいは書店にいかないと窒息死するほど本が好きである(週2で行くからといって、週2冊買ってるわけじゃない)。
雑誌は、そんときそんときの気分で
 ・Motor Fan illustrated(これは毎号欠かさず購入)
 ・Rosso
 ・Tipo
 ・ENGINE
 ・NAVI
 ・Motor Magazine
 ・CG
 ・CarMagazine
 ・AutoCar
 ・SUBARISM
 ・Club LEGACY
 ・af imp
 ・eS4
 ・Racing On
 ・WRC+
などを無節操に購入しているし、
 ・CarView
 ・WebCG
 ・DrivingFuture
 ・ホビダスオート
 ・MotorMagazine - MEDIALOG
などのサイトもよく見る。

が、インプレは基本的にスルー。
全く読まないわけじゃないけど、あんまし鵜呑みにしない。

本書でも「湾岸」でも楠が語っているように、雑誌には自動車メーカがスポンサーがついている以上、そのメーカのクルマの悪口は書けないし、「広報車」を借りてる以上、悪口を書けない・・・・・というのは、昔からわかりきってた話だから。

なので、私は雑誌を購入しても、ほとんど写真集扱い。写真眺めて、あとは技術系の記事や、レース結果の記事、歴史的な特集記事などしかあんまし読まない。



「おまえの話はクルマばかり。」では、かなり偏った主観で、いろんなクルマを斬っている。
スポンサー、広報車とインプレの関係をクドいほどネタにしながら。
クドいほどネタにしつつ、クルマによっては酷評しつつも、なんだかんだでやっぱしうまいフォローをしているあたりが見ていて微笑ましい。

で、総合結果としては面白い。
「自分の言葉」亡きクルマ評論家による当たり障りのないレビューと較べると、話の流れだけでも面白い。



難しい話だが、面白いのは主観中心のレビューなのだが、10代や20代前半のキッズがこういう主観中心の本を読んで、それをそのまま受け売りで自分の意見としてしまう怖さはある。

音楽誌では「Rockin' On」「BURRN!」といった影響力の強い雑誌で、低脳ライター達によるCDレビューを若年層が受け売りしてまうことで、評価すべき新人アーティストが酷評されたり、どうしようもない作品を作っている大物アーティストが絶賛されたり、見るに耐えない文化を見てきた。もう10年も前の話なので、最近の事情は知らないが・・・

そういう観点からは、「当たり障りないこと」「良いこと」しか書いていない自動車雑誌の一般的なレビューの方がよいのかもしれない。
多くの読者は、試乗することなく、雑誌のレビューでクルマを評価しているわけなので。
音楽誌では私はそういう意味で、「CDを売るために」発行されているタワーレコードのフリーペーパーであるbounce及びintoxicate(旧musee)を一番愛読した。どのCDに対しても基本的に良いことしか書かないので、ライターの評価が自分の先入観に影響することが少なかったからだ。(無料だし)


まあ、でも、楠の話は少々ジジ臭いので、若者がこの本を積極的に買うとも思えないか・・・。



反論もあるだろうが、徳大寺有恒の「間違いだらけのクルマ選び」がなんだかんだ言っても結局面白かったのは、評論家にしては珍しく徹底的なダメ出しが多かったからだろう。
なぜ徳大寺があんだけ大御所扱いされ、クルマを酷評しても自動車メーカによって抹殺されなかったのかは謎だ。ご存知の方、教えてください。

ただ、徳大寺のレビューは、「好き・嫌い」ではなく「良い・悪い」で語られていたところが私には評価できない。
明らかに「良い・悪い」で評価できるファクターもあるが、好みの問題で語るべきフィーリングなども「良い・悪い」という評価だったのが、上述の「Rockin' On」「BURRN!」の問題点と同様、自分の価値基準でクルマを見ることのできない多くの読者に先入観を植え付けていた点がどうも気に入らない。

それでも、徳大寺のレビューは結局、面白い方だと思う。



最近の評論家では、フェラーリの教祖、MJブロンディの記事(主にROSSO)が主観・偏見丸出しでちょっと面白い。
ただ、ナンボなんでも視野が狭すぎるのと、文章力が低く、ボキャブラが少ないので、5台程度のレビューで飽きてしまう。



「自分で運転したクルマしか最終的に評価しない」スタンスの今は、偏った主観レビューが読んでいて楽しい。



・・・・もっとも、私はかなり理系寄りな人間で、日本語とか文学とか弱いので、ツッコミどころがあればツッコんでくださいまし。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2008/04/19 21:03:45

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

WEBに試乗インプレを公開するということ」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/05/18 00:25
また長文です。 おまけにテンポ悪いし内容もつまらないので、スルーしてください。 先日のブログ「【書籍】おまえの話はクルマばかり。」で触れたことだけど、雑誌やTVというメディアでのクルマのレビュー ...
ブログ人気記事

ぢ〜ぢのオススメ♪ホテル・旅館その2
ぢ~ぢさん

なまら、ジンギスカン風(笑)焼そば ...
atrai 1さん

結局は、
1・2・3・○○!!さん

熊谷かき氷🍧からの
koni045さん

今日のメニューσ(*´∀`*)
お姫様♪さん

やっと本格運用〜😅
龍騎士さん

この記事へのコメント

2008/04/19 22:02:54
楠氏の湾岸ミッドナイトは全巻持っていますが、彼の哲学や趣向うんぬんより、自分が湾岸や首都高を走っていた頃と重なるところが多いので気に入ってます。ただ、最近はちょっと展開に無理があるだろうと思っていますけどね。
コメントへの返答
2008/04/19 22:07:11
ああ、wildspeedさんは世代的にリアルかも(笑)。

なんか最近、終わってしまいそうな雰囲気の「湾岸ミッドナイト」。
終わるととても寂しいんですが、ここんとこ、ホンマにマンネリ化っちゅうか・・・・、結局バブル期のR32、FDあたりのループになってるので、ボチボチ終わらないと駄作になっちゃいそうですよね。
2008/04/19 22:46:54
初めまして。
以前open ecuで楽しくコメント拝見させていただきました。
車の面白さって結局口コミ、マスコミにたよらざるを得ないわけでそういうことでこういった批評本は貴重です。ロックも好きなんですね~!ぜひ音楽ネタも。
コメントへの返答
2008/04/19 22:54:13
はじめまして!
コメントありがとうございます。

現在は、雑誌・TVというメディア以外にWEBがあるわけで、その優位性と危険性についても、この本をネタに、次のブログあたりで書けたらなあ・・・と考えてます(まあ、ありふれた陳腐な話なんですが。。。)

かつては、かなりの音楽通だったんですが、最近はクルマへの費用投資で精一杯で、だいぶと音楽からは遠ざかってしまってます
(-_^;)
2015/06/01 22:38:32
こんばんは。

こいつも、発売されたころに入手して、読みましたよ。

いまでも、本棚に並んでいます。
コメントへの返答
2015/06/01 23:02:56
もう読んでから、かれこれ7年間が経ってしまったので、内容だいぶ薄れてきました 笑

また友人に借りようかなあ・・・
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.