• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年04月24日

【ECU】シフトアップ時にノック検知の多い件

B4が修理を終えてからのこの一ヶ月は、ひたすら地味にノック対策をしている。
全体に1°点火時期を以前(修理直後)よりも進めた状態からスタート。

仕事帰りにAモード、Bモードそれぞれで実走ログを取る。
 ↓
マクロ処理
 ↓
Feedback Knock Correction、Fine Learning Correction負値が色分けされる
 ↓
Feedback Knock Correction、Fine Learning Correction発生行と、その前の行を観察する。

(1) CL/OL Fuelingを見て、OLとなっているか確認。CLの場合は、CL/OLの閾値関連を見直す

(2) Engine Speed[rpm]とEngine Load[g/rev]に対するA/F値が、Open Fuelingで設定した値よりもリーンなら、Throttle Tip-in Enrichmentを増量する。ただし、Tip-in Throttle値は不明なので、該当箇所と思われる部分を勘で探り、増量。

(3) A/Fログ値が適正ならば、Engine Speed[rpm]とEngine Load[g/rev]に該当するOpen Loop Fuelingをリッチ寄り(およそ13.5~12の範囲内で)に調整するか、点火時期を1°遅角させてみる。


・・・の繰返し。
1ヶ月地道に続け、かなりFeedback Knock Correction及びFine Learning Correctionの発生は激減した。


・・・が、しかし・・・・・

昨年12月のブログ「シフトアップ時のダブルクラッチ」に書いたように、シフトアップ時のギア接続後のスロットル開でのノック検知がどうしても消しきれない。
IAM降下まではしないものの、Feedback Knock Correctionはよく発生する。


シフトアップ時のノック検知の様子
上図は、シフトアップ前後のログ。

「シフトアップ時のダブルクラッチ」のコメント欄にて皆様にアドバイス頂いてから、シフトアップ時のニュートラル接続はクラッチレスで行っている(気持ちよくできてます。皆様ありがとうございました)。
本ログでも、2速→ニュートラルはクラッチレスで行っているので、Clutch Switchのログはニュートラル→3速のときの一回。

変速時にスロットルを抜き、Idle Switchが入ることで燃料供給がカットされ、A/F値は20.33(AFRログ上限値)となる。

3速に繋いで、再びスロットルを開いたときのEngine Loadの変化量に燃調が追いつかず、回転数(3802~3892[rpm])、負荷(0.39~0.97[g/rev])に対し、Open Loop Fueling設定値よりもかなりリーンなA/F値となり、結果としてFeedback Knock Correctionが発生する(=ノッキング検知)。


上述の問題の解決には、Tip-in Throttle Enrichment(スロットル変化量に対して、どれだけ余分に燃料を噴射してやるか)がベーシックな解決方法。
しかし、問題となっているTip-in Throttle値がわからない。
Tip-in Throttle値・・・
図のログのように、Throttle Opening Angleが派手に変化しても、ロガーのサンプリングレート(というか通信レートか)が低すぎて、Tip-in Throttle値は0.12~0.37と極めて小さい数値しかロギングできていない。

0.1~0.4のTip-in Throttleの連続の結果としてのThrottle Opening Angleの変化量なら絶望的(「Minimum Tip-in Enrichment Activation (Throttle)」が0.1とか0.3だとカブるので)だが、きっとログの行間の間に、もっと大きなTip-in Throttleが存在するハズ。
ただし、それはロガーでは読み取れないので、前後行のスロットル変化量を見て、それより低いTip-in Throttleに対するEnrichmentを勘で補正せざるを得ない。
例えば、Throttle Opening Angleの変化量が18.82なら、5~18[%]ぐらいのThrottle Angle ChangeのEnrichmentを増量してみる。


で、増量を続けた結果、ノーマルROMと比べ、かなり増量したマップとなってしまっている。
Tip-in Throttle Enrichment


2ペダルMTのように、ギアチェンジも電子制御であれば、シフトアップ時のクラッチミート前後での燃料噴射量の最適制御が可能だと思われる。

私のB4はMTだが、でも、レガシィが電スロである以上、フィードフォワード制御により、適正量の燃料噴射は可能なハズ。
DBWは、

 Accelerator Pedal Angle[%]→Throttle Opening Angle[%]

ではなく、

 Accelerator Pedal Angle[%]→Requested Torque[raw ecu value]
 Requested Torque[raw ecu value]→Throttle Opening Angle[%]

という二段階を踏んでいるので、Requested Torque[raw ecu value]により、次の瞬間にくるEngine Load値はある程度予測できるのではないか???

Wastegate制御が凝ったアルゴリズムで成り立っているのに対し、この部分の燃調処理のアルゴリズムはとても不出来に思う。



●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
●自動車技術関連関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2008/04/24 00:50:32

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】Tip-in Enrichm ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/05/18 00:22
2008.04.24のブログ「【ECU】シフトアップ時にノック検知の多い件」の続き。 Enginuityのソースコードは見てないのだが、おそらくロギングは、  (1) Enginuityから欲 ...
【ECU】イケてないレガシィのDBW」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/06/28 01:46
■Motor Fan illustrated vol.17 「ランサー エボリューションXに見る自動車技術」 <img src='http://carview-img02.bmcdn.jp/carl ...
【ECU】Throttle Tip-i ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/03/27 22:20
アクセルを抜いて、燃料カット状態になり、そこからアクセルを再踏込したときに、燃料噴射が追いつかず、リーンとなってしまいノッキングを生じている件については、過去のブログエントリ 「【ECU】シフトア ...
【ECU】AVCSバルブタイミング更新 ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/03/28 07:57
最近、BP5E ATのROMを拝見する機会を頂いた。 BL5・BP5 A~C型とはWastegate Dutyも、AVCSも、点火時期も随分と異なるマップとなっており、軽くショックだった。 「年次 ...
ブログ人気記事

広島グルメ、A’ イプシロン・・・ ...
hiko333さん

たまには仕事の話でも書きましょうか
ELANさん

純連 カップ麺
RS_梅千代さん

1975年のカローラのカタログから ...
parl-siroさん

俺!つ、つ、つ、つ、疲れてる www
ふじっこパパさん

晴れたら 出かけよう
まさるさん♪さん

この記事へのコメント

2008/04/24 10:02:31
今度の針テラスにmistさんがこれるなら1回測定してもらおうかしら。。。
コメントへの返答
2008/04/24 10:04:09
測定しよう!!
いろんなことがわかって面白いよ!
2008/04/24 12:31:01
最近Tip-in Throttleのロギングは諦めてます(^_^;)だからEnrichmentは数%しか増量していません。

>3速に繋いで、再びスロットルを開いたときのEngine Loadの変化量に燃調が追いつかず…
↑ATの場合も同じように発生します。それにしてもFine Learning KCが全くないですね。先日取ったログ(ブログのものとは別)では、Feed Back KCの後にFine Learning KCが細かく記録されていました。
コメントへの返答
2008/04/24 14:17:00
Tip-in Throttleはロギングは不可能ですね。
A/F値と前後行のThrottle Opening Angleを見て勘で詰めるしかないと・・・。


私のログでFine Learning KCが極めて少ないのは、ちゃんとFine Corretion Modeに入ってないのかなあ??
一応IAM0.5→1.0となるように初期化して、IAM=1.0になってからもダメ押しでちょっと0.3~0.5[bar]をかけてるんですけどねえ・・・。
かといって、IAMが降下したりするわけでもないので、Rough Correction Modeってワケでもなさそう???


変速後のスロットル開のときの症状は、やっぱりフィード・フォワード制御が拙いのかなあ・・・。私にはそうとしか考えられないんですが・・・。
2008/04/25 09:35:31
そういえば、ノックは2⇒3速で発生するのですか?
コメントへの返答
2008/04/25 09:39:05
1→2でも、3→4でも、4→5でも発生しますよ~
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】ダッシュパネル製作、取付 http://cvw.jp/b/242406/44175967/
何シテル?   07/12 20:04
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.