• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年07月04日

【書籍】Racing On 2008.08

■Racing On 2008年8月号 特集「プジョーの咆哮」


基本的にフランス車には興味がない。
クルマ以前に、フランスが嫌いだからだ。

大学で私が第二外国語として選択していたドイツ語の教科書は、宇宙開発のことだとか、船舶のことだとか、硬い内容ばかりだった。

それに対して、フランス語の教科書は、大学のテキストともあろうのに

 「ジャンはマリーが好き」
 「マリーもジャンが好き」

というハレンチな内容だ(ジャン・マリー・バレストルはナルシスト?ジャン・トッドとジャン・マリー・バレストルは犬猿の仲だった)。
おまけに先生はホモであった。
そんなナンパ文化の癖に核実験なんかは積極的に推進してしまうフランスが、一時期、心底嫌いだった(今もどちらかと言えば嫌い)。

もっとも、フランス嫌いになる以前から、そんなに仏車には興味がなかったのだが・・・・

そんな私も、シトロエンC4試乗、シトロエンC2 1.6 VTR試乗シトロエンC4ピカソの試乗で体感した独自の世界観により、かなりフランス車に対しての印象は良くなっている。



で、普段ならスルーする今回のRacing Onの「プジョーの咆哮」特集号なのだが、Racing Onの特定メーカにスポットを当てた特集記事は面白いので、買ってみた。


うん、面白い。
読んでるとプジョーが好きになってくるな。

かなりの試乗歴をもつ私(←ここに載せてるだけではないです)だが、実はプジョーのステアリングは握ったことがない。
406の助手席ならあるケド。
会社の近所にディーラーもできたことだし、今度試乗に行ってみよう。


さて、Racing Onの内容。

プジョーのヒストリーよりも、個人的には「小さな巨人」ジャン・トッドのストーリーがとても面白かった。
主に205T16のWRC(グループB時代)の伝説的活躍と、905(グループCカー)のルマンやSWCでのサクセスストーリー。
しかし・・・・・トッドがプジョーのコドラ出身だったとは全く知らんかった。
コドライバーから、チームの運営を任されるに至るって、凄いことだよなあ・・・・・。恐るべし、ジャン・トッド。




本著には、詳しく語られていないが、私の記憶に強烈に焼きついているのは、1989年のパリダカである。
当時は結構TVでも中継されていて、中学生の私はカブりついて観ていた。

ジャン・トッドの指揮の下、「砂漠のライオン」アリ・バタネンと、ジャッキー・イクスの駆るプジョー405T16は圧倒的な速さだった。
プジョーが強すぎて、レースとしては退屈だっとも言える。

レース終盤で、他を大きく引き離したイクス、バタネンを、無茶させずに1-2で無事完走させるために、トッドはコイン・トスにより先にゴールする方を決定した(バタネンに決定)。

純粋な競争でなく、コイン・トスによるチーム・オーダーで勝者を決定するのは、スポーツマン・シップに反するという意見も多いだろうが、中坊ながらに私は、

 ・トッドの決定力・采配
 ・「パリダカ優勝」という名誉を前に素直にチーム・オーダーに従ったイクス

に逆になんとも言えないロマンとカッコ良さを覚え、レース本編よりもそのコイントスばかりが20年近く経つ今も鮮明に記憶に残っている。


私の中で、トッドはその頃から「無敵キャラ」だったので、フェラーリに移籍したと聞いたときは、随分と驚愕したもんだ。



・・・アリ・バタネンの異名「砂漠のライオン」の「ライオン」は、やっぱりプジョーとの蜜月から来てるのかな???



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2008/07/04 01:07:55

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

昭和記念公園コスモスまつりと箱根駅 ...
zrx164さん

10月14日 GV/GR/VA/B ...
sixstar1さん

台風前の雨さんぽ
nanamaiさん

とぅとぅ私は。。。(∩´∀`∩)❤
なぉなぉちゃんver.2さん

ジャパンオフロードレース 2018 ...
宮藤芳佳_さん

スプレンドーレの案内が来ました
パパンダさん

この記事へのコメント

2008/07/04 09:43:16
映画タクシーのステアリングを握ってみたいw
コメントへの返答
2008/07/04 11:01:35
タクシー、観てないんよね・・・(奥さんが一緒に観たがらなさそうだし)。

シリーズ化されてるぐらいやから面白いんやろうなあ
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 mistbahn号+黄姫イラスト! http://cvw.jp/b/242406/42069765/
何シテル?   10/16 12:10
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしか書かれない方もお断り(興味をもてない)。
240 人のお友達がいます
叢雨おいち@叢雨魔法店叢雨おいち@叢雨魔法店 * NAO&#39;sProject.NAO'sProject. *
nino8446nino8446 * み。@VAB-Aみ。@VAB-A *
Garage KGarage K * vrsvrs *

ファン

319 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.