• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ほたる.のブログ一覧

2018年11月29日 イイね!

秋深まる山寺へ。

前回のブログの翌週も朝活で、長野市の清水寺(セイスイジ)へ紅葉を撮りに行って来ました。


今回はてつげたさんの方からお誘い頂きまたご一緒する事が出来ました。


てつげたさんの下見のお陰もありベストタイミング。


素晴らしい紅葉の回廊が迎えてくれました。


















ここまでのカットは全て換算50㎜のいわゆる標準レンズと言われる単焦点レンズで撮ったもの。


好きな焦点距離の1つなので、あえて一本で撮ってみました。


好きだからなんとかするのか、なんとかなるから好きなのか…まぁ、どちらにせよなんとかなるもんですね。


そして、富士機ですから撮って出しの無加工です。


単焦点だから自分の足で構図を探る。
現像しないから現場で詰める。


そうすることで丁寧に写真を撮っている時間そのものが無心になれ心地がよかったりします。




残りのカットは持ち合わせていた望遠レンズにて。














圧縮感やボケと言う画質的な物の他に、断片的な切り取りから生まれる物語性も魅力なのかなと思います。



ゴールデンの番組にも取り上げられ、混雑が心配されましたが、比較的ゆっくり撮影や景色を楽しむことが出来ました。


タイミングや天候、光もベストで写真の方も勿論良かった訳ですが、誰かと共有した景色や光景と言うものは永く忘れないものなんだろうなぁと、朝日に輝く紅葉を見ながら感じました。





てつげたさん、お誘い頂きありがとうございました。


fin.
Posted at 2018/11/29 23:46:03 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月26日 イイね!

秋を迎えた寺の街を朝散歩

こんばんは。


11月初めの日曜日の朝、この場で知り合った友達のてつげたさんとお写真を撮りに飯山市を散歩してきました。




先ずは称念寺。


少し早かったものの、流石は雪国の小京都と言われるだけあり相変わらず美しい庭園でした。
















続いて、近くの正受庵。


寺尾聰さんや樋口可南子さん出演の映画、『阿弥陀堂だより』のロケ地である静かな山寺です。


苔むす茅葺き屋根と周囲の紅葉が非常に美しかったです。








『お茶でもいかがですか』
と近所のおかあさん方にお声がけ頂き庵の縁側で待っていると、なんとお抹茶をたてていただきました!(゚∀゚;)





まだ人がまばらな静かな山寺の縁側に腰掛け抹茶を頂く静かで至極のひとときでした。





寒い朝だからと言う訳ではなく、日本人のもてなす心遣いに大変温まることが出来ました。





その後はいくつかポイントをまわってみるもまだ少し紅葉には早いようだったので、飯山市が誇る名パティスリーで秋らしいスイーツを食べて帰ってきました。

…男二人でww





紅葉には少し早く撮れ高は少なかったものの静かな朝の時間、思いがけない温かなおもてなしや、友人との話も弾んで素敵な朝散歩になりました。

てつげたさん、早朝よりありがとうございました。

Posted at 2018/11/26 22:14:15 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月25日 イイね!

秋の夜に響く祭囃子 ~川越まつりへ~

こんばんは。


もう一月前になってしまいますが、川越祭りに行ってきました。


の、前に大宮駅で撮り鉄してきましたw










さて本題。

関東三大祭りに数えられる川越祭り。

二日間でのべ80万人近い人出なんだとか。

幸いにも?偶然にも?駐車場にはスムーズに入ることができたのでのんびり昼夜見物することが出来ました。












昼夜見物で半日以上時間があくので一杯。


菓子屋横丁のスナップも人間味あって面白い。












川越のランドマーク『時の鐘』のすぐお隣のスタバはそんな降る街並みに溶け込むおしゃれモダン。


























昼間は山車や歩行者天国となった川越の市街地をスナップ的な感覚でブラブラ散歩し、夜は祭りのメインイベント的な「曳っかわせ」(山車同士がすれ違う際に囃し立て合う競演の事)が起きそうな場所を中心に祭りの雰囲気を楽しみました。


ものすごい混雑でしたが、秋晴れの古い街並みに響く祭囃子が心地好く、日本の伝統文化の良さを感じられたひとときでした。


fin.
Posted at 2018/11/25 21:27:07 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年11月10日 イイね!

カートピア11月号と一枚の写真。

こんにちは。


この度、全国のスバルディーラーで配られるカートピアと言うフリーペーパーに自身が取材した記事を載せて頂きました。
(ホントはフリーじゃないことを最近知ったw)





夏頃に、「毎月ドライブにふらりと寄れるカフェの特集をしてるコーナーがあるが、長野県のお店を取材、撮影してもらえないか?」とお仕事の依頼の連絡を頂き戸惑いながらも「確かな腕だから」と言うありがたい言葉に押されお受けする事に。


さて、取材に伺ったのはたまにブログに登場します、安曇野市の「チルア ウトスタイル コーヒー」さん。


スバルユーザー、カートピアの購読層を考慮し、ある程度の年齢の男性が一人でドライブに出掛けた時でも入ってみようかな、と思えるお店として候補に入れさせてもらい、取材させていただけることになりました。





ドライブの途中に立ち寄るのは勿論、この静かでのんびり出来る雰囲気とシングルオリジンの拘りあるコーヒーを味わうためにわざわざドライブに行こうと思えるお店だと思います。





包み込まれることで程好く空間が仕切られ、かつ極上な座り心地のシートに身を沈め、スペシャリティコーヒーと共に目の前ののどかな風景やのんびりした時間そのものを楽しむ、そんなお休みも忙しく働く方々こそいい気分転換になるのではないでしょうか(^^)





冬は朝焼けに染まるアルプスを背景に白鳥が飛ぶ安曇野市、ぜひドライブにお越しください。









さて所変わって地元のタルトタタンが頂けるお店に行ったときに興味深いお話を伺いました。





フランスの伝統菓子でたるタルトタタン。


そんなフランスには格式高いタルトタタンの協会があるようで、その協会から唯一日本で認定を受けているのが京都のラバチュールと言う喫茶店。


そのラバチュールのタルトタタンとの出会いが切っ掛けでこの店のオーナーは今日、正統派タルトタタンを出すお店を営んでいます。





そのラバチュールとの出会いは雑誌の一頁。


その時は何と無く切り抜いてしまっておいたそうですが、仕事や子育てに追われる中そんな切りぬきの存在はいつしか忘れられてしまいます。


しかし月日が流れ、子育てが終わり部屋の整理をしていて荷物に紛れたその切り抜きが再び目に留まった時、これは「行け」と導かれていると感じ足を運んだそうです。


そしてタルトタタンに魅了されレシピを聞くことは失礼だと、通い込んで研究、試作を繰り返しながら味を作り上げて、定年退職後にお店を持たれ今日に至るとの事でした。


そこで感動したのは、オーナーの情熱や行動力と共に、その根元となった一枚の写真の力。





写真集や個展、セミナーやトークショーのように個人の名前や作品で売っていけるのはプロの中でも限られた人で勿論スゴいことだけど、そう言ったものじゃなくても誰かの切っ掛けになったり、心動かせる事に感動したと共に、40年前に切り抜かれ大切にラミネートされた一枚の写真やその撮影者はすごく幸せだろうと、記事の製作に携わったばかりの自分にはすごく響きました。


このように僕の記事の内容は誰かの人生を変えられるようなものではありませんが、誰かが記事を読んでドライブに行ってみようかなとエンジンをかけてくれたら…


そんな小さな切っ掛けでも与える事が出来たならば嬉しいと思います。





メーカー系発刊の物ではありますが、ドライブライフの提案をする面白い内容になっておりますので、スバルユーザーの方は勿論、そうでない方も手に取っていただけると嬉しいです。
(Webカートピアも見てね♪)


fin.


p.s.

仕事で写真撮ったからどうだとか、入賞したからどうとか、SNSでどうだとか誰かに誇り、かざすことではないと思います。


しかし、数ある趣味の中で写真はきっといつまでも続けていくものだと思うので、今回のお仕事はそんなフォトライフのちょっとした歴史や自信にして、いつか子供でも出来た時に話してやったり出来るのかなと思います。

そしてこれからも今まで同様、自然体に楽しみながらいきたいと思います。





Posted at 2018/11/10 15:54:55 | コメント(6) | トラックバック(0)
2018年11月06日 イイね!

時雨の午後。

こんばんは。


ある小雨が落ちる午後、市内の山あいにある旅館内のカフェを訪れました。


この旅館、今でこそ落ち着きを見せていますが数年前まで予約は数ヶ月前、季節によっては一年前から埋まる程の人気の高級旅館…


人気と言ってもおいそれと泊まれるようなご身分ではないのですが、喫茶スペースは一般利用できます。





エントランスには小さな秋。








静かな店内で雨が落ちる景色を見ながら頂くアップルパイとミントティー。





ゆっくり流れる、その時間を楽しむ。














後ろ姿を失礼いましまして…







一人車に乗り込み、隣村の松川渓谷へプチドライブ。





車道からこの絶景。

雨上がりの靄なんかも出て、良い雰囲気です。





時雨がもたらすのんびりとした時間と景色を堪能した午後でした。

fin.



p.s.


あ、ピークにも再訪しました。





年々人が増える印象です。





ちなみに橋をみるこの景色は綺麗ですが、橋の上からみてもあまりだから…みんな橋の上に居座らないでこっちにきたら良いのに🙊🙊(笑)
Posted at 2018/11/06 21:15:36 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

「夜勤明けのボランティア。

他のボランティアさんから長野市民や長野県民が少ないのはなんで?と言われる始末(笑)

この場でも志賀によく来てて近くを通っているはずなのに山の上でオフ会に勤しむ人達がいるよね💦
もちろん飲食や教育や医療等の職で現場で携われない人もいるだろうけど。」
何シテル?   12/05 22:10
ほたる.です。 過去にはシルビアでサーキットを走ったりしておりました。 今はクルマとの向き合いかたにも変化があらわれ、車いじりはそこそこに?相棒のフ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

se souvenir de 2012・・・vol.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/25 23:38:25

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
リギリA型なSJG。 ECUや足まわりなど要点をしぼってカスタムし、順正+αなシンプル ...
日産 シルビア 日産 シルビア
初めての愛車のS15です。 通勤、峠にサーキット、旅行まで色々な思い出が詰まったクルマで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.