• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

vertinのブログ一覧

2018年10月10日 イイね!

オールシーズンタイヤ比較

オールシーズンタイヤ比較top画像は動画の中のグラフ、
たまたま見つけた動画。
“7 of the best all season tyres for 2018”
グラフ比較されてないオールシーズンも動画内では紹介。
ま、その辺は日本ではどれも手に入らんが、Nexenは一応手に入る?
オールシーズンタイヤの特性はサイプとブロックのバランスで差異があるって事でしょうな。

黄色がミシュラン、オレンジがコンチ 白がGYベクター(ただしG2だから日本で売ってるG1とはちょっと違う)。
色違いの破線はサマータイヤとヨーロピアンウィンタータイヤ、
日本でオールシーズで売ってるファルケン HS449は向こうではヨーロピアンウィンター扱いでいいはずだから右上がりの破線が目安だね。(EUラベルで言うと、燃費F、ウェットC、という辺り、いわゆるスタッドレスよりはウェットには断然強い。)
Posted at 2018/10/10 02:45:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ
2018年01月23日 イイね!

308とVector4seasons


休みにつき、昨日の打撲がさほど酷くなくて良かった。
車庫と前の道を除雪して買い物へ、
ザ・ベチャ道、(日陰で除雪されない場所は今夜には凍結して来週まで残るパターンだね毎度)
ウェット&シャーベット、
この手の路面でのトラクションは良好。
308の直進安定、タイヤと路面の感触が掴みやすい油圧ステア、アクセルに素直なトルコンAT制御、
圧雪その他の路面凹凸をやんわりいなす足回り。
こいう時にほんと乗りやすい。
減速G0.2ぐらいを目安にランダム路面は普段のピンポン玉のコントロールのイメージ
普段からの感覚の慣らしもあるけど
やっぱり車のインフォメーションがしっかりしてて思い通りに反応してくれる事
(てかその辺りがアレだとピンポン玉も扱いにくいのだよね)

日没ととも順次凍結
掘り返されて場所により圧雪氷のアンジュレーションでも足回りのストロークたっぷり、車が暴れる不安がないから心配なく走れる。

て、これだとタイヤじゃなくて308の印象だな…つまりベクターはそいうタイヤ。
Posted at 2018/01/23 23:04:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ
2017年10月31日 イイね!

某所ヘアピンでのログを見比べ

某所ヘアピンでのログを見比べ
某所ヘアピンでのログを眺めて、
タイトル画像、
308(T7)+グッドイヤー ベクター4シーズン

以前の
208+ミシュラン エナジーセーバー
https://minkara.carview.co.jp/userid/2425336/blog/39942211/

横Gの立ち上がり方は
タイヤの差、車の差、さてどちら。

Posted at 2017/10/31 23:26:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ
2017年06月16日 イイね!

ヘアピンカーブでタイヤ特性を考える。

ヘアピンカーブでタイヤ特性を考える。ヘアピンカーブの場合、相対的に速度は低く、でも舵角が大きい、
旋回半径が小さいから速度が上がると計測Gが簡単に跳ね上がる、でも速度自体は高く無い
だからというわけでも無いけど、
普段より少しオーバ速度気味になるだけでエコタイヤなんか簡単に鳴き出すようなパターン
そいう点で、タイヤ特性をある程度推し量るのがやり易いというか、
ブレーキをオーバーラップさせないようにすると舵角抵抗も見え易いかな?

(ピレリp4fsだと0.6過ぎて0.7Gぐらいで鳴きがでて0.8Gぐらいで滑り出し始めるかな、ぐらい)
そんな風に思ってたんだけど、
ミシュラン、エナジーセーバー
全然鳴かないし、タイヤの方は、まだまだ行けるよ、とでも言いたげに平然と曲げてくれる訳で…
エコタイヤ、一応。

GPS速度はフロアに置いてると掴み方がイマイチだね…ラグが出るから。
Posted at 2017/06/16 03:55:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ
2017年04月25日 イイね!

ロールは正義という言葉、仏車とミシュランに関してはそう思う。



ロールは正義、フランス車だけでなくフランスタイヤ(ミシュラン)もそんな感じだよなあと208に履いてるエナジーセイバーを思う。
ハンドル切れば曲がる、そっから切り込むとロールしながらさらに曲がる、車だけの問題じゃなくタイヤも同じような性格。

http://nomano.shiwaza.com/tnoma/blog/archives/007695.html

http://wonderdriving.com/archives/2012/05/michelin-tire-test01.html

http://wonderdriving.com/archives/2012/05/michelin-tire-test02.html

ミシュランのサイドウォールが柔らかいのは良く知られてる話で

それが人により好みと評価が真逆になるのもフラ車と似てる。
まあタイヤの場合車との相性もあるだろうし、

http://fanblogs.jp/dakarakoso/archive/101/0

https://www.heeday.com/car/energy-saver-plus/

嗜好の問題もあるだろうけどね。
個人的な感覚では一見ふわふわで腰砕けのように見えながら
何処までもしぶとくロールしながら粘ってくる
タイヤも車も、でハンドル切ればグイグイ曲がっちゃうのさね。
エコタイヤのはずなのに全然鳴かないし。どこまでやったら限界になるのか。
、(個人的なモラールの限度超えるから普段使いでは試せませんがね・・・)

しなやかなサイドウォールの動きが加速度変化を穏やかにして
それがタイヤのグリップを引き上げるパターンだろうと思うわけ、
(UTQG 400だからゴム自体は案外固めというか、とりもちタイヤではないよね。)
もう一つはタイヤ側が過重変動をうまく抑えてくれるのだろうかなと
変動するとグリップ低下するから
http://blog.livedoor.jp/akai_arinco/archives/26873204.html

http://phys.dip.jp/cars/gpractice/load_fluct.html

で空気圧あれこれ弄ってg-bowlで減速Gの立ち上げを考えながら
タイヤの縦バネが加速度(減速方向)ブレーキでの減速Gのの立ち上げをスムーズにしてくれる部分てのもあるかもなあと。
思いつつ、も少しウォール固めのタイヤの方が練習になるかもしれんな後も思いつつ。

スタッドレスのウインターマックスも同ように結構構造は柔らかい様子だし、
それが夏冬でタイヤ買えてもあんまり感覚が多きくは違わない理由かもしれないなと(16と15インチで扁平率とマスダンピングの違いは出るけど)
Posted at 2017/04/25 21:51:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ

プロフィール

「内部監査でリークがどうとか、これってゴーンで問題無い内は内部でもスルーしてたのか?
日産側のクーデターとか話が出てるけど。まこれを奇貨としてフランス政府が前から言ってたルノー日産経営統合の話を進めようと行動に出てくるのは時間の問題、ある意味で最大の障害は排除された…」
何シテル?   11/20 13:37
プジョーと日常の記録
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

“良いクルマ”とは? その3 〜本質的な良さ、ドイツ車〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/15 20:33:15
《ちょっちCoffee Break》プジョー308ディーゼル,208,2008 ルノールーテシア0.9ターボ、マツダ アクセラ1.5ディーゼル、フィアット パンダまとめて試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/07 11:48:03
LEDヘッドバルブに交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/07 02:21:49

お友達

こちらからのお誘いは控えるようにしておりますが、よほどの理由が無ければお断りすることも無いと思います。
70 人のお友達がいます
motoharu46motoharu46 * MINI原人MINI原人 *
susp2susp2 * 青葉裕紀青葉裕紀 *
せまるしかせまるしか * naopeinaopei *

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 208 プジョー 208
4匹目のライオン  Simple is Good.な仕様 & MTにカムバック。
プジョー 208 プジョー 208
初めての新車、2台目のプジョー ノーマルMT
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
7年目で親戚から譲り受け2年ほど乗る、
プジョー 308 (ハッチバック) プジョー 308 (ハッチバック)
3台目のライオン (みんからの車種グレード選択でセレクトすると形式番号がなぜか208X ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.