• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

negima1960のブログ一覧

2017年11月03日 イイね!

Tuning ECUに純正エアクリボックス推奨が多いのは何故?

Tuning ECUに純正エアクリボックス推奨が多いのは何故?過去のWRX でもむき出しエアクリによるエンジン不調は、多々言われています。
吸入抵抗が減った分エアフロセンサーを通過する空気量が増え電圧が上がります。これを防ぐためにセンサー前に整流版を設置するタイプが有りますが私のafeインテークには付いていません。
ECUはエアフロセンサーの値からMAF Sensor Scalingのマップに従って電圧値を、吸気量[g/s]に換算します。つまり空燃比の空気の側をここで測定しているわけです。
本来は、エアクリをむき出しタイプに交換した時には、「MAF Sensor Scaling」のマップを編集して、正しい吸気量計測に近づくようなマッピングとするべきなのでしょうがこの作業は、かなりの費用と時間がかかるそうです。
一方で最近のECUでは、吸入圧力を計るセンサーがインマニ付近に有りかなりの精度でインマニの空気量を測定しています。よってこのセンサーにより校正値は変える必要がないと考えるのが一般的だそうです。
自車は、排気系がメタキャタ~センターパイプ以降が柿本改で純正に比べ抜けが良くなっている方です。よってafeインテークによる吸入空気量の質量が大きく変化し補正値を超えているのではないでしょうか?
実際にログを取ってもらうと高回転域は絶好調なのですが低速域では、リタード気味だそうです。ECUの自己学習でどこまで変わるかは不明です。
自分でも手軽にロギングできるデバイスが欲しい今日この頃です。
Posted at 2017/11/03 03:41:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ
2017年10月08日 イイね!

DITのECUチューニングについて 備忘録

DITのECUチューニングについて 備忘録とあるチューナーのブログより抜粋
DAMという点火進角の補正と燃料補正の乗数を決める制御のプログラムを把握することと、統合制御トルク値のプログラムを把握することで、ほぼ攻略できると思う。弄れる場所が分かってくると、簡単に速くなるし、それだけでクルマの走りが変わる。

まあ、CVTのトルク制御に嵌まると思うし、この攻略は簡単ではない。
エラーコードが入るのを無視するように作るのが、最も簡単なんだけれども、簡単に許容値を超えたところで走るので、CVTは悲鳴を上げるし、簡単にバラバラになってしまう。(最近のチューニングデータに多いので危惧してるところ...、)
CVTの制御をするPCMをtS用に変えられれば、少し余裕ができると思うけれど、最新のDタイプにはそれが入っている気がする。
~中略~
ノーマルの補正制御を大切にチューニングするなら制御リミット値を変更するような壊れるチューニングは避けた方がよいと思っているので、ECUの中身はキチンと把握したい。
Posted at 2017/10/08 22:04:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ
2017年09月04日 イイね!

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その5

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その5気温22℃ 雨

空気圧(走行中):F240kpa R230kpa

馴染んできた!慣れてきた!

雨、Wet、不安要素まったく無し!



Posted at 2017/09/04 23:55:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ
2017年09月02日 イイね!

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その4

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その4パーツレビュー用備忘録

気温:24℃→27℃ 晴れ
冷間時空気圧:F236 R228kpa
走行後空気圧:F254 R244kpa

走行後15分でF242 R232kpaまで上昇 
30分以降F254 R244kpaあたりで安定

首都高の継ぎ目も快適(以前は腰にキタ)

公道外で速度を上げてみる 
170km以上になるとサイドウォールのしなやかさが顕著に表れる 慣れていないのでチョッと戸惑う

ドライだとハンドル操作に対しての反応がより素早くシャープになる!!
ZⅡに慣れているのでコーナーで切りすぎてしまった
まさにこれ!以下ミシュランHPより

「ダイナミック・レスポンス・テクノロジー」
路面との密着度を高めて、コーナリングで自在に操作&応答
トレッドの内側に高強度で、耐熱安定性に優れたハイブリッド・アラミド/ナイロンベルトを採用。
タイヤと路面との密着度が高められるため、ドライバーのハンドリングにダイナミックに反応。コーナリングでの優れた操縦安定性能を実現しています。」

ブレーキング性能も申し分ない(新しいから当然か)
PS4とPS4Sの違いは、その場で履き替えて試さないと分からないレベルだと思う
この性能はいつまで続くか...


Posted at 2017/09/02 19:13:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ
2017年09月02日 イイね!

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その3

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その3パーツレビュー用備忘録

気温:22℃→19℃ 雨

ウエットだが水溜まりは少ない

冷間時空気圧:F236 R228kpa
走行後空気圧:F242 R232kpa

雨の場合は走行中の空気圧上昇が少ない その分接地面積は増える
公道(一般道、高速とも)では、噂通りドライと変わらぬグリップ感(ビックリ!)
ハンドリングもドライとか変わらず 速度を気にしないで走行できる(ムヒヒ!)
水溜まりでもしっかりグリップする 排水感が実感できる ハンドル修正必要なし
通行量の少ないワインデイングで少しアクセルを踏み込んでみてもドライと挙動の変化なし

新しいので当然か?

この性能がいつまで保てるのか?



Posted at 2017/09/02 01:24:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ

プロフィール

「これって、お亡くなりになったってこと? http://cvw.jp/b/2427836/44513603/
何シテル?   10/27 08:42
negima1960です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル BRZ 素のBRZ (スバル BRZ)
新しい相棒が増えました。20,672kmからのリスタートになります。 メチャクチャ軽い車 ...
スバル WRX STI 白の207 (スバル WRX STI)
モアパワー、モアレスポンスを求めてVAGからの乗り換えになります。 縁あって白のS207 ...
スバル WRX S4 Negima号 (スバル WRX S4)
BH~BP~GRF~VAGと家族構成の変化でスバル車を乗り継いできました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.