• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

negima1960の"Negima号" [スバル WRX S4]

オーバークール対策③

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2017年12月09日
1
昨日の検証結果を踏まえて、ロアーグリルの3/4を塞いでみました。
昨日は、水温、オイル温度共に一旦100℃まで上がってからアッパーグリルとロアーのオイルクーラー前を開放して、テストしましたが、今日はコールドスタートからこの状態です。
2
コールドスタートからだと空いた部分から走行風が入るため思うように水温、オイル温度とも十分に上がりませんでした。
日中気温9度、約1時間走行中の渋滞路で水温82℃、オイル温85℃でした。高速では水温82℃、オイルは70℃まで下がってしまいこのフタの形状は失敗です!
(走行後のMFD撮影するのを忘れました)
3
再検証
その晩に、ロアーグリルを全部塞いでコールドスタートからテストしました
気温7度、暖気終了直後は水温50℃、オイル温37℃です。
4
30分走行後
(一般道~高速~一般道)
MFDの外気温が正しく測定できていませんが、水温85℃、オイル温85℃です。
ローテンプサーモが82℃なので順調に水温が上がっています。
それにつられてオイル温度も上がってきました。
いい感じです!
5
1時間走行後
(一般道のみ軽く流す程度)
水温94℃、オイル温92℃で安定しています。
エンジン回転数を上げて速度を増すと水温100度、オイル温は98℃まで上がりました。
ロアーグリルをすべて塞いでいるのでオイルクーラーの効果は出ませんネ!
6
再考しましたが、ローテンプサーモを純正に戻すことにします。その間ロアーグリルは塞いだままで使用して、変化が有ったらまた報告したいと思います。
サーキット走行などのスポーツ走行をしない限り現状の私の環境では、純正サーモ+オイルクーラー(サーモ91℃)が一番向いているとの判断からです。
たまにヤンチャするので一応オイルクーラーは残しておきま~す!
みん友の皆様いろいろ貴重なご意見を頂きありがとうございました!!
今後もよろしくお願いします。


イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

DIY達人への道! 修行編3

難易度: ★★★

エンジンオイル、エレメント交換、WAKO'S CORE503充填

難易度:

オイル交換

難易度:

エンジンブロー…_:(´ཀ`」 ∠):

難易度: ★★★

エンジンオイル&エレメント交換

難易度:

オイル交換&6ヶ月点検(埼玉スバル川口店)

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「ROWENマフラーで激変! http://cvw.jp/b/2427836/41745398/
何シテル?   07/21 09:27
negima1960です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI 白の207 (スバル WRX STI)
モアパワー、モアレスポンスを求めてVAGからの乗り換えになります。 縁あって白のS207 ...
スバル WRX S4 Negima号 (スバル WRX S4)
BH~BP~GRF~VAGと家族構成の変化でスバル車を乗り継いできました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.