• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラフィム2501のブログ一覧

2016年10月31日 イイね!

クルマ、地味よね?

クルマ、地味よね?嫁と一緒にMMFという三菱ファンミーティングに岡山の友人と合流して行きました。
多分エボXと僕にとっては超ロングドライブですから疲労と睡魔の対策を万全を期して挑まなければなりません。







相川七瀬さんのCD「Treasure・Box」と宇多田ヒカルさんの「Fantorm」と







「MACROSS Flash Back 2012」のDVDを用意してハイテンションを維持し長距離をしのごうという作戦です。
元祖ゆるふわ天然小悪魔系アイドルのリン・ミンメイさんの声はドライブに必需品です。
例え嫁の刺さるような絶対零度の視線が辛くとも、換気をしたくても恥ずかしくて窓が開けられなくとも、デカルチャーソングは心のオアシスです。








380kmのドライブには助手席がフルバケは妥当ではないとの判断して、同乗者は後部座席に乗るタクシースタイルで岡山まで行きました。
もはや助手席のフルバケシートのレゾンデートルに関わる重大事のような気がしますが、タクシースタイルで高速に乗りました。







何せ後ろと前の座席では会話が成立し難いし、車内ではリン・ミンメイの歌声が響いていますし、僕の静かなクルマのマフラーもエボXの5速MTのギア比の問題でなかなかのハイパフォーマンスな騒音っぷりを披露してくれますし、二人乗車でも孤独なドライブです。







そんなこんなでMMFの会場に到着し、軽くスタッフさん達のお手伝いをしました。
大規模ミーティングのスタッフさん達は大変です。







前日から会場にクルマを斜めに駐車するためのテープを貼ったり、当日の駐車の誘導や、イベントを盛り上げようと様々な努力がされています。
凄く大変に違いありません。







参加させて貰った僕としては本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。








珍しい三菱車も見れるし、みん友さんにも何人かになって貰いましたし、みんカラは残念ながらやられてないパジェロ・ミニの方とやギャラン乗りの方とのお喋りは楽しかったです。







現地で集合したみん友さんのきよ丸さんにもお世話になりました。






ガルウイングなGTOや、、







華麗なるキャラクターのイラストに彩られたクルマがいらっしゃるので嫁や友人に「何かアンタのクルマ、凄え地味だよね?」「何でGTウィングをつけなかったの?」とか言われました。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………







「ちょっと地味で眼が小さくて家庭的な早瀬未沙がタイプなんだよ!」と意味の解らない強がりを言い返しておきました!







華やかなクルマや昔のクルマを大事に乗られているのを見れるだけでとても気持ちが良くなるものですよね!


つづく!







Posted at 2016/10/31 19:42:27 | コメント(23) | トラックバック(0)
2016年10月27日 イイね!

けいよん! 「翼をひろげて」

けいよん! 「翼をひろげて」「だから、チューニング!」08:Corner の三年前の事だ。
松田AZU、18歳で高校生の夏………。

ドカッ!







松田AZUはいきなり親友の日和八千穂に蹴りを入れられた。
確か日和八千穂は昨日までは黒髪だったはずだが、いきなり金髪ヤンキーになってるんで一瞬誰だか解らなかった。





(Before)



「何すんだよ、いきなり!痛いじねえかか‼︎ 」と、松田AZUはガードはしたものの結構痛かったのでちょっとムッとしている。
幼なじみで中学まで一緒だった同級生の日和八千穂はじゃれてるつもりなのだ。







「ちょっと前まではよくケンカしたな、AZU!」と、イタズラっ子のように笑いながら殴ってくる。

「中学の時だろ、それ?もういい歳なんだから止めろって!あと、そうやって私の事を英語のニュアンスでAZUって呼ぶのもアンタだけだよ、八千穂。恥ずかしいから止めて!」







「何でぇ?『あずみ』より『AZU』の方が可愛いじゃん!」

「可愛いくないわ、ただ恥ずかしいだけよ!」

「一文字短くなるし、呼びやすいと思うけどなあ〜」







「そういえば昨日、ウチの妹がからわれた時、助けてくれたのアンタでしょ?」と日和八千穂に妹の事を聞いた。

「ああ、昨日の……。ウチラの学校の下級生がアンタの妹をからかっていたから穏便に注意しただけよ。よってたかって中学生にさ、みっともねえって。そしたら突然ブチキレて殴りかかってきたから、アタシは専守防衛しただけさ。極めて日本的で慎ましやかなセルフ・ディフェンスしただけよ……」

「そんな大した理由も動機もなく他人にケンカ売ったり非難したり中傷したり……。世の中から戦争や紛争、テロリズムがなくならないはずだわ………」とAZUはイヤになるが、八千穂には感謝した。







「ねえ、八千穂…………何で金髪にしたの?」

「ん?おかしいか??」

「全然似合ってないわよ。元に戻したら?」







「そう?………………………………………金髪にしたくてした訳じゃないのよ。なあ、AZU、私のクルマを乗ってやってくんねえか?」

「えっ?」
松田AZUは八千穂がクルマを所有していた事と唐突な申し出に驚く。

「私はもう乗れなくなるんだ……。全然知らねえヤツに乗られるよりAZUに乗って欲しい……。いや、アンタだから乗って欲しいの」


「アンタ、クルマ持ってたの?」


「うん、兄貴のお下がりというか、兄貴から譲り受けたというか……」

「ああ、お兄ちゃん、クルマ持ってたんだ?学校の先生だよね?じゃあ、自分で乗ればいいじゃん。何で私に乗れなんていうのよ?」


バサッ!


「な、何?」

聞こえる筈のない羽音が松田AZUの耳に響く。









「鳥の羽根……………………?」


日和八千穂は儚げに微笑い自分の事を話しだした。

「時間が来たみたい。………………二週間前の朝、突然兄貴がひよこになった」

「えっ?」







「正確にはひよこ人間よ。高校教師の兄はひよこ人間になったにも関わらず変わらずに高校に通勤している。普通に授業して普通に職員室にいるんだ。しかも誰もひよこ人間になった兄貴を疑問に思わない。同僚の先生も自分のクラスの生徒も。最初は悪質な冗談かなんかと思った……。私だけがひよこに見えているのかと思ったよ………」

親友とはいえ八千穂の言っている事が突然過ぎてAZUには全く理解出来ない。

「だけど、違う、違うんだよ!兄貴はひよこ人間だって皆んな知ってるんだ…………。アンタ、私の髪、金髪に染めていると言っただろ?こいつは染めている訳じゃない……。一週間前に急に黄色になってきたの!体毛も全て黄色に……。私もなるのよ、兄貴みたいに…………」







「…………………何……、言ってんだ?」
意味が解らず現実感が奪われAZUはただ立ち尽くしている。

「理由は今の科学ではハッキリ解らない。おそらくウィルスが私たち兄弟の細胞のRNAに侵入しDNAに合成獣の遺伝情報を転写した。塩基配列の書き換えが行われ、人とひよこのキメラが突然変異したと、先生達は言っていたわ。そのウィルスは『ひよこウィルス』と呼ばれていた。手は羽根になり、唇はくちばしに変化し、そして三頭身になるのよ!」







「そうなると運転なんか出来やしない!だから、アニキから譲り受けた愛車にアンタに乗って欲しいんだ‼︎」

理不尽で不条理でにわかには受け入れ難い話だが、八千穂が嘘をついているように見えないし、確かにAZUは羽音を聞き黄色い羽根が舞っているのを見た。
そして八千穂の身体に変化が現れる…。

「解った。解ったから!そのクルマ、アタシが貰うよ。そしてアンタを乗せて何処にでも行くよ‼︎八千穂だけのドライバーになる‼︎! 何にもしてやれないけど、ただ側にいるだけならアタシにでも出来るから。クルマのメンテナンスだろうがなんだろうがアタシが全部してやるから………」







「AZU、ありがとう…………、アンタはきっとそう言ってくれると思ったよ。………………あのクルマ、大事にしてやってくれ…………………………」
とだけ言葉と羽根の欠片を残し八千穂は消えてしまった。







「八千穂………………………………………自分勝手な女………。一方的に押しつけていきやがった………」



















日和八千穂のクルマの駐車場に行くと青い小さなスポーツカーが停まっていた。
左右のドアの開き方が特殊なガルウイングのクルマだ。

「な、何だ、このクルマ?小さなスポーツカーなのか?」







この日、松田AZUの愛車になったAZ-1は翼をひろげたぴよ八先生の妹、日和八千穂にそっくりなクルマだった。









つづく
Posted at 2016/10/27 19:05:54 | コメント(15) | トラックバック(0)
2016年10月22日 イイね!

新しいNSX

新しいNSX「どうして最近のクルマはこう重たいのか?」
と僕の友人が僕に聞いてきます。







どうやら何週間前の「スーパーGT+」を観ていたようです。
「何で新しいNSXは1780kgもあるん?」と僕に聞かれても僕が設計した訳ではありませんから何とも言えません。







「あのカッコで1780は重すぎるんやない?フェラーリとかマクラーレンとか1500kg以内やろ?ハイブリッドにしても重たくないかね?」
繰り返しになりますが、僕が作った訳ではないので何とも言えません。








「何か熱対策でラジエターが10個も付いてるらしいよ?ハイブリッドは熱を持つんだったって………あと、ギアが9速あるし…………」とテレビで観たままを話しました。







アルミフレームとか






カーボンルーフとかは標準装備ですが、









カーボンエンジンカバーとか







カーボンブレーキとかはオプションでなかなかパンチのある値段です。
でも、めちゃくちゃ魅力的です!







番組ではアウディR8と







GT-R 2017モデルが登場してます。








「オレだったら迷わずR8を買うね!アンタやったらドレ買うん?」と友達がお金を持っている前提のファンタジー質問をしてきます。

「うーん……………………………………………………………………………………………………この3台で??」と僕は悩みましたが、買えないので悩む必要は全くない事に後になって気づきました。







「うーん……、2000万円使って良いならGT-Rとロードスター買いたい!」
我ながらナイスチョイスです!
というか、発想が小市民です‼︎








で、気になるNSXは当然タイプRが出るはずですが、ハイブリッドではない4WDではない電子制御が少ない超軽量化した1300kgくらいのMRが見たいとか思うのは僕だけでしょうか?



Posted at 2016/10/22 19:34:06 | コメント(14) | トラックバック(0)
2016年10月19日 イイね!

三台のGT-R

三台のGT-R買ってしまいました、ホットバージョンvol.142。
本能と理性の間でせめぎあいあいながらも結果的には無意識の中に沸き立つ荒ぶる「ホットバージョンが観たい!」と欲動に忠実に購入してしまいました。






根がケチというかビンボー症というか、買っちゃったからには2000円分の元を取らないといけませんし、舐め回すように隅から隅まで観ますし、ブログにも書いちゃいます。







この表紙で気になるのは三台のGT-Rでしょう。







最初見た時に「何だ、このフロントバンパー?」と思ってしまった2017モデルですが、3回くらい雑誌で見てると「良いじゃないか、GT-R!流石だぜ、GT-R‼︎」とカッコよくみえてきます。
あっ、お値段も注目です。








しかも内装が高級感溢れていて「これこそジャパニーズスーパーカー」だと思います。







しかし、褒めてばかりはいられません。
何故か重量が40kg増えています。
内装がゴージャスに革張りになったからか、何かしらの補強が入ったのか、バンパーやら何やらの意匠のせいか、重量が増えちゃってます。







「軽くしたかったらニスモを買ってください」的な事なんでしょうか?







あとはレーシングカーのような2015ニスモモデルです。








相変わらず禍々しい迫力を振りまいた佇まいです。







そしてマインズのチューンドGT-Rです。
このGT-Rも綺麗なエアロを組んでいて色々チューニングしてます。







面白い形状のリアスポイラーが付いてますし、色々とカーボン化されているようです。




(ドライバーを信頼しているカメラアングル)


どのGT-Rが速いか筑波サーキットに持ってきてバトルをする訳なのですが、2011モデルのGT-Rをコツコツと仕上げていったマインズのチューンドGT-Rをついつい応援してしまいますし、アフターメーカーのGT-RがメーカーチューンドのニスモGT-Rをブチ抜いて欲しいと思うのが人情というものでしょう。


えっ?
そんなこというのは僕だけですか??


えっ?
「最新のGT-Rが最良のGT-Rだろう!」って?







実は僕もチラッとそうかな?って思ってました。
最新のニスモGT-Rが一番速いんだろうって。

しかし、残念ながらニスモGT-Rは最新のクルマではなく、2015モデルでした。
ていうか、2017ニスモは発売されてないんでしょうね。


筑波サーキットを走るGT-Rは凄い迫力ですし、2017モデルにいたっては4WDとは思えないようなコーナリングをタイトターンで見せます。

まるでハイパワーFRのようです。
と、ドリキンさんが言ってました。

確かに映像で観ていてもテールスライドしながらコーナー駆け巡るシーンが見受けられます。







もはや三台とも凄すぎて僕にはどれがどう凄いのかよく解りませんが、皆さんはどのGT-Rが速かったと思います?

もし買えるとしたらどのGT-Rが欲しいですか?


あっ、もちろん僕は裕福ではありませんので(2000円のホットバージョンを買うかどうかを迷っていたぐらいです)、買えませんけど……。
Posted at 2016/10/19 18:28:50 | コメント(23) | トラックバック(0)
2016年10月13日 イイね!

こうあるべきなクルマ

こうあるべきなクルマ毎週「スーパーGT+」を観ていますが、実は楽しみにしているのはレースそのものより「愛車自慢コンテストの回」だったりします。







前回は確かますだおかださんの岡田さんのクルマがチャンピオンでした。
フェラーリルックな86に僕はシビれてしまいましたが、今回は誰のクルマがチャンピオンになるのかワクワクします。








嫁によると僕は谷口信輝さんが出演しているとニタニタしだし、テレビに向かって独り言をブツブツ言いだすようなヤヴァいタイプだそうですが、そんなことを気にしていては立派な「スーパーGT+愛車自慢コンテスト」のファンとはいえません。








Studie BMWの監督さんの鈴木康昭さんのドイツのチューナーさんのカッコ良いエアロがついたBMW i8は何とオレンジにオールペンしたそうです。







めちゃくちゃカッコ良いです!
元々がカッコ良いのにエアロでさらに華やかになっちゃってます。







GTウィングもキマっています!




そして爆走坂東組の坂東正敬さんのオリジナルフルエアロな86です。






凄すぎて僕にはもはやカッコ良いのかどうなのかよく解りませんが迫力は満点です!






迫力エアロのためには、「日常」なるものに媚びを売ってはなりませんし、ガソリンが入れにくくても気にしてはなりません。

眼をひくクルマとしてはこれらのi8かフルエアロの86だと思います。







そしてもう一台はドリキンさんのAE86です。








ドリキンさんの86はホットバージョンとかでいつも見ているし、もう結構古いし、マメ号とか言って谷口信輝さんや織戸学さんからバカにされているので、愛車自慢コンテストでわざわざ観なくていいや……とか思ってはなりません!







カーボンボンネットを装着し、







何気にカーボンルーフを装着し、








4A-Gから7A-Gにエンジンを載せ換えて、クロスミッションを入れてます。
愛車に対するこだわりとかの話を聞いていると不思議です、ドリキンさんのAE86が一番カッコ良く見えるんです。







i8よりもフルエアロの86よりもカッコ良く見えるんです。








こだわりが凄いのか、熱意とかプレッシャーとかが凄いのか、権力をふりかざしてるのか、話術が凄いのかもはや解りませんが、とにかくドリキンさんの86がカッコ良く見えました。








何よりも乗っていて二人とも楽しそうです!
クルマってこうあるべきだと思いました。







でも、前から思ってるんですが、カーボンボンネットは何でグリーンなんでしょうね?


あっ、もちろんi8もフルエアロの86もカッコ良かったですよ!



Posted at 2016/10/13 18:20:16 | コメント(21) | トラックバック(0)

プロフィール

「@もと部長(みっくん) さん、おやすみなさい〜。また明日〜!」
何シテル?   12/14 23:48
セラフィム2501です。クルマの事はあまり詳しくないので良かったら色々教えて下さい。皆さんのクルマは色々参考にさせて頂いています。とても勉強になっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

みんカラはクルマのサイトです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/02 20:22:33
BELLOF BELLOF LED FOG LAMP ASSY YELLOW Edition 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/30 08:32:53
Tricolore ドライビングサポートクッション ZEPHROS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 12:36:46

お友達

お友達申請、気楽にして下さい。
412 人のお友達がいます
ひだまりのねこひだまりのねこ * MitternactNachtigallMitternactNachtigall *
MagnificMagnific * CooたろうCooたろう *
20160115vm420160115vm4 * 銀鬼7銀鬼7 *

ファン

627 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
はじめまして。セラフィム2501と申します。クルマの事はそんなに詳しくないので気の向いた ...
スバル BRZ スバル BRZ
初めてのスバル車です。 86/BRZに乗ってみたかったし、発売されていた時からずっと興 ...
トヨタ 86 トヨタ 86
実は注文したのはスバルBRZです。 86乗りの方達とも交流が出来れば嬉しいと思って「あ ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
僕が初めて買ったクルマです。薄くて軽いボディと薄くて軽くてチャラいキャラクターのクルマで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.