• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラフィム2501のブログ一覧

2017年06月29日 イイね!

クルマ好きは世代を超えるのか?

クルマ好きは世代を超えるのか?僕は文化や風習というものが国境はおろか県境も越えないとし、世代も越える事はないと考えています。

文明はいつも衝突し地域紛争や戦争を生んだりしますし、そもそも他者を完全に理解するのは不可能です。

自分自身についての理解ですら結構怪しかったりするものです。

言語、歴史、宗教、生活習慣、社会制度、さらに主観的な自己認識が違うとなかなか理解が及ばぬ事がありますし、永遠に解りあえないものが世の中にはあるのだと思います。











弟のひよたんとS660でドライブしていた時にコンビニに寄った時にちょっぴりエッチな本を物色してミンティアを買ってクルマに戻ると、弟が25歳の若者に声を掛けられ談話していました。







弟は極悪なチンピラフェイスにも関わらず知らない方からよく声を掛けられますから、不思議です。

25歳の若者はNAロードスター乗りです。

しかも渋いVスペシャルです。







弟が二十代に乗っていたクルマを二十数年周期の時を越えてその若者に受け継がれているのです。


少し長めのサラサラな髪を揺らして人懐っこくニッコリ笑うイケメンな若者は「旧いクルマなので色々苦労がありますけど大切に乗りたいんです」と言ってました。

弟は初対面のロードスター乗りの若者と結構長い時間お喋りをしているのを見て「良いもんだな〜、同じ趣味って。もしかしたら自動車文化は国境や世代を越えるのかもしれないな〜」なんて思わず思ってしまいました。

良いですよね、同じような趣味があるって。




Posted at 2017/06/29 18:32:32 | コメント(20) | トラックバック(0)
2017年06月24日 イイね!

スバルの事は元スバリストに聞け!

スバルの事は元スバリストに聞け!僕は愛車のBRZを上手く走らせる事が出来ません。
エンストはもちろん、シフトチェンジの度にドンガドンガ!と前後に不快なピッチングが起きて助手席の嫁がナビを操作をするのが不可能な程です。







弟のひよたんに言わせると「お前(兄の僕)がBRZを苦手なのは、お前がBRZの苦手だと思いこんでいるのであり、それはもはや苦手意識がお前自身の精神を矮小化しており、お前自身が心を開かないからクルマとシンクロ出来ないんだ!」と言う事だそうです。







一理あるような気がしますが、僕が動かしているのはBRZであり、汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン初号機ではありません。







そんなとき東方より来たる二賢者なみん友さんの南風鈴さん夫婦が九州に仕事でやって来られたので、ちょっとプチオフする事になりました。

「エボXオーナー」の南風鈴さんなら僕の気持ちが解ってくれるに違いありません。
エンストして、シフトチェンジの度に大ピッチング大会になってギクシャクするにする筈です!

そう言う邪悪な気持ちがいっぱいで僕のクルマを運転して貰いました。







するといとも簡単にスルスル〜ッと発進させ、しなやかに運転しながら「面白いクルマですね〜!」って言ってます。

南風鈴さんが元スバリストだということを忘れていました。

僕は内心穏やかではありませんし、合点がいきませんし、「僕が一番上手くBRZを使えるんだ……」的な自分の中にある醜い感情の妬みや嫉みに直面しなくてはならなくなります。











ただ、僕が下手なだけなのが露呈しただけでした。

いや、薄々は感づいてはいたんですけどね。

それから韓国料理屋さんでお喋りしました。

南風鈴ご夫妻様、今回も遅くまでお付きあいありがとうございました〜。

またよろしくお願いします〜。


Posted at 2017/06/24 19:16:40 | コメント(29) | トラックバック(0)
2017年06月21日 イイね!

けいよん!16:Corner 不調和な違和感

けいよん!16:Corner 不調和な違和感朝、携帯の電話の音で恵州むつみは眼が覚めた。

姉の松田あずみからだ。







「もしもし、むつみ? 昨日お前さ、工場に来てたろ?」と電話口からあずみのハスキーな声が静かなむつみの部屋に細やかに拡がっている。

「うん………」

「何か人が多くて入り難かったんだろ?…………………悪かったな…………」

「あ、うん………」

「今度から遠慮なんかするんじゃねえよ。お前は立派なお客さんなんだからさ!」







「………………私はお姉ちゃんの自動車屋さんのお客さんじゃなくて、アンタの妹だよ………」と言おうとしたが、それも何か虚しくて口に出来なかった。

元々は「松田」だったが、親が離婚し、付いていった母親が再婚したためにむつみは「恵州」性を名乗っている。

義理の父親がお金持ちなので何でも買ってくれる、高価な洋服でも時計でもカバンでも………クルマですらも。

姉が働く本田自動車工場でS660を買いたいと言えば買ってくれ、薔薇色にオールペンをしたいと言えばしてくれる義理の父親………。

まるで札束で頬を叩かれてがんじがらめにされている感じだ。

お金で全てが買えると考えている義父が大嫌いだったし、不調和な違和感だらけの高校生活も大嫌いだった。

今すぐにでも制服を脱いで学校を退学しこんな家を出て自立したかった。







姉の工場に集まっているふわふわしてる女子高生みたいにこっちは「青春」なんかしてない。

そういえばあの何もかもが順風満帆そうなケータハム乗りのNANAとかいう調子の良い女も一緒にいた。







あの子は嫌いじゃないし、コンビニでの立ち話は楽しかったが、何かだんだん腹が立ってきた。
















「…………………………………………………………………………………………………もしもし、もしもし?聞いてるのか、むつみ?」

「……………あっ、うん、聞いてる……」
むつみは心の雑音のせいで途中から全然聞いてなかった。

「…………………………………………………………………………………………………話したくねえ事は無理に話さなくていいからさ、工場には遊びに来いよ。点検とかもあるしな。それじゃ、また電話するわ」










電話を切った後しばらく携帯電話を松田AZUは見つめていた。

「お前がローズ・ゴーストなのか?」という問いにはむつみは答えなかった。
でも昨日確かにS660を薔薇色にオールペンしていた。



そのまま本田自動車工場に出勤しおやっさんに挨拶もそこそこに妹の事を聞いてみた。

「むつみ、S660の色とか塗り替えました?」







「ん?むつみちゃん?? ピンク色にオールペンしたいって言うんで、ウチは塗装やらないから知り合いの『星すばる板金塗装屋』さんを紹介したよ。」







「はあっ?あんな変態オヤジ、紹介したんスか!? 妹があんな事やこんな事やそんな事をされたらどうするんですか!」とAZUは思わず語尾が強くなる。

「あんな事やこんな事やそんな事ってどんな事だよ?」

「い、いやらしい眼で妹の身体をたっぷりねっぷりじっくり舐めまわすようなセクハラまがいの行為や、てんとう虫コスプレで野外強制露出や、オールペンの代金として『お前の肌色のキャンバスに俺の絵筆でボディペインティングさせろ!』的な猥褻行為ッスよ‼︎」







「…………………………………………………………………………………………………塗装屋の『星』は見た目はかなりヤバいオヤジだけどそんなことしねえよ………………だってゲイだし……」

「ゲ、ゲイなんですか?…………なら、むつみは大丈夫か………。でも、おやっさん、何でむつみのオールペンの事を言わなかったんスか!?」

「えっ、言わなかったか?ピンクに塗った後のS660をウチに点検に持ってきたぜ。あっ、お前、確か代車に出していたS15を引き取りに行ってた時だからいなかったのか……」

S15の引き取りの帰りに千野を乗せて街中を流したあの時か……。







そうだ、あの時の千野はむつみのような悲しいような寂しいような眼をして、猫にエサをあげていた……。

だから放っておけなかったし、全然知らない女子高生に思わず声を掛けてしまった。

妹のように可愛いがっている、いや妹の代わりにしていたかもしれない千野や美都と実の妹のむつみが反目し、峠でバトルしてるなんて何か不毛すぎる。

AZUは全身が総毛立つ感じに襲われた。







「嫌な感じだ……」












その日の夜、恵州むつみはイライラしていて大河内峠に走りに行った。







いつも不愉快そうな女だが、今日はさらにそう見える。

頭をかすめるノイズを振り払うようにS660を少し乱暴に走らせてしまう。

「姉ちゃんも姉ちゃんだわ。あんなチャラチャラした女子高生達に慕われていい気になってるなんて!」







平常心を保ってないこんな時は必ずシフトミスをして、ミッションが嫌な悲鳴をあげる。







舌打ちがコックピットに響き、ますます不愉快になり、不機嫌が増幅され、それに呼応するかのようにクルマのスピードが上がっていく。


お気に入りの低速コーナーを駆け抜けると黄色のビートがNAとは思えないエキゾーストノートを響かせて走っていた………。







「NANAと一緒に本田自動車工場にいたビート乗りの女か…………」

むつみのS660は本田美都のクルマの真後ろにピタリと張り付く。

ホンダの新旧オープンミッドシップ軽自動車の闘いの火蓋が切られた。




つづく





Posted at 2017/06/21 18:53:14 | コメント(19) | トラックバック(0)
2017年06月17日 イイね!

レカロジャンキー

レカロジャンキーテレビ番組で某自動車好きな音楽家が「これは柔らかくて良いシートですね。脚の硬さをこのシートがよく吸収してくれます」とおっしゃっているのを見ました。







乗り心地の悪いクルマなんざ社会悪ですし、今時のスポーツカーは搭乗者の快適性も鑑みなければなりません。

お尻を優しく包んでくれ、ゴツゴツする路面のギャップを柔らかく吸収してくれるシートが素晴らしいシートなのだそうです。







弟のS660や








僕のBRZのシートは優しく身体をホールドしてくれますし、乗り心地は柔らかい方だと思います。

これが今時のスポーツシートなのか!と一瞬感動したくらいです。

多分良いシートなのでしょう。

しかし、遠乗りするとS660もBRZのシートも優しい乗り心地なのに腰が必ず痛くなります。







エボXに付けているレカロのフルバケはお尻が痛くなると思っていましたが、人間工学に基づいてデザインされているからなのか腰は痛くなりません。

そういえば弟のコルトバージョンRやみん友さんが付けているセミバケのレカロシートは程よく硬く腰も痛くなりませんし、お尻も爽やかに包まれています。

もはや柔らかければ乗り心地が良いのかどうかも解らなくなります。


レカロ神話は鵜呑みにしてる訳ではありませんが、僕の体型には合っているのかもしれません。

何せ、ここ何十年エボシリーズに乗ってきているのでずっと純正レカロシートです(一回ekワゴンに乗りましたが、レカロシートではなかったけど乗りやすかったです)から、レカロジャンキーやレカロホリックになっているのでしょう。







他社のシートには乗ったことありませんし、そんなに色々なメーカーのクルマにも乗った事ありません。

そんな中で僕が一番気にいってるシートは実は、







スイフトスポーツのシートです。

若干サイドサポートは甘めですが、程よい硬さで僕を包んでくれます。

サスも絶妙な硬さでクルマとしてはバランスが取れた乗りやすいクルマだと思っています。

良いシートとか良い乗り心地の定義って一体なんなんでしょうね?






Posted at 2017/06/17 18:44:27 | コメント(26) | トラックバック(0)
2017年06月12日 イイね!

これ、どうやって外すんですか?

これ、どうやって外すんですか?暇でしたのでBRZのフェンダーの上の意匠のカバーを外してみようと思いました。







外し方はみん友さんに聞いていたのでなんとなく解ります。







「ぬおおおおおおおおおおりゃあああああああああああああああああああああ〜!」
と、リムーバーも養生テープもせずただひたすら力任せに外します!







クリップと両面テープで固定されているので暖かい今の時期が両面テープ剥がしのチャンスです。







とか、気負ってみましたがいとも簡単に外れました(写真はちょっとした手違いですから気にしないでください)







問題はこの白いとこのパーツと黒いとこのパーツが二分割出来るはずなのですが、分解の仕方がさっぱり解りません。










裏返すとここのツメと、







ここをプラスティックを溶接(?)して止めているみたいに見えますが、よく解りません。

知っている方、どうか教えてください。


86とBRZによってもデザインが違いますし、型によっても違うみたいですけど、どうかこの迷える子羊をお助けください。

よろしくお願いします!
Posted at 2017/06/12 18:35:34 | コメント(30) | トラックバック(0)

プロフィール

「@菊父ちゃん さん、こんにちは〜。今日もよろしくお願いしまーす!」
何シテル?   12/15 12:28
セラフィム2501です。クルマの事はあまり詳しくないので良かったら色々教えて下さい。皆さんのクルマは色々参考にさせて頂いています。とても勉強になっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

みんカラはクルマのサイトです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/02 20:22:33
BELLOF BELLOF LED FOG LAMP ASSY YELLOW Edition 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/30 08:32:53
Tricolore ドライビングサポートクッション ZEPHROS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 12:36:46

お友達

ファン

627 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
はじめまして。セラフィム2501と申します。クルマの事はそんなに詳しくないので気の向いた ...
スバル BRZ スバル BRZ
初めてのスバル車です。 86/BRZに乗ってみたかったし、発売されていた時からずっと興 ...
トヨタ 86 トヨタ 86
実は注文したのはスバルBRZです。 86乗りの方達とも交流が出来れば嬉しいと思って「あ ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
僕が初めて買ったクルマです。薄くて軽いボディと薄くて軽くてチャラいキャラクターのクルマで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.