• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラフィム2501のブログ一覧

2018年06月29日 イイね!

前略、みんカラ運営様

前略、みんカラ運営様クルマは子供の頃から大好きでしたし、ミニカーをやたらと欲しがっていたみたいですし、親が免許もクルマを持たなかった息子である僕にとっては自動車は憧憬そのものでした。







全ての文化は人間のエロス(性的欲動)とタナトス(死の欲動)がせめぎ合う事によって生まれていると提唱していたのは精神分析学の始祖であるジークムント・フロイトさんです。







人間は性行為により無からこの世に生み出され、あの世(無もしくは死後の世界)に帰るのであり、人生とはその途中経過に他なりません。

その性と死のあいだにいる人間が科学や哲学や技術など駆使して作り出した工業製品であり文化であるのがクルマですし、それを表現する事に対して性的な比喩を用いる事があります。







「官能的なエンジンフィールとエキゾーストノート」や「肉感的なボリュームのあるボディライン」や「激しく突きまくる乗り心地」等々です。

「エロス」や「官能」はただの猥褻、もしくは種の存続のための生殖活動として存在しているのではなく、文化にまで昇華されてきたのは知識や思考や想像力や自意識を人間が獲得したからです。







小説や絵画や映画や漫画やアニメやクルマなどの文化的行為は人生を反映されていますし、人生はエロスとタナトスやセックスとバイオレンスや生と死がその根底にあるのです。

芸術か猥褻か?という議論もありますが、元を辿れば同じものなのですから二項対立に必要すら無いのかもしれません。







何故こんな解りきった事を書くのかというといつもお世話になっているみんカラの運営さんから少しばかり官能的な表現や写真を含んだブログを書くと以下のような指導が入るからです。




「セラフィム2501様

平素はカービューをご利用いただきありがとうございます。
カービュー サポートセンターでございます。

お客様のご投稿内容に利用規約違反を確認しております。
該当する禁止事項は下記でございます。

第7条(投稿に関する禁止事項及びサイトの監視)
1.犯罪・権利侵害・不適切な行為
(6)猥褻、児童ポルノ、または、幼児虐待にあたる内容の発言またはマテリアルを投稿すること、またはその送信表示、販売を想定させる広告を表示または送信する行為。
(12)未成年者にとって有害と認められる発言またはマテリアルを投稿すること
http://www.carview.co.jp/notice/terms.asp?part=minkara

■ブログURL
https://minkara.carview.co.jp/userid/2428182/blog/41635820/

つきましては、該当画像の削除にてご対応いただけますでしょうか。
ご対応いただけない場合、弊社にて記事ごと削除する場合もございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

お客様の充実したカーライフの創造のために
カービューサービスの向上に努めて参ります。
今後ともよろしくお願いいたします」


と丁寧な勧告をしてくれます。

みんカラの運営さんに「写真を削除して下さい」と言われるのが面倒くさいと言いたい訳ではありません。







しかし、別に直接的な女性の乳首が局部や臀部が写っている写真を乗せている訳でもないし、写真もヤングジャンプやヤングマガジンの表紙くらいの露出度ですし、中学生が読んでも全然オッケイな内容しか書いていません。







「こんな猥褻なモノ、未成年には見せられない」と仰ってる理知的な大人達も子作りをしているから子供がいらっしゃるはずです。







クルマという文化は「官能性」を纏っているものですし、性的な要素を排除するのは難しいと思います。

ネットでもっと猥褻な画像や映像が簡単に見れる時代に本屋さんやコンビニなどで普通に眼に入る雑誌の表紙程度の画像に過敏に反応しすぎのような気もしますが、運営さんにものっぴきならない事情もあるのかもしれません。







みんカラをされている方にはダイエットや糖尿病で食事制限されていたり肝臓を悪くして禁酒されていたり身体な事を心配して禁煙したりしていたりする人がいらっしゃるでしょう。

その人達が「あいつはグルメブログばかりアップしやがって!」だとか「こちとら禁酒してんのに酒の写真アップしてんじゃねえよ!」とか「タバコ、バカバカ吸ってんじゃねえよ!写真見てたらこっちまで副流煙してしまうわ!」などと言う人がいるのでしょうか?

カロリーが高いのもお酒もタバコも青少年に色々な影響を及ぼすはずです、きっと官能的な写真を見ると同じくらいに。







みんカラの運営さんも通報があったから勧告するのでしょうし、通報する方も不快と思ったから通報するのでしょう。

全然悪い事ではありませんし、じゃんじゃん通報しましょう。

ただ運営さんも手間が掛かるとは思いますが勧告する前にちらっと読んでみるくらいの事はして欲しいものです。

それで「これはダメだ」と判断したらご指導していただきたいと思っています。


たまにはクルマとは関係ないブログ(今回のような)をアップする事ありますが、8割くらいは何かしらクルマに関係する内容を書いているつもりですし、みんカラというSNSが更に盛り上がってくれる事を心より願っています。

読んで下さった方や運営様、これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted at 2018/06/29 19:27:08 | コメント(39) | トラックバック(0)
2018年06月22日 イイね!

間違いだらけのホイール選び

間違いだらけのホイール選びクルマはもしかするとバランスの取れているノーマル状態で乗るのがベストなのかもしれませんが、ちょこっとイジりたくなるクルマ好き派の方達もいらっしゃいます。







そんなちょこっとイジりたくなるクルマ好きの人にとってホイール交換はライトチューンに分類され、真っ先に手をつける物であるが故に試金石でもあり、そのクルマをイジる方向性を決定付ける大切なチョイスだったりします。







ホイールには鍛造や鋳造という製造方法の違いがありますし、1ピースや2ピースや3ピースという構造の違いと、スポークやフィンやメッシュやディッシュや深リムやコンケーブなどのデザインの違いがあります。







それらの製造方法、構造、デザインが複雑に絡み合い個性的なホイールが生まれ、車高の高さも加わり「シャコタン、ツライチ、鍛造、1ピース、深リム、インチアップ」派とか、「リフトアップ、はみ出し、メッシュ、2ピース、ワイルド鋳造、インチダウン」派のような多種多様な派閥を生み出し事態は混迷を深めています。







バネ下重量の低減だけがホイール交換の意義であるのならただ軽ければ良いのですし、剛性を上げることが目的ならばガッチリして重ければ良いのです。

しかし、軽くて高剛性であるという矛盾する問題に折り合いつけなければなりませんし、一説によると多少はしなやかでなければならないとも言われています。

たわわに実っているモノが如き「揺れ」や「柔らかさ」が無ければ官能性は生まれませんし、ホイールも人生もきっとつまらないものになるに違いありません。

やはり色気や艶やカタチの好みは大事です。







巨乳派、微乳派、巨根派、短小○茎派があるかのようにホイール好きにも色々な流派があります。







ちなみに僕は乳には普通の興味しかなくどちらかといえばパンストを履いたひざの裏のくぼみフェチであり、ホイールは五本から六本スポークで反りっぱなしのコンケーブ、インチアップしない派です。


ホイール選びには間違いなんか無いと思っていますが、人それぞれのこだわりがあると思います。

皆さんもホイール選びに何かしらの傾向がきっとあるはずでしょうから、どういうこだわりで選んでいるか是非教えてください。
Posted at 2018/06/22 19:30:12 | コメント(36) | トラックバック(0)
2018年06月19日 イイね!

ウリエル、襲来!

ウリエル、襲来!二日間ほど嫁の実家の床下から赤ちゃん猫の鳴き声がしていたそうです。

嫁のお母さんはずっと鳴いている赤ちゃん猫の声で寝られません。

嫁の実家の床下に猫が入れる穴もありませんから何処から侵入したのかよく解りませんし、もしかしたら存在していない子猫の鳴き声が聞こえているかもしれないので嫁が確認しに行きますと、やはり鳴いています。







僕はそんな事も知らずに家でのんびりアニメを観ていると、嫁から電話があります。

「猫がずっと鳴いているんだけど何処で鳴いているのか解らないのよ………」

「ふーん、それは僕が行っても夜だから解らないね〜。」とアニメが気になる僕は知らん顔を決めました。

5分後嫁から電話が鳴ります。

「凄いニャーニャー鳴いているんだけど……」

「懐中電灯で家の周りを見てみたら?」と素っ気なく返します。

また5分後嫁から電話が鳴ります。

「全然何処にいるか解らないんだけど……」

流石に温厚な僕でも血が逆流し、何がプツンと音を立てて切れました。







「てめえ、まだ五分しか経ってないじゃねえか?探す気ねえだろ⁉︎僕は動物ハイパーレスキュー隊じゃあねえんだよ!ルパン三世を観てるから忙しいんだ‼︎」とブチ切れましたが、仕方なく嫁の実家に行きました。

人から感じが良いように思われたい僕はお義母さんに丁寧に挨拶をして家に上がり猫の鳴き声を突き止めました。







「この床下に多分いると思いますが、床を壊さないと助けられません!どうします?壊す事は多分できますが修理は出来ません!それでも良いですか?」とお義母さんに聞きますと「やっちゃって!」と言われたので存分に破壊を楽しむ事にしました、板一枚分だけ………。







無事猫は救出されましたが、まだ生まれたばかりの子猫ですし、近くに親猫もいません。








仕方ないので今度は僕の実家に猫を持っていって飼って貰う事にしたのですが、悪ガキすぎて手に負えなくて我が家にやってきました。






我が家の先住猫のミカエルと






もう一匹の先住猫のラファエルに全く敬意を払わず無邪気に傍若無人な態度を取りまくっている自己中の猫テロリストのヤツですが、きっと無垢ゆえなんでしょう。

ミカエルもラファエルもあからさまに嫌な顔をしていますがいつか折り合いがつくのでしょうか?







先行きが不安です。







ちなみに子猫の名前が二転三転しましたが、最終的に「ウリエル」になりました。

Posted at 2018/06/19 18:58:44 | コメント(19) | トラックバック(0)
2018年06月15日 イイね!

クルマにとって軽いことは正義なのか?

クルマにとって軽いことは正義なのか?馬力のない軽い車重のクルマが軽快なコーナリングと知恵と勇気と必殺技でハイパワーの重量級のクルマをブチ抜く物語は人々の魂を揺さぶります。







ランボルギーニ・アベェンタドールでS660で突っつき回してもただの嫌がらせに他なりませんし、強豪高校野球部が弱小野球部に勝ち甲子園で優勝してもドラマや物語は全く生まれないばかりかカタルシスなど1mmも得られない筈です。







人はライトウェイトスポーツカーが大好きだし、弱小野球部が甲子園に出る成長物語が愛して止まないのです。

もちろん僕も例外ではありません。

軽さこそが正義であり、軽いからこそのドライビングプレジャーがあると信じて疑いませんでした、BMW M3の助手席に乗るまで………。







慣らしが終わった1640kgの車重に430馬力の絶叫マシンの如きFRはトラクションコントロールをオンにしているにも関わらず直線でギャッとホイールスピンしながらレブリミットまで吹け上がり、ギャップを拾いながらもしなやかにサスを動かして走り、剛性感の高いボディはしっかりそれを受け止めいます。


「一体トラコンをオフにして全てを解き放ったこのモンスターは一体どうなるんだ?」と横に乗っていてヒヤヒヤしますが、明らかにライトウェイトスポーツカーの質感とは違う上質さが確かにこのM3にはあります。

まるで僕の中にあるライトウェイトスポーツカー神話を嘲笑うかのように路面のギャップを吸収しながらコーナーを駆け抜けました。

軽く作るとクルマの動きがピョコピョコしますし、ボディの剛性感は低くなるような気がしますし、上質な感じを出すのが難しいに違いありません。







現に僕のBRZはノーマルサスは柔らかくしなやか(というかフニャフニャ)ですが、どこか動きが軽薄です。

重いからこそしなやかで安定しサスがよく動くような上質な乗り心地を得るのかもしれません。

と思ったんですが、弟のS660や嫁のZC32スイフトスポーツは軽いのに程よく硬くしなやかな上質なサスでした。

しなやかな脚回りやボディの剛性感や走りの質感って一体なんなんでしょうね?
Posted at 2018/06/15 19:03:05 | コメント(16) | トラックバック(0)
2018年06月08日 イイね!

ニュル、行ってきました。

ニュル、行ってきました。タイトルを見て「どうせグランツーリスモのニュルでしょ?」なんて思った方いらっしゃるかもしれませんが、今回はリアルです。







バンク角が強く付いたカルーセルや最恐コーナーとも言われるべルセルク(というのはダーグファンタジーの漫画のタイトルで本当はベルクヴェルク)やジャンピングスポットであるフルークプラッツなどが見どころのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェは危険であるが故、危険を見つめる者は危険からも見つめられるこそ、チープなスリルに身を任せる事に得もいわれぬ快楽を見いだすのが人間であるので、魅惑のサーキットになり得るのでしょう(もはや自分でも何を書いているのかよく解らない…)



そんなドイツにある魔物や魑魅魍魎が跋扈する人外魔鏡や地底獣国のような緑の地獄と呼ばれるサーキットに行ってきたのではなく、地元のクルマ好きでは有名な「ニュルブルクリンク 」というケーキ屋さんに行ってきました。







実はその存在をつい最近まで知りませんでしたが、たまたま仕事で近くまで行ったので寄らさせていただきました。







お洒落な店内はクルマ好きのお客様のクルマの写真がたくさん飾ってあり、お店の方たちはとても親切で、地獄感は全くなく、クルマ好きの天国でありパラダイスでありシャングリラです。







脈拍と体温と鼓動とテンションが魂のリブリミットにブチ当たります。


家族で経営されているようで若奥様は86に乗られていてオーナーさんはRX-8に乗られているそうです。

他の家族の方々はロードスターやアバルト124に乗っていらっしゃってクルマ好き一家という感じです。

思わずここの家族のクルマ選びはFR縛りでもあるのかと思うようなスポーツカー達です。







店内でお茶も出来ますのでクルマ好きならば是非行ってみて下さい。

僕は糖尿病なので食べれないから解りませんが、ケーキはとても美味しいと嫁が言ってました。







と、初スイーツブログを書いてみましたが、ご飯ネタやスイーツネタって難しいですね?







僕は甘いものは食べれませんが、ケーキ屋さんに行ったりケーキを買ったりスイーツのビジュアルを見たりするのは大好きです。


何か心が豊かになった気がしますよね、可愛いスイーツって。





























Posted at 2018/06/08 19:23:42 | コメント(21) | トラックバック(0)

プロフィール

「@1B/note さん、次回作はリミット振り切りましょうか?ってまた運営に消されますよ〜。」
何シテル?   12/14 22:09
セラフィム2501です。クルマの事はあまり詳しくないので良かったら色々教えて下さい。皆さんのクルマは色々参考にさせて頂いています。とても勉強になっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

みんカラはクルマのサイトです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/02 20:22:33
BELLOF BELLOF LED FOG LAMP ASSY YELLOW Edition 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/30 08:32:53
Tricolore ドライビングサポートクッション ZEPHROS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 12:36:46

お友達

お友達申請、気楽にして下さい。
412 人のお友達がいます
銀鬼7銀鬼7 * hangetuhangetu *
macモフモフmacモフモフ * 梵天+梵天+ *
林道茶会首席参謀林道茶会首席参謀 * にゃご吉ーRにゃご吉ーR *

ファン

628 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
はじめまして。セラフィム2501と申します。クルマの事はそんなに詳しくないので気の向いた ...
スバル BRZ スバル BRZ
初めてのスバル車です。 86/BRZに乗ってみたかったし、発売されていた時からずっと興 ...
トヨタ 86 トヨタ 86
実は注文したのはスバルBRZです。 86乗りの方達とも交流が出来れば嬉しいと思って「あ ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
僕が初めて買ったクルマです。薄くて軽いボディと薄くて軽くてチャラいキャラクターのクルマで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.