• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

komirageのブログ一覧

2016年01月31日 イイね!

天気が良かったから。

昨夜はサッカーを見ていて、日本の勝ちを見届けて、今朝は7時半過ぎに起床。

昨夕、食べて呑んだから、朝はパンとコーヒーのみ。

洗車しようと物置を見ると、洗車シャンプーがなかったから、近くのディスカウントショップに買いに行って、まず、ミラージュの洗車を敢行。




雪で先週はあまり動かしてなかったが、やはりかなり汚れてたので、ガッツリ洗いました。
昼ご飯挟んで、先週、雪の降った3日間借りてたスイフトRSを洗車。



スイフトは、雪と融雪剤の汚れでドロドロだった外観はかなり念入りに洗い流し、内装もかなり汚れてたから、綺麗に掃除しました。




掃除をして、さあ、片付けようとしたときに、スイフトの助手席側のブレーキランプの玉切れを発見。
オトンが三菱Dに持って行き、交換してもらいました。


やっぱり、綺麗なクルマは最高!!


明日からも気合い入れて行きます。



Posted at 2016/01/31 14:43:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の情景 | 日記
2016年01月31日 イイね!

久々に行った場所。そして久々の電車と夜の散策と。

皆さん、お疲れ様です。

今日は、久々に小郡に行きました。
呑み会ということで、当然、電車移動です。
西鉄電車で移動したんですが、残念ながら特別列車「旅人」には遭遇できず。

普通電車と急行を乗り継いで、西鉄小郡駅に到着。
予想よりも早く到着したので、しばし、駅周辺を散策。






小郡は、母方の実家のあるのですが、しばらく来ない間に、駅周辺の景色は激変してて、いつしか、高層マンションが林立してて、近くにあったはずの居酒屋(元野球選手が経営してたお店)がどこかに移転したのか、見つからなかったり、知らない間にラーメン屋さんが出来てたり、駅前のミスドが移転してたりと、時の流れを痛感した次第です。

あと、昔、彼の地に盆暮れになる度に行ってた中規模のデパートはいつしか閉店してて、そこの後にはセブンイレブンが入居してて、景色が激変したことに愕然としたものです。

職場関係の飲み会は、今月寿退社する女性の先輩の送別会と言うことで、西鉄小郡駅近くの焼肉屋さんで開催されました。

かなり盛り上がり、みんなでお祝いして終わりました。
来月から県外に住むとのことですが、お幸せに。そしていい家庭を築いてください。

今日は、電車もあり、前回の反省からセーブしながら呑んだので、21時過ぎに1次会を終えて、西鉄小郡駅前のたこ焼きやさんで、たこ焼き(ソースかけマヨ抜き)を買って、西鉄電車に乗り帰宅。

帰りは急ぐ旅ではなかったので、普通電車で帰宅。

電車の車中には、観光客でしょうか、韓国人の団体が。
その中に、赤ちゃんを抱いた女性がいて、あまりにも辛そうだったんで、席を譲るも「大丈夫です。」と制されて、何ともいえない雰囲気になりました。

まあ、これ以上言ってもどうかと思ったのですが、いろいろな考え方があるのかなと、電車の車中で思わず考えてしまいました。

ちなみに、太宰府駅前の夜21時半過ぎの風景です。

今週は、ホントに寒かったけど、昨日から暖かくなった感じです。

電車を降りて、駅前のコンビ二でから揚げを買って、タクシーは拾わず、暖かかったので酔いを醒ますべく、ちょい遠回りして駅から自宅まで歩いて帰宅したら、かなり暖かくなり、思わずセーターを脱ぐほどでした。

先週までの寒さが嘘みたいに感じられる暖かさで、夜歩くのにもかなり快適に凌げました。
静かな夜の空気の中を歩くのも、中々オツなものですな。

暦の上では、もうすぐ春。
季節の変化を感じますね。

帰宅して、家族みんなでから揚げとたこ焼きを食べてると、今の愛車のミラージュを改めて乗り続ける話になり、後日、三菱に車両買い上げの知らせのはがきを出すことになり、オカンにお願いしました。

一時は、スズキ・ハスラーの買い替えに傾いたけど、金銭的なこともあるのですが、買い換える積極的な理由もなかったこと、乗り続けたいという想いが勝った感じですね。

明日は、ミラージュと、今週借りて雪で汚れたスイフトを洗ってあげたいですね。

Posted at 2016/01/31 00:53:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々の情景 | 日記
2016年01月30日 イイね!

トヨタ、ダイハツを完全子会社化決定。ダイハツブランドは残留へ。スズキはどうなる?

この記事は、ブランドを残すのは「当たり前だ!!」について書いています。

昨夕、トヨタ自動車の豊田社長と、ダイハツ工業の三井社長の共同会見で、正式に決まったそうですね。


(朝日新聞 30日の朝刊経済面より)
かねてから報道されてた、トヨタのダイハツ子会社化ですが、昨日の会見で、トヨタが出資比率を100パーセントにまで高め、そのうえで、ダイハツブランドは残し、小型車、スモールカー開発のイニシアチブをダイハツに委ね、これまで苦戦していた新興国市場、特に東南アジアやインド向けの市場拡大に本格的に取り組むことが発表されました。


一部報道で、スズキとの提携交渉を検討していた件は、特にコメントされず。
これにより、順当にトヨタ・ダイハツ連合は規定路線だったことになります。
(一部では、スズキとの件はガセだったのではとの声もちらほらありますが・・・・。)

となると、スズキの今後の方向性ですね。

ダイハツ同様、消費税増税以降、軽自動車の売り上げが落ちて、主力のワゴンRも全盛期ほどの売れ行きではなく、発売以来ヒット街道を驀進し、一時はバックオーダーを抱えていたハスラーも、ダイハツ・キャストの登場以降、イマイチ元気がなく、昨年秋にキャストに販売台数を逆転され、軽の販売ランキングでも、ダイハツだけでなく、Honda、日産+三菱のライバル陣に圧倒されることが増えてきて、昨年の年間の登録台数で、ダイハツに逆転を許してから、スズキの元気のなさを感じますね。

もっとも、登録車のスイフト、新型ソリオあたりは頑張ってるけど、販売力、直営チャネル拠点数がトヨタや日産ほどではないのもあってか、なかなか厳しかったりするのが実情でしょう。


マイルドHV、S-エネチャージなどの独自の技術や、新型プラットフォームや軽量化と安全性を両立したボデイなどの技術の高さ、初代アルトやワゴンR、ジムニー、ハスラー、スイフトなどをヒットさせたり、日本のメーカーで最初に、まだまだ未開の市場だったインドに進出し、現地政府と協業で合弁会社を作り、苦難を乗り越えて、スズキをインドに定着させ、世界企業にまで育て上げた鈴木修会長の手腕は、衆目の一致するところですが、VW提携失敗などの負の遺産も残したのは事実で、息子に代替わりしたものの、その辺のところが懸念材料として横たわって、ここのところの販売台数に出てたりしています。


トヨタが会見で、スズキとの件をコメントしなかったのは、そうした事情があるのかと勘ぐってしまいました。

一部経済アナリストは、スズキの商品開発力、技術力は認めるも、国内軽自動車市場の変化と飽和状態、販売チャネルの弱さ、財務面、修会長の高齢化による健康面の不安と、修会長以後の戦略の見通しの不透明さから単体で残るのは難しいとの評価をしていて、スズキとしても他社との提携を積極的に戦略的に行ってる点に注目しています。

スズキとトヨタの関係は、創業者の地元が同じ地域だったりした縁も有り、かつてスズキが70年代中盤に排ガス規制対策に失敗して会社存亡の危機に瀕したときに、トヨタが仲介にたってダイハツ製のエンジンをスズキに供給して貰って、苦難を凌いだ逸話が有名ですが、その時代と今とでは取り巻く環境が劇的に違うし、世界的な競争の最中でこうしたウルトラCは難しいのが実感でしょう。

スズキも個人的に好きな車があるだけに、これからが厳しくなるかもですが、どうにか踏ん張って欲しいですね。



Posted at 2016/01/30 13:47:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の情景 | クルマ
2016年01月29日 イイね!

トヨタ、ダイハツを子会社化。そしてスズキとの提携交渉報道に思う。

我が家にスイフトRSがあり、また、かつてトヨタ車に乗ってきた我が家としては、このニュースには驚きです。




(朝日新聞 28日朝刊より)
皆さんもご存知のとおりですが、先日、全国紙の報道によると、トヨタが軽自動車大手ダイハツを完全子会社化し、今日29日にトヨタから正式にアナウンスされたそうです。

これにより、トヨタはダイハツへの出資比率を現在の51.5パーセントから100パーセントに高め、トヨタが苦手としてる新興国市場の小型車開発力の強化を図るとのこと。
そして、国内で落ち込んでるダイハツの軽自動車の売り上げ回復に向けたアクションを起こすのだとか。

加えて、ダイハツのライバル企業で、軽自動車大手のスズキとの提携交渉に入ったとの報道もありました。


まあ、トヨタとダイハツの関係は、みんな周知のとおりだったので、まあ、順当ななりゆきだと思いましたが、スズキとの提携交渉は、まさかという感じでした。

個人的な感想を言わせて貰うと、トヨタとダイハツのつながりがある以上、スズキのトヨタグループ入りは難しいという感じですね。

トヨタとしては、新興国、特に苦戦してるインド市場を押さえたいという思惑があり、小型車、軽自動車のノウハウがあり、いち早くインド市場に進出し、インド政府と合弁の現地法人を作り、現地向けのクルマを開発・販売するだけでなく、現地の雇用を作るなどするなどした結果、市場を開拓して、躍進したスズキのノウハウ、市場を狙う算段なんでしょうが、それ以外のメリットが果たしてあるのかどうか?


おそらくそれほどのメリットはないのではと思いました。

理由は以下のとおり
①スズキとダイハツの商品展開の競合車種が被る。
 ご存知のとおり、スズキとダイハツは長きに渡り軽NO.1の座を争ってきた歴史があり、一説では、「浜松VS大阪・池田」とも呼ばれるほどでした。
 古くはアルトVSミラ、さらに進んでワゴンRVSムーヴ、そしてアルトラパンVSミラココア、最近ではタントVSスペーシア、ハスラーVSキャスト、ミライースVSアルト・・・・といった具合に競合し、ここ最近では、タント、キャスト、ムーヴ、ミライースを擁するダイハツの方が優位に立ってるのが実感ですね。

 このように、競合車種が被ってる会社同士での合併をしたところで、両者にとってのメリットは薄いと思われます。最悪、食い合いになり、結果、共倒れするだけ。

 まあ、スズキは低価格とアイデア勝負、商品の面白さで攻めて、ダイハツはトヨタがバックにいるからというわけではないが、トヨタ基準というか軽自動車の枠を超えた質感、デザイン、安全性、燃費性能・・・・すべてにおいてナンバー1、最高を狙い、切磋琢磨してきた点では評価に値するが、コスト管理、クルマ作り、開発、販売などの総合的なアプローチが違う点で決定的でしょう。


②独占禁止法への抵触。
 一部では、スズキもトヨタグループ入りとか報道されてるようですが、仮に実現しようとすると、独占禁止法に触れるとの指摘も有り、所謂寡占状態になりかねないわけです。
 経済に明るい方ならご理解いただけるでしょうが、これでは、健全な競争は出来ないのは衆目の一致する事実な訳で、業界全体にとって、日本経済にとってもあまり好ましくないとも思われるので、法を犯してまでのリスクをトヨタが負うことはないと思うし、むろんスズキも負わないでしょう。
 そうしたことから、提携に関しては厳しいという声が多いみたいです。


③販売力の差。
 ダイハツは、数年前から販売チャネルの再整備を行い「カフェプロジェクト」と銘打って、フォーカスユーザーたる女性層、ヤングファミリー層の取り込みに貢献。そして何よりも、トヨタ資本だけあって、全国のトヨタ系販社が経営母体になってるダイハツ販売会社が多く、トヨタの販売手法、カーライフアドバイザーや整備士などのスタッフの教育制度の充実度の高さで、シェアを伸ばして来た印象があります。
 事実、直営の販売会社も最近増えてきてて、ショールームも新装オープンしてる店舗が多いのも実感としてありますね。

 翻って、スズキは、直営の販売会社よりも、地場の自動車整備工場や小さい規模のクルマ屋さん、中古車販売会社が仲介に立ってクルマを売るスタイルが主流で、ショールームはダイハツよりも少ないのかなという印象です。
 もっとも、近年は地方の三菱Dがスズキの販売会社を運営するパターンが増えてきてて、わがエリアでも九州三菱がKMGホールデイングスとして持ち株会社化して、そのグループ傘下にスズキアリーナの販売会社を設けてます。つまり、かつて三菱の販売店だった店舗を業態転換してスズキアリーナに鞍替えしてる形です。
同様に、三菱の販社でもスズキをサブで扱ってたりします。こうした形で収益を上げてきたのも事実です。
 
 その半面で、直営のスズキ販社が少ないことから来る販売力の差が、かねてから指摘されていて、その辺の弱点を解消したいというスズキの思惑もあるのでしょうね。

④スズキと日産・三菱とマツダのOEMつながり。
 ご存知のとおり、スズキは軽商用車、軽トラを三菱、日産、マツダにOEM供給していて、マツダにはハスラー、アルト、ワゴンR、スペーシアをOEMしてたり、日産にもMRワゴンをモコとしてリデザインして発売したり、トヨタ以外のメーカーとの繋がりもある訳で、その辺がネックになると思われます。

⑤鈴木修会長体制後のスズキの方向性の不透明さ。
 ご存知のとおり、スズキの躍進の立役者だったスーパー経営者・鈴木修会長が、先ごろ、社長職を長男に譲ったのですが、VW提携交渉失敗以降、いろいろとお家の事情が出てきたり、その直後に出た新型ソリオシリーズがマイルドHVで、本命のストロングHVが後から出るなど、どうもブレてるように思える印象があります。
まあ、イグニスはそこそこ行けそうですが・・・。


今夜19時半から、トヨタの公式会見があるみたいですが、トヨタ、ダイハツはもとより、スズキのこれからが気になるところです、いちユーザーとして。

(追記)
 先ほど、トヨタとダイハツの共同記者会見があり、今年8月に株式交換を行い、ダイハツを完全子会社化し、小型車の開発をダイハツが主体的に担うほか、新興国戦略、相互の技術補完を行うことで合意したとコメントしたそうです。

 会見では、一部報道されてたスズキとの提携交渉については触れられてなかったようで、トヨタ+ダイハツ連合で行くみたいですね。

 さあ、スズキはこれからが大変かも。

 頑張って欲しいのですが・・・・。




Posted at 2016/01/29 20:35:09 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2016年01月28日 イイね!

スイフトRS と数日間過ごして。そして、今日からミラージュ相棒。

お疲れ様です。

今週の大雪で、かなり難儀しました。

その間、ミラージュをお休みさせ、オトンのスイフトRS -4WD を借りました。

昨日まで、3日間乗ったんですが、やはり、ハンドリングの良さ、安定感は抜群でしたな。


今、スズキはトヨタとの提携検討報道で揺れてるみたいですが、私的には、ダイハツとの関係がある以上、難しいと思いますな。
そもそも、スズキとダイハツでは、クルマに対する考え方、クルマの質感とかからすべて違うし、ダイハツはトヨタがバックに付いてる以上、スズキと一緒になるメリットはあまりなさそうに思えてなりません。あと、競合車種も多いから、むしろ潰し合いになるだけだと思います。

トヨタとしては、弱点とされる新興国市場、インド市場のてこ入れが最大の目的だとも言われてますが、ダイハツとスズキは、競合する車種も多いということを考えると、なかなか厳しいと思います。

まぁ、スズキはダイハツと比べて販売チャネルが弱いとも言われてるから、その辺の事情もありそうですが。

それはさておき、改めてスイフトの良さを堪能するとともに、このところ元気のないスズキには頑張って欲しいと願うばかりです。

そして、今日から再び、ミラージュを相棒にしました。




やっぱ、乗り慣れたクルマは最高❗❗

安全運転最優先で永く乗りたいですな。








Posted at 2016/01/28 19:11:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | 日記

プロフィール

「メガネも更新したし、豚骨チャージもしたし、ホークスも勝ったから、俺も明日からまた、頑張ろう。
今年もあと2ヶ月。取り返す!!!」
何シテル?   10/21 21:02
コミラージュと申します。 クルマ好き、ドライブ好き、海好き、パワースポット好き、美味しいもの好きな男です。 これまで、トヨタ1台、日産1台、三菱4台...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

注意喚起です!大切な人に伝えてあげて下さいm(_ _)m 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/16 16:04:11
5時55分 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/28 10:57:04
アウトランダーPHEV カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 19:00:53

お友達

はじめまして。

いろいろお話出来たら嬉しいです。


宜しくお願いいたします。
56 人のお友達がいます
massa0426massa0426 * 高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん *
イーグルが好きイーグルが好き * KURUKITIKURUKITI *
まッサンまッサン * ピロリンちゃんピロリンちゃん *

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダー komilander~新・流星号~ (三菱 アウトランダー)
三菱アウトランダー24G・セーフテイーパッケージ4WDに乗っております。 2017年春 ...
三菱 ミラージュハッチバック シルバーの流星号(@エコ仕様) (三菱 ミラージュハッチバック)
セカンドカー兼親のクルマです。 もともとオカンのクルマでしたが、オカンが仕事を完全リタ ...
三菱 パジェロミニ 陽気な山の子猫 (三菱 パジェロミニ)
5代目愛車。 ミラージュの前の相棒。 前職の苦しかった2年半を支えた、かけがえのない相 ...
三菱 eKワゴン Black Eyed ek (三菱 eKワゴン)
3代目愛車。 初の三菱車。私の青春時代を支えたクルマでした。 人生の激動の数年間の、喜怒 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.