• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トオルちゃ~んのブログ一覧

2018年04月02日 イイね!

我々はどこへ行くのか』へとつながる重要な因子のひとつともなっている

 
 この三名には誕生(身体の前面をこちらに向け小さく横たわる者)から生(水辺で髪を梳かす女性)、そして死(背中を向けて横たわる者)へと経過する人の一生の象徴化であると考えられており、ゴーギャンが抱いていた死生観や人生への不安など精神的心理を見出すことができる。

 そして生を謳歌する髪を梳かす女性の背後にはタヒチ文化を代表する神像である祭壇マラエに祭られる創造神タアロアが配されており、神への供物を運ぶ者などその周りを複数の女性らが囲んでいる。さらにこれらの構成要素は、画家が己の遺書としてタヒチで制作した自身の最高傑作となる『我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか』へとつながる重要な因子のひとつともなっている。

 また表現様式に注目しても、サンテティスムの洗練を思わせる神秘的で奇抜な(特に前景の水辺の)色彩表現や、タヒチ滞在時の作品には感じられた劇場的な個性と感情の喪失など、明確な解答的構成・表現となっていることなどは特筆すべき重要点に数えることができる。
Posted at 2018/04/02 16:43:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月02日 イイね!

本作からもその色彩展開が実践されていることがよく理解できる

形体と色彩が分離し、抽象化された遠景のサント=ヴィクトワール山や前景の田園風景など対象の調和的表現や、平面化(単純化)されながらも複雑で繊細な調整が施された絶妙な空間構成は、セザンヌが最晩年に辿り着いた風景画における表現手法の極致である。

また画家自身は、この連作的なサント=ヴィクトワール山の作品の色彩について「地平線と平行する線は、神が目の前に与えた自然の一部であることを表し、垂直な線はそれらに深みをもたらす。

この風景の中に空気を感じさせるには、赤や黄色で表現する光の振動の中に、十分な青味を加える必要があるのだ」と述べており、本作からもその色彩展開が実践されていることがよく理解できる。
Posted at 2018/03/02 11:45:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月30日 イイね!

「まずい」と言われる韓国ビール、“本場”欧州で販売急増の理由とは

 韓国では輸入ビールの人気が日を追うごとに高まっている。昨年1月から11月までのビール輸入額は2億4154万ドル(約263億円)で前年同期に比べて44.8%も増えた。スーパーやコンビニエンスストアなどではすでに国産ビールの販売量を上回っている。

 このような輸入ビールの人気は、2012年英国の時事週刊誌『エコノミスト』に韓国ビールは北朝鮮の大同江(テドンガン)ビールよりもまずいという記事が掲載されたことに端を発する。特に、最近では輸入ビールの中でも欧州ビールを買い求める消費者が多い。昨年、CU・GS25・セブンイレブンなど韓国トップ3のコンビニエンスストアで売れたビール上位10位内にはハイネケンなどの欧州ビールが5種類も占めた。ところで、最近ビールの本場である欧州で韓国ビールの販売量が大幅に増加していて目を引いている。

 29日、ハイト真露によると、昨年、英国・フランス・ドイツ・ロシアなど欧州の主要国家でハイト(Hite)ビールの販売量が22万箱(500ミリリットル瓶・20本入り)を記録し、前年比60%伸びた。特に、ハイト真露法人のあるロシアでは現地のスーパやコンビニエンスストアなどでハイトビールが人気を呼んでいる。昨年、ロシア市場での販売量は前年比93%急増した。

 ハイト真露のファン・ジョンホ海外事業本部常務は「最近、欧州では韓国料理が健康食と認識されていることを受けて韓国食堂が増加しており、、韓国食堂では現地の人々のほとんどは現地ビールではなく韓国ビールを求める」と説明した。ファン専務は「韓国食堂で韓国ビールを飲む欧州の人々は、薬味が強い韓国料理にはスッキリとした喉ごしですぐれた清涼感の韓国ビールがよく合うと評価している」と話した。

 英国出身の人気シェフで、OBビールのCASSの広告モデルを務めたゴードン・ラムゼイ氏も「CASSは韓国料理に最もよく合う完ぺきなビール」と評価した。ラムゼイ氏はCASSの広告で「bloody fresh(ヤバイくらいフレッシュ)」という言葉で話題を集めた。

 ハイト真露は現地の反応の良さを受けて欧州マーケティングを強化している。ロンドン、パリ、フランクフルトなど主要都市の韓国食堂を尋ね歩いて試飲行事を行っている。また、年内に英国でハイトビールと韓国料理を一緒に楽しめる直営店もオープンさせる考えだ。また、欧州の家庭を攻略するために流通ネットワークを通じてハイトビールの一般スーパーの販売を増やしていく計画だ。
Posted at 2018/01/30 12:04:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月30日 イイね!

モデルヌ・オランピア(近代のオランピア、新オランピア)

 後期印象派の大画家ポール・セザンヌ初期の代表作『モデルヌ・オランピア(近代のオランピア、新オランピア)』。

 1874年にノルマンディ地方ル・アヴールの港町にあった写真家ナダールのスタジオで開催された記念すべき第一回印象派展への出品作である本作は、印象派の先駆者エドゥアール・マネの問題作『オランピア』への敬意を示す、そして対抗として同画題で制作された作品である。

 セザンヌは1869年から1874年までに本画題を2点制作しており、本作は1873年から74年にかけて制作された第2ヴァージョンである。1869-70年頃に制作された最初の作品では、この頃の画家の様式的特徴である重々しい濃密な色彩によって表現されているが、本作ではそれとは正反対に明瞭で軽やかな色彩が溢れている。
Posted at 2017/12/30 11:57:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月30日 イイね!

詩人に霊感を与えるミューズ


素朴派の画家アンリ・ルソー晩年を代表する肖像画作品のひとつ『詩人に霊感を与えるミューズ』。

本作は美術評論家としても活躍していた詩人兼小説家ギヨーム・アポリネールと、その恋人ローランサンの肖像画である。

この『詩人に霊感を与えるミューズ』という作品は2点あることが知られ、アンデパンダン展に出品された最初の作品(第1ヴァージョン)では、本来、画家が描こうとした詩人の花を象徴するカーネーションを、誤ってウォールフラワーとも呼ばれるアブラナ科エリシマム属の花であるチェイランサス(和名ニオイアラセイトウ)で描いてしまった為に、訂正作品として本作(第2ヴァージョン)が制作された(※第1ヴァージョンは現在モスクワのプーシキン美術館が所蔵)。

本作を300フランで購入したアポリネールの証言や、画家との手紙のやり取りによると、本作を描く際、ルソーはモデルであるアポリネールやローランサンの鼻、口、耳、額、身体など全身を巻尺で正確に採寸し、それら測定値を元に画面の寸法(大きさ)を決めたとされている。
Posted at 2017/11/30 16:02:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「我々はどこへ行くのか』へとつながる重要な因子のひとつともなっている http://cvw.jp/b/2432572/41301430/
何シテル?   04/02 16:43
トオルちゃ~んです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

http://ameblo.jp/tokoroki/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 12:43:20
 
花の絵画特集 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 12:42:49
 
絵画 油絵 花のある静物 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 12:41:38
 

お友達

愛車一覧

トヨタ 1600GT トヨタ 1600GT
トヨタ 1600GTに乗っています。

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.