• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+



STI/スバルテクニカインターナショナルのブログ一覧

2019年06月24日 イイね!

応援ありがとうございました!

応援ありがとうございました!

みなさんこんにちは、STIです。

週末行われたNBR24時間レースでSUBARU WRX STI NBR CHALLENGEがSP3Tクラス優勝で昨年に続き2連覇を達成することができました。これも普段より応援して下さる皆さんの声が力となり成し遂げることができたものと思います。
今年は天気も良く、ハイペースでの連続走行に一抹の不安もありましたが、総合でも19位と、格上性能のクラスに割って入るリザルトに日本に残ったスタッフも少し興奮を隠しきれないでいます。
alt
alt


そして、今回のクラス優勝を記念して、限定グッズの販売を28日(金)よりオンラインショップにて開始します。ご覧のウェア・グッズ類となります。下記サイトにて詳細をご確認いただければと思います。

alt

alt

商品の詳しい情報はこちらとなります。


これからも引き続きSTI/SUBARUへの応援を宜しくお願いします!




Posted at 2019/06/24 15:47:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン | 日記
2019年06月19日 イイね!

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 見どころとは!?

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 見どころとは!?みなさんこんにちはSTIです。

さて、ニュルブルクリンク24時間レースは今週末開催!
6月22日(土)22:30スタート
6月23日(日)22:30終了です!(予選は金曜日)

前回の、レース参加資格についてに続き、
ニュルブルクリンク24時間レースの見どころについて紹介いたします。

alt

その前にまずは基礎知識です。
今年のレースは昨年より10台エントリーが増え、160台のクルマがひしめく大レースです。
なので排気量に合わせて細かいクラス分けがあります!

alt

代表的なものでは・・・
SP3 1750cc~2000cc :86、CHRなど
SP3T ターボ車で1600cc~2000cc:今回我々のクラスでありWRX STIやGOLF GTIなど
SP8T ターボ車で2500cc~4000cc:Toyota Gazoo Racing GR スープラなど
SP9 総合優勝候補で、スーパーGTでもおなじみFIA規定GT3のスーパーカーたちです。
(細か過ぎてすべてを紹介するときりがありません・・・・)

それでは本題、レースその見どころは大きく3つです!

alt

一つ目は「なるか!?クラス優勝2連覇」です。

今回、同クラスの車両はSTI除いて7台です。
Golf GTI 4台 Audi RS3 2台 Opel Astra1台
QFレースの結果を見る限りでのライバルは、Audi RS3でゼッゲン93番Bonk Motorsportでしょうか?
QFレースでのSTIの結果は38週で最速周回が9分01秒に対して、Audi RS3は36周の9分19秒

alt

昨年の様なトラブルがあり、ピットインが長引けば、負けてしまうような差かもしれないです。
(横綱相撲ではありませんよ!笑)

QFレースを走っていないチームもあり、油断大敵。(詳しくはQFレース記事へ
これまでクラス優勝2連覇が最高成績ですので、3連覇を目指すためにも今年はしっかり勝ちたいところです!

alt

二つ目は「食い込めGT3の壁、総合20位以上!」です。

クラス分けの説明通り、モンスターカーひしめくGT3車両にも
STIは戦えるポテンシャルがあります!(パワーでは完全に劣りますが・・・)
どんな天候にも対応するAWDと熟成の進んだEJエンジンで、ノントラブルで進めば、2015年の様に総合18位に入る!なんてこともあります。


alt


TVでのレース中継には、20位までの順位表が映し出されます。
GT3車両がひしめくなか、SP3TのSTIが「ひょこん」と表示されると最高にカッコイイです!
かるく車両価格が1000万を超える車に噛みつくSTI。
最高のコスパでないでしょうか?
ちなみにSTIの車両は量産車ベースで、エンジンパワーを特段上げているわけではありません。

世界中に「なんだあの車は?」って言わせてみたいものです!

alt


三つ目は「今年は生まれるか!?STI流行語大賞」です。

2016年は「神回避
悪天候でクラッシュが続き、STIも巻き込まれそうに・・・
コース外でカルロ・ヴァン・ダム選手が、ギリギリでクラッシュを回避したその瞬間が2016年を表す言葉に。
今STIギャラリーに飾ってある2016年のレース車にはその痕が・・

alt

流行語とは大げさかもしれませんが、毎年良くも悪くもたくさんのトラブルに見舞われる24時間レース。
24時間、ドライバーもスタッフも交代で頑張ります!

alt

今年のカレーはドイツコラボ予定です。

SUBARUでは、MSMサイトにてライブ動画を配信いたします!ぜひチェックしてみてください!
Posted at 2019/06/19 16:34:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュルブルクリンク24時間耐久レース | イベント・キャンペーン
2019年06月17日 イイね!

STIデモカー出展のお知らせ

STIデモカー出展のお知らせ

みなさんこんにちは、STIです。

ボーナスシーズンを前に愛車のカスタマイズをご検討されている方も多いかと思います。そんな方にお勧めのイベントが今週末、栃木スバル宇都宮店に併設のScLaBo宇都宮で開催される「栃木スバル・カスタマイズサマーフェア」です。

STIをはじめ、カスタマイズメーカーさんが多数出展され、説明を聞き、現品を見比べて検討できるイベントです。ご購入はこの2日間、フェア価格で栃木スバルさん全店で可能とのこと。

STIでは栃木スバルさんによるグッズ販売、フレキシブルタワーバーをはじめパーツの展示説明コーナーを設け、STIスタッフが現物を見ながら効果のご説明をさせていただく他、レヴォーグとBRZのパーツ装着車を持ち込みます。それぞれのクルマに装着されたSTIパーツをご覧いただけるほか、BRZに装着のパフォーマンスマフラー、レヴォーグに装着のエキゾーストキットの排気音をエンジンをかけてご視聴いただけます。


SUBARU BRZ STI Performance Parts装着車
alt

排気効率を13%高めた低背圧タイプの STI Performanceマフラー for SUBARU BRZ

alt


レヴォーグ STI Performance Parts装着車

alt

中間パイプとの組み合わせで排気効率を40%高めたSTI Performanceエキゾーストキット

alt


マフラー音はなかなか聞く機会がないとのことで、ご来場可能な方は是非お立ち寄りいただければと思います。皆さんのご来場お待ちしております。

【栃木スバル・カスタマイズサマーフェア】
ScLabo宇都宮でのSTI出展は、6月22日(土)23日(日)
9:30~17:00となります。

alt


詳しくは栃木スバルさんHPへ

http://www.tochigi-subaru.co.jp/index.html



Posted at 2019/06/17 10:45:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン | 日記
2019年06月14日 イイね!

車検証ケース(パスコ素材)の発売開始!

車検証ケース(パスコ素材)の発売開始!みなさんこんにちは、STIです。

本日6月14日より車検証ケースが発売となります!!

助手席に座った人に、「ダッシュボードの中身を見られないだろうか」と戦々恐々とした経験なんてございませんか?
車検証や保証書など、書類や小物がごちゃ混ぜ混沌。
とても人様に見せられない!だなんて・・・
(STIの一部社有車もとても人様にはお見せできない状態に・・・)

そんな方にはもってこい!?な商品の発売です!



今回、発売となる車検証ケースは、ファイルのような形状で、
車検証は開いたまま収納できて、保険証関係など更に少し厚みのある書類の収納が可能です。



ディーラーさんや、保険屋さん、部品屋さんに、中古屋さんでもらった名刺なども収納できます。
もしもの時にしっかりと整理されていて、すぐに連絡先が見つかれば、慌てずに済みますよね!



これまでクリップボードやドキュメントバッグなどで採用された、「パスコ」素材を採用しています。
パスコ素材は、強度&耐久性の高い油分を含んだ”ような”紙状の素材で、自動車内装からインテリやまで幅広く使われています。

この商品を期に、ダッシュボード内含めて車の大掃除ならぬ、大整理なんていかがでしょうか?

商品サイトはこちらから!▼
https://www.subaruonline.jp/sti/accessory/STSG18100510/
Posted at 2019/06/14 13:41:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | ウェア/グッズ | イベント・キャンペーン
2019年06月12日 イイね!

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 参加資格について

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 参加資格についてみなさんこんにちは、STIです。




たとえF1レーサーでも、ニュルブルクリンク24時間レースを走ることができない!?
今回は、ニュルブルリンク24時間レースへの参加資格・ライセンスの取得方法について解説します。

「緑の地獄」と称されるニュルブルクリンク。
レースに使用されるコースは一周で約25㎞。170を超えるコーナー数に、平らな道はほぼありません。まさに峠のような道で、富士スピードウェイに比べると、6倍長く、7倍勾配があり、10倍以上のコーナー数を誇ります。



これだけ苛酷で危険なコースなため、たとえF1ドライバーでも、ニュルブルクリンクを走った経験のない人は、レースへの参加できないのです。

さて、参加資格なのですが、専用のライセンス制になっています。
まずはニュルブルクリンクでコースについてや、いわゆるニュル特有の走行マナーの研修を受けます。その後100点満点でないと合格のできない、英語で出題されるテストがあります
みなさんも経験があるでしょうか?
さながら運転免許の試験の様な、あいまいな問題が多く大変だとのこと。
合格後初めて、ニュルブルクリンクでレースに参加できる、グレードBライセンスが取得できます。



次に24時間レース参加資格となる、グレードAライセンスを取得します。
ニュルブルクリンクで毎シーズン開催されている、VLNレースに参加して、完走することかつ、累計周回数を18周以上を刻む必要があります。

このように、実際のコース経験と確実な運転マナーをもって、初めて24時間耐久レースに参加できるようなります。



非常に苛酷なコースに24時間挑まなくてはいけないレース。前回のQFレースで特集した通り、車のコンディションもさることながら、ドライバーにも安全のための働きかけがあるのです。



さて今年のニュルブルリンク24時間レースが段々近づいてきました。
6月20日より予選がはじまり、決勝は日本時間で6月22日(土)の22時30分となります。
次回は、共に走るSP3Tのライバルたちとニュルブルクリンク24時間レースの見どころについてお伝えいたします!
Posted at 2019/06/12 17:15:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュルブルクリンク24時間耐久レース | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「STI NBR CHALLENGE チーム 第48回ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦見送りを決定 、2021年の再チャレンジを目指す http://cvw.jp/b/2433125/44137059/
何シテル?   06/29 14:06
STI (SUBARU TECNICA INTERNATIONAL) は、SUBARUモータースポーツ活動を統括するために設立された株式会社SUBARUの子会社...

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
SUBARU BRZ STI SportにSTI Performanceパーツを装着した ...
スバル インプレッサ スポーツ IMPREZA 2.0i-S EyeSight STI パフォーマンスパーツフル装着車 (スバル インプレッサ スポーツ)
フロントアンダースポイラー/サイドアンダースポイラー/リヤルーフスポイラー/フレキシブル ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
レヴォーグSTI Sport(1.6)をベースにSTI Performanceパッケージ ...
スバル WRX STI STI NBR CHALLENGE (スバル WRX STI)
2019年のニュルブルクリンク24時間耐久レースマシン。 車両名 SUBARU WRX ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.