• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

IBONの愛車 [ダイハツ コペン]

アクティブトップ修理 LA400油圧ポンプに換装

カテゴリ : 外装 > その他 > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間12時間以上
関連フォトアルバムURL https://minkara.carview.co.jp/userid/2434827/album/965619/
作業日 : 2020年09月24日
1
かなりの力で補助をしないと動かない状態でした。オイル交換で改善した報告があるのでVG10、VG32、VG46のオイルを入れてみましたが改善しません。
2
ポンプを手当てできるかどうか分解してみました。写真はソレノイドですがポンプ部分も分解しています。ソレノイドの取り付けフランジに曲がりが出ています。ポンプ内のピンにメッキをかけて摩耗して大きくなった間隙を埋めるか。
手当が面倒くさそうです、ポンプ交換のほうが手っ取り早い。
3
軟骨さんの整備手帳でL880にLA400のポンプを使用したのを見つけました。こちらのほうが改良されているだろうし、運転時間も短い。入手したものはシリンダー無しのものでした、油圧チューブがぶつ切りされています。
軟骨さんの記事から電気とマウントはポン付けらしい。
油圧配管のポートを見ると番号が11と13、21と23、12と14、22と24の4つの組み合わせがL880のものと同じです、これは番号を合わせて繋げばいいと思っていました。
4
油圧配管の準備です。うまくいかなかったときに元に戻せるように、L880側の配管の加工はしません。L880はポンプのポートが8mmのバンジョーです。カワサキのバイクの部品に8mmのバンジョーボルトがありました。ソケットはM8X20Lの長ナットの片側にRc1/8のタップをかけます。LA400のポンプのゴムチューブの継手にはニッタムアーのL2N3/16-PT1/8を使用します。モノタロウで調達しました。オイルの通路は0.2mmくらいの所もあるようです。内部にゴミが残らないようにします。
5
LA400のポンプのゴムチューブの3本が短くて接続中にチューブを痛めてしまいました。金属パイプ部分での接続にします。柔軟性がないので3本はバンジョーの接続を断念。ゴムチューブと金属パイプの接続部分を分解しました。矢印の部分で切断します。外径にキズがあるとシールが効きません。
6
金属パイプの継手にはフジキンのVUWH-3.2Aを使用、金属パイプにはペーパーをかける必要があります。ソケットは清水製作所の高圧用ソケットOA-3-SS。L880側はバンジョーから3~4cmのところでチューブを切断します。チューブの番号がカットされてしまうので番号のラベルを付けます。こちらにはニッタムアーのC2N3/16-PT1/8を使用します。このチューブは素手では継手に入りません。咥えるところに溝がある樹脂でできたペンチを使用しました。
7
L880のチューブの番号とLA400のポンプのポートの番号を合わせて接続します。結果はNG。トランクより先にルーフが開き始めます。これはトランクとルーフの接続が逆と推測。ポート番号の11と13、21と23、12と14、22と24の一桁目の1~4がシリンダー番号。二桁目の1,2がシリンダーのロッド側、カバー側と推測して接続しなおしました。
結果はNG。今度はトランクが勢いよく中央くらいまで開くと閉じ始めます、同時にルーフが開き始めます。トホホなことになりました。LA400のシリンダーのポート番号を把握する必要があります。軟骨さんの6枚目の写真でトランクシリンダー左側ロッド側が21、カバー側が22が確認できました。他にネット上で確認できる写真はありませんでした。
8
L880のシリンダーのポート番号を見てみました。ビニールテープを剥がすと容易に確認できました。推測は外れていました。二桁目の1はトランクシリンダー、2はルーフシリンダーです。LA400ではポート番号の二桁目の1と2が入れ替わります。
L880の     LA400の
チューブ番号   ポンプのポート
11と13を    21と23へ
12と14を    22と24へ
21と23を    11と13へ
22と24を    12と14へ
金属パイプの継手の接続が前方に移動しています。
良好な動きになりました。
配管を元に戻す必要はないので時間があったときバンジョーの配管は外します。
軟骨さんの情報が本当に参考になりました。
フォトアルバムの写真

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

レグタグ新設

難易度:

ゴムパッキン取り付け

難易度:

HURSTデカール貼り付け

難易度:

ミルキーウェイ アイライン取り付け

難易度:

コペンのパーツ作成しました

難易度:

リアナンバープレートのビビり防止

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020年9月26日 18:16
初めまして!
記事が参考になったようで何よりです♪
自分は配管加工するのが怖くて配管&シリンダーも流用しちゃいました(笑)
無事に復活おめでとうございます♪
コメントへの返答
2020年9月26日 18:56
コメントをいただきありがとうございます。
LA400の油圧ポンプが換装できた記事を見させていただき、心強い思いがしました。
L880の油圧ポンプでは心配が残ります。本当に有難うございました。

プロフィール

「[整備] #レグナム イグニッションコード交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/2434827/car/1952409/6019471/note.aspx
何シテル?   09/26 11:04
IBONです。よろしくお願いします。 平成10年のレグナム25ST-Rは2019年秋ごろからエンジンの回転が不安定になり大きい振動が出るようになりました。イグ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

車高調整(ローダウン) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/15 16:51:34
車高調取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/15 16:35:02

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
3月にアクティブトップが不具合なコペンをヤフオクで落札しました。 リヤフェンダーに錆が出 ...
三菱 レグナム 三菱 レグナム
平成10年のレグナム25ST-Rは平成29年の車検でブレーキキャリパーシールキットとブレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.