• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

けいぞおの愛車 [日産 スカイライン]

【番外編】V35 250GTmにOSパフォーマンス製ELメータパネル取り付け、レカロシートもね!

カテゴリ : 電装系 > メーター > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間3時間以内
作業日 : 2011年02月13日
1
今日はみんカラお友達のマーゼルさんの依頼で以下2つの部品の取り付けをしましたよ!
①OSパフォーマンス製、ELメータパネル
②RECAROシート LS (黒ビニルレザー張換えバージョン)

②は何回かやりましたが、①は初めて!楽しみです。

いつものように上下2枚構成の写真で解説します。

写真上:
今回作業するマーゼルさんの中期V35 250GTmです。
車高もノーマル(腰痛のためらしい…)、外装&内装もとてもきれいです。

写真下:
電気系改造をするならお約束!
バッテリのマイナス端子をはずします。
…これでOKと思ったら、良く見てください。
アーシングの線がバッテリマイナス端子についていた。

これに気付かずハンドルをはずそうとしてクラクションを鳴らしてビックリしました。ははは。

とにかく、完全に作業を終えるまでバッテリはオフにしましょう。
とっさに配線をボディに当ててヒューズ瞬間切れ…はさびしいですよ
2
写真上:

メーターをはずすために、まずは周辺の部品をはずしていきます。
最初はステアリング。
純正ステアリングなら左右横面の○キャップを外し、特殊ボルトを外せばエアバッグユニットが外れます。裏側のコネクタを慎重にはずして完全に分離。
その奥のナットを緩めてハンドルをこじればステアリングが手前にスポッと取れます。
そうそう、ステアリング側からシャフト付近に刺さっているコネクタもちゃんとはずすように。これをはずす前にステアリングを思いっきり引っ張ってはいけません!


写真下:

作業スペースを確保するために運転席シートを取り去ります。
これがないとかなり楽に作業ができます。
普通ははずしませんが(笑)、今回はレカロシートへの交換も一緒にやるので一石二鳥、さっさと取り外します。

ステアリング取り外しを先にしたのは、ステアリングを引っ張る作業だけはシートに座ってやった方が楽だからです。
3
写真上:

さらにメータに迫っていきます!
ステアリングコラムカバー上下を取り外し(カバー下に4本のビスがついていますのでこれをはずします)、さらにウィンカーレバースイッチASSYを取り外します(ビス2本)

ASSYについているコネクタをしっかりはずすことをお忘れなく、

ここまで行った写真がこれです。
ステアリング類をはずさずにメータ取り外したツワモノもいるらしいですが、パーツの傷つき防止を考えれば急がば回れです。
全部はずしましょう。


写真下:

その後、キーを差し込むところの周りのリングを引っ張ってはずし、メータ&カバーASSYを取り外します。
(写真上の状態で真下から4本のボルトで固定されています)

ここもコネクタが数種類刺さっているので慎重にはずしてすべて取り去ったことをしっかり確認してからメータ&カバーASSYをゆっくり上方に持ち上げるように取り外します

足元に置いたASSYの写真です。
この後、手前2本、裏側2本のビスをはずし、プラスチックの爪をマイナスドライバでじっくりはずせばカバー部品も取れます!

さらにメータ上部の金属プレートを取り、メータ手前のクリアカバー(これも爪で留っています)を慎重に取り外せばメータ単品になります!

ここまでで1時間弱。

あとはELパネルをじっくり取り付けるために、メータのみ家の中に持ち込んで作業をします。
4
はい、家の中にメータユニット(クリアカバーなし状態)を持ち込みましたよ。

このELメーターパネルは3ピース構成になっています。
左右の燃料計、水温計それぞれの下に敷く小さな丸いパネルと、残りの部分のパネルの3つ。

確かにこの構成じゃないとうまく付けられません。
このパネルの偉いところは、メータ針を全くはずさずに取り付けられること。はずしちゃうとゼロ指針がずれてしまい大変になりますからね!

針の下に潜り込ませるようにパネルをセットします。
あ!その前に純正パネルを押さえている小さいビス8本をはずしましょう。
このビスはELパネルと一緒に再び締めつけます。

とにかく初めての取り付けですから、何かと作動チェックしながら組んでいきます。
左右小パネルを取り付け、メインパネルはまだ取り付けない状態での作動確認の写真です。

上が導通前、下が導通時のものです。
おお!メータパネルが青く光る!
メータとメインパネルの間の右側にある黒い箱がインバータユニットです。電源をつなぐと”ミーン”という高周波音を出します。
静かなところだと結構気になりますね。

ちょうど真ん中のところに赤い面があるマッチ箱状の部品がありますが、これがコントローラ。
スライドスイッチで、パネル色を変化(青か紫、あまり差がありませんが…(笑))
反対側にボリュームつまみがあり、ELパネル発色の明るさ調整をします。

今回は同社がオプションで販売している減光ユニットも付けました。
イルミ信号を拾うと供給電流を減らしてメータが減光する仕組み。
お!これもちゃんと動きます。

システム自体は結構シンプルです。
とにかくパネルがそこそこ柔らかく、また配線が細いので取扱いには注意しましょう。

この後メインパネルもメータユニットに取り付けます。
まずはトリップメータリセットボタンにパネルを通して時計回りに針に通していきます。慎重にやればそれほど難しくありません。

注意すべき点は、ELパネルと共締めで締めこむビス。
締めこみすぎるとELパネルが凹んでしまうのですが、ゆるすぎるとメータ針(スピード/タコメータ針)が引っ掛かります。
針を動かして引っかからないことを確認しつつビスを締めていきましょう。

また、このビスだけでは部分的にELパネルが浮いてしまいますので、薄手の両面テープでパネルの浮きを防ぎます。

これをすることで結構綺麗に取り付けられます
(両面テープ貼り作業だけマーゼルさんに頼みました。自分で満足するまでやった方がいいですからね)

よしよし、後はクリアパネルを取り付けて…おっと待った!
5
ここで最も重要な作業があります。

ELパネル発光用の電源配線です。
それぞれのパネルから出た配線はメータユニット内を這わせますが、その後メータユニットの外に出す必要があります。

うまく外に出さないとクリアパネルの間に挟まって断線やショートの恐れがあります。
しっかり通り道を確保しましょう。

写真はメータパネルの上の部分。
ワタシの場合は①の部分だけはんだごてで樹脂を溶かしてメインパネル用の配線を通し、残りの左右の小パネル分の配線は元々隙間があった②の部分を通すことにしました。

ちゃんとクリアランスがあることを確認、その後クリアパネルを取り付けてさらに挟まりが発生していないかチェック。
(配線を押し込んだり引っ張ったりして、挟まっていないかチェックします)

これが今回で一番大切な部分ですから、お忘れなきよう!!
配線細いですから、十分気をつけてね。
6
はい、クリアパネルまでつけたらメータユニットらしくなります。

よしよし。

ここでまたまた作動チェックです。
写真上がOFFの状態。下がONです。

青と白、赤の発色が綺麗です。
これは昼間でも発光させるタイプです(針は光りませんが)、夜はイルミと連動して減光…というわけです。

各種ワーニングランプ部分だけ窓が開いているのと、3ピースのパネルの境目がちょっと気になりますが、両面テープでしっかり浮きを押さえておけばそれほど悪いものでもないです。

うーん順調順調!
7
あとは逆に取り付けていくだけ。
コネクタを付け忘れないように。
ワタシは1か所やりかけました(笑)

ちなみに今回はメータ電源はイグニッションONで電気が流れるようにしました。ヒューズボックスから電気を取り出す部品(400円)を使用。エーモンさんいつもありがとう!

また、イルミ電源はATのポジションランプのところから分岐させて取り出しました。アースは適当に金属パネルの取り付けビスに共締め。


写真上:

レカロLSシートもしっかり取り付け。
中古を入手し、業者に頼んでフェイクレザー(ビニルレザー)で張り直してもらったものとのこと。室内の各部品とマッチしていい感じです。

シートレールはワタシの手持ちの中古品を使いました。
モノ持ちがいいとこういうとき役立ちます(っていう理由で部屋に色々部品があるんですけどね…)


写真下:

シート側からインパネ周りを撮影。
しっかりメータが発光しています。周りが明るくてもしっかり発光がわかります。これはいいね。

ところでこのステアリング、これまた業者に出してカーボン柄の握り+下部を直線にしたいわゆるDシェイプ化しています。
おお!カッコいいね、これ。

真ん中のインフィニティカバーは以前ワタシがお譲りしたものです。

全体的にバランスが取れていい感じ。
8
完全にメータを取り付けて、最後の動作確認。
今度はキーを回して発光を確認します。

ちゃんと動くね、良かったよかった。
ポジション、メインライトにすれば間違いなく減光動作をします。

全くトラブルなしに取り付け完了しました。

一服したり、マーゼルさんから頂いたお菓子でお茶をしたり、写真を撮ったりの時間を入れて3時間ぐらいの作業でした。

うーん、このパネル。減光ユニットまで入れて1万円ちょっと!
コストパフォーマンスいいんじゃない?

250GTmの方やステージアM35の方、結構いい改造ですよ。
あ、残念ながら前中期型の方のみです。

さあ、自分でやろうぜ!

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

ブーストメータ センサ基盤修理

難易度:

メーター&エアコンパネルLED化

難易度:

サーキットデビューに向けて追加メーター

難易度:

トリップメーター&純正ブースト計不動

難易度:

記録簿11

難易度:

今度はスピードメーター死亡

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2011/03/06 00:41:01
すばらしいパーツですね!
いつか買ってしまいそうですw
ステアリング外さないでいければかなり時間短縮できそうですね。
取り付け参考にさせて頂きます!
失礼しました~♪
コメントへの返答
2011/03/06 00:47:36
とてもきれいですよ!
値段もそこそこなので侮っていましたが、付けてみると良い感じ…
ワタシのV35につかないのが残念です。

ぜひぜひ取り付けてみてください。

ステアリング外すのはそれほど難しくないです。逆に付けたままメータをはずす方が面倒だと思いますよ。

頑張ってください。

プロフィール

「もちろん、改造しているか、改造をもくろんでいるか、金策に走っているかです 笑」
何シテル?   06/05 00:43
HY51フーガハイブリッド、オールドミニとバイク(91式GSX-R1100)と自転車で遊んでいます。ショップではなくプライベーターです。ポリシーは”なるべく自分...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

Y51系だけでなく、元車のV35やM35ステージア、Z等多くのユーザーの方と情報交換したいですね!軽くお誘いください。あ、オールドミニ関係のお友達もぜひよろしくお願いします!
224 人のお友達がいます
やーまちゃんやーまちゃん * 最強おやじ最強おやじ *
さむ。さむ。 * テレコンV35テレコンV35 *
taku0203taku0203 * 日産の渡り鳥日産の渡り鳥 *

ファン

242 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フーガハイブリッド 日産 フーガハイブリッド
2016年5月 いきなり思い立って買い換えた車です。 日産セダン最大級+でも燃費が良いも ...
ローバー ミニ ローバー ミニ
実は嫁さんのために買った車です。 車庫の長さの問題でこれに決めたので(軽自動車より短い) ...
スズキ GSX-R1100 スズキ GSX-R1100
91年式GSX-R1100です 唯一新車で購入したタイヤ付乗り物です。 実は手持ちの車 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
2009年3月、禁断のV35⇒V35乗換えを行いました。 色まで一緒、近所の方でも乗り換 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.