• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年07月04日

ホンダ フィット不調の原因を推察する

 ホンダ フィットの販売が、不調と伝えられています。もともと、この種のコンパクトハッチバック車は、2000年代の初めに「ヴィッツ」「マーチ」「フィット」「デミオ」の4車種で人気が急拡大していました。中大型自動車のユーザーが定年退職などに伴って使用車両のダウンサイジングをしたり、軽乗用車ユーザーのアップサイジング需要だったり、スポーツカー層の買い替え需要に対応したものでした。

ホンダ フィットはこれで4代目です。実質の初代は、ロゴやキャパでしたが、初代は硬めのサスペンションと1300ccエンジンにCVTの組み合わせ、シンプルなボデーで登場しました。同社のシビックの市場をも奪い、実質標準的な乗用車として販売されました。大ヒットし、トヨタ カローラから首位を奪うほどの販売台数を記録しました。

二代目は初代の方向性をさらに推し進めたものです。エンジンを高回転化、CVTをトルクコンバータ式に改良し、ベーシックカーとしての性能を上げました。モデル途中からIMA方式のハイブリッドを追加し、ますます人気に拍車をかけました。

三代目は、三代目オデッセイの要素を取り入れ、スタイルをシャープにしたものです。ハイブリッドはi-DCD方式に変更し、独自路線を推し進めました。スタイルの上では、改変に次ぐ改変でした。



初期はワンモーションフォルムでしたが、間もなくフロントグリルの塗り分けを変更し、立体的に見えるようにしました。さらにマイナーチェンジではフロントバンパーを二回大型化し、





さらにフロントマスクを立体的に見せるような改変を行っていきました。

この改変が女性の人気を落とした原因とされています。男性的でシャープな姿が女性に嫌われ、四代目はソフトなスタイルに変更しました。

 その、ソフトなスタイルが不人気の要因だったのか、または、ユーザーそのものがコンパクトハッチバックから離れているのか、いったいどちらが原因なのでしょうかね。さらに、三代目まではラインナップされていたスポーティグレード(初代は1.5T、二代目以降はRS)を廃止しています。四代目のグレード構成は、従来からの標準仕様の「BASIC」、



標準仕様の中級グレードの「HOME」、


贅沢仕様の「LUXE」、



都会的にジムやランニングなどでスポーツを楽しむ女性向けパーソナルカーの「NESS」、



アウトドア風の「CROSS STAR」



で構成されています。現在は、特別仕様とmodulo Xが加わっています。パワートレインは、ガソリンエンジンとe:HEVの二種類で、基本的には好みのスタイルで選ぶ車になっています。どうやらCROSS STARが売れているようですが、ここから推して、SUVブームに市場を奪われていることがわかります。

以前は、営業車にはセダンを指定している企業が多かった中、車種の減少に伴ってハッチバックも可能とした企業が増えているようです。業務で使用している車種とほとんど同じ車種は、乗りたくないという人が多いことでしょう。

また、最近では、葬式や法事を考えて車種を選ぶ人はほとんどいないでしょうから、レジャー色やパーソナル色、スポーツ色を出すことに抵抗がある人はほとんどいなくなりました。

その結果、この種の車は「つまらない車」と見られるようになり、選択肢から外れてしまったのだと思います。全く同じ状況として、ワゴンRやムーヴといった、かつては背高軽乗用車とされていた車種がベーシックとなってしまい、売り上げを落としていることが挙げられます。

 これは私の勝手な予想です。クオーターピラーが、根本が細く、上に行くほど太くなっています。昭和30年代のセドリックなどはそんなスタイルを採用していましたが、視覚的に安定感を欠くものです。そこが、「なんとなく不安定」と感じさせてしまっているのではないでしょうか。

スタイルは、男性的要素を排除し、女性に好まれるという「ホンワカ」したムードを狙い、フランス車をイメージしたものだそうです。ところが今のフランス車は、ルノーもDSもシャープな造形を目指しており、ホンワカムードは残っていません。

「ホンワカムード」だとか「ママを重視した」というのは、マーケティングの答えとしてよく使われますが、大体外れています。二代目MRワゴンやパッソセッテなどがその代表格です。

ママたちはマーケティングの時に「ママの要素が欲しい」と言ったのに、いざ製品にママの要素を取り入れるとママはそっぽを向く、これも珍しいことではありません。ママはママ臭さを嫌うのです。

 こんな、マーケティングに左右されてしまったフィットですが、マイナーチェンジはどうしようとしているのでしょうか。今のSUVブームがずっと続くとは思えません。基本形の車づくりをおろそかにしていたら、徐々にボデーブローとしてホンダの体力を奪っていくことでしょう。

まあ、ママのいうことだけにとらわれた、失敗マーケティングの結果です。比較的安価に変えられる部分を中心とし、ビッグマイナーチェンジをしないとこの低下傾向は変わらないと思います。
ブログ一覧 | 新型車調査 | クルマ
Posted at 2021/07/04 18:34:56

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

フィット、個人的に…
ユタ.さん

街角の名車たち188 Chevro ...
44loveさん

レイズ・ボルクレーシングRE30に ...
cockpitさん

こんなチョロ Q もあった (^^)
MOGUL-Mさん

白いホイールキャップも似合っていま ...
cockpitさん

いやぁ、プレオープンですか❓
クロポロさん

この記事へのコメント

2021年7月4日 19:41
こんばんは。

このフィットに限らずですが、最近のホンダ車はまともにデザインされて登場したクルマは無くなってるように感じます。

①どこか二代目に回帰したようなフィット
②デザイン変更すらしなかったN-ONE
③SUVなのに力強さを取り去ってコンセプトが曖昧に感じるヴェゼル

現行ノートもうわぁと思いましたが、それでもホンダよりはマシです。
国産車をカッコ良くデザインできる人は居なくなってしまったのでしょうか。
コメントへの返答
2021年7月4日 20:56
こんばんは。

ホンダは、ことごとく迷走していますね。もう打つ手がないのかもしれません。

①ともにアゲハチョウの幼虫を思わせるヘッドライトです。ファンカーゴ辺りも採用していましたが、目力のみ強すぎてあまり好評ではなかったはずなのですが、忘れられてしまったのでしょうかね。
②これは、MINIと同様にアイコン化したいためだそうです。シャシーは全面的に変わっているそうですから、まあ良いかもしれません。
③SUVは、RVの規範から外れてクーペ的になる、というのが3年前の傾向でした。しかし、今はRV的スタイルへの回帰が見られます。このクーペスタイルであと5年を戦えるかどうかは、私にもわかりません。なお、フロントグリルをオプション品に交換すると、変な印象が薄らぐようです。

数年前のトヨタや、セダン不調の点などから、最近の自動車メーカーは「バランス志向」をあえて崩しているようです。

おすすめアイテム

プロフィール

「コロナの車検依頼中。リヤのパーキングブレーキ制動力が基準に満たないそうです。パーキングブレーキ機構が固着をしているもよう。いよいよ廃車の危機です。」
何シテル?   09/10 11:34
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ダイソー 園芸用噴霧器 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/05 17:16:36
ポーターキャブ ステアリングギヤBOX分解(復讐篇) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/09 22:53:53
[日産 フーガ]ACCESS EVOLUTION オリジナルスペーサー 5mm 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/31 22:27:39

愛車一覧

トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.