• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moto('91)のブログ一覧

2018年09月24日 イイね!

にわかファンが、安室奈美恵さん史をたどる

 先日、安室奈美恵さんが引退されました。人気がありながら、自身の限界を感じての引退は、プロ意識溢れるものだと思いました。

安室さんは25年にわたって芸能活動をされていましたが、その下積み期間もまた、はっきりとわかるものでした。私は「にわかファン」でしたので、安室さんの活動開始から10年未満しかCDを購入していません。

一方で、ファンとされる方が安室さんを神格化してしまい、実際の活動を見なくなってしまっている様子もあります。にわかファンならではの、事実を羅列をしてみます。

 安室さんは、1992年頃から登場してきました。最初は、TBSで土曜日午後8時から放送されていた、「カトケンTVバスターズ」と、日本テレビで日曜日午後2時から放送されていた「スーパージョッキー」によく登場していました。

前者は、番組内でフリップを提示して読み上げるアシスタント活動のほか、番組内ドッジボールチームも勤めていました。この番組では小学生にドッジボールを流行らせようとしていて、視聴者チームと安室さんをはじめとしたチームとが対戦していたと思います。

何しろどこの誰だか紹介されないままにアシスタント兼ドッジボールプレーヤーになったのですから、見ている方は「このおでこが広い、目が大きい子は何者だ?」という気分になったものです。肌も日焼けしていて、元気な小学生の女の子、という程度しか記憶に残りませんでした。

 一方、後者の「スーパージョッキー」では、アシスタント活動のほかに、番組終わりにある、歌を披露する時間にも登用されました。アシスタントとしての子供っぽい声とは打って変わって、大人っぽく技術溢れる声に、魅了されてしまいました。

曲はCDで発売されておりましたが、「子供以外が買ってもよいものか」問題が出てきました。当時はまだ「少女誘拐殺害事件」の影響が残っており、小学生くらいの子が歌う曲を、それよりも年が上の男性が買うことは、とても出来なかったのです。

 翌年になると、テレビドラマ「いちご白書」に主役級で出演するほか、NHK系アニメーション「忍たま乱太郎」とかいうアニメーションの主題歌を歌います。この曲はそのまま子供向けで魅力は感じられませんでした。ここで多くの人は

「歌が上手いとは言っても、やはり小学生の子だとこうなるよね。」

と思うのでした。

一方、ドラマの方は、小田茜、辺見えみりが基本的な主役で、これについてまわる同級生という位置づけでした。内容の方は、1985年に放送された「毎度お騒がせします」のテレビ朝日版で、登場人物を女子中学生か高校生に置換したものでした。余談ですが、この番組の主題歌は当時話題になりつつあった大黒摩季の、「チョット」でした。

 1993年末になると、ロッテの「マスカットガム」のCM曲として、「愛してマスカット」をリリースします。この曲は子供っぽくなく、それでいて耳によく残るものでした。当時はZARDが大ヒット中で、TRFがこれにくい込んだ頃でした。アンチZARD的な曲と、多くの人が思ったことでしょう。

1994年は、どういうわけかあまり活動しなくなります。スマッシュヒットを出して、そのまま活動を辞めてしまう方は珍しくありませんので、いつの間にか記憶から消え去りつつありました。

 そして1995年初頭、躍進のきっかけとなった「TRY ME 私を信じて」が発売されました。何年か前からユーロビートの存在は知られており、「ジュリアナ東京でよくかかっていそうな曲」、と認識していました。「TRY~」もユーロビートのカヴァーソングですが、歌詞が日本語なので親しみがわきました。合わせてプロモーションビデオを見ると子供っぽくないために、「これは大人が買っても良い曲なんだ」と認識するところになり、ロングラン、かつ、ヒットとなったのでした。

以後、「太陽のSEASON」「STOP THE MUSIC」と、ユーロビートが続きました。1995年11月には、初の単独名義である「Body Feels Exit」をリリースします。曲名が英語としてどうか、などのことは言われましたが、小室哲哉節と良くマッチし、新たな世界観が築かれました。

 ところが、翌1996年になると、スーパーモンキーズから切り離された4人がMAXを結成、1曲目の「恋するヴェルファーレダンス」はまずかったですが、「TORA TORA TORA」がスマッシュヒットしてから、徐々に評価を上げていきました。「安室奈美恵がユーロビートカヴァーから去ったけれど、聞きたいのはユーロビートカヴァー」という人が多かったのでしょう。MAXのアルバムは、1996年末にミリオンセラーを記録します。

もちろんこの時期も安室奈美恵名義の曲は発売しており、それなりに評価されてはいたのですが、「スーパーモンキーズから出て失敗したんじゃないの?」と思う人は多数いたのでした。

なお、そのMAXもユーロビートから離れていくと、徐々に人気は低下していってしまいます。1999年の「銀河の誓い」で一時復活の兆しがありましたが、以後あまり名前を聞かなくなってしまいました。

安室奈美恵さんは、だんだん難しい曲を歌うようになったこと、1996年のEvery Little Thing、相川七瀬、1997年の浜崎あゆみなど、後続の勢力が出てくるとともに、「ファンのみ認める」世界へと移行していきました。

 以後、「ファンを大切にする」活動の仕方をし、これをファンが認めることで一種の神格化が起こり、にわかファンは離れざるを得なくなっていきました。しかし、彼女の活躍は以後の歌の進化と活動の仕方を示しただけでなく、前衛的ファッションの浸透など、中高大学生のファッションの進化をもたらしました。

2018年現在、アムラー現象を受け継ぐものはありませんが、歴史に名を刻むことでしょう。
Posted at 2018/09/24 22:40:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 芸能 | 音楽/映画/テレビ
2018年02月05日 イイね!

有賀さつきさん亡くなる

  アナウンサーの、有賀さつきさんがお亡くなりになりましたね。私は、有賀さんが現役当時、特別ファンでも何でもありませんでした。むしろ、「スタイルが良く、有名女子大を卒業して、花形職業のフジテレビアナウンサーになり、大して原稿も読めないのにチヤホヤされて、まあ。」と、きれいだとは思いつつも、一時のフジテレビの象徴として嫌っていました。とはいっても、嫌いというほどでもありませんでしたので、出演されている番組を見ない、などのことはしませんでした。

そして今日の訃報を目にして、少しだけ検索してみました。離婚をされたり、お父さんの介護などもなさっていたようですね。美人アナウンサーとて普通の人、普通の生活も当然あります。また、いわゆる女子アナウンサーのタレント化を象徴する読み間違い事件も、関西系お笑い芸能人によって、いわば作られた歴史だったこともわかりました。

今から10年程前に自殺された「川田亜子」アナウンサーの時もそうでしたが、女子アナウンサーの「おバカさ」は、「生意気だ」と思われないための防御策のように感じます。ご当人は、決してそんな感じではないようです。アナウンサー以外にも、芸能人では「山瀬まみ」さんや「浜崎あゆみ」さんは、登場当初、「不思議ちゃん」として性格付けをされていました。おそらく、私のように誤解している方は多数いると思います。そして、実際はそんな方ではなかったことを知らず、そのままになってしまう方も多数いることでしょう。

 後日ブログ化する予定ですが、1980年代後半、「とにかく相手を笑わせる」ことが正義とされた時代、その人の人間性とは無関係に、やたらと「面白がらせたりする」ことが蔓延しました。有賀さんも、実際の人柄とは別に、「面白女子アナ」を演じさせられていたのでしょうね。必要以上に笑いを求める風潮は、人を傷つけていたと思うのです。
Posted at 2018/02/05 23:08:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 芸能 | 音楽/映画/テレビ
2017年12月03日 イイね!

「松下由樹」さんは、本格的な俳優さんだね!

「松下由樹」さんは、本格的な俳優さんだね! 先日のトレンディドラマを振り返ったブログを考える中で、「松下由樹さん」の活躍のされ方が、ずいぶん特徴的だな、と感じました。

1989年以前
 主役が1989年の「オイシーのが好き」ですが、その前はCM活動を中心にされていたと思います。今ではなくなってしまいましたが、この頃はCMだけを中心に活動される方が多数いました。

1987年には、ヤマハの「ショルキー」というショルダーキーボードのCMに出演していました。



軽快に踊る様子や、足を高く上げるアクションを見せ、最後はもっと背が高い男性と手を取り合って歩いていきます。男性の身長を平均的と考えていたことや、小柄な方ならではの軽快な動きから、松下さんは150cm台の小柄な方だと思っていました。

ところが、当時大柄な女性芸能人が少なかったこともあり、168cmという長身ぶりには驚かされました。隣にいた男性は、190cm台だったと記憶しています。

続いて、ゼロックスの「写楽」というハンディスキャナー&プリンターのCMに出演されます。





パソコンで自由に写真処理が可能になった現在では過去の製品になってしまいましたが、この機械で写真をスキャンし、他の紙にこすりつけると印刷出来るというものです。しかしこの人、本当に松下由樹さんでしょうか?顎や頬の感じが別人のように見えます。。。

このCMでは、バブルの「ワンレン・ボディコン」の前のブームだった、ショートヘアにボディラインが出るスーツ姿の「キャリアウーマン」スタイルで出演される版と、浅香唯さんないしはプリンセスプリンセスの奥居香さんかと思えるような化粧で出演されています。



特に「キャリアウーマン」スタイルは、決まっていますねえ~。荻野目洋子さんや長山洋子さんとともに、ショートヘアが似合っています。

 そんな彼女がドラマに初主演するということで、期待を持って受け入れられた作品が「オイシーのが好き」でした。



CMの雰囲気とはずいぶん異なり、キャリアウーマンらしさは全くなくなり、ボーイッシュさと幼さが強調された役柄でした。ところどころ、もう少し前に活動を始められていた、松居直美さんにも似た雰囲気を感じます。



満員電車のオープニングシーンでは、こんなマンガっぽい表情になります。


今日もいきいき通勤!、と、お仕事ドラマの主人公のような表情です。



苗字に「松」が付く方が多く、名前を覚えられませんでしたよ。

「オイシーのが好き」は、主人公のアフターファイブ活動やお気楽ぶりが「バブル期」を感じさせますが、新人活動/成長もの作品の側面が強く、さっぱりとしているところとフレッシュな感じから、周囲でも見ている人は多かったです。

 1990年には、「想い出に変わるまで」という作品で、今井美樹さん演じる主人公の妹として出演されます。最後は姉の婚約者を略奪する「憎まれ役」を演じていました。当時話題になったそうですが、私は見ていたかいなかったか、見ていても印象は薄かったかもしれません。

その後も主演や脇役が続きますが、私の印象に出てくるのは、以前書いたことがある「君といた夏」の、研究室助手役です。脇役ですが、主人公の心に深く影響を及ぼす重要な役で、別学部の私たちには、「○○学科はうらやましいなあ。」と、現実と架空を取り違えた羨望の思いを抱かせるのでした。

同じ年の末には、「29歳のクリスマス」にも出演されます。主演の一人ですが、暗く薄幸な感じが印象的でした。実は、私の中で「29歳のクリスマス」と、後年の「ハッピーマニア」(フジ、主演藤原紀香、稲森いずみ)と混同されておりました。「29歳」はシリアスなドラマで、「ハッピー」はコミカルな雰囲気でした。

1995年は、松下さんのプライベートの方でいろいろ揉め事があったようで、活動をされていませんでした。

翌1996年になると、「オイシーのが好き」以来の新たな側面を引き出した、「ナースのお仕事」が始まりました。後輩役の観月ありささんを厳しくも優しく指導する先輩役で、「あーさーくーらー」と、呼び捨てで呼ぶ掛け合いが見事な作品でした。

この作品で、「先輩役」が板についてきました。暗い作品が続いてきた中で明るい役柄を見せられ、安心した記憶があります。

この作品は2000年代始めまで続きました。2000年代始めからは、「ココリコミラクルタイプ」というバラエティ番組に出演されます。中ではドリフのように作りこまれたコントが繰り広げられますが、彼女の役は「面倒な先輩・お局」がほとんどで、しかも当時のヤンキー高校生のように口が悪い悪い。女優なのにコントに出演されることも含め、新たな魅力が出てきました。

余談ですが、このコントに出てくるような口が悪い人たちは、今日では「パワハラ、いじめ」に該当しますので、10年という時間の流れは文化を変えてしまうのだな、と感じました。

 そして2007年にこの番組は終了します。その後は、スポット出演が多いようですが、重要な脇役が多いです。役柄の上でも、「先輩」から「管理職」等の役が増えてきました。もうここまで来るとベテランの領域です。

「オイシーのが好き」の頃は、セリフも少し怪しい感じでしたし、何より声が全然出ていません。そんな人が、いろいろな役を通じて成長されるのですね~。その他の同時期の女優さんが「バブリー」「昔の人」と、当人の思惑とは別に揶揄されてしまう中、松下さんは年齢に合わせて役柄を変えてきました。「本格的な俳優なんだなあ。」と思うばかりです。
Posted at 2017/12/03 21:30:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 芸能 | 音楽/映画/テレビ
2014年08月03日 イイね!

瀬戸朝香に、「君といた夏」を思い出す

瀬戸朝香に、「君といた夏」を思い出す 今期のドラマはほとんど挫折しております。とにかく脚本がダメで、刑事ものなのに10分経過してもまだ事件が本格展開しないほどです。そんなに遅い展開では、視聴者は引き込めません。10分で事件の概要を伝え、20分で「一体どうしたんだ?」という転回(あえて展開ではありません)がなければ、見ている方は飽きてしまいます。

さて、そんな駄作ぞろいの今期ドラマですが、出演者の点では贅沢です。中でも「ST 赤と白の自演ファイル」に出ている瀬戸朝香は、見ると得した気分になります。今でこそ「仕事ができる女上司」役をしていますが、ドラマデビューは多分この「君といた夏」です。

 この作品は、私の母校を撮影の舞台にしております。それも在学中のことです。研究室の助手役に松下由樹が出演しており、これまた見ると得した気分にさせてくれます。

しかし、校舎や近所こそ出てくるものの、移動経路がめちゃくちゃだったりもして、在校生としては突っ込みどころもありました。何より「こんなさわやかな学生や綺麗な助手は、うちの学校にはいない」という点で、著しい差が見られたのでした。。。部室に行けば、AE86やKP(AP)61などがいたり、デフオイルの臭気が漂ったり、と、全く恋愛ものとは無関係な学校でした。

 さて、この作品における瀬戸朝香は、ヤンキー上がりながら純粋な心を持つ女の子として描かれます。表面的には突っ張っているのですが、バカな行動や徐々に心変わりしてくる様子が、強く訴えかけます。実在しない人物なのに、「好きです!」と言ってしまいそうになってしまいました。

 さて、実際の教室レベルでは、「この作品に友達のA君やI君が登場したらどんな役だろうか」という点で会話が進みました。

7話で筒井道隆が暴力団に殴られる回があります。それを題材にします。

この頃、客員研究員として研究室に空手家のA君が他校からやってきます。

はじめは皆、「20歳代前半なのに50歳代の貫禄があるA君」を、「オヤジ」だ「ダサい」だ、陰口を叩きます。
そんなA君は筒井道隆が暴力団に殴られているところを見て救援、暴力団を一掃します。
A君に感謝する筒井道隆。しかし、A君は筒井道隆に拳をくれ、胸ぐらを掴んでこう言うのでした。
「そんな根性で、女が守れると思っているのか!」
と筒井道隆に言います。
当初の予定が終わり、もとの学校に戻るA君ですが、筒井道隆の中では何かが変わるのでした。

と、仲間内で戯れていました。そんな私の作り話にA君も友達のI君も「ゾクゾクしちゃうほど格好良いね!」と、戯れるのでした。

 そして私の「オリジナルストーリー作り」はこの頃から始まっていました。この作品は、何より4人程度で付いたり離れたりする恋愛モノゆえ、物語の横方向の展開が不足するためにどうしても息苦しさ感は拭えません。

 確か最終回は、雨の中を筒井道隆演じる男が瀬戸朝香演じる女を迎えに行って説得するとかいう展開でした。私のオリジナルストーリーでは、そこで筒井は体を冷やしてしまい、なんとおねしょをしてしまいます。翌朝、干した布団の前に「おっかしいなあ?」と自分の失敗に訝しげな筒井男、その様子を指差して笑う瀬戸女といしだ壱成男、とかいう展開で話していたんじゃなかったかな??

もちろんそこでかかる音楽は、太陽にほえろ!の最後、ボスが面白いことを言って周囲を和ますときに流れた曲です。真面目な展開ばかりだと、息が詰まっちゃうんですよね。真面目なシーンの後に、場をなごます(?)シーンで中和する、脚本の基本です。

あるいは、マジンガーZのボス、ヌケ、ムチャなどの、物語に直接寄与しない、場を和ますだけの人間を登場させる方法もあります。



まあ、なんともバカな話ばかりしていたものですね。書いていてバカバカしい気分になってしまいましたわ。


それにしても、瀬戸朝香は年齢を重ねてきれいになっていますねえ~!

Posted at 2014/08/04 00:36:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 芸能 | 音楽/映画/テレビ
2013年06月19日 イイね!

エイベックスプロワークス前後

 「エイベックスプロワークス」という会社をご存知でしょうか?その名の通りエイベックスグループの会社で、振り付けやダンスの訓練を受けた人を派遣したり、提言やアドバイス、セールスプロモーション活動を請け負ったりする会社だそうです。

 これまで振り付けやダンスというのは、必要が生じたらCMやテレビ番組等制作会社が人を集め、振付師を呼んで訓練させ、撮影したら、ハイおしまい、と聞いたことがあります。

その振付師もほとんど個人事業主のような人で、エイベックスプロワークスが出来る以前は、パパイヤ鈴木氏や南流石氏、夏まゆみ氏などが代表的な人で、個人塾こそあるようですが、それでも劇団のような家内制手工業的ビジネスに感じます。

 そしてこのエイベックスプロワークス社ですが、徐々に勢力を拡大しつつあります。代表的なところでは、日本ハムファイターズのチアリーダーなどが同社が請け負っているのか、派遣しているのか、とにかく関係しています。



 よく訓練された、いかにもプロの格好良いポージングです。しかし、なんとなくステレオタイプで、どこかで見たような感じも拭えません。


さて、おそらく同社が関わった前後で変わったと思われる、良い例がありましたので紹介しましょう。トーヨータイヤのトランパスのCMです。

導入前




そして導入後



バージョンBも



 導入前は、子供のお遊戯会を見ているような雰囲気で、微笑ましい雰囲気になっています。歌手の方の歌い方もアニメソング的で、ちょっとくどいかな??なんとなくB級な感じがしてしまいます。

 導入後は、子供は踊っているだけになりましたが、だいぶ上手になった印象です。あるいは、「コマ落とし」で、動きをシャープに見せているのかもしれません。また、歌はエイベックスの子供グループ、「DREAM5」のうち二人を導入したのだとか。セリフもDREAM5の子が言っています。

「ミニバンにはトランパス」のふた声目の、透明感が強くて伸びやかな声が印象的です。また、セリフの言い回しも歯切れがよくて、特別な訓練を受けた人であることがよくわかります。

 しかし、なんだかどこかで見たような振り付けがオリジナルな印象を打ち消していて、没個性にも感じます。

あ、でも、自分がCMの発注者になったとするとCMは完成度が一番!手作り感を感じさせては良くないのでしょうね。
Posted at 2013/06/19 23:28:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 芸能 | ビジネス/学習

プロフィール

「試乗記を書き上げていないのに、ロードスターRFに試乗してまいりました。
事情により、8月26日夜までみんカラ/フェイスブックとも休みます。」
何シテル?   08/19 23:56
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

燃料パイプ一部引き直し&サーボ配管 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 14:10:22
GS用と86用サウンドクリエイター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 14:41:00
ボロン塗布による冷却効率向上 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/07 21:19:15

お友達

 車やドラマ、世間のできごと、甘いものやB級グルメについていろいろお話出来る方、よろしければお友達になりませんか。
152 人のお友達がいます
たく@独車一番!48・46二番!たく@独車一番!48・46二番! * 三田三田 *
23152315 * 昭和のくるま昭和のくるま *
むさしのドリームむさしのドリーム * vertinvertin *

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.