• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moto('91)のブログ一覧

2009年03月28日 イイね!

「リセット」第十一話に、「世にも奇妙な~」を思い出す

 今回は、「占い」ものでした。

あらすじ
 主人公女は、心臓が弱かった。そんな彼女でも、恋人は「結婚しよう」と言うのであった。その記念日、ふと立ち寄った占い師のところで、彼の身に危険が迫っていて、不幸になると占われた。せっかくの日に縁起が悪いと怒る彼。しかし翌日、仕事場で倒れてきた資材に頭を打ちつけ、病院で亡くなってしまうのであった。

ここでリセット
 彼女は占いを信じることにし、彼に仕事場へ行くな、と言う。死なずに済む彼。それからもことあるごとに病気の演技も交えながら、彼を期間から救う(?)のであった。しかし、いつしか「占い」にばかり頼る彼女に対し、気味悪さを感じるようになった彼。自然と避け始める。そこで相談に乗っていた彼女の友人と恋仲になってしまうのであった。

ここでリセット
 元の病院に戻る。死んでしまう彼。悲しむ彼女。彼は「臓器移植意思表明カード」に、彼女に心臓を移植することを記していたのであった。気味悪がってたとはいえ、本当は彼女を大切に思っていた彼。泣き崩れる彼女。


感想
 なかなか良い展開でした。最後のシーンが良いね。ただし、演技のほうが今ひとつでした。「私のことを嫌いになっていたのだから、死んでざまあ見ろ」と心の中で思っている彼女のところに、臓器移植カードを持った遺族が出てこさせればよかったのです。こういう展開にすれば、見ている方の胸を打つ展開になるのです。惜しいなあ。残念!
Posted at 2009/03/30 23:12:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2009年03月28日 イイね!

ドラマ「就活のムスメ」に満足す

 毎度おなじみ、この時期特有の単発ドラマスペシャルです。「歌のおにいさん」の時間に放送されました。

あらすじ
 主人公 貫地谷しほり女は、大企業であればどこでも良いという就職活動意欲が低い女であった。ついに最後のエントリー企業も落ち、就職課へ向かった。そこでであった就職課員 佐藤二朗男、アドバイスを受け、新たに企業へ応募する。その中でも惨憺たる結果であったものの、ひとつの会社は一次面接、二次試験グループ討議に受かり、インターンシップへとこまを進める。そこでであったキャリアウーマン りょう女。彼女の基でこき使われるも、持ち前の根性で乗り越えた。また、りょう女の、「会社で働くことの意味」を聞き、貫地谷女の心は激しく揺り動かされる。貫地谷女は、なんとか最終面接へと進むのであった。

 その最終面接へと向かう道で、貫地谷女の行きつけのラーメン屋が、ボヤになっているのを発見する。そこの大将が大切にしている暖簾を燃やさないようにと、貫地谷女は店の中に飛び込む。辛くも持ってきたものは、暖簾ではなく店の名前が入った上着であった。

 大将から「その格好」と指摘され、最終面接に向かう途中だったことを思い出す貫地谷女。彼女の心はすでに決まっていて、最終面接では「私は大企業であればどこでも良いと思っていた。自分はこのような心構えで働くことは出来ない」と、本心を語り、潔く「試験落ち」の道を選ぶのであった。また始まる就職活動。

感想
 不思議とドラマの基本を押さえたつくりなんですよねえ。教科書どおりの展開です。そのためか、コメディ調ながらも、結構見られる展開でした。なかなかどうして、面白い作品でしたよ。

番外
 なんだか懐かしい気持ちで見ました。私も広告代理店なんかを受験しましたよ。まあ、今考えれば「イベント手配」だとか「製作会社と依頼者の間に入ってやり取り」などという仕事は苦手ですので、受からなくても良かったとは思うのですが、ああいう会社ってやっぱり「きれいではつらつとした女の人」なんかが多いのでしょうねえ。そういう「男女対等」な雰囲気はうらやましいですな。

 台詞では、貫地谷女が通行人男にぶつかり、その男に舌打ちされるシーンで、
「どうして男どもはイケていない女子をこうも粗末に扱うのだろうか」
とつぶやくところに笑いましたね。学生の頃は、確かにそうでしたねぁ。
Posted at 2009/03/30 22:31:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2009年03月24日 イイね!

電車の中での落し物

電車の中での落し物 今日帰りの電車で、このような落し物を見つけました。正しい名前は何というのでしょうか?本物の毛で、非常に手触りが良かったです。ドアに引っかかって服ないしはアクセサリーから取れてしまったのでしょうか??落とした人が困っているのではないかと思い、ブログにしました。

 これは、駅に届けてあります。思い当たる方は、メッセージないしは掲示板にてお知らせください。2,3質問をさせていただき、ご本人のようでしたら届けた駅をお教えします。
Posted at 2009/03/25 00:46:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2009年03月22日 イイね!

「ラブシャッフル」最終回に、太陽にほえろとの比較をしてしまう

 今回のこの作品事態の感想としては、まあ、こんな感じかな、と言うものでさらっと見てしまいました。しかし、この番組のとって運が悪かったのは、私が「太陽にほえろ! 父と子の写真」と同じ日に見てしまったということです。当然比較をしてしまいました。片や仕事そっちのけ(まあ、最後ちょっと違う方向に向かいましたが)で恋愛にうつつを抜かす若者、片や世の中の平和を願い、お父さんと遊ぶことを我慢する子供、ということで、26年で滅私奉公で描かれる登場人物がいなくなってしまったことに嘆いてしまいました。脚本家、演出家は、もう少し苦労する登場人物を描いてくださいな。
Posted at 2009/03/30 23:35:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2009年03月22日 イイね!

「太陽にほえろ! 父と子の写真」に涙す

 いつもはブログには書きませんが、「太陽にほえろ!」もしっかり見ていますよ。今回のこの作品、1983年の作品ですが、当時の父親像をよく映していた上、最後の息子の作文のシーンに、涙が出そうになりました。

あらすじ
 仕事優先の井川刑事(トシさん:地井武男)は、、家庭を顧みなかった。そこへ、家庭を顧みなかった男(小坂一也)の息子が犯罪を犯す。井川刑事は、その家庭と自分の家庭とを重ね合わせるのであった。そんな中、ついに妻と娘が妻の実家へ帰ってしまう。時間は無事解決するが、井川は息子に母親の元へ行けと言う。そして最後に、記念に二人で写真を撮ろうという。山さんが現れ、写真を撮る。(なお、トシさんはネクタイは曲がるわ、とってつけたような笑いだわ、なんともみっともないかっこぅで写真に撮られてしまう)トシさんは息子が学校で書いた作文を一人読む。

以下作文の内容。
「僕のお父さんは刑事です。悪い人を捕まえるため、いつも忙しいです。そんなお父さんのことを「また今度のお父さん」と呼んでいます。僕とおねえちゃんが「どこかへ連れて行って」、と言っても、「また今度な」と言うばかりで、少しも連れて行ってくれないからです。いつか世の中から悪い人がいなくなれば良いと思います。お父さんと遊べるからです。」

うーん、遊びに連れて行ってくれないと嘆くのではなく、「悪い人がいなくなれば、お父さんと遊べる」と書いてあるところがすばらしいですね。自分自身が楽しければ良いというのではなく、「世の中から悪い人がいなくなる」という、「お父さんの仕事の成功(?)」があったあとでお父さんと遊ぶ、という点が良いのです。今では滅んでしまった「滅私奉公」この精神をわずか小学校三年生で身に着けたヒロシくん。こういう「子供」は、昔のアニメやドラマの中ではよくいたものですが、いまや大人の役でも滅私奉公で描かれる人物はいなくなってしまいました。
Posted at 2009/03/30 23:29:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「試乗記を書き上げていないのに、ロードスターRFに試乗してまいりました。
事情により、8月26日夜までみんカラ/フェイスブックとも休みます。」
何シテル?   08/19 23:56
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

臨時洗車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/17 16:33:04
GS用と86用サウンドクリエイター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 14:41:00
サウンドジェネレーター取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 14:40:19

お友達

 車やドラマ、世間のできごと、甘いものやB級グルメについていろいろお話出来る方、よろしければお友達になりませんか。
152 人のお友達がいます
散らない枯葉散らない枯葉 * GANADORGANADOR *みんカラ公認
kurumazukidayokurumazukidayo * シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認
セリカTA45セリカTA45 * ブルマウブルマウ *

ファン

88 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.