• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moto('91)のブログ一覧

2018年09月24日 イイね!

にわかファンが、安室奈美恵さん史をたどる

 先日、安室奈美恵さんが引退されました。人気がありながら、自身の限界を感じての引退は、プロ意識溢れるものだと思いました。

安室さんは25年にわたって芸能活動をされていましたが、その下積み期間もまた、はっきりとわかるものでした。私は「にわかファン」でしたので、安室さんの活動開始から10年未満しかCDを購入していません。

一方で、ファンとされる方が安室さんを神格化してしまい、実際の活動を見なくなってしまっている様子もあります。にわかファンならではの、事実を羅列をしてみます。

 安室さんは、1992年頃から登場してきました。最初は、TBSで土曜日午後8時から放送されていた、「カトケンTVバスターズ」と、日本テレビで日曜日午後2時から放送されていた「スーパージョッキー」によく登場していました。

前者は、番組内でフリップを提示して読み上げるアシスタント活動のほか、番組内ドッジボールチームも勤めていました。この番組では小学生にドッジボールを流行らせようとしていて、視聴者チームと安室さんをはじめとしたチームとが対戦していたと思います。

何しろどこの誰だか紹介されないままにアシスタント兼ドッジボールプレーヤーになったのですから、見ている方は「このおでこが広い、目が大きい子は何者だ?」という気分になったものです。肌も日焼けしていて、元気な小学生の女の子、という程度しか記憶に残りませんでした。

 一方、後者の「スーパージョッキー」では、アシスタント活動のほかに、番組終わりにある、歌を披露する時間にも登用されました。アシスタントとしての子供っぽい声とは打って変わって、大人っぽく技術溢れる声に、魅了されてしまいました。

曲はCDで発売されておりましたが、「子供以外が買ってもよいものか」問題が出てきました。当時はまだ「少女誘拐殺害事件」の影響が残っており、小学生くらいの子が歌う曲を、それよりも年が上の男性が買うことは、とても出来なかったのです。

 翌年になると、テレビドラマ「いちご白書」に主役級で出演するほか、NHK系アニメーション「忍たま乱太郎」とかいうアニメーションの主題歌を歌います。この曲はそのまま子供向けで魅力は感じられませんでした。ここで多くの人は

「歌が上手いとは言っても、やはり小学生の子だとこうなるよね。」

と思うのでした。

一方、ドラマの方は、小田茜、辺見えみりが基本的な主役で、これについてまわる同級生という位置づけでした。内容の方は、1985年に放送された「毎度お騒がせします」のテレビ朝日版で、登場人物を女子中学生か高校生に置換したものでした。余談ですが、この番組の主題歌は当時話題になりつつあった大黒摩季の、「チョット」でした。

 1993年末になると、ロッテの「マスカットガム」のCM曲として、「愛してマスカット」をリリースします。この曲は子供っぽくなく、それでいて耳によく残るものでした。当時はZARDが大ヒット中で、TRFがこれにくい込んだ頃でした。アンチZARD的な曲と、多くの人が思ったことでしょう。

1994年は、どういうわけかあまり活動しなくなります。スマッシュヒットを出して、そのまま活動を辞めてしまう方は珍しくありませんので、いつの間にか記憶から消え去りつつありました。

 そして1995年初頭、躍進のきっかけとなった「TRY ME 私を信じて」が発売されました。何年か前からユーロビートの存在は知られており、「ジュリアナ東京でよくかかっていそうな曲」、と認識していました。「TRY~」もユーロビートのカヴァーソングですが、歌詞が日本語なので親しみがわきました。合わせてプロモーションビデオを見ると子供っぽくないために、「これは大人が買っても良い曲なんだ」と認識するところになり、ロングラン、かつ、ヒットとなったのでした。

以後、「太陽のSEASON」「STOP THE MUSIC」と、ユーロビートが続きました。1995年11月には、初の単独名義である「Body Feels Exit」をリリースします。曲名が英語としてどうか、などのことは言われましたが、小室哲哉節と良くマッチし、新たな世界観が築かれました。

 ところが、翌1996年になると、スーパーモンキーズから切り離された4人がMAXを結成、1曲目の「恋するヴェルファーレダンス」はまずかったですが、「TORA TORA TORA」がスマッシュヒットしてから、徐々に評価を上げていきました。「安室奈美恵がユーロビートカヴァーから去ったけれど、聞きたいのはユーロビートカヴァー」という人が多かったのでしょう。MAXのアルバムは、1996年末にミリオンセラーを記録します。

もちろんこの時期も安室奈美恵名義の曲は発売しており、それなりに評価されてはいたのですが、「スーパーモンキーズから出て失敗したんじゃないの?」と思う人は多数いたのでした。

なお、そのMAXもユーロビートから離れていくと、徐々に人気は低下していってしまいます。1999年の「銀河の誓い」で一時復活の兆しがありましたが、以後あまり名前を聞かなくなってしまいました。

安室奈美恵さんは、だんだん難しい曲を歌うようになったこと、1996年のEvery Little Thing、相川七瀬、1997年の浜崎あゆみなど、後続の勢力が出てくるとともに、「ファンのみ認める」世界へと移行していきました。

 以後、「ファンを大切にする」活動の仕方をし、これをファンが認めることで一種の神格化が起こり、にわかファンは離れざるを得なくなっていきました。しかし、彼女の活躍は以後の歌の進化と活動の仕方を示しただけでなく、前衛的ファッションの浸透など、中高大学生のファッションの進化をもたらしました。

2018年現在、アムラー現象を受け継ぐものはありませんが、歴史に名を刻むことでしょう。
Posted at 2018/09/24 22:40:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 芸能 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月24日 イイね!

バス事業者

 私が住んでいるところは、都心から20km
と比較的近いにもかかわらず、バス過疎地域です。未だに駅へ行く路線の本数が、ラッシュ時5本、閑散時3本という有り様です。本数が少なければ利用者が減り、利用者が減ると本数が減ると、悪循環になっています。そんなことから、先日も市の広報に、路線の廃止が掲載されていました。

 事業者も事業者で利用者の発掘に努力しないトラック運送業者が母体で、他の地域の業者が、ICカードに対応したり、バスの位置をGPS で観測、利用者に公開したり、バス停に到着までの時間を伝えたりしているにもかかわらず、バス停は表示板のみ、GPS 非対応、ICカード非対応です。さすがに行き先表示だけはLEDです。すなわち、「バスが来た時間がダイヤ」というものです。

 色々と自動運転が画策されるなか、地方交通はバス事業者が主体となるかのようなことが書かれておりますが、見通しは厳しいと思います。
Posted at 2018/09/24 13:11:33 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月22日 イイね!

「東京ラブストーリー」に、1991年の世相を読み解く

「東京ラブストーリー」に、1991年の世相を読み解く 現在、関東地方では1991年冬期に放送されたドラマ「東京ラブストーリー」が再放送されています。出演者やストーリー、当時の私のことは見終わってからとし、当時の世相や風俗についていろいろ検証してみました。

当時の世相
 既に平均株価の下落から1年が経過していました。しかし消費の拡大はまだ続きいていました。「日本は土地本位制だから株価は関係ない。」などという人もいました。多くの人の心の中には「今のところ好景気だけれど必ず終わる。終わるのはいつだろう。」と、疑心暗鬼の時期でした。消費が後退するのは1992年7月頃、本格的に不景気感に襲われるのは、1993年夏期でした。

高層建築物が少ない
 東京オリンピック(昭和39年)頃に建設された建物や施設の老朽化が始まり、「都市再開発」が叫ばれていました。そのため「地上げ」行為が行われていたはずなのですが、画面中には1960年代から70年代に建設されたと思われる「店舗兼住居」や「都心の一戸建て」「個人商店」が多数見られます。高層ビルやマンションが林立したのは、2000年代に入ってからだったのですね。
 主人公たちが勤務する「ハートスポーツ」というスポーツ用品メーカーは「コンクリート打ちっぱなし」や「鉄製感をあらわにした柵」などが見られます。当時最新のデザインですが、その後の流行とは随分異なります。

古い車が少ない
 画面中に見られる車は現在で言うところの「ネオクラシックカー」ですが、1970年代の車はもちろん、1980年代前半の車もほとんど見られません。例えば「E70型カローラ/スプリンター」や「910型ブルーバード」は1980年代に大ヒットしましたが、画面では全くといってよいほど見られません。

レジャーが少ない
 登場人物4人は、水上温泉にA70型スープラの逆輸入車で1泊旅行をします。当時既にパジェロやハイラックスサーフなどのSUVが流行っていたはずですが、これは意外でした。1980年代前半には「おじいさん、おばあさんの旅行」とされていた「温泉旅行」が、若者のレジャーとなり始めた時のようでした。
 当時はまだ趣味の多様性が認められておらず、20歳代前半の若者がすることというと、実は「ウインタースポーツ」くらいでした。「鉄道・アニメーション・ゲーム・アイドル」は「ネクラ」の烙印を押されて死刑宣告をされたのに等しく、「ラーメン食べ歩き」などは行為すら存在しない有様でした。意外に肩身が狭い時代、恋愛しかすることがなかったとも言えます。

オフィスのパソコンは1台
 せいぜい顧客リストを入力しておくことや文書作成と印刷が主体で、調べる手段でもなければ通信手段でもありませんでした。しかも作成したリストや書類は、フロッピーディスクに保管していました。予備に紙の打ち出し表などもあったりしたものです。パソコンを使えるのはごく一部の女性で、キーボードを流暢に操作できると「プロフェッショナル扱い」されたものです。

レストラン等の内装
 今日では割と明るい色使いで、大理石等の艶がある石を床材に使用するケースが多いです。しかし、全体的に暗くこげ茶色が多く、あまり明るい感じがしません。1970年代後半を思わせる内装です。

厚着?
 1991年初頭は、結構寒い時期でした。防寒するのは当然ですが、みんな着膨れています。織田裕二の服装は、下着シャツ(予想)、襟付きのシャツ、セーター、ジャンパー、それにマフラーをしており、上半身はまるで雪だるまです。今ほど屋内の暖房が効いていなかったのでしょうか?
 1989年に松田優作版「探偵物語」が再放送され、主人公が着用していた「うす茶色のダウンジャケット」が、1991年初頭の横浜で流行っていました。その流行は翌年都内に、その翌年に埼玉に伝わりました。スキーウエアは既にあったはずですが、ダウンジャケットは流行っていなかったか高額だったのでしょうか。
余談ですが、当時の街中では「ヘリーハンセンの蛍光黄、ピンク、黄緑、オレンジのジャンパー」姿が多数見られたのですが、画面には皆無です。なお、警戒色でもある蛍光色のジャンパーは目立つために、後年警備係員等の目印用服になってしまいました。

ブルーデニム皆無
 ブルーデニムは流行ったり廃れたりしています。1988年頃に吉田栄作氏が白いヘインズのTシャツに、今で言うところのダメージデニムを引っさげて登場しましたが、彼の誇大発言が反感を買った時期です。ブルーデニムは「貧乏な若者の服」とされたため、登場人物どころか歩行者も履いていません。復活するのは、チーマーの元祖が現れる1994年頃です。

髪型
 ワンレングスや「トサカ前髪」が見られます。眉はピーク時よりも細くなっているように感じます。後年、「茶髪(ちゃぱつ)と呼ばれるような、カラーリングあるいばブリーチヘアは一切見られません。それどころか、ソバージュもいません。1991年には絶滅していたのでしょうかね。江口洋介氏は女性で言うところのセミロングですが、彼の芸風によるもののようです。

思いのほか清楚?
 「ワンレン・ボディコン」などと一括りにされる傾向がありますが、そういう人は映っていません。主人公赤名リカは、紺のブレザーにうす茶色のゆるいパンツ姿のこともあります。「知的に見せる」ことが当時のファッションの傾向だったようです。

本作の歴史的位置づけ
 トレンディドラマの代表的作品として語られることが多いですが、私の記憶ではその末期だったと思います。次の春期には、既におじさんになっていた武田鉄矢と浅野温子主演の「101回目のプロポーズ」が放送されます。もはや普通の恋愛ものの手段が出尽くし、奇策として出てきた作品でした。
 本作は、「恋愛は都会で暮らす若者のゲーム」として描いていた1990年までのドラマに対し、「モノは充実したので心の充実を図った純愛もの」として制作されたと記憶しています。「トレンディドラマ」と呼ぶよりは、原作者の「「柴門ふみ」もの」と分類したほうがよさそうです。

おまけ「トレンディドラマ」について
 今でこそ、平成景気前後の若者主人公恋愛ドラマを示す言葉として使用されていますが、確か違ったはずです。松下由樹主演「オイシーのが好き」の前半において、「ストーリーよりも若者の流行をカタログ雑誌のように描いた映像」としたものが「トレンディ(描いた)ドラマ(仕立て映像)」だったと思います。しかし、「オイシー~」が途中で話が尽きたのか、普通の恋愛ものドラマになりました。本作も、部分的ではありますが、「若者風俗はこうなんだよ」とでも言いたげな、誘導シーンがあります。


シリーズを見終わったら、ストーリーを含めて感想を書きます。
Posted at 2018/09/22 00:07:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 歴史 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月18日 イイね!

2018年夏期テレビドラマ感想批評

 この日に放送された、「健康で文化的な最低限度の生活」の視聴を以て、2018年夏期のテレビドラマ鑑賞が終了しました。

この期の作品を見始めた頃は、「なかなか佳作ぞろい」と思ったものですが、見ているうちにボロボロと脱落せざるを得ない作品が出てきたり、作品が当初の品質を保てていなかったりとなってしまいました。

夏期は、「夏枯れ」とされて視聴率が低下する時期ですので、致し方ないと思っています。


〜月曜日〜
21時-フジ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹
 恋愛モノが定番となっていた(ともいえない)、月9に投入された刑事もの作品です。第2話と第8話に肉親や婚約者を殺された者の復讐を題材とした意欲作が見られました。しかし、どちらも話に無駄なシーンが多く、素直に「面白い」とは言えませんでした。

第2話は、「孤児と思って引き取って生活していた実の娘を、狩猟をしていた政治家に殺され、その世辞化に復習をする女」が、第8話は、「婚約者が仕事中に事故に遭い、病院では心臓が弱い息子をもつ病院長により、わざと脳死にさせられた上に心臓を取られ、その病院長に復讐すべく心臓移植を受けた息子に近づき、結婚式の日に息子を殺そうとする女」の話です。

長々と書いたように、双方話が整理されておりません。小難しい設定にされている割に話の展開や設定が不自然でした。もっと話を整理し、視聴者が復讐者または刑事に感情移入出来るようにしなければなりません。

復讐物の結末は、

1.刑事が友達として復讐者に接近、復讐者が復讐をしようとしているその時に、刑事が涙ながらに復讐者を殺す。
2.刑事が友達として復讐者に接近、復讐者が復讐をしようとする直前に対峙して復讐者を説得、復讐者は涙ながらに復讐を思いとどまる。

を基本としなければならないのですが、第2話こそ概ね基本に沿っていたものの、あまり出来が良いとは思いませんでした。

シリーズ全体を通しても、平田満氏演じる仲間の刑事が途中で死ぬ設定は不要、上司である「チビノリダー伊藤」が実は悪だった設定も不要、警察上部に悪の枢軸があった設定も不要、最終回に出てきた上戸彩も不要と、ごちゃごちゃした設定が拭えませんでした。

22時-テレ東「ラストチャンス 再生請負人」仲村トオル
 概ね面白い展開でした。最終回は、いかにも会社を舞台としたマンガにありそうなきれいすぎる結末で、もうちょっと工夫があっても良いと感じました。

全体的な作りは地味で良いのですが、ドラマとしては工夫がなさすぎ、「再現ドラマ」の域を出ていないと感じました。

〜火曜日〜
21時-フジ「健康で文化的な最低限度の生活」吉岡里帆
 このドラマは、インターネットサーチエンジンニュースヘッドラインで、何度も低視聴率が報じられました。

原因は、

1.第3話くらいに出てきた生活保護受給者を演じる江口のりこ氏のふてぶてしい役
2.生活保護支給を決定することで話が終わってしまうという、放ったらかしの結末ばかり
3.生活保護受給者の姿にイライラさせられる

ことではないか、と感じています。

原作者はドラマ化に当たり、プロデューサーに「生活保護のことを正確に伝えるようにして欲しい」と注文をしたそうです。結果、マンガと同じ内容にされた模様です。

仕事をして疲れて家に帰ってくる視聴者としては、
「生活保護を受けていた受給者が、主人公たちの努力によって社会へ復帰する」
「いろいろ苦労してきた生活困窮者に生活保護の受給を促し、やっと受けてもらえる」
「いろいろと生活保護を受けられるように交渉するが、結局審査に通らず、涙ながらに対象者へ伝える主人公」

などとすれば、労働者でもある視聴者の共感を受けたと思います。生活保護制度は必要だと思うのですが、働いて疲れて帰ってきてから見るドラマとしては、「生活保護支給を決定しておしまい。」というのは、見ていてさらに疲れる展開だと思うのです。

〜木曜日〜
24時-日テレ「探偵が早すぎる」滝藤賢一、広瀬アリス
 広瀬アリスの、きれいな顔をして口が悪い高校生のようなセリフを喋らせるのは、若手女優登板時の定番的役どころです。しかし、最近では古く感じる手法です。その雰囲気に私が疲れてしまったこと、何でもかんでもくすぐってやろうという、ギャグ満載の雰囲気に疲れてしまい、私は自然と挫折しました。

〜金曜日〜
20時-テレ東「警視庁ゼロ係 第3シリーズ」小泉孝太郎
 こちらも、現代としてはギャグシーン満載で、疲れる展開でした。主演の松下由樹氏を決定づけた「ナースのお仕事」を彷彿とさせるのですが、そういう「おふざけ」は、20年前の方法だと思いました。

最終回は概ねシリアスでところどころギャグ、となりましたが、むしろそうした方がバランスが良く感じられます。第4シリーズがある場合は、そのような改変を望みます。

22時-TBS「チアダン」土屋太鳳
 夏らしい部活ものということで期待していましたが、全くがっかりでした。本作選択時に

「学校近くの中華料理店主が、ヤクザに追われた部員を守るために戦って死ぬ」展開や、
「脳腫瘍を患っている部員が入部し、周囲の部員に影響を与えて死ぬ」展開、
「マネージャーが部員の危機を救おうとしたが、交通事故で死ぬ」
展開はないだろうと書きました。確かにそんな展開はなく、現実のクラブ活動を描くには「大映ドラマすぎる」のですが、ちょっと平板な展開過ぎました。

第7話くらいに、東京から転校してきた部員(石井杏奈)が東京で以前一緒のクラブに入っていた後輩を助ける話がありました。全くひどい展開で、ゴロツキを突き飛ばすだけだは、ごろつきが依頼した弁護士が石井杏奈の携帯電話に電話をするは、誰も助けないはでした。

私が脚本家なら、石井杏奈単独編として、ゴロツキに滅茶苦茶にされていたチアダンス部を再興するために、単独でゴロツキに戦いを挑むなどの、石井杏奈単独番外編的な展開にするところです。

近頃の脚本家が、いかに手段が貧困であるか、実情を垣間見た気がしました。

23時-テレ朝「dele(ディーリー)」菅田将暉、山田孝之
 菅田将暉の落ち着かない演技に、15分間程度で挫折しました。

〜土曜日〜
22時-日テレ「サバイバル・ウェディング」波瑠
 私は元々「波留」さんの雰囲気が好きでない上、「セシルのもくろみ」や「人は見た目が100%」との差異を感じられず、TBSの「情報7daysニュースキャスター」を見る習慣がついてしまっていますので、自然と挫折しました。この時間帯のドラマは、もとの21時台に戻したほうが良いと思います。

23時-フジテレビ「いつかこの雨がやむ日まで」渡辺麻友
 韓流ドラマでもなければ劇画原作の作品でもなく、大映制作の作品でもないのに、やたらと劇画的な設定や登場人物が鼻についてしまい、見ていて楽しくありません。

おまけに主人公の渡辺麻友演じる女性は、身勝手に男性にくっつくか不愉快そうな顔をしているだけなので、見ているこちらが不愉快にさせられます。

〜日曜日〜

21時-TBS「この世界の片隅に」松本穂香
 岡田惠和脚本だけに、「意味がありそうで実は大した意味がない」台詞回しや展開ばかりで、がっかりさせられてしまいました。おまけに主人公の松本穂香氏演じる女性が、「単なる不思議ちゃん」となってしまい、一体何のドラマなのかわからなくなってしまいました。

太平洋戦争中といっても、皆が焼け野原やバラックで過ごしたり、身内が出征して骨壷だけが帰ってきたわけではないのでしょうが、余りにも意味が薄いドラマとなってしまいました。

22時-日テレ「ゼロ 一獲千金ゲーム」加藤シゲアキ
 結局、ドラマとしては成立していない作品となってしまいました。こんな雰囲気でも、2007年頃は「ライアーゲーム」は面白く見られたものです。しかし、この作風は「1回だけ有効」です。福本伸行氏作品は、ドラマには向いていないと思います。また、この時間帯は、ドラマとしても不利だと思います。

全くもって、はずれの時期でした。この9月に私は定期健康診断を受信しました。心のチェック項目として「テレビを見ても面白くない」という設問がありましたが、面白くない、と回答しそうになりましたよ。

秋期は佳作が多くなる可能性がある時期です。関係者の奮起を願います。
Posted at 2018/09/23 23:22:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月09日 イイね!

サザエさんに、車関係のシーンが登場

サザエさんに、車関係のシーンが登場 サザエさんといえば、1960年代の都市周辺の住宅地(現、サザエさん通りがある、世田谷区桜新町)を舞台にしており、生活は1960年代前半のちょっと裕福なサラリーマン家庭といった風情です。その時代設定のため、マイカーは登場しません。

これまでも、サザエさん一家が車を購入しようとする話は出てきましたが、いずれも買わない結論に落ち着いていました。友人の証言によると、「コロバード」なる車を購入しようとしていたとこともあるそうです。

 ところが、アニメーション取り囲む事情が昨年大きく変わりました。冠スポンサーだった「東芝」が、既に白物家電から撤退している上、経営不振になってスポンサーから降りてしまいました。そのため、これまでの「ご覧のスポンサー」が増え、中には日産自動車も出てきました。

そろそろ東芝への配慮期間が切れる1年となり、徐々にこれまでとは異なる傾向が見えてきました。8月中の放送では、

「免許は持っていないけれども、どうしてもスポーツカー(フェアレディSP310かSP311)を購入し、頑張って免許を戸にいいっている青年、カツオらの応援によって免許を取り、カツオとフネと一緒にドライブに行く。」

という回がありました。

 この週、これまた定番の、「波平やマスオを起こす」話が出てきました。前回は、「カツオ・ワカメ・タラチャんが太鼓や笛などを鳴らし、マスオはトラックに轢かれる夢を見る。」というシーンがありました。定番の展開として、「波平やマスオに「朝起こす」契約を結んでお金を貰い、朝は朝で「二度寝を許す」ことでお金をもらう。」という話も含まれます。

そしてこの話の最後、サザエはタイヤ交換のために車をジャッキアップする人を見て、良い考えを思いつきます。



翌朝、サザエは、「フロアジャッキでマスオを持ち上げて起こす」のでした。



サザエさんにフロアジャッキが出てくるのは、もしかしたら初めてではないでしょうか?普通の人は、フロアジャッキなど知りませんよね。私は初めてフロアジャッキを見た際、車を持ち上げる”てこ”だと思ってしまいました。
Posted at 2018/09/15 23:06:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメーション | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「試乗記を書き上げていないのに、ロードスターRFに試乗してまいりました。
事情により、8月26日夜までみんカラ/フェイスブックとも休みます。」
何シテル?   08/19 23:56
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

燃料パイプ一部引き直し&サーボ配管 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 14:10:22
GS用と86用サウンドクリエイター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 14:41:00
ボロン塗布による冷却効率向上 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/07 21:19:15

お友達

 車やドラマ、世間のできごと、甘いものやB級グルメについていろいろお話出来る方、よろしければお友達になりませんか。
152 人のお友達がいます
セリカTA45セリカTA45 * JZT143JZT143 *
jawayjaway * 徳小寺 無恒徳小寺 無恒 *
HFC07HFC07 * ちゅん太ちゅん太 *

ファン

89 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.