• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2016年12月03日 イイね!

ルノー ルーテシア “Zen 0.9L/5MT” を4日間にわたり276km運転しました

ルノー ルーテシア “Zen 0.9L/5MT” を4日間にわたり276km運転しましたルノー厚木インターさんの所有するルノー ルーテシアZen 0.9L/5MT” をメガーヌ II 車検整備中の代車としてお借りしました。

本年3月には ルノー コレオスIntense” を3日間お借りし、ある程度の距離と時間を走行することができたので、初のインプレッション記事を書きました。

ルーテシア “Zen 0.9L/5MT” は別のディーラーさんで試乗したことがありますが、定まった試乗コースを短時間運転しただけでした。今回は4日間も運転可能な機会を得ることができました。


そこでこのクルマのインプレッションをアップすることにします。併せて、このグレードに関わらず現行ルーテシアの購入を検討中の方に参考になりそうな情報も意識して取り上げていきます。


▼ ボディカラーは “Blue de France(ブルー ドゥ フランス)”。所謂 “French Racing Blue” です。現行ルーテシアの中で私が最も好きなボディカラーです。残念ながらPhase 2(日本市場では未発売)では廃番となってしまいました。

16" アロイホイールPassion/ブラック” は標準装備です。ブリリアントブラックサイドプロテクションモールクロームメッキフィニッシャー(フロントグリル、サイドプロテクションモール、トランクリッド)は “Intens” と共通の装備です。タイヤとホイールは別として、外観上の目立つ差はほとんどありませんサイドウィンドウモールのクロームメッキフィニッシャーの有無らいです




【 借り出した時点での走行距離とオプション装備品 】
お借りしたのは2015年9月登録の試乗車で、走行距離は僅か2,225kmです。

嬉しいことに以下のオプションアクセサリーが装着されています(画像をクリックすると拡大します)。この恩恵にあやかって高速道路を使った日帰りドライブを楽しむことにします。



また、以下のオプションも装備されています(画像をクリックすると拡大します)。


オプションパーツ6点の合計価格は254,880円となります。



【 インテリアに対するインプレッション(視認性、操作性を含む) 】
現在の私のモノサシは愛車メガーヌ2です。どうしてもメガーヌ2との比較にならざるえないことを最初にお断りしておきます。

片やメガーヌ2はCセグで2002年に欧州デビュー、片やルーテシア4はBセグで2012年に欧州デビューしたクルマです。クラスの違い、設計・製造年度の違い、果ては2006年以降の業績悪化によるブランドの再構築の結果が私の好みにどこまでに影響してくるかというお話になります。


▼ ①計器類

▼ ②シフトノブ、③パーキング・ブレーキ、④シート・トリム

▼ ⑤ステアリング・ホイール、⑥センターパネル、⑦2DIN SDナビ(パイオニア製)

▼ ⑧ダッシュボード、⑨エアコン送風口フィニッシャー、⑩ドア・トリム、⑪オートウィンドーSWパネル


メガーヌ2には本国カタログモデルに6つのグレードがありました。価格の安い方から並べるとAuthentique” < “Expression” < “Dynamique” < “PrivilegeGT”(Phase 2から) < “R.S.”。

Privilege”  のインテリアは Phase 1 及び Phase 2 とも優しく明るい色調で、グレイッシュなベージュとカーボンが基調色でした。ルノー・ジャポンではこのグレード名を使わなかったものの、私の愛車 Phase 1 はこの色調で大変気に入っています。

すでに欧州では Phase 2 となったクリオ4(欧州でのモデル名)は本国カタログモデルに何と8つものグレード(本国ではバージョンと呼んでいる)があります。価格の安い方から並べるとLife” < “Zen” < “Business” < “Intens” < “Edition One” < “Initial Paris” < “R.S.” < “Trophy。Phase 1 にあった “GT” はなくなったようです。

仕向け地によってはグレード数も名称も違ってきます。ちなみに英国では Expression” < “Play” < “Dynamique Nav” < “Dynamique S Nav” < “R.S. 200” < “R.S. 220 Trophy の6つです。


それでは評価とまいります。

■ ⭕️ なところ
 ・計器類は見やすい。

 ・パーキングブレーキの形状と操作性。電子式や足踏み式ではなく、従来からあるハンド式であるところ。

 ・ステアリング・ホイールのグリップが革巻きで感触が良い。10年前の安価なグレードは樹脂むき出しのままだった。

 ・ステアリングの調整機構はチルトだけでなくテレスコピックも備わっているところ。ルーテシア3はチルト機構だけだった。

 ・シフトノブが革巻きでシフトパターンには凹凸があるプレートが使われているところ。

 ・オプション装着の2DIN SDナビはセンターパネルと一体感があってスッキリ見えるところ。


■ ✖️ なところ
 ・計器類のデザイン(メガーヌ2のような真円二眼のアナログが好み)。

 ・パーキングブレーキのグリップはカーボン風で、ここだけ見れば悪くはないが、他のパーツでは見られず統一感に欠ける(統一感を狙うなら革巻きにすべき)。

 ・ステアリング・ホイールの一部にピアノブラックのパネルを使ったデザイン(指紋の汚れが付きやすそう)。

 ・2DIN SDナビは画面が大きく視点に近い位置であるにもかかわらず、遠近両用メガネを使用している私とって運転中には見づらい(メガーヌ2ではオンダッシュの位置に5"という小さな画面のSDナビを使っているにもかかわらず、運転中はこちらの方が見やすい。ナビはパナソニックGorila)。リアカメラやドライブレコーダーを付けて連動させないのであれば、スマホのナビという選択もありかもしれない。スマホなら自分の見やすい位置を選んで設置できるかもしれない。

 ・ダッシュボード周りからドア・トリム及びシート・トリムに至るまで、黒っぽい色だらけなところ。

 ・ダッシュボードやドア・トリムが硬質なプラスチックだらけなところ。



【 R.S.との比較とインテリア用純正アクセサリー 】
▼ ❶R.S.のインテリア。ステアリング・ホイールは専用品でピアノブラックのパネルは使われていない。挿し色の赤が5箇所に見つかる(画像では見難いがエアコン送風口フィニッシャーやシフトレバーの根元にも赤が使われている)。

▼ ❷日本未発売の限定バージョン “Iconic(アイコニック)” のインテリア。ステアリング・ホイールはR.S.用のディフュージョン版(Phase 2 日本向けは2016年2月25日のマイナーチェンジ後からは “Intens” のみこのデザインに変わる模様変わった模様)。エアコン送風口フィニッシャーとドア・トリムフィニッシャーにホワイトカーボン風の柄が使われている。シフトノブはアルミ素材(日本向けは6速EDCのみで該当せず)ヒーター付き専用レザーシート。日本向け “Iconic(アイコニック)” は限定30台(2016年2月25日発売)。

▼ ❸Phase 1用のオプション “インテリア・パック・デザイン・コレクション<ルージュ>”。日本市場ではステアリング・ホイール、エアコン送風口フィニッシャー、ドア・トリムフィニッシャーの3点のみの設定(さらに残念なことにドア・トリムフィニッシャーは “Zen” グレードでは選べない)。

▼ ❹Phase 1用のオプション “インテリア・パック・デザイン・コレクション<フレンチ>”。日本市場ではステアリング・ホイール、エアコン送風口フィニッシャー、ドア・トリムフィニッシャーの3点のみの設定(さらに残念なことにドア・トリムフィニッシャーは “Zen” グレードでは選べない)。

▼ Phase 1 用 “インテリア・パック・デザイン・コレクション” の一例。左から<ドット><ブルー><フレンチ>。ボディカラーに “Blue de France(ブルー ドゥ フランス)”を選んだ場合はこの3つが似合いそうです。<ドット>は上の画像❷のエアコン送風口フィニッシャー及びドア・トリムフィニッシャーと共通の素材を使用している。
※ 画像はmusashiさんのブログ “ハイブリッドな生活(旧ルノーな生活)” から拝借し、編集加工したものです。musashiさん、快く許可をしてくださりありがとうございます。
出典:http://blog.goo.ne.jp/cbk34260/e/a101b578a6a9acb2017d1dbc0b6a6781


▼ インテリア・パック・デザイン・コレクション等のアクセサリー価格。

▼ パイオニア製の2DIN SDナビを選んだとしたら併せてドライブレコーダーとリアカメラも検討したい。



【 ロードインプレッション 】
▼ 新車装着タイヤは “ContiEcoContact 5” の195/55 R 16 87H。


■ ⭕️ なところ
 ・車両重量の軽さ(1,130kg)、さらには鼻先の軽さが効いて90PSで十分の動力性能(メガーヌ2は1,310kg、133PS)。

 ・3,000回転以上回せば十分な加速性能。ターボ過給のタイムラグもほとんど感じられない。

 ・エンジンの静かさはメガーヌ2のF4R(2,000cc DOHC 4気筒)より上。

 ・走りの楽しさはメガーヌ2(6MT)と互角。

 ・下り坂の走りが驚くほど速い(逆の見方をすればエンジンブレーキの効きは2速以下でないと期待できない)。

 ・ドアミラーの視認性(形状と縦方向の大きさによるところが大)は新しいクルマだけあってメガーヌ2より勝る。


■ ✖️ なところ
 ・乗り心地は11年経過したメガーヌ2の方が良い。タイヤの銘柄による差は無視できないものの高速道路の継ぎ目を乗り越える際にその差が顕著(メガーヌ2では “Michelin Primacy 3” 205/55 R 16 91V を使用)。

 ・シフトフィールは11年経過したメガーヌ2(6MT)の方が良い。ルーテシアの5速トランスミッションは引っかかる感じというかネチョッとした感じがする。

 ・クラッチがメガーヌ2と比較して異様に軽い(軽い方が好みの方にはむしろオススメ)。

 ・流れをリードして走るにはこまめなシフトチェンジが必須(メガーヌ2が許容してくれるズボラシフトは通用しない)。

 ・当たり前だが、運転を楽しむ回転数(3,000〜5,500rpm)で走ると省燃費は期待できない。

 ・後方視界はメガーヌ2より劣る。



【 最後にちょっと 】
4日間といっても1日乗らない日がありましたし、距離と時間を稼いだのは11月30日に約4時間半かけて走った日帰りドライブです。

自宅から保土ヶ谷バイパス → 東名横浜町田IC → 東名御殿場IC → R246号 → 富士スピードウェイ → 山梨県道730号・神奈川県道730号・静岡県道147号山中湖小山線 → 山中湖パノラマ台 → 道志みち → 宮ヶ瀬湖鳥居原駐車場 → R412号 → R246号 → 東名厚木IC → 東名横浜町田IC → 保土ヶ谷バイパス というルートを走りました。

山中湖パノラマ台付近では冠雪した富士山を眺めることができました。下の写真の撮影日時は11月30日 7:55です。



おしまい。


※ 画像❷のキャプションを訂正・追記しました(2016/12/04 17:53)。

※ 2枚目の画像のキャプションを
訂正・追記しました(2016/12/05 7:00)。

※ 【 インテリアに対するインプレッション... 】の項で、2か所の追記をしました(2016/12/05 7:28)。
2016年03月19日 イイね!

ルノー コレオス “Intense” を3日間にわたり220km運転しました

ルノー コレオス “Intense” を3日間にわたり220km運転しましたルノー厚木インターさんの所有するルノー コレオス “Intense” をメガーヌ II 整備中の代車としてお借りしました。

コレオスには関心が薄くこれまで試乗したことは一度もありません。コレオス初運転の機会がめぐってきました。

3日間220kmの走行距離が長いか短いかは意見が分かれるところでしょうが、短時間のテストドライブでは試せない高速道路、夜間、雨天時等にも運転し、保管場所や訪問先での車庫入れも何度も経験しました。

ある程度の距離を走りましたので、インプレッション記事をアップすることにします。私としては所有車以外でロードインプレッションを書くのはこれがお初のことです。


【 総評 】
ルノージャポンの2016年初頭時点のラインナップでは、唯一無二の車重+排気量です。このクルマならではの個性を感じることができました。これには目から鱗が落ちました。やはりクルマは食わず嫌いでは新たな発見はできないし、数日間乗ってみないと気付かないことがたくさんあるなぁとつくづく思いました。

さて、何の捻りもない表現ですが、このクルマの性格を一言で表現すれば、コンフォタブルなクルーザーです。

フロントフェイスのデザインはPh1(初期型)が好みですが、インテリアのカラーコーディネート、“BOSE® サウンドシステム” をはじめとするコンフォート装備、“BSW”という安全装備等を考慮すると、この最終型(Ph3?)“Intense” が最良の初代コレオスと思っています。今年の1月に販売終了となってしまったのは残念です。





【 走り出す前のインプレッション 】
運転席のドアをあけて目に飛び込んできたのは、ライトベージュ+ダークブラウン基調のインテリアです。新世代のルノー車が黒基調のインテリアばかりの現状には不満を持っている私ですが、コレオス “Intense” のインテリアはかつてのルノー車に存在したグレード “Privilege” や “Initiale Paris” に通じる優しく明るい色調のインテリアで、ホッとします。決して高級な仕立てではないところにもカジュアルさを感じて逆に好感が持てます。



身長は165cmと小柄な私です。それでも、乗り降りに苦労することはありません。ドアシルと床面はほぼフラットですし、運転席のシートは片足を車両側のフロアに載せ腰を平行に運びさえすれば、スムースに着座できる高さに抑えられています。

クルマに乗り込んで最初にやることは運転ポジションの調整ですネ。コレオスのシートはオールレザーの電動調整シートです。座面のサイズや形状はルノーのCセグを2台乗り継いでいる私には違和感はありません。

ドアミラーの調整や格納操作もメガーヌ II と違和感はなく、ボディの高さに比例するかのようにドアミラーも大型化しています。助手席側ドアミラーにはサイドアンダーミラーが付いています。


カングーユーザーにはおなじみの室内リアシートを注視できる “チャイルドミラー” がより洗練された天井格納式で装備されています。


【 ロードインプレッション その1 】
ディラーを出発してすぐに、厚木インターから東名高速に入ります。平日の午前10時台で小雨模様の天気でした。走り始めてから5分足らずなので、運転感覚がつかめるまでは走行車線を法定速度内で巡航します。

まず気付くことは、運転席からの見晴らしのよさです。気分もゆったりとしてきますので、あまり飛ばそうという気にならなくて済みます(慣れてくれば別かもしれませんが)。車両重量1,730kgであるためか直進安定性は抜群です。

ゆったりと走っていると、右後方からは他車がどんどん追い抜いていきます。この時、後方車両が一定の距離まで近づくとAピラーの付け根にある警告ランプが警報音とともに点滅します。これは日産が開発した “ブラインドスポットワーニング(BSW)” という安全機能だということを後から知りました。現行のエクストレイルやティアナにも搭載されているようです。


※ 画像は日産のwebサイトから拝借しました。

横浜青葉から高速を降りて一般道を新横浜方面に向けて交通の流れに乗って走ります。全幅1,855mmの大柄なボディですが車両感覚も日産ジュークよりも掴みやすく不安なく走れます。

しかし、気なる点をひとつ。標準装着225/55 R18 の “Continental CROSS CONTACT” はロードノイズが大きく一般道の制限速度領域でははっきり言うと不快なレベルです。



【 車庫入れインプレッション 】
クルマの四隅にもついている “フロントソナー&バックソナー” が的確に警報を発してくれるので、バックカメラが未装備でも車庫入れに困ることはありませんでした。


【 ロードインプレッション その2 】
横浜市内の住宅街は丘の上まで広がっており、尾根伝いに作られた道路はくねくねとしたカーブの連続です。しかも一本の道でもセンターラインが引けなくなる道幅がところどころに現れます。夜間にも3日間(1日は雨天)こういう道を走りましたが、取り回しに困ることがありません。言い換えれば視界が良く車両感覚が掴みやすいということです。

パーキングブレーキは電動スイッチ式でシフトレバーの真後ろ付近にあります。足踏み式のパーキングブレーキは大の苦手で、手動で力加減を調節できるレバー式(通称サイドブレーキ)好きの私ですが、コレオスは2ぺダルの重量車ですので電動スイッチ式が合っているなと感じました。また、坂道発進の際には “ヒルスタートサポート” がアシストしてくれますので安心です。


【 ロードインプレッション その3 】
3日めにディラーへ向かう際には、横浜青葉インターから東名高速に入ります。この日は平日の正午過ぎでした。コレオスの運転感覚に大分慣れて来たので、躊躇なくアクセルを踏み増し、追い越し車線を走れます。

日産のQR25DE由来の2.5リッターNAエンジン(2TR)はCVTとのマッチングも好ましく、私にとっては十分すぎるくらいの加速性能があります。前方100メートル先を走行中の11代目スカイライン250GT(?)が正しくウインカーを出しながら追い越し車線に車線変更しました。続いて私もウインカーを出しながら追い越し車線に出ました。アクセルを踏み増すとコレオスがスカイラインとの車間距離をみるみるうちに縮めていきます。これに気付いたスカイラインのドライバーはあっさりと道を譲ってくれました。決してあおるような運転をしたわけではありませんのであしからず(笑)。

尚、CVTのマニュアルモードや “スピードリミッター&クルーズコントロール” は今回試していません。

また、滑りやすい路面状況には遭遇していないので “ALL MODE 4×4-i システム” の挙動には気付きませんでした。こちらは現行のエクストレイルや一昨年販売終了となったムラーノにも搭載されているようです。


※ 画像は日産のwebサイトから拝借しました。



【 最後にちょっと 】
FF方式ではなく4WD方式で競合しそうなクルマをあげてみます。あくまで私のイメージですが、ライバル車は国内メーカーにしか思い当たりません。なぜならコレオスは思いのほか日本車の良い点を備えていると強く感じたからです(日産の国内向けモデルにも見つかる技術が満載です。裏を返せば、運転して楽しいかどうかはまた別の視点で見る必要があります)。

日産車であればエクストレイル 20X エクストリーマーX(282.4万)、同 20Xt(302.4万)あたりが、ホンダ車であればCR-V 24Gレザーパッケージ(336万)あたりが、トヨタ車であれば、ハリアー PREMIUM(333.1万)、同 PREMIUM “Advanced Package”(389.1万)あたりが比較検討対象でしょうか?

こうして見るとコレオス “Intense” の385.5万円はリセールバリューにさえ目を瞑れば、日本車ユーザーにとっても手の出しやすい価格設定に見えてきます。新車販売終了となった今なら、こなれた価格で中古車市場に出て来るのを待つのが賢い買い方といえるのかもしれません。







プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.