• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2015年11月05日 イイね!

TOTAL Nordic LubAdvisor で NISSAN (EU) の8モデルについてサーチしてみた

TOTAL Nordic LubAdvisor で NISSAN (EU) の8モデルについてサーチしてみた過去に4本ほど TOTAL Nordic LubAdvisor をタイトルに記事を書きました。

今回はNISSAN (EU) のモデルを選び記事を書きます。2015年10月20日の記事(RENAULT)、2015年10月21日の記事(CITROËN)と同様のアプローチです。 



『なぜ、NISSAN (EU) なの?』、『TOTAL と何か繋がりがあるの?』と、タイトルだけ読んで不思議に感じられた方がいらっしゃるかもしれません。

逆に、NISSAN (EU) は elf とパートナーシップを結んでいること、さらにはRENAULT - NISSAN アライアンスにより、RENAULT の現行ガソリンエンジンには日産のガソリンエンジンをベースに開発されたものがあることをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。




そこで、エンジンオイルに焦点をあて、日産とRENAULTの両メーカーのガソリンエンジンについて新たな発見がないか探ろうという企画です。

さて、サーチ対象にしたのは2003年以降生産のはじまった以下の8モデルです。日本市場で未発売のモデルも含みます。

[1]Micra K12 1.2 16V (2003 - 2010), Engine: CR12DE
[2]Note E11 1.6 (2006 - 2009), Engine: HR16DE
[3]Qashqai J10 2.0 (2007 - 2010), Engine: MR20DE

[4]Juke F15 1.6 DIG-T (2010 - ), Engine: MR16DDT

[5]Micra K13 1.2 DIG-S (2011 - ), Engine: HR12DDR

[6]Note E12 1.2 DIG-S (2013 - ), Engine: HR12DDR

[7]Qashqai J11 1.2 DIG-T (2014 - ), Engine: HRA2DDT
[8]Pulsar C13 1.2 DIG-T (2014 - ), Engine: HRA2DDT



サーチ結果を5つのグループに分類し、リストにあがったプロダクト名と代表性状等で構成した表を作成します。その上で比較対象となる RENAULT モデルを選び、同様の表を作成します(こちらは文字色:グレーにしてあります)。

表中の背景色:イエローはRENAULTアプルーバルを、背景色:ローズはPSAアプルーバルを取得したプロダクトになります。


Aグループ:2010年以前のNAエンジンモデル

MR20DE と M4R は同一エンジンであることが、エンジンオイルからも窺えます。


Bグループ:2010年から生産のはじまったMR16DDTエンジンモデル

MR16DDT と M5M は同一エンジンと考えられますが、エンジンオイルからは窺うことができません。

しかし、これはシステム仕様が一因ではないかと考えます。もし6番目のアドバイスが表示されるならば、RENAULTと同じプロダクト“Evolution 900 SXR 5W-40” がリストの最後にあがってくるのかもしれません。


Cグループ:2011年から生産のはじまったHR12DDRエンジンモデル

HR12DDR と H5F H4B は同一エンジンではありませんが、両者とも3気筒ということで比較対象としています。エンジンオイルから共通点を窺うことはできません。

しかし、これはシステム仕様が一因ではないかと考えます。もし6番目のアドバイスが表示されるならば、RENAULTと同じプロダクト“Evolution 900 SXR 5W-40” がリストの最後にあがってくるのかもしれません。

ちなみに日本市場向け HR12DDR の日産推奨エンジンオイルは 0W-20 らしいです。


Dグループ:2013年から生産のはじまったHR12DDRエンジンモデル

HR12DDR と H5F H4B は同一エンジンではありませんが、両者とも3気筒ということで比較対象としています。エンジンオイルから共通点を窺うことはできません。

2011年の
HR12DDRのリストにあがらなかった0W-30という粘度のプロダクトが見つかります。EURO 6(2014)規制に合わせたためでしょうか。あるいは日本市場向け日産推奨エンジンオイルの 0W-20 に近づけたためでしょうか。


Eグループ:2014年から生産のはじまったHRA2DDTエンジンモデル

HRA2DDT と H5F はエンジンオイルから共通点が窺えそうです。



最後にひとこと
う〜〜〜ん、今回は企画倒れと言わざるをえません。残念ながら新たな発見はありませんでした。

しかし、ここでも TOTAL Nordic LubAdvisor は[動粘度@100℃]の数値が小さい順にリストをあげてくることが確認できました。ここは私的には好印象を持つところです。

一方、Castrol(United Kingdom & Ireland)の OIL SELECTOR では、SAE粘度が異なるサーチ結果が得られます。英国市場においてはNISSAN も Castrol も馴染み深いブランドです。NISSAN (EU) の主力工場は英国サンダーランド工場ですし、Castrol は英国資本です。なぜ Castrol を引き合いにだしたかといえばこういった市場背景があるからです。
 ・MR20DE  “EDGE 0W-30” 次点で “Magnatec 5W-30 A5”
 ・MR16DDT  “EDGE 0W-30” 次点で “Magnatec 5W-30 A5”
 ・HR12DDR  “EDGE 0W-30” 次点で “Magnatec 5W-30 A5”
 ・HRA2DDT  “EDGE 0W-40 A3/B4”

また、『NISSAN (EU) と elf のパートナーシップは RENAULT と elf ほど強くはない』という印象を持ちました。この点については別の記事で触れてみたいと考えています。



※ 項目【Cグループ】及び【Dグループ】中の RENAULT のエンジン名 H5F は間違いでした。正しくは H4B です。お詫びとともに訂正します(2015/11/10 5:54)。
Posted at 2015/11/05 08:40:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルブリカンツ ■ LubAdviser | 日記
2015年10月21日 イイね!

TOTAL Nordic LubAdvisor で CITROËN の12モデルについてサーチしてみた

TOTAL Nordic LubAdvisor で CITROËN の12モデルについてサーチしてみたここ数日の間に、TOTAL Nordic LubAdvisor の有用度を検証する記事を3本書いてきました。

しかし、RENAULT のモデルだけで検証するのは片手落ちと言わざるをえません。そこで、CITROËN の12モデルをサーチして検証を試みます。

なぜ PEUGEOT と CITROËN の2社でなく CITROËN だけかといえば、両社を扱うとサンプリングモデルの選択に迷ってしまうからです・・・(PEUGEOT 乗りのユーザーさん、ゴメンナサイ)。

また、今回は結果以外の余計な考察は控えることにします。広く CITROËN 好きの方からの考察/感想等コメントは歓迎ですので、よろしくお願いします。


さて、その前に押さえておきたい情報が3つほどあります。

  ■ BMW-PSA共同開発の1.6プリンスエンジンは、BMWでは2006年、PEUGEOTでは
    2007年、CITROËNでは2008年から搭載モデルが市場に投入された(?)。

   
☜ あまり自信がないので間違いであれば、ご指摘ください。

  ■ PSAの認証規格は2009年に始まった。☜ 海外のサイト(英語)から得た情報です。
   間違いであれば、ご指摘ください。

  ■ PSAの認証規格を取得している “QUARTZ INEO” レンジの2つのプロダクトは、
   適合対象モデルに次の制限がある。
   ・QUARTZ INEO FIRST 0W30は RPO 12653 以前の車両には使用できません。
   ・QUARTZ INEO ECS 5W30は2000年以前のモデルには使用できません。

    ☜ TOTALのCITROËN向け適合オイルに関する日本語資料 より引用。


サーチ対象にしたのは2000年前後から生産のはじまった以下の12モデルです。日本市場で未発売のモデルも含みます。

[1]Xsara 1.6i (1997 - 1998), Engine: TU5JP

[2]Xsara 1.6i (1999 - 2001), Engine: TU5JP
[3]Xsara 1.6i 16V (2001 - 2005), Engine: TU5JP4
[4]C3 1.6 16V (2001 - 2009), Engine: TU5JP4
[5]C5 2.0 16V (2000 - 2004), Engine: EW10J4

[6]C5 2.0i 16V (2004 - 2009), Engine: EW10A

[7]C4 1.6 THP (103 kW) (2008 - 2010), Engine: EP6DT
[8]C4 1.6 THP (110 kW) (2008 - 2010), Engine: EP6DT

[9]C3 1.6 VTi (2009 - ), Engine: EP6C
[10]C5 1.6 THP (115 kW) (2009 - ), Engine: EP6DT
[11]C5 1.6 THP (120 kW) (2010 - ), Engine: EP6DTM
[12]C5 1.6 THP (149 kW) (2012 - ), Engine: EP6DTS


昨日の記事では画面キャプチャーを4つ載せましたが、読み直してみるとページのレイアウト構成がまずく、13インチくらいの Laptop では読みづらいと感じます。この反省を踏まえて、今回はサーチ結果を4つに分類した上で、それぞれのプロダクト名と代表性状等で構成した表のみを掲載します(画面キュプチャーは省くことにしました)。

表中の背景色・赤はPSAの認証規格を取得したプロダクトになります。


Aグループ:1999年より前のNAエンジンモデル

[1]が該当。


Bグループ:1999年以降のNAエンジンモデル

[2]から[5]が該当。尚、分類から外れた[6]は上記表のうち5W-40の2つのプロダクトのみがあがっていた。


Cグループ:BMW-PSA共同開発 1.6プリンスエンジンのうちの一部モデル

[7]と[8]が該当。


Dグループ:BMW-PSA共同開発 1.6プリンスエンジンの一部を除いたモデル

[9]から[12]が該当。



おまけ その1
書類の信憑性は?なところもありますが、PSAの 購買部門(Direction des Achats)発らしき書類を外部企業(力士・栃ノ心の母国にある自動車用品の輸入代理店)のwebで見つけましたので、掲載します。





おまけ その2
DS60周年にあたっての DS AUTOMOBILES とTOTAL の共同広告(?)です。すでにご存知の方が多くいらっしゃるかもしれませんネ。

Posted at 2015/10/21 15:26:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルブリカンツ ■ LubAdviser | 日記
2015年10月20日 イイね!

TOTAL Nordic LubAdvisor で RENAULT の14モデルについてサーチしてみた

TOTAL Nordic LubAdvisor で RENAULT の14モデルについてサーチしてみた2015年10月18日2015年10月19日の記事では TOTAL Nordic の LubAdvisor を手放しで褒めてしまいました。

2002年から2008年まで生産されたNAガソリンエンジンモデル(Megane II, F4R)のサーチ結果が、たまたま私が立てた予想どおりだっただけなのに・・・。ちょっと頭を冷やす必要がありそうです。


横道にそれますが、私の[ブログカテゴリー]に関連するフランス企業のランキングを fortune.com/global500 (2015年10月15日現在)で調べると

  11位 Total
  20位 AXA
  128位 Peugeot(PEUGEOT, CITROEN & DS AUTOMOBILES)
  191位 Renault(RENAULT, DACIA & RENAULT SAMSUNG MOTORS)
  458位 Michelin


となっています。エネルギー企業(石油メジャー)や保険・金融企業に比べたら自動車関連企業3社のランキングは随分低いですネ。ちなみに Valeo S.A. はランク外ということになります。


さて、本題に戻ります。

今回は2000年ころから生産の始まった RENAULT のラインアップのうち、ガソリンエンジン限定で14モデルをピックアップし、サーチ結果がどうなるのか試してみました。ただし、現行モデルについては結果が見えているので除いています。

[1]Scenic 2.0 16 V (1999 - 2000), Engine: F4R
[2]Twingo 1.2 (2001 - 2007), Engine: D7F
[3]Clio II 1.6 16V (2001 - 2005), Engine: K4M
[4]Laguna II 3.0 V6 24V (2001 - 2005), Engine: L7X
[5]Megane II 2.0 16V (2002 - 2008), Engine: F4R
[6]Kangoo 1.6 16V 4x4 (2003 - 2008), Engine: K4M
[7]Clio III 1.6 16V (2005 - 2007), Engine: K4M

[8]Clio III 1.6 16V (2007 - 2009), Engine: K4M
[9]Megane III 2.0 16V 140 (2008 - 2013), Engine: M4R

[10]Clio II Sport 2.0 16V (2000 - 2005), Engine: F4R
[11]Megane II 2.0 16V T RS (2004 - 2008), Engine: F4R Turbo

[12]Clio III Sport 2.0 16V (2007 - 2009), Engine: F4R
[13]Clio III 2.0 16V RS (2009 - 2013), Engine: F4R
[14]Wind 1.6 16V 133 (2010 - 2013), Engine: K4M

※ 同じ車名・エンジン名が重複していますが([7]と[8]、[12]と[13])、記事全文を読んでいただければ、この意図がわかるはずです。

以下、TOTAL NordicLubAdvisor からサーチした結果を4つに分類してみました。



Aグループ:1999年 - 2007年(2008年)のNAエンジンモデル
“[7]Clio III 1.6 16V (2005 - 2007), Engine: K4M” の画像を代表例として掲載します。


[1]から[7]まで、すべて同じ5つのプロダクトがあがっています。ただし、交換インターバルとシビアコンディションの有無に違いはあります。 


Bグループ:2007年(2008年)以降のNAエンジンモデル
 “[8]Clio III 1.6 16V (2007 - 2009), Engine: K4M” の画像を代表例として掲載します。


[8]と[9]は、同じ2つのプロダクトがあがっています(上記画像を見ると、同じ名前が重複しているのはご愛嬌か? 最後のアンダーバーは何か意味があるのかは不明)。ただし、シビアコンディションの有無に違いはあります。


Cグループ:2000年 - 2007年(2008年)の Renault Sport モデル
 “[10]Clio II Sport 2.0 16V (2000 - 2005), Engine: F4R” の画像を代表例として掲載します。


[10]と[11]は、同じ4つのプロダクトがあがっています(上記画像を見ると、elfブランドだけでなくTOTALブランドもあがってしまうのはご愛嬌か?)。ただし、シビアコンディションの有無に違いはあります。



Dグループ:2007年以降の Renault Sport 等のモデル
“[12]Clio III Sport 2.0 16V (2007 - 2009), Engine: F4R” の画像を代表例として掲載します。


[12]から[14]まで、同じ1つのプロダクトがあがっています(上記画像を見ると、同じ名前が重複しているのはご愛嬌か? 最後のアンダーバーは何か意味があるのかは不明)。ただし、シビアコンディションの有無に違いはあります。 


サーチ結果の考察
すでにお気付きかもしれませんが、2007年(2008年) を境にサーチ結果が大きく異なっています。

境の前は “RENAULT認証規格” を取得したプロダクト以外もリストにあがっているのに対し、境の後は “RENAULT認証規格” を取得したプロダクトのみである点です。

これは “RENAULT認証規格” が2007年に始まったことと一致しています。『なぁ〜んだ、そういうことだったのか』と呟きたくなるような理由でした。

典型的な事例は同じモデル、同じエンジンであるはずの[7]と[8]の Clio III 1.6 16V(K4M)ですね。技術仕様に違いがあるのかどうかまではわかりません。(ここを深掘りすれば、さらなる理由がわかるはずですが、力が及びませんでした。Ph1とPh2の境は2009年ですので、この境で技術仕様に違いがあろうことは想像しやすいのですが・・・。)

他に、気付いた点(というより気になった点)を2点ほどあげます。

1つめは、同じF4Rエンジンである “[1]Scenic 2.0 16 V (1999 - 2000)” と “[5]Megane II 2.0 16V (2002 - 2008), Engine: F4R” で交換インターバルが異なる点です。前者は「20000 km / 12 months」、後者は「30000 km / 12 months」である点です。

2つめは、3.0 V6エンジンを積む “[4]Laguna II 3.0 V6 24V (2001 - 2005), Engine: L7X” にも5W-30の3つのプロダクトがあがっている点です。エルフジャパンでは5W-40のみを適合オイルとしています。



最後にひと言
TOTAL Nordic の LubAdvisor は RENAULT のモデルでエンジンオイルを調べる場合には、合理的で一貫性のある基準でアドバイスしてくれるツールと感じました。

いかがでしたでしょうか?
Posted at 2015/10/20 08:26:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルブリカンツ ■ LubAdviser | 日記
2015年10月19日 イイね!

TOTAL Nordic LubAdvisor のサーチ結果を読み解く その2

TOTAL Nordic LubAdvisor のサーチ結果を読み解く その22015年10月18日の記事に続き、TOTAL NordicLubAdvisor からメガーヌ II 2.0 16V(エンジン:F4R)のエンジンオイルについてもう一度サーチしました。

フランス車乗りの方に限らず、エンジンオイルに詳しい方はよくご存知かもしれませんが、2003年5月から、elf は Total S.A. の一ブランドとなっています。


TOTAL Nordic 
 の LubAdvisor では、TOTALブランド と elfブランド を同じ画面から切り替えることができ、利便性に優れていると感じます。他国の
LubAdvisor では必ずしもこうはいきません。

余談ですが、fortune.com/global500(2015年10月15日現在)のランキングで、石油スーパーメジャー各社は

  3位 Royal Dutch Shell
  5位 Exxon Mobil
  6位 BP
  11位 Total
  12位 Chevron

となっています。


横道に逸れましたが、本題に移ります。
TOTAL Nordic の LubAdvisor から TOTALブランドでサーチします。



前回同様、プロダクトシート(PDF)から動粘度を調べ、結果を表にまとめてみました。参考のため、ルノー認証を受けたelfブランドのプロダクト(表中の背景色イエロー)を追加してあります。


やはり動粘度の小さい(低い)順、つまりオイルが柔らかい順にアドバイスしてくれます。う〜ん、システムとして優秀ですね。


この表から私が注目するプロダクトを2つあげます。日本市場でも同じ名前のプロダクトが見つかりますが、中味が同じかどうかはわかりません。参考までに画像つきで紹介します。

Quartz Ineo Long Life 5W-30


プロダクトシートを見比べた限りでは、ACEA規格、自動車メーカーの認証規格、代表性状が “elf Evolution Full-Tech LLX 5W-30” と同じです。日本市場の elf の “一般製品(コンシュマー向け)” はライセンス生産品のイメージが強く、欧州市場と中味が同一かどうか疑問なので、手を出す気になれないのですが、TOTAL の場合はどうなんでしょうか? 

ちなみにトタルジャパンでは、“専門ショップ向け”、“プジョー・シトロエン向け”、“カー用品店向け” というマーケット区分がありますが、このプロダクトは “専門ショップ向け” のようです。

また、このオイルに惹かれる最大の理由は “VW 504.00/507.00” の認証を取得している点です。


Quartz 9000 0W-30


上の画像では、ACEA A5/B5 という簡略表示ですが、欧州市場のプロダクトシートでは “ACEA A5/B5-10” 及び “Meets VOLVO requirements” となっています。

欧州市場と中味が同一であれば、最も注目したいプロダクトです。


最後に一言
こうして見ると、ルノー認証のプロダクトはTOTALブランドにはありませんが、この1点以外は TOTALブランドのほうが充実したラインナップを揃えているといえますネ。
Posted at 2015/10/19 08:01:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | ルブリカンツ ■ LubAdviser | 日記
2015年10月18日 イイね!

TOTAL Nordic LubAdvisor のサーチ結果を読み解く その1

TOTAL Nordic LubAdvisor のサーチ結果を読み解く その12015年09月17日の記事で、欧州エルフ[LUBE ADVISOR]からメガーヌ II 2.0 16V(エンジン:F4R)の推奨エンジンオイルについてサーチした結果について書きました。(この時は「推奨」と書きましたが、もう少し緩いニュアンスで捉えたほうが適切かもしれません。)


また、

  【調査結果の考察】
  う〜〜〜〜〜ん、基本的には www.elf-lub.jp の推奨している2製品(作成した表
  では4製品)が間違いのない製品であることは明らかですが、国によってルノー
  認証を取得していない製品を推奨していることには驚きます。

とも書きました。


あらためて、Nordic4か国の[LUBE ADVISOR]のサーチ結果を眺めてみました。


すると、ある仮説が浮かんできました。

  クルマは走行距離と車齢を重ねれば、エンジンのシリンダーとピストンは摩耗し、
  クリアランスが広がってしまう。
  TOTAL Nordic LubAdvisor の5製品のリストは、その経過を5段階に分けて
  ルノー認証オイルの間を埋める製品を順序どおりにアドバイスしている。


この仮説を検証するもっとも簡単な方法は、プロダクトシート(PDF)から動粘度を調べて比較することです。

結果を表にまとめてみました。(表中の背景色イエローのプロダクトはルノー認証を取得しています。)


なんと、予想どおり! 動粘度の数字が大きいほど「固いオイル
」といえますから、Castrol JAPAN - オイル選びのアドバイスの引用記事(2015年10月15日の記事参照)どおりの結果です! このことを具体化している模範的な事例といえますネ!!


TOTAL Nordic さん、Good job !!





残されたもうひとつの疑問
ただし、もうひとつ疑問が残ります。

メガーヌ II 2.0 16V(エンジン:F4R)のルノー認証オイルは “ACEA A5/B5” 及び “ACEA A3/B3” であり、  “ACEA C3” ではないことです。CシーケンスAシーケンスに対して上位互換と捉えてよいのでしょうか?

これについては、あらためて考察してみることにします。
Posted at 2015/10/18 10:20:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルブリカンツ ■ LubAdviser | 日記

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.