• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2016年12月10日 イイね!

ルノーの欧州市場向けセールス・ブローシャー(pdf)。DLするには Renault Belgique(FRANÇAIS)がオススメ

ルノーの欧州市場向けセールス・ブローシャー(pdf)。DLするには Renault Belgique(FRANÇAIS)がオススメ各ブランドともセールス・ブローシャー(カタログ)の電子化が進み、公式webからダウンロードできるようになってきました。

一般的な用語なのかどうかはわかりませんが、Renault では “E-BROSHURE” と呼んでいるようです。言語の好みにもよりますが、どの国の公式webが気軽(簡単で便利)にダウンロードできるかというお題です。



【 比較したのは France(FRANÇAIS)、Belgique(FRANÇAIS)、UK(ENGLISH)】

▼ Renault France(FRANÇAIS)のトップページ(https://www.renault.fr/)

▼ Renault Belgique(FRANÇAIS)のトップページ(https://fr.renault.be)

▼ Renault UK(ENGLISH)のトップページ(https://www.renault.co.uk/)



【 CLIO を例にしたダウンロード手順: Renault France(FRANÇAIS)の場合 】
※ 画像はわざとモノクロにしています。

▼ CLIO のトップページ(https://www.renault.fr/vehicules/vehicules-particuliers/clio-berline.html)

▼ 画面をスクロールするとそれらしきリンクボタンが見つかります

▼ 遷移したページでは個人情報の入力が必要になります



【 CLIO を例にしたダウンロード手順: Renault Belgique(FRANÇAIS)の場合 】

▼ CLIO のトップページ(https://fr.renault.be/vehicules/vehicules-particuliers/clio.html)

▼  画面をスクロールするとそれらしきリンクボタンが見つかります

▼ 遷移先のページは pdf ページになっています

▼ DLした pdf の スペック表。ガソリンエンジンとギアボックスの組合わせは6種類(“ENERGY TCe 90 GPL MT5” は特殊なためか記載なし)。ディーゼルエンジンとギアボックスの組み合わせは4種類
▼ DLした pdf の ボデイカラーページ(カラーコード名あり)


【 CLIO を例にしたダウンロード手順: Renault UK(ENGLISH)の場合 】
※ 画像はわざとモノクロにしています。

▼ CLIO のトップページ(https://www.renault.co.uk/vehicles/new-vehicles/new-clio.html)。それらしきリンクボタンがすぐに目に入ってきます

▼  画面をスクロールするともう一つそれらしきリンクボタンが見つかります

▼ 遷移したページはすべてのモデルの一覧になっています



【 最後にちょっと 】
本当は本国フランスのサイトからDLしたいところですが、個人情報の入力(氏名・郵便番号・e-mailアドレス)が煩わしいため試していません。おそらくフランス国内の郵便番号でないと弾かれてしまうと思われます。

これに対して、ベルギーのサイトの気軽さは大変ありがたいです。小さな市場にもかかわらず、フランスの隣国だからでしょうか、フランスとほぼ同じラインアップです。尚、言語はデフォルトがオランダ語ですがフランス語にスイッチしたURLを引き合いにしました。

3つめの英国のサイトは言語が英語である点は有難いのですがラインアップはフランス本国と異なります。英国で販売されないモデルをルノー・ジャポンが正規輸入することはまずありえません(カングーは稀な例外)。一例を挙げれば ESPACETALISMAN がこれに当たります。

セールス・ブローシャー(カタログ)からどういう情報を得たいかによりますが、私の一番のオススメはベルギー(フランス語)のサイトです。

また、ベルギー(フランス語)のサイトは私の欲しい情報も見つけやすいような気がしています。一例を挙げれば、 CLIO INITIAL PARIS  の画像もたくさん見つかりました。

▼ CLIO INITIAL PARIS のページ(関連情報URLからどうぞ)

▼ 画像7点(掲載されていた画像の一例)。特に注目したいのはインテリアです。シート表皮だけでなく、ダッシュボード及びドアトリムにレザー素材(あるいは合皮?)があしらわれています







おしまい。
Posted at 2016/12/10 09:04:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルノー ■ 豆知識 | 日記
2015年09月26日 イイね!

あまり知られていない webサイトかも!? “Renault Classic”

あまり知られていない webサイトかも!? “Renault Classic”  ルノーのグローバルサイト group.renault.com をご存知の方は多くいらっしゃると思います。

このサイトは “RENAULT STREAM” へのポータルにもなっていますね。


2015 フランクフルトモーターショーでカルロス・ゴーン氏が New Renault MEGANE をプレゼンテーションしている動画を見てみました。

気になるエンジンについては、3つのペトロイルと3つのディーゼルがラインナップされるとのことですが、TCe 205(GT用)と dCi 110 以外は概要すら明かされませんでした。



また、ディーゼルエンジンにハイブリッドアシスト機構(すでにメルセデスにはありますね)が追加される(?)ような話がありました。




さて、本題に移ります。タイトルのwebサイト “Renault Classic” はルノー好きの方でも、ご存知の方は少ないようです。

私の調べたところでは、2012年10月3日に公開がはじまった比較的新しいサイトです。また、group.renault.com に比べれば、とても地味な作りです。こういったことから、広く知られていないのも無理からぬことかもしれません。


“Classic” という名前からヤングタイマー('70年代から'80年代)までと想像しがちですが、さにあらん。私のように2000年前後に生産されたルノー車好きにとっても、とても貴重なサイトです。

サイトの一部をご紹介します。











私にとっての究極はこちら、すでに画面の一部からお気付きの方もいらっしゃるかもしれません。ページのトップに[LOGIN]ボタンがあります。



組織(オーナーズクラブ等)はもちろんのこと、個人でもメンバー登録ができます。資格要件についての案内がないので、断定はできませんが誰でも登録ができそうです。

ただし、今のところメンバーになったからといって、大きなメリットがあるのかといえば、そうでもありません。この辺りはそのヒトの価値観で違ってくるでしょう。私はそれでもメンバーになりたいタイプのヒトです。



しかしながら、[MY PROFILE]入力画面にある [Model x]のプルダウンメニューのクルマは限定されてしまいます。残念ながら、Scenic も Megane II もメニューには出てこないので、私はメンバー登録をしていません。


一方、[CLUB DIRECTORY]のページからは登録クラブの情報が検索できるようになっています。


日本からは “CLUB WILLIAMS JAPON” が唯一の登録クラブです。

車名で検索してみます。








Twingo” では4つのクラブ、“Avantime” では2つのクラブ、“Wind” では1つのクラブしか登録がありません。グローバルで見てもまだまだ知名度が低いサイトなのかもしれません。

この3車のオーナーさんは日本でも一定数いらっしゃると思われます。登録に敷居の低い今こそメンバーになるチャンスかもしれません。

もちろん、初代ClioSafrane2154・・・の方々もです。


※最後の1行を追加しました(2015/09/26 13:23)。
※[LOG IN]ページへのリンクと説明文を追加しました(2015/09/26 13:45)。
※画面のキャプチャーを一部8月時点のものを使っていたため、本日現在のものにすべて差し替えました。また、ルノーのロゴを最新の英語版のものに変更しました(2015/09/26 15:38)。
Posted at 2015/09/26 10:27:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルノー ■ 豆知識 | 日記
2015年09月22日 イイね!

“Capture Owners Club”(英国)で見つけたルノーの指定エンジンオイル

“Capture Owners Club”(英国)で見つけたルノーの指定エンジンオイル昨日は、ルノーの “1.2 TCe” エンジンの指定オイルについて欧州ルノーの公式ドキュメントに記載があることを記事にしました。

ご承知のように現行ルノーにはもうひとつ “0.9 TCe” というダウンサイジングターボエンジンがあります。このエンジンの指定オイルは欧州ルノーの公式ドキュメントではどうなっているのでしょう?

執念深く(笑)ネットの大海をさまよっていると・・・




Capture Owner's Club(www.capturownersclub.co.uk)のMain Message Centre に辿り着きました。

 Forum Home > Captur Main Forums > Main Message Centre



Engine oil
のスレッドに GavinAshfordさんが2015年5月10日付けで私の探していた情報を画像とともに投稿してくれていました。


おそらくはルノーUKが管理する登録車両データベースから出力された情報と思われます。用紙のトップ右側には『CONFIDENTIAL RENAULT』の文字がありますので、その意を汲んで一部モザイクをかけました。

『Type: J5MA』のエンジンは、私の調べでは “0.9 TCe” であると思われます。




やはり、指定オイルは “RN0710” 規格のオイルであることが記載されています。



最後にご注意いただきたいこと
昨日の記事の〆と同じことを繰り返します。

だからといって、日本でルノーの “0.9 TCe” を所有されているオーナーの全ての方に “RN0710” 規格のオイル、つまり “EVOLUTION RN-TECH 5W-40”(または “EVOLUTION 900 SXR 5W-40”)にすべきです、と言いたい訳ではありません。

日本市場の何らかの特殊事情により、ルノージャポンの判断で欧州市場とは異なったオイルを通常使用での指定オイルにしているものと想像します。

新車保証及び延長保証を考慮するならば、ルノージャポンの指定オイルを選んでいれば間違いはありません。 “EVOLUTION RN-TECH 5W-30”(または “EVOLUTION 900 SXR 5W-30”)が通常の指定オイルになっている以上、こちらを選んでいて問題はないはずです。

Posted at 2015/09/22 10:34:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルノー ■ 豆知識 | 日記
2015年09月21日 イイね!

“WARRNTY AND SERVICES BOOKLET”(英国市場向け)に見るルノーの指定エンジンオイル

“WARRNTY AND SERVICES BOOKLET”(英国市場向け)に見るルノーの指定エンジンオイル過日、偶然にもルノーが2012年頃発行した “DRIVER'S HANDBOOK” (英語版の取扱説明書)をダウンロードできるサイトを見つけました。

決して怪しげなサイトではありませんし、もちろん無料です。意外かもしれませんが、国のドメインは “.nz” です。webページのリンクを貼ります。







 RENAULT EURODRIVE New Zealand(www.renaulteurodrive.co.nz)



この会社は欧州(西欧の9か国限定?)をクルマで旅行するヒト向けにルノーの現行車種をリースカーとして提供する会社です。旅行者が対象であるがゆえ、スーツケースを積む前提条件で、大人なら何人、子どもなら何人まで快適に使用できます、といった利用者にはありがたい情報が提供されています。また、取扱説明書を事前に見ておきたいという要求に応えるために、取説のダウンロードサービスを提供しているのだと思われます。

ルノーの現行モデルオーナーの方には、日本仕様と欧州仕様の違いを探るヒントになりそうなので、私的にはオススメです。

さて、ここでは Clio IV の “DRIVER'S HANDBOOK” を数ページ紹介します。


表紙

私の持っている2002年9月発行の英語版 Megane II “The driver's handbook” とは表紙のデザインが大きく変わりました(クルマの写真が一切使われていない)。おそらくは “Sales Brochure” と共通のデザインが採用されているのだと思われます。


表2

こちらは、デザイン以前にエルフのプロダクトネームが一切ない内容に変わってしまいました。指定オイル(または推奨オイル)の情報はどこにいってしまったのでしょうか?


4.5 Oil change



本文には、オイル交換のインターバルやオイルのグレードについては “Maintenannce Service Booklet” を参照という記載になっています。


6.6 ENGINE SPECIFICATIONS





う〜ん、もはや取説からは指定オイルの情報を得られないことになっているのでした。そこで、ルノーの “Maintenannce Service Booklet” についての情報をネットの大海で必死になって探してみました。

ようやく見つけたのは、タイトルにもある “WARRNTY AND SERVICES BOOKLET”(英国市場向け)です。見つけたのは ebay.co.uk からです。たったの20+数ページのドキュメントにもかかわらずべらぼうな値付けなので、購入していませんが、購入するまでもなく、私の知りたかった情報を画像で紹介してくれています。残念ながら、裏表紙の画像がないので発行年がわかりませんが、私の推測では2007年以降で2012年以前のものと思われます。


表紙



目次


ENGINE OIL



『Special cases』の項目をよーく見てみると・・・


『Special cases』には “1.2 TCE engines” の指定オイルが  “RN0710” 規格のオイルであることをはっきりと記載しています。

私の知りたかった情報を欧州ルノーの公式ドキュメントからようやく見つけることができました。



最後にご注意いただきたいこと
だからといって、日本でルノーの “1.2 TCe” を所有されているオーナーの全ての方に  “RN0710” 規格のオイル、つまり “EVOLUTION RN-TECH 5W-40”(または “EVOLUTION 900 SXR 5W-40”)にすべきです、と言いたい訳ではありません。

日本市場の何らかの特殊事情により、ルノージャポンの判断で欧州市場とは異なったオイルを通常使用での指定オイルにしているものと想像します。

新車保証及び延長保証を考慮するならば、ルノージャポンの指定オイルを選んでいれば間違いはありません。 “EVOLUTION RN-TECH 5W-30”(または “EVOLUTION 900 SXR 5W-30”)が通常の指定オイルになっている以上、こちらを選んでいて問題はないはずです。
Posted at 2015/09/21 20:40:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルノー ■ 豆知識 | 日記
2015年07月21日 イイね!

オーバルプレートからわかるルノー車の基本情報

オーバルプレートからわかるルノー車の基本情報オーバルプレートの話題は、興味を持たれる方が多くいらっしゃるようです。今回は、比較的新しい2012年製の車両を例に、ルノー車全般を網羅する基本的な情報について、より詳しい内容でお届けします。

参考にしたのは “Renault Models and R-Codes. Under Continual Development” というRENAULT OWNERS CLUBの記事(英語)と Forum-clio.com の Bezout さんの記事(フランス語)です。




■Type de véhicule : La première lettre ←車両タイプの最初の文字。ボディ形状。
 B: 5 portes
 C: 3 portes
 D: coupé
 E: cabriolet ou roadster
 F: fourgonnette utilitaire
 G: société sur base 5 portes
 H: SUV
 J: monospace
 K: estate (ou break) - aussi utilisé pour les versions VP du kangoo
 L: berline 4 portes
 R: monospace version longue
 S: société sur base 3 portes
 U: Pick up (VU: chassis cabine)
 V: Société sur base break
 W: projet à l'étude non validé
 X: projet à l'etude validé (mise en production assurée)
 Z: utilisé pour les concept cars


■Type de véhicule : La deuxième lettre ←車両タイプの2番目の文字。車名。
 A: Megane / Scenic
 B: Clio II
 C: Kangoo
 D: Master II
 E: Espace III / Avantime
 F: Spider
 G: Laguna II
 H: Mascott / Master Proplusion
 J: Vel Satis
 K: Espace IV
 L: Trafic II
 M: Megane II / Scenic II
 N: Twingo II
 P: Modus
 R: Clio III
 T: Laguna III
 W: Kangoo II
 Y: Koleos
 Z: Megane III / Scenic III

注1)Renault車以外の車両にもこの標記方法がとられている。例えば、“S: Logan”。
注2)1995年以前に生産が開始された車両では異なる標記方法がとられている。例えば、初代Twingoの場合は開発コードが “X06” なので “06” と2桁数字で標記される。
注3)最新のモデル(Clio IV、Capture等)については情報がとれず、わかりません。オーナーの方から情報をいただけるとうれしいです。


■Numéro de fabrication : La première lettre ←ファブリケーションNo.の最初の文字。生産工場。
 E: Palencia (Spain)

お友達のぴーなっつさんがブログカテゴリー “kangoo-maniac!” ですでに記事にされています(2011年01月31日付)。詳細はそちらをご覧下さい。 
vehicle identification plate(オーバルプレートやらVINやら) #2 


■Référence peinture : La première lettre et la deuxième lettre ←ボディカラーの最初の文字と2番目の文字。ペイントの分類。
 O : Opaque
 OV : Opaque vernis
 NV : Nacré vernis
 MV : Métallisé vernis
 TE : Teinte à effet
 CM : Contremarque


■Equipement : ←装備レベル
 EA5 : equipement initiale
 EAS : sport
 EA4 : luxe
 EA3 : sport
 EA2 : confort
 EA1 : base / pack


■Sellerie : ←シート・トリム
 TICUI1 : sellerie mixte Tissu CUIr de couleur 1
 DRAPXX : sellerie drap/ velours
 CUIRXX : sellerie tout cuir


■Ambiance : ←インテリア・カラー
 DECOXX : couleur des baguettes interieures
 HARMXX : couleur de l'habillage interieur (greige, carbone...)
 AMBXX : privilege, initiale, authentique..
 TLFRAN : vehicule repondant aux specifications legislatives des vehicules vendus en france


最後に。
オーバルプレートの画像はメガーヌ III GT Line です。愛車の整備で入庫した際、ルノー厚木インターさんから代車としてお借りした車両のものです。今回もファブリケーションナンバーの2文字目以降にはモザイクをかけました。
Posted at 2015/07/21 08:25:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ルノー ■ 豆知識 | 日記

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

お友達

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.