• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2016年09月11日 イイね!

警告効果を狙って、メッセージステッカーを貼ってみた

警告効果を狙って、メッセージステッカーを貼ってみた約5か月前に物珍しさも手伝って購入したものの使わずに保管してきました(できることなら貼りたくはなかった)。

商品説明によれば、

【サイズ】約W150mm × H37.5mm 
【材質】ポリエステル (再帰反射/屋外耐候/完全防水/防汚フッ素加工/光沢/糊面:裏)  

超広角反射する再帰反射素材(リフレクター)のステッカー。夜間に光が当たると浅い角度からでも反射します。完全防水・屋外耐候・フッ素防汚加工、しっかりとした厚さで耐久性抜群。たとえ傷が付いてもにじむことはありません。反射機能を有するため、画像で白く見える部分は真っ白ではなくライトシルバーになります。PC環境により実際の色とは異なって見える場合があります。


とのことです。


しかし、9月3日の夜間に東北自動車道で煽られ不愉快な経験をしたため背に腹は代えられません。

そこで早速愛車に貼ってみました。夜間の高速道路では直近まで近づかなければ識別できない大きさかもしれませんが、一瞬でも後悔の念を抱かせる効果を期待しています。




【後方ドライブレコーダー搭載ステッカー Sサイズ】
 購入年月:2016年3月
 購入価格:780円
 送料:無料
 購入ルート:amazon.co.jp
Posted at 2016/09/11 18:22:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | グッズ | 日記
2015年07月16日 イイね!

社外ルノーグッズ ー Herbert Richter “I ♥ RENAULT” エンブレム

社外ルノーグッズ ー Herbert Richter “I ♥ RENAULT” エンブレムHerbert Richter 社のエンブレム製品としてはVW車向けのラビットエンブレムがよく知られています。 ”みんカラ” ユーザーさんの記事でもよくお見受けします。一方、同社のルノー車向けエンブレム製品についてはあまり知られていないようです。私の所有するものは10年以上前にヤフオクで入手したものです(現在はディスコンです)。


数字が車名であった時代のルノー純正エンブレムに雰囲気が似ています。ちょっと古めのルノー車なら、クルマのボディーに貼るのも似合いそうですが、メガーヌ II には似合いそうもありません。

そこで、室内に貼るほうがむしろお似合いではないかと考えました。一番しっくりくる位置はどこかといろいろ思案しましたが、グローブボックスの左上端に貼りました(画像参照)。メガーヌ II の内装はヒトによって好き嫌いが分かれますが、デザインが素材やその仕上げを補って余りあると感じます。私はこの “cheap-chic” なところが好きです。このエンブレムはメガーヌ II の内装との相性も良く気にいっています。



さて、凝り性な性分なので、これだけでは記事として物足りない気が・・・(スミマセン、ここから先は興味がおありでしたらおつきあいください)。そこで、繋がるネタをネットで探してみると・・・見つかりました。

Renault Megane Coupe-Cabriolet Floride(2012 Limited Edition)。ダッシュボードのガーニッシュ部には “floride” のエンブレムが貼られています。純正ですのでとてもイイ感じです。メガーヌ III ですので、ただでさえ内装の質感がアップしている上に、Limited Edition というスペシャルなイイモノ感が漂います。


内装はアイボリーと赤が基調でぱっと見は派手ですが、Coupe-Cabriolet というクルマの性格を考えると派手なくらいが丁度いいのかもしれません。右ハンドルのMTがあれば、私も欲しくなります。1600台限定、内250台はフランスで販売されたようです。


新旧 Floride のツーショット。ボディーカラーは アイボリー(新) vs ホワイト(旧)、内装色は アイボリー/赤(新) vs  赤(旧)という違いはあるものの、どちらも “retro-chic” なテイストです。


Renault Floride とその後方にRenault Megane Coupe-Cabriolet Floride。こちらは、モーターショー会場でしょうか?


“Joyeux anniversaire Brigitte Bardot !”(写真のタイトルです)。2009年、Renault Floride 50周年記念会場での写真です。František Kada さんの flickr photostream から拝借しました。


ブリジット・バルドーのスチール写真をバックにミュージアム保管の実車が配置された展示です。私が十代の頃に憧れたブリジット・バルドーにあらためて思いを馳せたくなります。

RENAULT Floride Blanc Kilimanjaro 1958 avec figurine Brigitte BARDOT NOREV 1/18(1959デビューなのになぜ1958なのかは不明)。NOREV 製のミニチュアカーもありました。



今回はエンブレムの話から飛躍してブリジット・バルドーまで辿り着いてしまいました。いかがでしたでしょうか。

※ 画像 “Brigitte Bardot & Renault Floride” (manu/manuela さん)を “Joyeux anniversaire Brigitte Bardot !”(František Kada さん)に差し替えました(2015/07/17 5:08)。
Posted at 2015/07/16 14:52:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | グッズ | 日記
2015年07月14日 イイね!

社外ルノーグッズ ー "RENAULT elf CYCLES GITANE" キーホルダー

社外ルノーグッズ ー "RENAULT elf CYCLES GITANE" キーホルダー私が今使っているキーホルダーを紹介します。
"RENAULT elf CYCLES GITANE"。1980年代に存在したロードレースのプロチーム、そのジャージを模したものです。

形がかわいらしく、カードキーをつけた時のサイズバランスが丁度いいので気に入っていますが、すぐに傷だらけになってしまいます。ebay.co.uk から今年の1月に入手したものですが、元々は英国にあるサイクルショップのノベルティーグッズとして作られたものではないかと想像しています。


ちょっと見にくいですが、ジャージの右下に “HINAULT ’82” の文字が見えます。


そう、これは当時のトッププロの名前 “Bernard Hinault” と “1982 Le Tool de France” の優勝を意味しています。当時27歳だった彼も今や60歳。私も彼と同じ “アラカン” 世代です。



2015 ツール・ド・フランス は7月4日に開幕しましたね。7月26日までの全23日間(内休息日2日)の日程で行われます。総距離は3,360kmです。



さて、話を80年代に戻します。スポンサーのルノーからは、プロチームのサポート車両として “Renault Fuego” が提供されました。実車ではなくミニカーの写真ですがご紹介します。画像は “K-ravel” さんの投稿(http://fuego.clicforum.fr)から拝借しました。ちょっと見では、日本の高速道路会社のパトロールカーチックなカラーリングですネ。



最後に、“RENAULT TV” の映像を紹介します。デザイン評論家やモード・コンサルタントらが80年代の象徴的なデザインとライフスタイルのトレンド(フィットネスブームやソニーのウォークマンのヒット等)について語っています。“Renault Classic” のプレートをつけたミュージアム保管の “Renault Fuego” の映像や、開発当時の古い映像もあります。リンク先はYouTube。2012/10/22 に公開されたものです。

 Five decades of design, the 80's - RENAULT TV
 
(2012 Renault、6分00秒)
Posted at 2015/07/14 09:15:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | グッズ | 日記
2015年07月09日 イイね!

○○製ルノーグッズ ー マスコットベア

○○製ルノーグッズ ー マスコットベアプロフィール画像に使っているトリコロール配色のマスコットベア、 セニックに乗り始めた時からクルマのリアに並べて置いています。当初は気恥ずかしさもあり、「渋滞の時、後続車のドライバーがこれを見れば、少し気持ちが和むのでは・・・」という言い訳を用意していました。

さて、「ルノーのバッジをつけているけど、ルノーの公式グッズにこんなのあった?」と思われた方がおられるかもしれませんね。今回は、この疑問にお答えします。

答えは、自家製です。もちろん、針と糸を駆使するだけの趣味も技量も持ち合わせていないので、既製品にチョコチョコっと手を加えただけです。

手を加えるために用意したのはこちらのアイテムです。


手を加えたベアはこちらです。


米国のおもちゃメーカー(ぬいぐるみ専業らしいです)ty社 が過去に販売していた “BEANIE BABIES” のベアです。一時は日本でもぬいぐるみのコレクターズアイテムとしてそれなりに人気がありました。ぬいぐるみ好きの女性であればご存知かもしれません。また、横浜・元町商店街に直営店を構えていたこともありましたが、今はありません。

他のコレクターズアイテム同様、販売時のままの状態(左耳に必ず商品タグがついている)でないと価値がさがるようです。

コレクターズアイテムとして人気があった理由は、プロポーションおよびサイズを変えずに、一定のサイクルで新しいモデル(色、バッジ、 ニックネーム等が異なるもの)が数量限定で製造・販売され、膨大な数のバリエーションがあったためです。

画像のように安定した姿勢で座らせることができます。ウエイトになる素材がおしりと脚、腕に仕込まれています。


また、本来のおもちゃとしての安全性について、『乳幼児が口に含んだり齧ったりしても、目や口の部品が決して外れないので誤って吞みこむことがない』との謳い文句がありました。

このベアは2003年に10周年記念として発売されたニックネームが “Decade” というモデルで、ブルー、ホワイト、レッド以外にも何色か違う色がありました。




ty社 は現在も存続しており、日本にも正規代理店がありますが、この商品は現在販売されていません。

どうしても手に入れたい方は、ebay.co.uk や ebay.com を覗いてみてはいかがでしょう。この10周年記念モデルはかなりの数が流通したらしく、記事を執筆している時点で、これらのサイトに出品されていることを確認済です。価格も決して高価ではありません。

最後に、私の手元にストックしてある “BEANIE BABIES” ベアの揃い踏みの姿を。



右からブルー、ホワイト、レッド、あれーっ・・・グリーンのベアが写っています。万が一イタ車に浮気をしたときに “トリコローレ” バージョンが作れます。

あと、上には変なのがぶら下がっています。ニックネームは “Frankenteddy” 、2002年に発売されたモデルです。
Posted at 2015/07/09 19:33:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | グッズ | 日記

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.