• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2015年06月30日 イイね!

メガーヌ II とともに夏を乗り切るには

メガーヌ II とともに夏を乗り切るにはメガーヌ II  とともに迎えた初めての夏(2年前のことです)、エアコンの効きの悪さには閉口しました。セニックのマニュアルエアコンではそれほど不満に感じたことはありません(もちろん国産車に比べればその差は歴然ですが・・・)。これはどうしたことでしょう。

「もしや私の使い方が間違っているだけで、メガーヌ II のオートエアコンには正しい使い方があるのでは?」と疑問に思いググってみました。答えはすぐに見つかりました。



15℃ or 27℃ (`・ω・´)b

ルノー京都カドノさん、どうもありがとう! それ以来、夏には次の画像のような設定で使用しています。走り始めてすぐはちょっとの我慢が必要ですが、数分もすれば快適な状態になります。


・ 温度設定を15℃に
・ 内気循環を選ぶ
・ 風の方向は正面のみ(このアイコンでは空気の流れがすべての吹き出し口にまわります)
・ 冷え具合はファンの強弱(羽の枚数)で調整する


また、保管場所は日当りのよい屋外なので、クルマにとってはつらい環境です。ですからフロントガラス用のサンバイザーは必需品で、夏に限らず1年中使っています。画像は今年の5月に新調した "極断熱シェード II" という製品です。空気の層を厚くしたことにより、薄手の製品とはレベルの違う断熱効果が得られます。メガーヌ II にはスタンダードサイズでOKです。


さらに盛夏の時期にはボディーカバー状のシート(商品名 "快適ウィンドーカバー")も併用しています。画像のようにフロントウィンドーだけでなく、運転席/助手席側サイドウィンドーもカバーしてくれます。


また、長時間青空駐車した際、自宅に限らず出かけた先でも(時間と駐車スペースに余裕があれば)、儀式だと思って次のように実践しています。

・ すべてのドアを全開にする(駐車スペースが狭ければ狭いなりに臨機応変に)
・ ひと呼吸おいてから、バタンバタンと勢い良くドアを閉める(車内の暖められた空気を追い出す)
・ その後、乗車する


※記事を一部修正(追記)しました。「・ 風の方向は正面のみ」→「・ 風の方向は正面のみ(このアイコンでは空気の流れがすべての吹き出し口にまわります)」(2015/07/03 19:27)。
Posted at 2015/06/30 16:11:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | メガーヌ II ■ 愛車 | 日記
2015年06月29日 イイね!

RENAULT SPORT JUNE 2008 Sales Brochure

RENAULT SPORT JUNE 2008 Sales Brochure前回、前々回の記事をご覧いただき「もうひとつくらい続編があってもよさそうだな」とお考えになったあなた・・・ピンポーン、見事正解です。

今回紹介するのは、例によって ebay uk から入手した英国版のカタログで、当時の英国市場での RENAULT SPORT のすべてが掲載されています。

裏表紙には、 MEGANE II Ph2 RS と CLIO III RS が向き合って並んだショットと www.renaultsport.co.uk というURLがさりげなく刻まれています。私は Renault U.K. Limited に RENAULT SPORT の専用サイトがあることを初めて知りました。また、おまけのような内容ですが、Windows 及び Mac OSX で閲覧できるCD付きです。


私が当初ターゲットにしていたのは MEGANE RENAULTSPORT 225 LUX だけだったのですが、マニア垂涎の 230 RENAULT F1 TEAM R26 はもちろんのこと、dci 175 LUX まで MEGANE RENAULTSPORT は計4グレード、CLIO RENAULTSPORT は計2グレードが掲載されています。




カラー印刷の品質も十分です。私の語学力ではコピー文についての評価はできませんが、シンプルなページデザインと印刷の仕上がりには納得です。

【RENAULT SPORT 77 01 380 594】
WRITTEN AND DESIGNED BY NBACREATIVE, LEAMINGTON SPA.
中とじ、32頁、用紙サイズ(23 x 23 cm)
Posted at 2015/06/29 14:51:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | メガーヌ II ■ 一般 | 日記
2015年06月28日 イイね!

RENAULT MEGANE September 2007 Sales Brochure

RENAULT MEGANE September 2007 Sales Brochure前回の記事ではメガーヌ II のベルギー/ルクセンブルグ版のカタログを紹介しましたが、今回はメガーヌ II Ph2(またはPh2.5)の英国版のカタログ(ebay uk で入手)を紹介します。今回は日本市場導入モデルとの簡単な比較も交え、お届けします。

メガーヌ II は2005年にフェイスリフトを受け、Ph2となりました。このカタログは2007年9月のもので、翌年の11月にはモデルチェンジを受けたメガーヌ III のローンチとなりますので、実質最後期のものと思われます。(ただし、日本市場では2010年5月発売の “エディションフィナル” 、各車限定20台が最後のモデルです。)

グレード詳細の頁では “Privilege” がなくなり、2006年末からフランス本国で追加された “GT” の記載があります。また “Dynamique S” という聞き慣れないグレード(仕向地限定の特殊なグレードか?)の記載もあります。

本文で大きくフィーチャーされているのは “Privilege”の “POIVRE BEIGE”(D11)と “GT” の “BLEU METAL”(RNM)です。 カタログ落ちした “Privilege” の写真がまだ多く使われているのは改版前の頁を流用せざるを得ないという単純な理由からだと思われます。


日本市場に導入されたPh2 1.6(MK4M及びMK4MM)の欧州市場でのグレードはこちらの “Expression” になります。ただし、メーターのデザインが日本市場向けのものとは異なるようです。また、日本市場向けには設定がないクルーズコントロール(Cruise control with speed limitter)は欧州市場では標準装備となっています。一方、日本市場で標準の16” “Kubera” というアルミホイールは、欧州市場ではオプションで、 “Bahama” というホイールキャップが標準装備です。さらに、日本市場では革巻きステアリングホイール及びオートエアコンが標準、欧州市場では樹脂剥き出しステアリングホイール及びマニュアルエアコンが標準という違いがあります。


Ph2 と Ph2.5 の違いについて私はよくは知りませんが、フロントグリル及びバンパー等のデザインが異なるようです。ちなみに “GT” の前後バンパー等は "Sport body kit" という専用品ですが、グリルは Ph2.5 と同様のようです。


カラー印刷の品質があまり高くないのか、掲載されている写真はいずれも細部や色の再現性が低いです。ちなみにルノージャポンの同車種のカタログのほうが細部や色の再現性は高いと感じます。

【RENAULT MEGANE Sport Hatch & Hatch 77 01 380 645】
Printed in EC
中とじ、36頁、用紙サイズ(27 x 23 cm)

最後に、日本市場導入モデルとの違いについて、間違いがありましたらお詫びします。また、お詳しい方がいらっしゃいましたらご指摘ください。

※記事を修正しました。「中とじ、34頁」→「中とじ、36頁」(2015/06/28 20:25)。

※記事を修正しました。「“BLEU ICEBERGE”(RNM)」→「“BLEU METAL”(RNM)」(2015/07/08 09:26)。
Posted at 2015/06/28 07:34:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | メガーヌ II ■ 一般 | 日記
2015年06月27日 イイね!

RENAULT MEGANE September 2002 Sales Brochure

RENAULT MEGANE  September 2002 Sales Brochureメガーヌ II をセニック後継車に選ぶ際、こんな方法でも情報収集しました。


そう、欧州市場で使われている “Sales Brochure” 、ひらたく言えばカタログのお取り寄せです。(もちろん、国内ディーラー、ましてや海外ディーラーから直接取り寄せたわけではなく、いつものヤフオクや ebay uk からです。)

グレードによって内装や装備はどう変わるのか、ボディーカラーはどうなのか、日本市場向けとどこかに違いがあるのかないのかなど、私が知りたい情報の手掛かりにしたいがためです。


タイミングよくヤフオクから手に入れたのは、ベルギー/ルクセンブルグ版(言語はフランス語)です。カタログ本文で大きくフィーチャーされているのはやはり “Privilege” の “GRIS BOREAL” で、他のボディカラーでは “BLEU OTTOMAN” 、 “ROUGE VIF” (あるいは "ROUGE DE FEU")の写真があります。

カタログの中で私が一番のお気に入りの頁はこれです。


残念なのは、カラー印刷の品質があまり高くないのか、掲載されている写真はいずれも細部や色の再現性が低いです。

【RENAULT MEGANE BERLINE & COUPE 77 11 202 727】
Printed in France
中とじ、40頁、用紙サイズ(27 x 23 cm)

※記事を一部修正しました。「細部の再現性が低い」→「細部や色の再現性が低い」(2015/06/27 15:38)。
Posted at 2015/06/27 07:44:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | メガーヌ II ■ 一般 | 日記
2015年06月25日 イイね!

メガーヌ II 内装パーツのリフレッシュ その2

メガーヌ II 内装パーツのリフレッシュ その2愛車のメガーヌ II は内装樹脂パーツの一部に “プロテイン塗装” を採用しています。新車のときには見た目も手に触れた時の感触もよく、高級感の演出に一役買っているのですが、これが年数の経過とともにやっかいな問題に発展します・・・そう、あの “ベタベタ病” です。

ルノーのみならず、アルファロメオ、フィアット、VW車等のオーナーの方(車種にもよりますが)には、頭を悩まされた経験をお持ちの方が大勢いらっしゃるようです。実はセニックの後継車選びの際、フィアットムルティプラの中古車もリストアップしていたのですが、オーナーの方のブログを拝見して ‘ベタベタ病” の範囲の広さに恐れをなし、候補から外しました。

メガーヌ II の “ベタベタ病” で、良く知られているものには、助手席及び運転席の ”ドアアシストグリップ” があります。私の購入した個体の場合ですが、助手席側は「ちょっとでも触るのはイヤ」と言いたくなるぐらい “ベタベタ病’ が進行していました。なぜ、運転席側より助手席側のほうが劣化が進んだのか?? 高温多湿な環境によって加水分解がおこり塗装が劣化するというのが通説ですが、一説によれば女性のつけた化粧品に影響されやすいというのです。話としては面白い・・・『前オーナーさんは助手席に女性を乗せる機会が多かった。リアシートはほとんど使われた形跡がないし、このクルマはもしやデートカーあがりか。前オーナーさんは相当なモテ男だったのか。』などと妄想してしまいます。

ドア廻りでは他に “インナードアハンドル” 、”オートウィンドースイッチパネル” があります。画像をご覧ください。 “インナードアハンドル”  は後席についていた左側用を分解した画像です。前者の “ベタベタ病” はこの画像ではそれほどでもありませんが、助手席側(写真がないので掲載できません)は、劣化が他の3箇所より進行していました。後者は画像どおりホコリがこびりつくくらいに劣化が進んだ状態でした。




交換後の画像はこちらです。”ドアアシストグリップ” は ”Privilege” のオリジナルカラーではありませんが、私はこの配色の方が好みです。このシルバーはメーターリングの色調に近いのでメーター廻りとの統一感が生まれます。ちなみに “インナードアハンドル” のレバー部分のシルバーとは仕上げも色調も異なります。


■ ”ドアアシストグリップ” (計2点)は新品純正パーツにディーラーで交換。
【ドアアシストグリップ(左右一組) 77 01 476 921】
 購入年月:2014年12月
 購入価格:27,648円(工賃は含まず)
 入手ルート:ルノー厚木インター

■ “インナードアハンドル”(計4点)は一時しのぎで社外品に交換し、外した純正パーツをリペア業者に依頼(塗装剥離〜塗装〜マット仕上げ)。施工完了パーツをDIYで再交換。
(一時しのぎで購入した社外品は[パーツレビュー]で書く予定です。)

■ ”オートウィンドースイッチパネル”(計3点)は中古純正パーツを入手し、ツメ折れなどないコンディションのよいものは中古品をそのまま、ツメ折れ等があるものは現車パーツと一時入れ替えをし、中古純正パーツ若しくは外した純正パーツをリペア業者に依頼(塗装剥離〜塗装〜マット仕上げ)。施工完了パーツをDIYで交換。
(中古純正パーツは ebay.co.uk 及びヤフオクから入手しました。)


記事タイトルは今回も前回も[・・・パーツのリフレッシュ]ですが、正確にいえば、[・・・パーツのリプレイス]です。このタイトルとこの記事内容の差には違和感を感じられた方もいらっしゃるかもしれませんネ。お許しください。このタイトルにしたのはワケがあります。

クルマの内装は乗車中、常に目に映り、触れるので、アラがあると気になるものです。でも、あきらめないでちょっと手をかければ見違えるようになります。特に私のように7年落ち以上の中古車を入手した方、あるいは新車から長期保有されてらっしゃる方にはオススメです。クルマだけでなく、オーナーさんの気分も同時にリフレッシュされると信じています。

※記事を一部修正しました。「私のように中古車を入手した方」→「私のように7年落ち以上の中古車を入手した方」(2015/06/26 7:52)。
Posted at 2015/06/25 07:22:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | メガーヌ II ■ 愛車 | 日記

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.