• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2016年09月30日 イイね!

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その5

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その5同名タイトル5本めの記事です。あと数回にわたり、ヘリテージ・カーの中から “淡い淡いブルー” を纏ったモデルを取り上げていきます。

今回はイタリアとドイツの国民車を各1台ずつ取り上げます。




【 FIAT Nuova 500(1957年にデビュー)】
FIAT Nuova 500 は1957年にデビューし、1977年まで製造されました。累計生産台数は400万台とのことです。

画像の色では白っぽく見えますが、ボディカラーは “淡い淡いブルー” と思われます。正式名称はわかりません。写真がとっても素敵なので、同じ個体の写真10枚(エクステリアだけでなく、インテリアも)を選んでアップします。

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html


Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html

Source:
http://www.fiat500owners.com/forum/10-fiat-500-appearance-body/87434-simplicity-led-fiat-500-s-unintentional-charm.html



【 VW TYPE-1 Beetle 1302(1970年にマイナーチェンジ)】
VW Type-1 Beetle は1938年にデビューしました。本国ドイツのヴォルフスブルク工場では1978年を最後に製造が終了しましたが、メキシコ工場では2003年まで製造が続けられました。累計生産台数は2100万台とのことです。

1970年以降は ‘Super Beetle’ と呼ばれ、それまでのモデルと区別されているようです。

さらに “1302”(日本での通称 “マルニ”)は71/72年式としてわずか2年間だけ製造された1300ccエンジンを搭載したモデルです。“1302S” は1600ccエンジンを搭載したため末尾にSがつきます。画像のボディカラーの正式名称は “Marina Blue” です。

Source:
http://cars-volkswagen.com/interesting/volkswagen-beetle-classic-car-reviews-classic.html

Source:
http://cars-volkswagen.com/interesting/volkswagen-beetle-classic-car-reviews-classic.html

下の画像の左の車両は1302ですが、右の車両は後継の1303(日本での通称 “マルサン”)です。テールランプの形状が違います。

Source:
http://cars-volkswagen.com/interesting/volkswagen-beetle-classic-car-reviews-classic.html

Source:
http://www.thesamba.com/vw/archives/lit/71superbeetle.php



( “淡い淡いブルー” のヘリテージ・カーはまだ続きます)

※ 累計生産台数をそれぞれの項目の冒頭に青文字で追加しました(2016/10/01 3:20)。
2016年09月27日 イイね!

Tricolore Republic 2016 に参加しました。

Tricolore Republic 2016 に参加しました。9月25日、浜名湖の渚園で開かれたイタフラ車のオーナーズ・ミーティングに参加しました。

主催者の “さくまろ” さんはじめ事前準備ならびに当日の運営にご尽力いただいた方、当日お話をさせていただいた方、お話はできなかったものの私の目を楽しませてくださったオーナーの皆様ありがとうございました。

おかげさまで楽しいひと時を過ごしました。




『同時開催:ルノージャポン非公認 裏カングージャンボリー』の冠どおり多数のデカングー、コカングー、ビバップの並んだ姿は圧巻でした。すでに、多くの方がご自身のブログに記事をアップされていらっしゃいます。

FIAT、PEUGEOT、CITROEN、Alfa Romeoは少数派でした。また、私にとっては意外でしたが、RenaultSport は皆無でした(ABARTH は3台。うち1台はプントでした)。

画像がないと寂しいので、私も参加車両のうちヤングタイマー ヘリテージ・カーを撮った写真を4枚ほどアップします。





イベントのビンゴゲームでは “marvo” 画伯謹製のアートをゲットしました。一生懸命踏ん張ってコーナリングしている 4(キャトル)の姿に萌えます。


おしまい。

※ 6つ目のパラグラフ中の語句を訂正しました(2016/09/30 5:00)。
2016年09月24日 イイね!

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その4

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その4同名タイトル4本めの記事です。

『その3』は内装デザインにスポットを当てて書きました。そこは今回も同様です。しかし、とってもアッパーな代物です。アッパーすぎて我々庶民からすればとてもクルマとは思えない別世界です。

トップを飾る画像にも別世界観に溢れるものをセレクトしてみました。 “Powder Blue” をキーワードにググってヒットしたリビングルームとベッドルームの写真です(同じ家にある部屋ではありませんがテイストはとても似ています)。





【 “Powder Blue” のボディをまとった “Rolls-Royce Phantom Drophead Coupé” 】
Rolls-Royce といえばその85%がビスポークによって仕立てられるため同じ仕様の個体は僅かしかなく、1台1台が異なるといっても過言ではないでしょう。

同ブランドのトップレンジに君臨するのは Phantom ファミリーです。その中にドロップヘッド・クーペ(幌を持つオープンモデルのことだがカブリオレとは呼ばないところが英国流)と呼ばれるモデルが存在します。フィクスドヘッド・クーペ(オープンモデルとして開発されたクルマに固定式の屋根をつけたもの)と同様に英国発祥の自動車用語です。

以下に紹介する個体は2012年のパリ・モーターショーに展示された3台のうちの1台で、アール・デコにインスパイアされたデザインとのことです。

Source:
http://www.carscoops.com/2012/09/rolls-royce-gets-artsy-with-deco.html

Source:
http://www.carscoops.com/2012/09/rolls-royce-gets-artsy-with-deco.html

Source:
http://www.carscoops.com/2012/09/rolls-royce-gets-artsy-with-deco.html

Source:
http://www.carscoops.com/2012/09/rolls-royce-gets-artsy-with-deco.html



【 “Serenity” の名を冠した “Rolls-Royce Phantom Serenity” 】
2015年のジュネーブ・モーターショーに展示された完全ワンオフのビスポークモデルです。“Serenity” とは静粛、安寧などを意味しますが、どこかで聞き覚えのある名前ですネ。そう、Pantone 14-3919-TCX の名前(私のブログ『その1』で取り上げました)と同じです。

ロールス・ロイスによれば、「ヨーロッパの家具に和服のデザインを結びつけるという現代的な解釈によって、イノベーティブでモダンかつ静謐につつまれたインテリアを実現した」という、我々日本人にとっても誇らしいモデルです。

最高級のシルク織物に手作業による刺繍を施した豪華絢爛なインテリアです。もはやクルマの内装とは思えません。

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html

Source:
http://www.caricos.com/cars/r/rolls-royce/2015_rolls-royce_phantom_serenity/1920x1080/1.html



【 お時間に余裕のある方限定。 YouTube動画2本 】
それぞれ25分、30分という長時間に及ぶ動画なので、お時間の許す方限定でどうぞ。埋め込みは避け、リンクを貼ることにします。リモコンキーでドアロックを解除するとボンネットからマスコットがせり上がってくるシーンが見れます。


https://www.youtube.com/watch?v=GK6_uw68y0I
■ 2015 Rolls-Royce Phantom Drophead Coupé Start Up, Exhaust, and In Depth Review
Saabkyle04
25:05
2015/06/21 に公開


https://www.youtube.com/watch?v=ZYWDvBOMsqY
2014 Rolls-Royce Wraith Start Up, Exhaust, Test Drive, and In Depth Review
Saabkyle04
30:18
2013/11/09 に公開



【 最後にちょっと 】
関連情報URLには Rolls-Royce Motor Cars の公式サイトのURLを貼りました。ロールス・ロイスに関心のある方には超オススメのサイトです。

日本語でもっと知りたい方には以下3本の外部記事をオススメします。

■ 【新車のツボ100】ロールス・ロイス・レイス試乗レポート
2015.04.10
https://sportiva.shueisha.co.jp/series/newcar/2015/04/10/100___split___rs/

■ ロールス・ロイスはなぜここまで高いのか?納得(?)に足る3つの理由
更新日:2016/03/17
http://car-me.jp/articles/1670

■ 【ロールスロイス ゴースト 試乗】乗ってビックリ、見てビックリ、庶民には計り知れぬ超高級車…中村孝仁
2015/02/15
http://autos.goo.ne.jp/impression/report/244369/
2016年09月23日 イイね!

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その3

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その3本日2本めの記事で『“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・』の続編です。

今回はちょっと趣向を変えて、本日1本めの記事で取り上げたモデルのうち、TWINGODS3FIAT 500 1957 EditionBeetle Cabriolet 60’ の4台の内装にスポットを当てることにします。


【 Renault TWINGO Intens, Sellerie Gris Clair / Bleu (implique ambiance Bleu) 】
小見出しのカンマ以下はルノーフランスのwebサイトにあるコンフィギュレーターで調べた内装の呼称です。

シート及びドアトリムの面積の大半を占める色はオフホワイトっぽく見えますが、組み合わさる色との兼ね合いでしょう。いわゆる目の錯覚ですネ。この部分を単独で見ればライトグレー(“Gris Clair”)であることがわかります。

また、ボディカラーに合わせた色使いは比較的小さな面積ですが、あちこちにちりばめられています。





【 Citroen DS3 】
今回の画像は前回に使った個体とは異なる個体の画像です。ボディは “Bleu Botticelli”、屋根はゼブラ模様という大変ユニークな組み合わせです。

Source:
http://www.wheelworldreviews.co.uk/road-tests/citroens-ds3-is-a-hit-especially-with-the-ladies/


ダッシュボード前面の一体型パネルはボディカラーを、シートやドアトリムには屋根に合わせたカラーをあしらっているようです。

Source:
http://www.wheelworldreviews.co.uk/road-tests/citroens-ds3-is-a-hit-especially-with-the-ladies/

Source:
http://www.wheelworldreviews.co.uk/road-tests/citroens-ds3-is-a-hit-especially-with-the-ladies/



【 FIAT 500 1957 Edition 】
北米向けの特別モデルだからでしょうか、ボディカラーに合わせた色使いは一切ありません。

レザーシート等に見られる茶色はマルーンと呼ばれています。





【 Beetle Cabriolet 60’ 】
他の3つのモデルが黒っぽい色の面積が少なめなのに対し、こちらはしっかりと大きな面積で使われています。

このモデルのボディカラー “Denim Blue” を実車で見るとかなりグレーがかった色なので、内装には黒っぽい色の方が調和が取れて良いのかもしれません。





【 最後にちょっと 】
TWINGO を除く3つのモデルはシートにレザーを使うなど高級路線が目立ちます。TWINGO は決して高級ではありませんが、内装についてもなかなかの見栄えだと感じます。

個人的な好み(色の持つ実用性と配色バランスを重視)で順位をつけるとしたら、TWINGO > Beetle > DS3 > 500 です。皆さんのお好みはいかがでしょうか?

追記:
記事をアップした後で気づきましたが、TWINGO と Beetle  のステアリングホイールがよく似ていますネ。センター部分の円形を強調したデザイン、2本のスポークへの着色に注目してください。さすがに細部に至っては違いがあります。ボタンの配列が TWINGO の縦配列に対し、Beetle は横優先の十字配列です(2016/09/24 5:37)。
2016年09月23日 イイね!

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その2

“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・ その2昨日に続き、『“Bleu Dragée” に思いを馳せて・・・』の続編です。

Bleu Dragée” は New TWINGO のイメージカラーで私も大好きな色です。

Source:
https://www.flickr.com/photos/33240904@N03/albums/72157623733710744/page2/

そういえば近年、他ブランドでもこの『淡い淡い水色』のクルマを見たことがあったような気がします・・・



【 “Bleu Dragée” と同じ色調と思われる “Bleu Botticelli” 】
そう、2代目C3、DS3に採用された “Bleu Botticelli” がありました。フランス本国では2009年から販売が始まっていますから、『淡い淡い水色』ではルノーよりシトロエンの方が先駆けですね。

▼ C3(画像は豪州向け車両)



▼ DS3。屋根が “Bleu Botticelli”


▼ 日本市場には正規で入っていませんが C1 にもこの色がありました。(画像は英国向け車両)

シトロエン C3 の “Bleu Botticelli” は日本で大変人気が高い色でした。しかし、この色は2012年から廃盤色となってしまいました。現行モデルの2代目Ph2 C3 ではこの色は選べません。残念ですネ。



【 “Bleu Dragée” をビビッドにしたような色 “Celeste Blu” 】
北米市場向けに限定されるのでしょうか? “FIAT Nuova 500”(1957年にデビュー) をイメージした “FIAT 500 1957 Edition” が2014年から受注開始となりました。色の名はイタリア語で “Celeste Blu”。“Retro Light Blue” という補足説明が併記されています。
参考:http://www.fiatusa.com/en/500/1957/

▼ “FIAT 500 1957 Edition”

▼ “FIAT 500 1957 Edition” と “FIAT Nuova 500”



【 “Bleu Dragée” をグレイッシュにしたような色 “Denim Blue” 】
2011年から販売が始まった Beetle(A5)には “Denim Blue” というレトロ・テイストな色がありましたが、こちらも現在は廃盤色のようです。残念です。

▼ Beetle(A5)


▼ フォルクスワーゲン グループ ジャパンの2014年企画モデル “The Beetle Cabriolet 60’s”(限定50台)



【最後にちょっと】
レトロ・テイストな『淡いブルー』をお気に入りの方が現行の輸入車から選ぼうとすると New TWINGO しか選択肢はなさそうです。

私はルノー以外のブランドについてはほとんど情報を持っていません。お詳しい方から『いやそんなことはない。〇〇があるじゃない・・・』と御教示頂けたら幸いです。また、記事中の誤りにお気づきの方からの御指摘もお待ちしております。

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.