• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2017年04月27日 イイね!

“InBody S20”(2017年3月測定)と “InBody 430”(2017年4月測定)の比較

“InBody S20”(2017年3月測定)と “InBody 430”(2017年4月測定)の比較4月10日に横浜そごうで “InBody 430” による身体組成の測定をしました。このトピックはすでにブログにアップしています。

その約2週間前の3月24日には東京医療センター(国立病院機構)で “動脈硬化ドック” を受診し、先週『動脈効果ドック成績報告書』が届きました。その報告書には “InBody S20” による検査表も含まれています。

医療機関向けの “InBody S20” とフィットネスジム等向けの “InBody 430” には測定項目や測定精度に違いがあるのか? この点に興味があったので測定結果を比較し、記事としてアップすることにします。




【 体重が増えると体脂肪が増えるがそれ以外は変わらない 】
▼ “InBody S20” による3月24日の測定値。体重は52.3 kg、体脂肪量は2.3 kg。


▼ “InBody 430” による4月10日の測定値。体重は53.6 kg(+1.3 kg)、体脂肪量は3.8 kg(+1.5 kg)。


上記2点の画像の赤枠箇所にご注目ください。ほぼ同じ数値であることがわかります。

当たり前のことなのかもしれませんが、

・ InBody の体組成計は機種が異なっても精度は変わらない
・体重が増えると体脂肪量も増えるがそれ以外は変わらない。言い換えれば、体脂肪を増やすのは容易だが、筋肉量や骨量を増やすのは容易ではない


ということでしょう。

体重1 kgていどの増減は1日のうちでもありえることです。体重が増えた分体脂肪が増えることになるので、体脂肪率を計算すると3月24日は4.5%、4月10日は7.1%となります。

それぞれの数字を単独で見ると、体脂肪率4.5%や7.1%はありえない数字だと感じていましたが、私の場合は体脂肪が1.5 kg 増えると体脂肪率は3%ていど上がることがわかりました。このことを理解すればありえなく低い数字でもなさそうです。


▼ 左は “InBody S20” による3月24日の測定値。右は “InBody 430” による4月10日の測定値。

四肢(左腕、右腕、左脚、右脚)と体幹別に脂肪量を測定してくれます。もっとも脂肪量が多いのは体幹です。3月24日の体幹の脂肪量が0.08 kgという数値なのは、測定時刻の12時間前から何も食べていないことが大きく影響しているのかも知れません。



【 “InBody 430” にはない “InBody S20” の評価項目 】
▼[身体強度]という評価項目は “InBody S20” にはあるが、“InBody 430” にはない。


評価は3段階しかありませんが[筋肉強度]が “強い” という評価がつくと嬉しいものですね。逆に “弱い” という評価がつくとショックを受けるかもしれません。

この他にも“InBody S20” にあって “InBody 430” にはない評価項目はいくつかありますが省略します。

▼ “InBody S20” 検査表の全体像





【 最後にちょっと 】
『動脈効果ドック成績報告書』の主要な部分については、日を改めてアップする予定です。


2017年04月26日 イイね!

祝70周年!シトロエン “Type H(Hバン)”

祝70周年!シトロエン “Type H(Hバン)”欧州の商用バンをロードバイク等の機材用トランスポーターとしてカスタマイズする・・・そんな妄想を抱くことがある私です。

この度シトロエンとルコックスポルティフが “Type H(Hバン)” の生誕70周年を祝いコラボレーションし、ショー向けカスタムカーを2台作ってくれました。

2台のうち1台はもちろん “Type H(Hバン)” 。もう1台は “ジャンピー” です。




まずは、YouTube の Citroën 公式動画から。



 CITROËN ET LE COQ SPORTIF : RENCONTRE CREATIVE POUR LES 70 ANS DU TYPE H
 Citroën
 1:40
 2017/04/20 に公開




次は画像を数点。

▼ “Type H(Hバン)” の画像を3点。レトロシックなボディはいつ見ても魅力的に写りますネ。トランスポーターではなく移動ワークショップという仕立てです。
Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html


Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html

Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html


▼ “ジャンピー” の画像を3点。こちらはトランスポーターです。商用車はカラーリングの自由度が高いとつくづく感じます。やはりトリコロールの爽やかなカラーリングは良いですネ。
Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html

Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html

Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html


▼ ツーショット画像を2点。
Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html

Source:
http://www.largus.fr/actualite-automobile/citroen-et-le-coq-sportif-un-partenariat-pour-les-70-ans-du-type-h-8501396.html


▼ 最後におまけの画像を1点。ローディの方ならよくご存知の “Rapha”。ツール・ド・フランスの “ヴォワチュール・バレ”、落伍した選手を収容するほうき車のミニカーです。
Source:
https://alchemyrider.me/?s=Rapha+Tokyo



おしまい。
2017年04月25日 イイね!

左脚 “脛骨疲労骨折” の保存的治療の経過(2017年4月)

左脚 “脛骨疲労骨折” の保存的治療の経過(2017年4月)過日(4月21日)、スポーツ整形外科を受診してきました。経過は順調なようです。

脛骨疲労骨折はアスリートや比較的年齢の若いスポーツ愛好者(15〜24歳)でない限り、あまり縁のない障害かもしれません。

前回はMRI検査でしたが、今回はレントゲンによる検査でした。簡単に報告させていただきます。






【 レントゲン画像の比較 】
▼ 下段は2月20日に撮影したレントゲン画像。上段は4月21日に撮影したレントゲン画像。医師の説明がなければ上段は悪化しているように感じてしまいますが、悪化しているわけではなく改善している様子が捉えられているとのことでした。

私は若くはないし骨密度が平均より低いので、治りが遅いのではと心配していましたが、標準的な経過をたどっているようなので安心しました。

これもエアロバイクによる運動効果が回復に大きく貢献していると感じています。

どういうことかというと、エアロバイクによる運動 ➡︎ 下肢の血流が良くなる ➡︎ 脛骨疲労骨折部の骨の活性化が促進される、ということになります。

医師からはランニング等の損傷箇所への大きな衝撃が加わる運動は引き続き禁じられています。

次回は5月19日に受診し、MRI検査を受ける予定です。

おしまい。
Posted at 2017/04/25 04:54:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | メディカル・ケア | 日記
2017年04月24日 イイね!

“Runtastic” アクティビティー履歴 -- Week 16

“Runtastic” アクティビティー履歴 -- Week 16シリーズ化したジムでのアクティビティー履歴の記事、 Week 16 です。ご興味ある方はおつきあいください。

昨日でジム通いは46日間に達しました。

ジムでの主な種目はエアロバイクです。胸に巻く心拍計をつけ “Runtastic PRO” のアプリでログをとっています。




【 Week 16、エアロバイク(エルゴメーター)の履歴サマリー 】
画像は “Runtastic.com” の[トレーニング履歴]から切り出したものです。上から[合計時間]、[総距離]の日次比較グラフです。棒グラフの上部の数値(18か所)は追記したものです。

▼ 4月12日から4月15日までの4日間(左側の4本)と4月19日から4月23日までの5日間(右側の5本)のエアロバイクの履歴


前週は水、木、金、土の4日間を当て日曜日は所用のためお休みしましたが、Week 16 は水〜日の5日間を当てました。

Week 16 では前週と同じ曜日の距離を超えたのは4月20日の木曜日だけでした(数値の高い方を文字色赤にしてあります。尚、4月23日の日曜日は比較対象がないものの文字色赤にしています)。



【 Week 16、エアロバイク(エルゴメーター)の履歴詳細 】
画像は “Runtastic PRO” の履歴及び設定から呼び出したものを合成したものです(設定から呼び出した[心拍ゾーン]は画面の一部を切り出したものです)。

▼ 4月19日、エアロバイクの心拍数グラフ

▼ 4月20日、エアロバイクの心拍数グラフ

▼ 4月21日、エアロバイクの心拍数グラフ

▼ 4月22日、エアロバイクの心拍数グラフ

▼ 4月23日、エアロバイクの心拍数グラフ

1セット20分を3本というメニューは現在の私がめげずに継続できる時間配分になります。

Week 16 でも前週及び前々週と同様エアロバイクの負荷設定 “6” で行い(最大負荷は “20”。数字が大きくなるほど負荷が高い)、1セットめの距離10km超え(平均速度で30km/h超え)を目標としていますが、これまでと大きく異なることがひとつあります。

エアロバイクのシートの高さを一段階高くしました。シート位置を上げてもクランクが下死点に達したとき膝が伸びきらない状態を保てる高さです。シートを高くすることによって、上半身の前傾がより深くなることを狙っています。

これが功を奏したかどうかはわかりませんが、Week 16 は1セットめの距離10km超え(平均速度で30km/h超え)を5日間とも果たすことができました。逆に、他のセットでは全く振るわず、過半数割れ(全15セットのうち7セット)と前週よりも低調な結果に終わりました。

平均心拍数に着目すると[有酸素性(139 − 147)]が8セット(前週は6セット)、[脂肪燃焼(130 - 138)]が6セット(前週は3セット)、[イージー(121 - 129)]が1セット(前週は2セット)となりました。



【 “SitUps” の進捗 】
Runtastic のアプリ “SithUps” もジムで使っています。

▼ 4月19日、“SitUps” の[レベル3]の中間地点を超えました。現在はステップ11(ステップ18まで)の位置にいます。




【 体重及び体脂肪の変化 】
画像は “Runtastic.com” の[ボディー]という管理画面の一部を切り出したものです。

Withings “Body Caridio” の測定値を自動で読み込むよう “Runtastic.com” から連携設定しています。ただし、読み込まれるのは体重と体脂肪だけです。




【 最後にちょっと 】
独立した記事にするつもりでいますが、なかなかまとめることができずにいるトピックに少しだけ触れてみます。

それは運動強度についてです。私が心拍数にこだわって運動をしているのも運動強度をリアルタイムに把握し、適切にコントロールしたいからに他なりません。

Week 13 では心拍数が[レッドライン 157+]及び[無酸素性 148 - 156]に達することが2日連続でありました。ここ最近はここまで心拍数が上がることはありません。[有酸素性(139 − 147)]及び[脂肪燃焼(130 - 138)]が大半を占めています。

さて、私が行っている運動強度はいかほどのものなのか? 

▼ エアロバイクのパネルには “脈拍チャート” が貼られていますが、数値を読み取るのが困難です。

そこでわかりやすいチャートをネットで探してみました。

▼ POLAR のサイトに掲載されている『年齢別目標心拍数によるトレーニング強度』。これなら数値が明確に読み取れます。
出典:
http://support.polar.com/e_manuals/FT1_FT2/Polar_FT1_FT2_user_manual_Japanese/ch01.html


POLAR のチャートに使われている最大心拍数は『220 - 年齢』という単純ですがよく知られた数式により算出されたものです。Week 16 の運動強度をこのチャートの50歳の『最大心拍数170』に当てはめると

[有酸素性(139 − 147)]➡︎ ハード
 ・最大パフォーマンスを伸ばします
 ・筋肉の疲労を感じ、呼吸が激しくなる
 ・アスリートのショートトレーニング


[脂肪燃焼(130 - 138)]及び[イージー(121 - 129)]➡︎ ミドル
 ・心肺機能の向上
 ・気分が爽快で呼吸もあまり乱れず少し汗をかきます
 ・一般的なトレーニング。どなたにも適しています


※ 参考: ライト
 ・基礎体力を向上させ、疲労回復を促します
 ・楽に運動でき、呼吸も乱れず、筋肉の負担も少なく、少し汗をかく程度です
 ・どなたにも適しています


ということのようです。

おしまい。
2017年04月18日 イイね!

愛車と出会って4年!

愛車と出会って4年!4月18日で愛車と出会って4年になります!

ここ最近のブログには愛車の話題がめっきり少なくなりました。

メガーヌ II には経年劣化で気になる点がひとつだけありますが、ヒトも齢を重ねればガタがくるようにクルマにも同じことが言えます。

ヒトの身体もクルマも適度に動かしてやることがコンディションの維持には効果大です。

現在、私の身体の積極的な活動(運動)は週5日ですが、メガーヌ II を動かすのはいまや週2日程度です。もう少し動かしてやったほうが良いのかもしれません。

横浜は早朝雨風の強い悪天候でしたが、9時には天候が回復し、気温も上昇しました。今日は愛車への感謝のつもりで洗車をしました。

これからもメガーヌ II とは長い付き合いになりそうです。


>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2017/04/18 22:10:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | メガーヌ II ■ 愛車 | 日記

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/4 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.