• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若翁のブログ一覧

2017年09月24日 イイね!

OOTD(Outfit Of The Day)- Early Autumn Lookbook

OOTD(Outfit Of The Day)- Early Autumn Lookbook最近の私はリラックスできて、ラギッド、かつ男っぽい服ばかり着ています。年齢にふさわしい服装や着こなしであるか、それ以前に似合っているかどうかは意見が分かれるところかもしれません(笑)。

フィッティングはタイト、シャツは基本的にタックインで着るのが好みです(3枚め、4枚め、6枚め、7枚め画像)。

直近の7日間のコーディネート画像を7枚、コメントなしでアップします。


ちなみにジム通いがほぼ毎日なのでショーツスタイルが多いですが、すね毛は剃ってお手入れしています。








おしまい。
2017年09月24日 イイね!

“Polar Flow (web)” DIARY -- Week 38

“Polar Flow (web)” DIARY -- Week 38ウォーキング、スピニング、ジョギング、クロストレーナー等の有酸素運動を行う際、胸に巻く心拍計 “POLAR H10” をつけ、スマホ用アプリ “POLAR BEAT” によりログをとっています。

ただし、スピニングの際にはスマホは携行せず心拍計のメモリに保存し、後から転送することにしています。

スクワット、懸垂、腕立て伏せ等の際には心拍計をつけずに、それぞれ Runtastic の “Squats”、“PullUps”、“PushUps” 等のアプリをコーチ役かつトラッカーとして使っています。




【 Week 38、ウォーキング等の概要 】
画像は “Polar Flow (web)”(https://flow.polar.com/)から切り出したものです。言語は日本語表示からあえて英語表示に変えています。理由は単純でこの方が見やすいからに他なりません。

比較のために2週分を並べます。 前週分は画像編集ソフトを使ってあえてモノクロ化しています。

▼ Week 38 DIARY。


▼ Week 37 DIARY。

2週分の[Training summary]等を比べることによって有酸素運動の効果を分析するのに役立ちます。

[Summary](水色の枠囲み)を比較すると時間数は[19時間12分]から[15時間43分]に減り、消費カロリーも[5134]kcal から[4480]kcal に減りました。

個別のセッションをみていくとウォーキングのセッションが2回減、スピニングのセッションは1回減、クロストレーナーのセッションは変わらず(0回)、ジョギングのセッションは2回増でした。

[Heart rate zones](緑色の枠囲み)を比較すると[ゾーン 4]は[6%]から[10%]に増え、[ゾーン 3]は[10%]から[13%]に増え、[ゾーン 2]は僅かに減りました。


▼ Polar “心拍ゾーン”。私の最大心拍数[181]に基づく心拍ゾーンです。最大心拍数については 7月17日の記事 で取り上げました。


※http://support.polar.com/e_manuals/M430/Polar_M430_user_manual_Japanese/Content/Heart-rate-Zones.htm に掲載されている表を加工したものです。




【 Week 38、ウォーキング等の自己ベスト 】
アプリ “POLAR BEAT” には[自己ベスト]という管理機能があります。それは[(消費)カロリー]、[距離]、[平均ペース/速度]の3つを物差しにした管理機能です。

▼ Week 38 では[平均ペース/速度での自己ベスト]と[距離での自己ベスト]の記録更新がありました。9月19日と9月21日のジョギングセッションです。

▼ 9月19日のジョギングセッション。[平均ペース/速度]は[5:23min/km]、[平均心拍数]は[155bpm]、[ランニングインデックス]は[46]でした。

▼ 9月21日のジョギングセッション。画像では9月19日と同じ[5.01km]と表示されていますが小数点3桁のところで僅かに上回りました。[平均ペース/速度]は[5:26min/km]、[平均心拍数]は[152bpm]、[ランニングインデックス]は[47]でした。




【 Week 38、スクワット等の概要 】
“Runtastic.com” の[アクティビティ]を手集計し、“Runtastic Premium メンバー” に毎週届くメール(フィットネスレポート)を編集した画像を使ってアップします。

▼ 今週のアクティビティを上段に、先週のアクティビティを下段に配置しています。


▼ スクワットでは自己記録を更新しました(330回)。現在の私の記録は141位(Week 37 では171位)です。100位以内も射程内に入ってきました。


ちなみに真ん中の画像の棒グラフでは[341]と記録の[330]より多い数値が表示されています。これは一度始めたセッションを誤操作で終了し2回分のセッションのカウントとなっているためです。



【 体重及び体脂肪の変化 】
画像は “Runtastic.com” の[ボディー]という管理画面の一部を切り出したものです。

Withings “Body Caridio” の測定値を自動で読み込むよう “Runtastic.com” から連携設定しています。ただし、読み込まれるのは体重と体脂肪だけです。





【 最後にちょっと 】
昨日の土曜日(9月23日)には秋彼岸供養の法要の後、スピンニングのワークアウトを実施しましたが、アプリ “POLAR BEAT” に記録を残すところでしくじりました。

原因は特定できているので、今日のスピニングのワークアウトの際に対処法を試してみることにします。


訳あって iPhone Language を日本語から English に変えました。これによりアプリ “POLAR BEAT” や Runtastic の “Squats” は完全な英語表記となりました。
2017年09月22日 イイね!

横浜そごうで、“InBody 430” による測定をした(2017年9月)

横浜そごうで、“InBody 430” による測定をした(2017年9月)“InBody” はインピーダンス法(BIA法)を用いた体組成計の中では最も正確に身体組成を測定できると考えられ、主に医療施設やフィットネスクラブで使われています。

そごう横浜店にある “カラダステーション” (横浜のほかに西武池袋本店、そごう千葉店にあり)ではメンバー登録を条件に “InBody 430” を使った身体組成の測定を無料で実施しています。

私は本年3月にこのことを知り、月1回の頻度でこのサービスを利用することにしています。



【 “InBody 430” 】
“InBody 430” は両手両足間で測定する体組成計です。金属のアクセサリーを外し裸足になることが必要ですが、衣服は着たままでOKです。衣服分の重量(0.7 kg)をマイナスする設定になっていました。

大前提として心臓ペースメーカーを装着している方は使えません。



【 InBody 検査表 】
測定結果は専用の用紙の中面に即座に印刷されます。


用紙のオモテ面には用語の解説等が記載されています。後述する文字色緑の箇所はこの検査表のオモテ面から引用したものです。

◉ あなたの体の構成
以下の4つの成分を合計すると体重と同じ重さになります。
■ 体水分(Total Body Water)
体水分とは私たちの体を構成している水分を指し、体重の約50〜70%を占めています。体水分は摂取した栄養素を体の細胞に届け、老廃物を外に排出できるよう運搬の役割をしています。

■ タンパク質(Protein)
タンパク質は体水分と共に筋肉を構成する主な成分です。タンパク質が足りないことは細胞の栄養状態が良くないことを意味します。

■ ミネラル(Minerals)
ミネラルの約80%は骨にあり、人体を支持する役目をします。足りないと骨粗鬆症や骨折の危険性が高まります。

■ 体脂肪(Body Fat Mass)
食事で摂った栄養分は消化吸収後、活動に必要なエネルギーとして使われたり、子供の場合は成長に使われたりしますが、余分なエネルギーは脂肪細胞に蓄積され、肥満の原因になります。

◉ 体の各部の評価
■ 部位別筋肉バランス
四肢と体幹の筋肉分布を示しています。部位別筋肉量の差から上・下半身の左右のバランスなどが分かり、現在の体重に対する筋肉の適切さを低・標準・高の3段階で評価します。

■ 部位別脂肪バランス
四肢と体幹の脂肪分布を示しています。部位別の体脂肪の評価は体脂肪率でなく、体脂肪量を基準にしており、標準体型(標準BMI・標準体脂肪率)の人の約95%が該当する範囲を標準と評価します。




【 前回(8月17日)と今回(9月20日)の評価を比較 】
■ 体型チェック
 前回同様[筋肉型スリム]でした。

■ フィットネススコア
  スコアの満点は100点です。[72点]➡︎[75点]に3ポイント上がりました。ちなみにそごう横浜での最高点は陸上競技のアスリート(やり投げ)の90点です。

■ 基礎代謝量
 [1389 kcal]➡︎[1467 kcal]に上がりました。ということは筋肉量が増えたということ!?



■ 部位別筋肉バランスと部位別脂肪バランス(体の各部の評価)
  上肢、体幹、下肢の筋肉が全て増加し、上肢、体幹、下肢の脂肪が全て減少しました。全体筋肉量では[44.6 kg]➡︎[48.0 kg]と3.4 kg の増加を達成しました。


■ メタボリックチェック
  内臓脂肪レベルは[1]のまま変わらずでした。ここは残念なところです。




【 最後にちょっと 】
体脂肪を減らすには「約10 km のウォーキングを最大心拍数の55%(100bpm)程度で毎日実施すれば実現できるという読みでトレーニングプランを立て、9割ていど実行しました。その結果、体脂肪率5%台に復帰しました。正直ここまで読みどおりの結果が得られるとは!! 思わずニンマリしてしまいました。

直近4週分(Week 34 〜 Week 37)のトレーニング履歴を簡単に振り返ってみます。水色のマーキング箇所に注目してください。

▼ Week 34 の Polar Flow Diary。

▼ Week 35 の Polar Flow Diary。

▼ Week 36 の Polar Flow Diary。

▼ Week 37 の Polar Flow Diary。



体脂肪を燃やしたい方には、心拍センサーをつけてのウォーキングはオススメです。約1年かけてこの効果を身をもって実感するに至りました。まさに『継続は力なり』ですネ。
2017年09月17日 イイね!

“Polar Flow (web)” DIARY -- Week 37

“Polar Flow (web)” DIARY -- Week 37ウォーキング、スピニング、ジョギング、クロストレーナー等の有酸素運動を行う際、胸に巻く心拍計 “POLAR H10” をつけ、スマホ用アプリ “POLAR BEAT” によりログをとっています。

ただし、スピニングの際にはスマホは携行せず心拍計のメモリに保存し、後から転送することにしています。

スクワット、懸垂、腕立て伏せ等の際には心拍計をつけずに、それぞれ Runtastic の “Squats”、“PullUps”、“PushUps” 等のアプリをコーチ役かつトラッカーとして使っています。




【 Week 37、ウォーキング等の概要 】
画像は “Polar Flow (web)”(https://flow.polar.com/)から切り出したものです。言語は日本語表示からあえて英語表示に変えています。理由は単純でこの方が見やすいからに他なりません。

比較のために2週分を並べます。 前週分は画像編集ソフトを使ってあえてモノクロ化しています。

▼ Week 37 DIARY。


▼ Week 36 DIARY。

2週分の[Training summary]等を比べることによって有酸素運動の効果を分析するのに役立ちます。

[Summary](水色の枠囲み)を比較すると時間数は[18時間53分]から[19時間12分]と僅かながら増えたものの、消費カロリーは[6111]kcal から[5134]kcal と大幅に減りました。

個別のセッションをみていくとウォーキングのセッションが2回増、スピニングのセッションは1回減、クロストレーナーのセッションは3回減(0回)、ジョギングのセッションは変わらず(0回)でした。

[Heart rate zones](緑色の枠囲み)を比較すると[ゾーン 4]は[16%]から[6%]に減り、[ゾーン 3]は[14%]から[10%]に減り、[ゾーン 2]は変わらず([17%])でした。


▼ Polar “心拍ゾーン”。私の最大心拍数[181]に基づく心拍ゾーンです。最大心拍数については 7月17日の記事 で取り上げました。


※http://support.polar.com/e_manuals/M430/Polar_M430_user_manual_Japanese/Content/Heart-rate-Zones.htm に掲載されている表を加工したものです。




【 Week 37、ウォーキング等の自己ベスト 】
アプリ “POLAR BEAT” には[自己ベスト]という管理機能があります。それは[(消費)カロリー]、[距離]、[平均ペース/速度]の3つを物差しにした管理機能です。

▼ Week 37 では[距離での自己ベスト]の記録更新がありました。9月16日のウォーキングセッションです。

▼ 9月16日のウォーキングセッション。[(消費)カロリー]は高くないものの[消費カロリー中の脂肪燃焼%]は[51%]と高効率です。距離が伸びたこととの因果関係はありません。





【 Week 37、スクワット等の概要 】
“Runtastic.com” の[アクティビティ]を手集計し、“Runtastic Premium メンバー” に毎週届くメール(フィットネスレポート)を編集した画像を使ってアップします。

▼ 今週のアクティビティを上段に、先週のアクティビティを下段に配置しています。


▼ スクワットでは自己記録を更新しました(280回)。現在の私の記録は171位(Week 36 では224位)です。100位以内を目指したいところです。






【 体重及び体脂肪の変化 】
画像は “Runtastic.com” の[ボディー]という管理画面の一部を切り出したものです。

Withings “Body Caridio” の測定値を自動で読み込むよう “Runtastic.com” から連携設定しています。ただし、読み込まれるのは体重と体脂肪だけです。





【 最後にちょっと 】
Week 36 では[(消費)カロリー]が 6000 kcal を超える運動量を達成しましたが、2週連続での達成はかないませんでした。スピニングのセッションの1回減、クロストレーナーのセッションの3回減(0回)が響いたようです。

Week 38 では再び 6000 kcal を超えを目標としていきます。
2017年09月11日 イイね!

貧血の治療、その後・・・腹部超音波検査、心臓超音波検査、胸部造影CT検査でも問題はなかった

貧血の治療、その後・・・腹部超音波検査、心臓超音波検査、胸部造影CT検査でも問題はなかった8月29日の記事で9月4日に3つの検査を受診予定であることを書きました。

検査は予定どおり受診しており、今日はその結果を聞きにクリニックに出かけてきました。

悪性腫瘍はもちろんのこと問題となる病変は見つかりませんでした。

ご心配をおかけしましたが、これでホッと一安心です。

しかし、全てが解決したわけではありません。手短にご報告させていただきます。



【 検査結果の概要 】
治療の必要性はないものの次の2点の指摘がありました。

・ 右の腎臓に腎嚢胞(じんのうほう)が1個あり。正式には単純性腎嚢胞といい50歳以上の人に多くみられ健康に害はない。

・ 心臓の弁の変性が見られるものの年齢相応。




【 便潜血検査(大腸がん検診)が陽性になった理由は? 】
消化器系からの出血がないのになぜ便潜血検査(大腸がん検診)が陽性になったのか? この疑問を尋ねてみました。

「この検査は感度が高いため、摂取した食肉にヘモグロビンが含まれていた場合これに反応してしまうことがある」とのことでした。

この説明で合点がいきました。




【 貧血の原因は未だにわからずじまい 】
検査項目を増やして、生化学検査(血液検査)を再度行うことになりました。




【 最後にちょっと 】
検査続きで何かあったらいやだなぁと思いながら来院しましたが、若い担当医はそういう患者の気持ちを察してか、次のことを教えてくれました。

「腸腰筋(インナーマッスルのひとつ)が普通の人と比べて3倍くらい太い」

ということでした。これにはちょっと嬉しくなりました。
Posted at 2017/09/11 20:20:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | メディカル・ケア | 日記

プロフィール

「【Nokia がデジタル・ヘルス事業の戦略的オプションの見直しを開始】(2月15日公開)https://www.wareable.com/nokia/nokia-may-pull-the-plug-on-its-wearables-5758 まさか撤退しないよね!!」
何シテル?   02/16 08:47
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

良いとこ突いてきた、スズキ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 12:53:04
メガーヌ・セダン試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 09:09:49
自動ブレーキ付き車が事故を誘発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 05:56:06

お友達

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.