• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SaeXaのブログ一覧

2015年12月19日 イイね!

燃料残量警告灯点灯で残り燃料は何リットル?

燃料残量警告灯点灯で残り燃料は何リットル?燃料残量警告灯が点灯した時、
残り燃料は何リットル?
か、把握していますか?

無給油1000kmドライブをしている時、自宅まで150kmのところで燃料残量警告灯が点灯して、入れようか走り切ろうか迷ったことがあります。
それ以来、インテリジェントメーターに消費燃料量を表示させて、残り燃料量を推測するようにしています・

今回も、ほぼ50リットルの消費で燃料残量警告灯が点灯しました。
S15シルビアの場合、燃料タンクの公称値が65リットルですので、残りは15リットルあることになります。
満タンの時には、給油口から見えるところまで入れるので、公称値よりも多く入っているはずです。

この目安があれば、燃料残量警告灯が点灯してから、通勤で120km、高速道路なら220kmは安心して走れるはずです。
しかし、
それでも、燃料残量警告灯が点灯すると15リットルもあるのに不安になってしまうのは何ででしょう。

燃料残量警告灯が点灯してからもう一段精度の高い残量計が欲しいです。
ということで、残り5リットルぐらいを警告する残量警告灯を作りたいと思っています。


今回の給油で、60.08リットル入りました。
燃料残量警告灯が点灯する頃は、軽くなって車の調子がとても良くなったような気がします。
逆に、満タンにして重くなると、加速が悪くなり車の調子がとても悪いと感じます。
60リットル55kg(大人一人分)の違いで、こんなに違うのかと実感じます。
Posted at 2015/12/19 22:23:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | エコ | クルマ
2015年09月26日 イイね!

積極的省エネ運転のススメ!加速編

省エネ運転て言うと、
アクセル踏むな!   .
   スピード出すな! . 
      ブレーキかけるな!

と、消極的な”我慢大会”になってしまいます。

もっと、データを駆使した、積極的な省エネ運転の方法はないか考えてみました。



 図は、かつて乗っていたKP61のカタログから取り込んだものです。
 昔のカタログには、エンジンの出力特性、軸トルク特性のほかに、燃料消費率のグラフが描かれていました。
 燃料消費率のよい回転領域を積極的に使えば、少しでも稼げるような気がします。

 この K-Ⅱレーザー型エンジンでは、最低燃料消費率が4000rpmで発生しています。
 トルクのピークは、3600rpmです。
 加速の時には、3000rpm~4200rpm あたりを積極的に使い、巡航速度に届いたらなるべく高いギアでエンジンの回転を押さえて走る走り方がよさそうです。

 ゆっくり加速で、燃料消費率が悪いところを長時間かけて加速する走り方が”省エネ”とは言いがたいような気がします。

次は、走行性能図曲線を見てみましょう。
車種はKP61です。



 駆動力(トルク×ギア比)と走行抵抗の関係や各ギアの回転数と速度の関係が分かりやすくあらわされています。
 これを基に、高速道路での本線同流の事を考えてみると、
   2速で、60km/h(4200rpm) まで加速し3速へシフトアップ
   3速で、100km/h(4200rpm)まで加速して
      (4速をとばして)5速へシフトアップして巡航。
という走り方になります。

 最近のクルマのカタログには、燃料消費率が載っているものをあまり見ません。
 トルクのピークは、燃料消費速度やカムプロフィールからそのエンジンの最高効率を示しているものだと考えます。
 ガソリンの燃焼速度を考えると(1気筒当たりの大きさにもよりますが)3000rpm前後からトルクピークあたりを使用するのが効率が良いのではないかと思います。

 いろいろ考えて走るのは楽しいですが、どの道を通っても行きつく速度が同じであればあまり変わらないかもしれません。


 話は変わりますが、走行抵抗 0% のラインと駆動力のラインの交点を見ると、4速の方が5速よりも高いスピードで交わっています。
 つまり、4速で最高速度が出るということです。
 最高速度が出るギアがトップですから、4速がトップ、5速はオーバートップということになります。

Posted at 2015/09/26 14:44:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | エコ | 日記
2015年09月26日 イイね!

積極的省エネ運転のススメ!エンジンブレーキ編

省エネ運転て言うと、
アクセル踏むな!      
   スピード出すな!    
     ブレーキかけるな!
と、消極的な”我慢大会”になってしまいます。

もっと、ドラテクを駆使した、積極的な省エネ運転の方法はないか考えてみました。


 S15シルビアは、2000rpm以上でアクセルを離す(エンジンブレーキを効かす)と、フェールカットされます。
 ですから、エコ・ランにおいて一番おいしいところが、2000rpmのちょっと上のところということになります。

 写真では、下にちょっと写っているインテリジェントメータECOの緑のバーが右に振り切れ、瞬間燃費 39.99Km/L の文字が見えます。
 フェールカットされていると燃料を出していないので計算上∞Km/Lとなります。
 ECOメータでは最高値の39.99Km/Lを表示します。

 下り坂で、2000rpmのちょっと上のところでエンジンブレーキを使うとそれほど減速しないでフェールカットされます。
 フェールカット状態で長い距離が走れればその分、燃費が良くなるわけです。
 いかにこのおいしいところを長く使えるかで燃費が大きく変わってきます。

 下り坂のみならず、赤信号手前でもシフトダウンし積極的にフェールカット領域でエンジンブレーキをかければそれなりに燃料の消費が抑えられます。

 これだから、おいしいゾーンを積極的に使うために、思い通りシフダウンできるMT車は面白い!


 ちなみに、
 2000rpmより下がると、フェールカットが効かなくなります。


写真2では、燃料が出ているので、インテリジェントメータECOが17.63Km/Lの表示を出しています。


それにしても、運転しながら写真を撮るのは難しい!
シャッターを切るのが精一杯でした。
Posted at 2015/09/26 11:48:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | エコ | クルマ

プロフィール

#アルミテープ まとめ記事:「アルミテープ効果の”見える化”と検証」を掲載中! http://minkara.carview.co.jp/summary/1741/
何シテル?   09/17 22:00
S15シルビアAutechVersion と ホンダ ドリーム50 にぞっこんです。 高回転型エンジンをパワーバンドに乗せて走るのが好きです。 動作や効...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

マツダ ロードスター  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/24 05:04:35
アレから約半年が経ちました!そのに!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/18 23:45:30
日産 ステージア  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/06 10:40:14

愛車一覧

ホンダ ドリーム50 ドリーム50 (ホンダ ドリーム50)
DOHC 4バルブ  レッドゾーン13000rpm  5.6PS/10500rpm   ...
日産 シルビア S15改 (日産 シルビア)
S15 Silvia AutechVersion      AUTECH が追究した「 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.