• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しょう206のブログ一覧

2010年07月31日 イイね!

とっても近い打ち上げ花火

とっても近い打ち上げ花火いつもクルマを停める場所から打ち上げ。

もし置いたままだったら、外装の塗装が焦げたかも?

真上・真横に上がるので、携帯のカメラでも撮れました。

Posted at 2010/07/31 08:01:07 | コメント(6) | トラックバック(0) | 子供とお出かけ | 日記
2010年07月29日 イイね!

クルマと鉄道の使い分け


夏の旅行では、出先のエリア内の移動は鉄道を利用し、
エリア間の移動は、クルマを使うことにした。

これまでは、鉄道のみで日程を組んだ北海道旅行や、
クルマだけで出かける毎年の信州旅行など、
思いきりのいい設定ではあったが、少し融通が利かない面も...

鉄道+クルマと言うハイブリッドな移動手段を採ったことで、
「クルマはラクでいいなぁ」とか「電車だと飲めるのに...」などと、
無いものねだりな後悔には無用な旅だった。


最近では、パークandライドを意識した鉄道駅が少なくないし、
宿泊先にクルマを置いて、送迎してもらうこともできる。

クルマと鉄道を使い分ける方法は、
これからも、上手に使いたいと思った。

Posted at 2010/07/29 10:32:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | 子供とお出かけ | 日記
2010年07月25日 イイね!

5歳児の写真館(夏旅行編)


前回の5歳児の写真館(G.W.編)から三ヵ月。

最近 やたら動画に凝っていて、バシバシ撮るので、
2GBのカード2枚を用意しても、ちょっと不足気味。

---

急な坂を登ったり、スイッチバックもある箱根登山鉄道は、
小さくまとまった編成スタイルも含め、幼児の好みに合致。

1



なぜか、新しい車両よりも、古く貴重な車両が好き。

2



私が子供のころに、電車の本で見た憧れのロマンスカー。
まさにそのスタイルのまま 目の前に現れて、感無量の私。

その姿を、自分の息子が 写真に収めてくれる日が来るとは...

3



箱根ケーブルカーにて。ケーブルを送る鉄輪が気に入った様子。
左右の鉄輪が、それぞれ登りと下りだと説明してくれた。。。

4



大涌谷の黒たまごを輸送する小さなロープウェイを見つけた。
テレビの空から日本を見てみようの箱根編で知り、楽しみにしていた。

5



箱根の山に沈む夕陽。シーンモードを「夕焼け」に設定して撮影。

誰に教えられた訳でもないのに、メニューから自力で機能を発見。
たぶん、ママよりも、デジカメの機能に精通していると思う。。。

6



江ノ電は初体験だったが、あらかじめ全駅名を言えるほどお気に入り。

「江ノ電で最も駅間が短い」「長谷まで行かないと行き違いできない」
などと、どこかで覚えた知識を、いろいろと教えてくれた。。。

7

8



京都の嵐電と同じカラーリングの電車を見つけて大喜び。

9



地ぱんマンは、鎌倉駅前のパン屋さんのキャラクター。
アンパンマンの作者が作ってくれたキャラだと5歳児の解説。

10



藤沢駅にあったキオスク。「旧性能電車やろ?」と言っていた。

11



猛暑日に冷房のない旧型客車に乗ったら、限度を通り越した暑さ。
でも、5歳児は 顔を真赤にしながらも、がんばって楽しんでいた。

12

13



窓から安全確認をしたり、手動のドアを開け閉めしたり。
井川線の車掌さんになったつもりで、エンジョイしていた。

14



アプト式機関車の連結風景。重みのある迫力に圧倒されていた。

15



線路の隙間に自生していたアサガオ。

16



転車台を出て、貴重な扇型車庫に入るディーゼルカー。

見学ツアーの参加者は、大半が大人の鉄道マニア達。
彼らの中に入り、ガイドさん密着の好位置を常にキープ。

17



「おおっ、給水塔やん」と、ちゃっかり写真に収めていた。

18

Posted at 2010/07/26 03:28:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | 子供とお出かけ | 日記
2010年07月23日 イイね!

横に長い県

横に長い県










東名高速を走っていると、実際以上に距離感がある。
それは、走っても走っても「進まない」感があるから。

それもそのはずで、浜松西ICから御殿場ICまで、
静岡県内を走り切るのに、160kmほどの距離がある。

関西を抜けて御殿場あたりまで移動するとしたら、
行程の半分近くが、静岡県内ということになる。

静岡県に接した箱根から浜名湖へ移動するだけで、
半日近く、時間を消費したような気がしてしまった…


浜名湖に沈む夕陽を見ながら、暑く長い一日を思った。
Posted at 2010/07/23 05:02:11 | コメント(8) | 子供とお出かけ | 日記
2010年07月22日 イイね!

道路の真ん中を走る

道路の真ん中を走る














道路の真ん中を堂々と走れるのは路面電車だけ。

それでも、路駐の車を避ける歩行者があったり、
車庫入れするクルマの先端が飛び出してきたり。

その度に、ホーンを鳴らしてブレーキをかける電車。
クルマや街と共存する姿に、歴史を感じた 。。。


ちょっと感心したのは、平日の昼間だと言うのに、
両端の始発駅で列ができていて、車内も適度に混雑。

箱根登山鉄道では、朝の山登り・夕方の下山と、
お客さんの流れ一方通行だったことと対照的。

中小とは言え、沿線に根付いて生き残れる鉄道には、
それなりの訳があるのだなぁ..と実感した。

Posted at 2010/07/22 05:20:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | 子供とお出かけ | 日記

プロフィール

「水泥公司と書かれたホキ+セキの貨物。日本のようなコンテナ貨物は皆無で、昔懐かしい混成貨物が主流。。火砲を載せたチキが留置されていたり、いい感じの鉄風景。ちなみに水泥って、セメントのことらしい。」
何シテル?   08/06 09:17
プジョーのCCとSWに乗ってます。 オープンカーは四台目、フランス車は五台目です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

旅の燃費 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 12:36:15

お友達

お友達のところには、ちょくちょくお邪魔させてもらっています。
109 人のお友達がいます
CHELLCHELL * Sei-gSei-g *
CBACBA 753s753s
GentaGenta こじしんこじしん

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 208 プジョー 208
通勤車五代目です。 カブリオレ四代続きの後半は、 オープンで走ることもほとんどなくなり ...
プジョー 207SW (ワゴン) プジョー 207SW (ワゴン)
ファミリーカー3代目です。 マイチェン後の仕様。 さらに小変更が加えられた2011年式 ...
プジョー 207CC (カブリオレ) プジョー 207CC (カブリオレ)
207CCプレミアム(2007)です。 オープンカー4代目です。 マイチェン後のグリフ ...
ルノー メガーヌ ツーリングワゴン ルノー メガーヌ ツーリングワゴン
メガーヌ2 ツーリングワゴン Ph1(2006)です。 ファミリーカー2代目です。 20 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる