• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペントードのブログ一覧

2018年07月26日 イイね!

Win10のWindowsPEにWin10のIME

Win10のWindowsPEにWin10のIME ツール類を起動するために WindowsPE を使用する機会もよくあると思います。とうの昔に日本語IMEのサポートは無くなり、Windows7のIMEを組み込んで使っている人も多いと思います。
 Windows10 が出てからしばらく経過したので、WindowsPE へ Windows10 の IME が組み込みできるのか、試してみました。
 Windows7 時代に作成したものを改変して次のような CMD ファイルを作りました。HDDツールやバックアップソフトの「起動USB」作成ツールは Windows10 ADK の場所を指定するとそこの wim をもとに起動USBを作成してくれるのですが、自前のファイル名の wim は認識しないので、ADK の初期 winpe.wim は winpe.wim_org と名前を変えておき、 winpe.wim を作成することにします。Windows10 x64 17134.rs4 での結果です。

rem -----------------------
rem 最初に ADK の [展開およびイメージング ツール環境] を管理者で実行する。
rem "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\en-us\winpe.wim
rem 上記 ADK の初期の wim は、破損を避けるため winpe.wim_org にリネームしておく。
rem -----------------------
rem C:\TEMP で作業する。追加ドライバは C:\TEMP\Drivers に入れておく。
setlocal
set ADK_DIR=%WinPERootNoArch%\amd64
set MOUNT_DIR=C:\TEMP\WinPE_amd64\mount
rem 追加ドライバのディレクトリ(C:\TEMP\Drivers)
set WinPEDriver=C:\TEMP\Drivers
rem IMEファイルの場所
set IMEBinSrc=%windir%

rem -----------------------
rem #### 初期の winpe.wim (winpe.wim_org)を winpe.wimにコピーする。
copy /y "%ADK_DIR%\en-us\winpe.wim_org" "%ADK_DIR%\en-us\winpe.wim"

rem -----------------------
rem #### winpe.wim をマウントする。
rmdir /S /Q "%MOUNT_DIR%\..\"
mkdir "%MOUNT_DIR%"
rem DISM /Cleanup-wim
DISM /Mount-wim /WimFile:"%ADK_DIR%\en-us\winpe.wim" /index:1 /MountDir:"%MOUNT_DIR%"

rem -----------------------
rem #### 日本語化ほか
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\lp.cab"
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\lp.cab"
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-FontSupport-JA-JP.cab"
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-WMI.cab"
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\WinPE-WMI_ja-jp.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-NetFx.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\WinPE-NetFx_ja-jp.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-Scripting.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\WinPE-Scripting_ja-jp.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-PowerShell.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\WinPE-PowerShell_ja-jp.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-DISMCmdlets.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\WinPE-DISMCmdlets_ja-jp.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-SecureBootCmdlets.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\WinPE-WDS-Tools.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_DIR%\WinPE_OCs\ja-jp\WinPE-WDS-Tools_ja-jp.cab"
rem DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Enable-Feature /FeatureName:SMB1Protocol
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Set-Allintl:ja-jp
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Set-Inputlocale:0411:00000411
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Set-Layereddriver:6
DISM /Image:"%MOUNT_DIR%" /Set-Timezone:"Tokyo Standard Time"

rem -----------------------
rem #### IME 関係のコピー(windows10x64 1804)
set WinPEWinDir=%MOUNT_DIR%\Windows

xcopy /Y /S /E /H %IMEBinSrc%\IME\*.* %WinPEWinDir%\IME\
xcopy /Y /S /E /H %IMEBinSrc%\SYSTEM32\IME\*.* %WinPEWinDir%\SYSTEM32\IME\
xcopy /Y /S /E /H %IMEBinSrc%\SYSTEM32\InputMethod\*.* %WinPEWinDir%\SYSTEM32\InputMethod\

copy /y %IMEBinSrc%\System32\CoreUIComponents.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\ctfmon.exe %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\EditBufferTestHook.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\GlobCollationHost.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\globinputhost.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\ieframe.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\inputhost.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\InputLocaleManager.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\InputService.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\InputSwitch.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\msctfime.ime %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\MsCtfMonitor.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\msctfp.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\msctfui.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\msctfuimanager.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\msimtf.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\msutb.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\MTF.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\MTFServer.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\TextInputFramework.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\UIAnimation.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\UserLanguageProfileCallback.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\UserLanguagesCpl.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\Windows.Globalization.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\Windows.Globalization.Fontgroups.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\Windows.Networking.Connectivity.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\Winlangdb.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\wuapi.dll %WinPEWinDir%\System32\
copy /y %IMEBinSrc%\System32\wuaueng.dll %WinPEWinDir%\System32\

rem -----------------------
rem #### IME 登録 CMD 作成
@echo @echo off > "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\MSUTB.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\MsCtfMonitor.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\shared\IMETIP.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\shared\IMEAPIS.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\shared\IMJKAPI.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\shared\MSCAND20.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\shared\IMELM.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\shared\IMEPADSM.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\IMEJP\IMJPTIP.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\IMEJP\IMJPAPI.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\IMEJP\IMJPDAPI.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\IMEJP\IMJPLMP.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REGSVR32 /S %%WinDir%%\System32\IME\IMEJP\IMJPPRED.DLL >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"

@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "DIC00" /t REG_SZ /d imjp15cu.dic,1 /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "DIC01" /t REG_SZ /d %%SystemRoot%%\IME\IMEJP\Dicts\SDDS0411.DIC,1,15 /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "DIC02" /t REG_SZ /d %%SystemRoot%%\IME\IMEJP\Dicts\IMJPZP.DIC,1,271 /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "DIC03" /t REG_SZ /d %%SystemRoot%%\IME\IMEJP\Dicts\IMJPTK.DIC,1,8 /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "LearningLevel" /t REG_DWORD /d "0x80000000" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "MemoryLearning" /t REG_DWORD /d "1" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\Dictionaries" /v "DictTimeStamp" /t REG_DWORD /d "0x00000001" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\MSIME" /v "UseCloudSuggestion" /t REG_DWORD /d "0" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\MSIME" /v "LearnNumExp" /t REG_DWORD /d "0" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\MSIME" /v "PredictionUseInputHistory" /t REG_DWORD /d "0" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\MSIME" /v "PredictionUseSystemDictionary" /t REG_DWORD /d "0" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"
@echo REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\MSIME" /v "PredictionMinimumCompositionStringLength" /t REG_DWORD /d "1" /f ^> nul >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"

@echo start CTFMON.EXE >> "%WinPEWinDir%\System32\IME\IMEReg.CMD"

rem -----------------------
rem #### 改行の追加
rem @echo.>> "%WinPEWinDir%\System32\STARTNET.CMD"

rem -----------------------
rem #### ネットワークを起動時に解放
@echo wmic path win32_networkadapter where PhysicalAdapter=True call disable >> "%WinPEWinDir%\System32\NETOFF.CMD"
@echo wmic path win32_networkadapter where PhysicalAdapter=True call enable >> "%WinPEWinDir%\System32\NETON.CMD"
@echo call %%WinDir%%\System32\NETOFF.CMD >> "%WinPEWinDir%\System32\STARTNET.CMD"

rem -----------------------
rem #### 解像度を最大にする
rem dc64.exe は、 12noon Display Changer(12noon.com) の dc-setup.exe に含まれている。
copy "%WinPEDriver%\dc64.exe" "%WinPEWinDir%\System32"
@echo dc64 -max >> "%WinPEWinDir%\System32\STARTNET.CMD"

rem -----------------------
rem #### STARTNET.CMD に IME 登録を追加
@echo call %%WinDir%%\System32\IME\IMEReg.CMD >> "%WinPEWinDir%\System32\STARTNET.CMD"

rem -----------------------
rem #### 言語バーの表示と NUMLOCK ON
REG LOAD HKLM\PETEMP %WinPEWinDir%\System32\config\DEFAULT
REG ADD "HKLM\PETEMP\Control Panel\Desktop" /v "UserPreferencesMask" /t REG_BINARY /d "9e1e078012010000" /f
REG ADD "HKLM\PETEMP\Control Panel\Keyboard" /v "Initialkeyboardindicators" /t REG_SZ /D "2" /f

rem IMEMODEの表示(無効)
rem REG ADD "HKLM\PETEMP\Software\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\MSIME" /v "ShowImeModeNotification" /t REG_DWORD /d "1" /f

REG UNLOAD HKLM\PETEMP

rem -----------------------
rem #### デバイス ドライバー(x64)を Windows PE イメージに追加する。
rem DISM /Add-Driver /Image:"%MOUNT_DIR%" /Driver:"%WinPEDriver%\3520\hptiop-win-1.2.28.28\x64\hptrcm.inf"
rem DISM /Add-Driver /Image:"%MOUNT_DIR%" /Driver:"%WinPEDriver%\3520\hptiop-win-1.2.28.28\x64\hptiop.inf"
rem DISM /Add-Driver /Image:"%MOUNT_DIR%" /Driver:"%WinPEDriver%\2720\RR272x_1x_Windows_Miniport_v1.6.13.0.1_15_07_22\x64\272x_1x.inf"

rem -----------------------
rem #### 変更を適用して Windows PE イメージのマウントを解除する。
DISM /Unmount-wim /MountDir:"%MOUNT_DIR%" /commit

rem -----------------------
rem #### iso の作成
rmdir /S /Q "%MOUNT_DIR%\..\"
call copype.cmd amd64 "%MOUNT_DIR%"
rem oscdimg -o -udfver102 -u2 -b%MOUNT_DIR%\fwfiles\etfsboot.com "%MOUNT_DIR%\media" "%MOUNT_DIR%\..\..\WinPE_JPN_IME.iso"
call makewinpemedia.cmd /iso /f "%MOUNT_DIR%" "%MOUNT_DIR%\..\..\WinPE_JPN_IME.iso"
rmdir /S /Q "%MOUNT_DIR%\..\"
endlocal
rem -------おわり-----------



 従来コマンドウィンドウは最下行に入力モードなどが表示されていましたが、Windows10ではフローティングの言語バーしか表示できないようです。
 また、現時点ではモード切替時に画面中央に「あ」とか「A」と大きく表示される文字も表示できません。その他のツールも使用不能です。

 PEはファイアウォールで内側から開始する通信はできます。今回はネットワークが不要だったので、ネットワークアダプタを簡単にON/OFFできるようようにして、開始時はOFFにしておきました。

 どのような不具合があるのかないのか、まだよくわかっていませんが、一応使用できています。
 dc64.exe は画面解像度を変更する 12noon の Display Changer というもので、とても便利です。
 上記のみの状態でサイズは422MB 程度と大きいです。不要なものまで丸ごとコピーしているので仕方がない! USB2.0 では起動が遅いので残念!
Posted at 2018/07/26 23:28:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月29日 イイね!

Windows10 RS4 で xps ビューアーを復活

Windows10 RS4 で xps ビューアーを復活 今回、Windows10 17134.rs4 の更新で XPS ビューアーが消えてしまいました。「Windowsの機能の有効化または無効化」にも項目はありません。
 管理者コマンドプロンプトから以下を実行して復活しました。
 しかし、あとでよく見ると「アプリ」のオプション機能に設定が移っていただけでした。トホホ
-----------------------------
Dism /online /add-capability /CapabilityName:XPS.Viewer~~~~0.0.1.0
-----------------------------

 そういえば以前、Windows フォトビューアーが「フォト」に置き換えられ、このような記事を参考に設定を行ったことがあります。今回も次のregファイルを作成し、レジストリを更新しました(記事内容のまま)。
-----------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open]
"MuiVerb"="@photoviewer.dll,-3043"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\
6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\
00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\
25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\
00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\
6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\
5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\
00,31,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\DropTarget]
"Clsid"="{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\
6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\
00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\
25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\
00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\
6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\
5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\
00,31,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\DropTarget]
"Clsid"="{60fd46de-f830-4894-a628-6fa81bc0190d}"

-----------------------------

 ドライブ/フォルダをShift+右クリックで「コマンドウィンドウをここでを開く」は管理者でも開けるほうが便利なので、この際設定しておきました。一瞬PowerShellのコンソールが現れる、やや残念な方法です。これはレジストリのshellキーの下にrunasを作って書けばPowerShell不要で解決できることは確認しました。しかし今回は「もしrunasに複数記述したい場合はどうするのか?」との疑問が解決できず、今後の自由度を重視してこうしました。
-----------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\CmdHere]
@="コマンドプロンプト"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\CmdHere\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\CmdHere_A]
@="コマンドプロンプト(管理者)"
"NoWorkingDirectory"=""
"Extended"=""
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\CmdHere_A\command]
@="powershell -WindowStyle hidden -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command \"Start-Process cmd.exe -ArgumentList '/s,/k,pushd,%V' -Verb runas\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CmdHere]
@="コマンドプロンプト"
"Extended"=""
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CmdHere\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CmdHere_A]
@="コマンドプロンプト(管理者)"
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CmdHere_A\command]
@="powershell -WindowStyle hidden -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command \"Start-Process cmd.exe -ArgumentList '/s,/k,pushd,%V' -Verb runas\""

-----------------------------

 消去する reg はつぎのとおりです。
-----------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\CmdHere]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\CmdHere_A]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CmdHere]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CmdHere_A]

-----------------------------
 大型連休に悩みたくないので、こんなことはやめて魚釣りに行った!!
Posted at 2018/04/29 22:01:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月18日 イイね!

Microchip MPLAB PICkit 4

Microchip MPLAB PICkit 4 PICkit4 が発売されました。お値段5500円弱でしたが、ニュースリリースには次のように書いてあります。
 「より高機能、高性能な開発ツールだからといって、高価である必要はありません」とMicrochip社開発システム担当取締役のRodger Richeyは述べています。
 ならばもっと安くしてください。

 かなりしょぼい MicroUSB ケーブルが付属しています。

 MicroSD が差し込めるようです。

 ケースの銀色と黒色の境目がインジケータです。状態により色が変化します。
 また、本体表面はケースの変形を利用した押しボタンになっています。赤いロゴマークの部分を押すと「ペコペコ」とスイッチの音がします。

 基板おもて側。
 通電中に意味もなくUSBコネクタ横のリセットボタンを押したりしていると、復旧ブートモードになったりして動作しなくなるかもしれませんので触らぬが吉。
 しかしその場合、MPLAB X IDE にファームウェア回復ユーティリティがありますので容易に復旧はできます。

 うら側。

 ターゲットに電源供給中はインジケータが黄色になるようです。
 PICkit3 で18秒かかっていた書き込みは7秒で完了しました。速いので良い!!
Posted at 2018/03/19 23:27:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月02日 イイね!

正月初いじり

正月初いじり 今年の初いじりは室内作業です。
 最近は3Dプリンタとかレーザカッタなどが身近になり、軸制御をする機会が増えていると思います。

 うちにはそんなものはありませんが、違った用途に Smoothie ボードの中華品を持っています。純正品はLPC1769でCPUのクロックが120MHzですが、こちらはLPC1768で100MHzです。
 CPU交換で120MHzになると思いますので早速やってみます。

 CPU交換。ついでに不良になりやすい小容量のコンデンサを交換。
 最近ファームウェアが更新されていましたが、私はUARTを独自に追加しているので、久々に仮想マシンのCentOSでコンパイルしてファームウェアを更新。

 何の問題もなく120MHzで動作しました。基板上にメイン(アイドル)ループの速度がわかるようにLEDがチカチカしていますが、点滅周期が早くなりました。

 外したCPUは何か利用したいけど。。。思いつかない。。。

 続いてノートパソコン DELL XPS L702X の修理です。LCD開閉の反復に伴いLCDの取り付け枠の応力がかかる部分が破断して、鉄くぎを当てハンダ付けしてしのいでいましたが、反対側も破断しかけてきたので修理します。

 ヒンジとLCD取り付け枠は別部品で、取り付け枠は強度も弱いです。しかしタッチパネル仕様機の部品は一体化した構造で強いので、これに交換します。破断しそうなので2~3年前に購入しておいたものです。

 ヒンジ側から破断しやすい部分まで厚い金属が延長されているので安心です。

 カバーのほうもインサートがグラグラになっていたので、プラスチックリペアを使用して補修しました。

 あとはナビの蛍光管のLED化をしました。中華LEDはすぐ「ヘタる」とのことで、どうなることやら。
Posted at 2018/01/07 17:26:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月02日 イイね!

パドルシフトスイッチ取り換え

パドルシフトスイッチ取り換え 接触不良のパドルシフトスイッチ交換です。バッテリ外して放置後作業開始。

 ステアリングスイッチを外す必要があるようです。

 今回の必要部品はマイナス側スイッチ(84610-68010)と細いインシュロック1本です。

 昼飯のあとの作業で無事完了。スイッチ交換自体は数分の作業です。
 交換後は元通り快調に。

 不良スイッチはどうなっているのかな?

 基板。

 メッキは一部失われています。なぜ等間隔で点々になっているか、それは基板のガラス繊維の編み目の間隔で銅箔面にわずかなデコボコがあるからでしょう。

 コンタクトは金のクラッドか何かの金属板のようだ。

 基板のメッキが無くなっていた部分の相手側の位置には黒いカスが。金属板は自動ホワイトバランスで白い色に写っていますが、実際は金色です。

 ふき取って横から光を当てると、金がなくなり窪んでいるように見えます。酸化した金属粉のような汚れをふき取っても、金メッキが無いのですぐに不良になるでしょう。
 再利用するには表面を平滑にして厚い金メッキをするしかないようです。高価なホビー用の金メッキ液を持っていれば修理できるかもしれませんが、スイッチ交換のほうが確実です。


Posted at 2017/11/02 22:41:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

いろいろなものを作っては一人喜んでいます。対象がたまにクルマになったりします。クルマは現状回復可能な範囲でのDIYを楽しんでいます。 偶然同じようなことを画策...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

Grandstream HT701 HT702 firmware 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/03 18:07:54
 
サイレントコワリクン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 22:17:06
 
TB67S249FTGモータドライバ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/26 17:39:31
 

お友達

お友達登録はお休み中です
6 人のお友達がいます
HeavyAnchorHeavyAnchor ひろ@さいたまひろ@さいたま
エボ解禁エボ解禁 SupperSupper
FIELDerFIELDer ふぁ!?ふぁ!?

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
ウィッシュ1.8S(H21)に乗っています。
その他 その他 その他 その他
置き場

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.