• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんかくまくりのブログ一覧

2015年11月11日 イイね!

The Last Memory of Polaris~約束の場所~

 それは、出逢いの場所。


それは、共に過ごす日々の始まりの場所。


それは、行けば必ず誰かに出逢える、大好きな場所。


それは、一番好きな橋があって、一番好きな夜景が見られる場所。


それは、大切な友人との絆が育まれた場所。


それは、生涯忘られぬ想い出の場所。


そしてそれは、共に歩んだキセキを締め括る、別れの場所。。。




 遠く離れた北の大地でこの世に生を受け、大学卒業と同時に就職して東海の地へ渡り、
「北陸」という土地とは縁も所縁も無いままに過ごして来ました。

しかし相棒Polarisとの出逢いを起点として、この「富山」という土地を舞台に、
カーライフにまつわる沢山の想い出が育まれました。
絶対に失いたくない大切な友人に、この地で出逢いました。
いまや、かつて縁も所縁も無かったはずのあの場所は、愛する故郷の次に愛着を感じる土地になりました。

先月、次なる愛車と契約した後に残された、僅かなchance...
今まで数々の想い出を共にしたPolarisとの最後のlong drive...
その行き先を決めるのに、時間など必要ありませんでした。


あの日・・・

ほんの少しだけど、最後にもう一度だけ訪れる事が出来た、想い出の場所。

いつも以上のローアングルで狙います(殴

こっそり訪れた、お世話になったあのお店。

確か、あの赤のラパンのあたりに、あの時相棒は停められていたんだよな。。。

納車直後に昼食に訪れたFRESHNESS BURGERにて、あの時と同じように昼食を摂り・・・

想い出を辿る様に、相棒を走らせながら・・・

そして最後の最後に、また沢山の素敵なSWIFTに囲まれ




新たな出逢いにも恵まれ


大切なお友達と語らい


想いを託し・・・


5年半前、人生初愛車の納車に興奮しながら、中古車屋さんに撮ってもらった最初の記念写真。


そしてあの日、積み重ねた沢山の想い出を噛み締めながら、同じ場所で撮った最後の記念写真。。。



今まで本当にありがとう。

そんな想いを胸に。

お別れまで、あと少し。。。
Posted at 2015/11/11 02:10:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | SWIFT ZC11 | 日記
2015年10月18日 イイね!

形見

形見前回の日記にてお伝えした通り、10/12に私は次なる愛車(新車)の契約をしました。

当初の目論見は大体以下の通りでした。

・2chによる綿密な情報収集によると、発注からの納期は概ね2か月前後
(運・タイミング・仕様等により前後)

・従って予想される納車時期は12月中旬頃だから、それまで時間を掛けてじっくりとPolarisとの最後の想い出作りの日々を送る

・お金はDに対してはあくまで現金一括とし、他の金融機関にてローンを組む
(常識的に考えればろうきんが一番安いに決まっているけれど、納車までたっぷり時間があるので資産運用で活用しているSBIを中心に興味本位で色々検討してみる)

以上の様なカンジでした。


・・・ところが何シテにてお伝えした通り、10/16金曜日にどうやら既に生産された模様とDより連絡・・・(-ω-;)
これにより上記の私の腹積もりは全て台無しにorz
ってか契約と言っても必要書類が揃っていないのであくまで仮契約ですよ!?
その仮契約の4日後に生産ってスゴくね?www

いや、こんなに早く生産してくれて本当は嬉しいはずなんです。
でも、やっぱりまだPolarisを手放す覚悟が出来ていません。
・・・何を優柔不断なと言われそうですが・・・
くどい様ですが、愛車を手放すなんて初めての経験なので、全く免疫が無いのです。
それに決して「乗り潰した」とは言えない状態で手放す事に対して、後ろめたさが無いと言えば嘘になるので、その点でも余計に辛いんです。

 このままでは10月登録~遅くとも11月上旬納車は確実な情勢。
現在資産運用しているお金はあくまで長期の運用を前提としたアセット・アロケーションとなっているため、ここで取り崩したくはありません。
そうである以上、大急ぎで資金調達せねばなりません(-_-;)
同時に、先日のブログにて最後にどうしても回りたい想い出スポットが2か所あると書きましたが、そのうちの一箇所に行く時間も、どうやら無さそうですorz

しかしこれは本来喜ぶべき事であり、仕方ありません。
その分、次なるカーライフを目一杯楽しいものにしようと思います。


さて、そこで、考えたくない事だけど、ボチボチ考えなければならない事を・・・

以下のパーツを欲しい方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。
誰もいなければ廃棄かヤフオクにて処分しますが、お友達で欲しい方がいらっしゃいましたら優先しようと思います。
(「友人で欲しいと言う方がいる」という様なご紹介も歓迎します)

HANABi フルLEDテール(クリアレンズ X ブラックメッキ)受付終了

2013年6月より使用している上、もともとこれはアウトレット品。
よって、現在は全て正常に動作する事を確認済みですが、いつ壊れてもおかしくない代物です。
それでも良ければ是非お申し出下さい。
ZC31の方はバックランプの配線が異なりますので、その点は各自ご対応下さい。


Autorade フルLEDハイマウントストップランプ受付終了

2014年6月より使用。
(適当な写真が無くてスミマセン)

SEIWA製SONY WALKMAN用FMトランスミッター

イヤホン端子ではなくUSB接続端子を利用するため、音質に優れる上に、再生しながらの充電も可能です。
ノイズも殆んどなく、我ながらかなり優れた逸品と思います。

以上三点、何れも私が使い古したものなので、あくまでジャンク品扱いです。
ノーリターン・ノークレームにてお願いします。

その代わり、何れのパーツもお代を請求するつもりはありません。
宅配にてお譲りする場合のみ、送料だけはご負担頂きます。


・・・とりあえずこんなカンジかな・・・
色々弄ったつもりだったけど、いざ挙げてみると少ないものです。
本当は他にもモンスターのクラッチペダルとか外そうと思えば譲れるのですが、DIYで取り外す時間が無さそうなので、出来ればカンベン頂きたいです。

心残りとしては、本当なら私がDIYでPolarisに着けた純正HIDヘッドライトユニットをどなたかにお譲りしたかったなと・・・
ただこれも今から元から着いていた純正ハロゲンと付け替える時間がとても作れなさそうだし、HIDが着いた状態で下取り査定を受けてしまったために断念します。


大変申し訳ないですが、以上はみん友さん優先で先着順にて決定致しますのでご了承ください。

宜しくお願いしますm(_ _)m
Posted at 2015/10/18 23:32:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | SWIFT ZC11 | 日記
2015年10月04日 イイね!

スイフトとの日々~想い出~

スイフトとの日々~想い出~ 最近俄かに結婚願望がメチャメチャ強まっている私、さんかくまくりです。
足りないものは相手だけです(泣
でもその割には、カーライフに関しては自ら結婚から遠ざかる様な暴挙をしでかそうとしている大馬鹿者ですww


 さて本題。
前回ご紹介した、納車までの想い出。
あれから5年半以上の時が流れ・・・

色々な想い出が生まれ、また色々な出逢いに恵まれました。
初めての愛車でこれだけ濃密な時間が過ごせたので、きっとスッキリとはお別れ出来ないだろうなって思います(笑)

みんカラのお陰で、カーライフの大先輩とも言える大切なお友達の皆様との出逢い・・・

色々なお話をして、実際に車に乗せて頂く事で、何をどう弄るとどう変わるという事を身を以て体感出来ました。
それは車に対する自分の見識を飛躍的に豊かにしてくれた、私の大切な財産です。

しかし皮肉にも、その大切な財産が私の感覚をより研ぎ澄ませた結果、今の相棒との間に僅かな心の隙間が生じてしまいました。
でも、きっとそれで良かったんだと今は思っています。


(↓画像はクリックで拡大します)


 毎年GWは帰省がてら北海道へ上陸。
北海道のお友達との大切な想い出が生まれました。


 夏は毎年恒例、壮大な北海道旅行。
中々天候に恵まれませんでしたが、それでも沢山の素敵な記憶を写真に残す事が出来ました。



お友達に影響されて車弄りも。
オイル交換に始まり、ペダルを替えたり、プラグも替えて、テールライトも替えて、遂にはヘッドライトユニットを丸ごと替えてHID化したりw

ジャッキアップ時にフューエルリグが空いているのはご愛嬌という事でw

憧れの鈴鹿サーキットでのマーシャルカー先導走行。
先導走行とは言え3分30秒以内で走った周もあり、S字ではそれこそ限界までプッシュしたし、130Rでの臨死体験(笑)は忘れられませんw


親友と二人で鈴鹿でF1観戦。駐車場で愛車を並べての車中泊。
レース観戦中は勿論、そこにいる時間そのものが楽しい夢の様なひとときでした。


みんカラのお陰で得られたご縁がきっかけで実現したサーキットdebut !
ただただ興奮の至福の時間で楽しかったです(^^)
「自分の運転、そんなに悪くないな。」っていう自信が生まれ、同時に課題も見つかったとても得難い経験でした。




 相棒とは全国色々な所を駆け回りました。

富山の、ある素敵な港の風景


雑誌やカーグラフィックTVで何度も見た、箱根のあの道


相棒をカッコ良く写真に残したくて、必死に道を覚えて辿り着いた東京・汐留イタリア街


倉敷の美観地区や今はちょっと残念な事になっている兵庫県の竹田城址


更に足を延ばして行き着いた、SWIFTのCM撮影にも使われた角島大橋と、秋吉台のカルスト台地も。




 そして何よりかけがえのないもの。
それはみんカラによってもたらされた出逢い、大切なお友達との素敵な、楽しかった想い出の数々。。。





 宝物が一杯詰まった、濃密な5年半の毎日でした。


最後に・・・

雪が降る前に訪れたい場所が二箇所あります。


一つは、みんカラをやっていた中で特に印象的な想い出の舞台となった、あの場所。

そしてもう一つは、自分と相棒との日々の原点になった、あの場所。


今はまだ自由な時間が十分に無くて、具体的な日程も多分直前まで決められないけれど、何とか雪が降る前に行きたいと思っています。
多分、それが相棒と共に行けるラストチャンスだと思うから・・・

あとちょっと、楽しい想い出を・・・





・・・みんカラ復帰して、私の事を知らない訪問者の方のためにも、自分がどんなカーライフを送ってきたのかという自己紹介的な内容だけは最低限書いておきたいと思ってました。
古くからのお友達の皆様にとっては退屈な内容だったかと思います。
大変申し訳ありません。

無事にうp出来て、これで安心してみんカラを放置出来ます(殴w
Posted at 2015/10/04 10:55:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | SWIFT ZC11 | 日記
2015年10月03日 イイね!

スイフトとの日々~出逢い~

スイフトとの日々~出逢い~ これは古くからのお友達はご存じの事ですが・・・
私が一度みんカラから消えて、全てが消えてしまったので・・・

私の相棒、Polaris(SWIFT ZC11)との出逢いの記憶。

 出逢いは2010年2月。
当時、私は長期出張で中国地方のド田舎に滞在していました。
まだ車を持ってなくて自転車も自宅に残して来ていたため、絶望的に不便な生活でした。
確か最寄りのスーパーまで、徒歩(歩くのはかなり速い方です)で片道30分以上掛かっていた気がします。
だから車を持っている会社の同期が買い物に行く時に乗せてもらって、一緒に買い物をしなければなりませんでした。

 そんな生活を送っていたある木曜日の夜、あてもなく徘徊していた中古車情報サイトで見つけたのが、今の相棒です。
当時滞在していた中国地方からは遠く離れた、富山県富山市の中古車屋さんで売られていました。


そう言えばもともとヘッドライトはハロゲンだったんだよな~w

確か・・・

【グレード】 1.3XG Limited Ⅱ
【価格】 79万円
【車検】 なし
【初回登録】 2007年1月(当時はちょうど3年落ち)
【走行距離】 19,500km


こんなカンジでした。


 学生時代から最初に所有する車はSWIFT ZC11と決めていました。
当時の国産コンパクトの中で群を抜く垢抜けたデザインと、多くの自動車評論家が絶賛した走行性能。
私自身、学生時代に何度かレンタカーで運転して、実際にそのステアリングフィールの良さを実感していました。
それだけの車が、装備内容も考えると素晴らしいバーゲンプライスで売られている・・・
経済的制約を伴う「最初の愛車」として、これ以上魅力的な車はありませんでした。

 私にとって決め手になったのは、年式、グレード、ボディカラー。
そして、存在しないはずのオプション品が付いていた事でした。


 まずは年式。

 後述の通り学生時代からZC11スイフトが大好きだった私は、大学時代に同じグレード・同じ装備という同条件のレンタカーで、MC前後の乗り比べをしています。
結果として私はMC前の方が気に入りました。
勿論MC後の方が洗練されていて、「より良い車なのはどっちだ?」と聞かれたら迷わずにMC後と答えますが、MC前のコンパクトカーらしからぬ硬質で重厚な乗り味に荒削りな魅力を感じたからです。
 当時の自動車情報誌に掲載された評論家のimpressionを見返してみると、MC後には「フレンチコンパクトの様な」という表現がしきりに登場するのに対し、MC前はしばしば「ジャーマンコンパクトの様な」という形容をされていました。(例えば毎年刊行されるモーターファン別冊「コンパクトカーのすべて」など)
この事も私が感じ取ったMC前後の印象の違いを裏付けると思います。

註)あくまで喩えとしてフランス車、ドイツ車という表現を用いただけで、私は決してドイツ車信者というワケではありません。

 ZC11スイフトは2007年5月にマイナーチェンジを実施しています。
つまりこの車の「2007年1月初回登録」という事実は、私好みのMC前の一番熟成された頃の車両である・・・という事を意味していると思います。

まさに私にとってドンピシャの年式だったのです。



 次にグレードとボディカラーについて。

"1.3XG Limited Ⅱ"は、1.5Lエンジン搭載の最上級グレードとほぼ同等の装備内容が奢られた特別仕様車です。
標準車と異なりBlack & Silverのシックなインテリアがとても魅力的でした。
その大人っぽいインテリアと同じ位に私を強く惹きつけたのが、標準車には存在しないキャッツアイブルーメタリック(紺色)の限定ボディカラーです。
 実は私は車を所有する前から、もっと言うと自分がどんな車を所有するかすら分からなかった頃から、決めていました。

「自分が買う車は絶対にダークブルーかレッドだ!」と。
理由は単純にカッコイイと思っていたからです。

それだけ私の好きな要素が詰まったグレードだったのですが、この車が発売された当時の私はまだ実家で生活する大学生。
新車など所有できるはずもなく、指を咥えて眺める事しか出来ませんでした。

 玉数の少ない特別仕様車の限定カラー。
しかも私にとっては絶対に譲れないMT車という条件。
これだけの条件を満たす程度の良い中古車など出て来るとは思えなくて、私は探してもいませんでした。
確かこの頃はもっぱら標準グレードのシュプリームレッドの車を探していた気がします。


 そして最後の要素である「存在しないはずのオプション品」。

上述の通り、学生時代からZC11のスイフトが大好きだった私は、頻繁にメーカーの公式HPを徘徊していました。
書店で購入したHYPER LEVは妄想を膨らませる「最高のオカズ」で、学生時代一番の愛読書だったかもしれません(笑)

余談ですが、今着けているダウンサスとホイールとシフトノブとアルミペダルカバーは、全てこの頃に選んだものです。
きちんと初志貫徹で購入・装着しました


それだけZC11に入れ込んでいた私は、度々更新されるオプションカタログに一度もキャッツアイブルー(Z2U)の純正エアロが登場していない事を知っていました。
(昨年、不注意でエアロを破損した際に、カタログに載っていないだけで存在していた事を知ったワケですが・・・)
私はMC後のフロントとリアのエアロはキライですが、MC前のエアロは学生時代から大好きだったので、更新されるたびにチェックしていたので間違いありません。

 その存在しないと思っていたキャッツアイブルーの純正エアロがフルセットで装着されていたのです。
(更に言うと、それ以外に何も余計な付属品やカスタムがなかった事も大きな美点でした)



 年式・グレード&ボディカラー・オプション品。
すべての条件が揃った以上、迷う理由は何処にもありませんでした。
インターネットで最初の伴侶を見つけた翌日の金曜日。
仕事を終えた私はそのまま電車に飛び乗り、片道一万円も掛けて遠路遥々富山へ。
翌土曜日にはハンコを押していました(笑)


車検が切れてお店の名義になっている関係で富山ナンバーがw

これが、今の相棒との出逢い。
今に続く物語の、最初の1ページ。
Posted at 2015/10/03 08:09:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | SWIFT ZC11 | 日記

プロフィール

「人より好きだったり詳しいがために、当たり前のことが疎かになったり、自分の知識や技術を過信してしまうことは、誰にでも起こりうると思います。ここにいる皆さんはこんなバカなことやらかさないだろうけど、一応書いてみました。ああ、情けない。でも、JAF入ってて良かった。。。」
何シテル?   11/11 19:44
<自己紹介> さんかくまくりです。 一度消滅したけど、また戻って来ました。 ドライブ大好き、マニュアル車大好きな車好きです。 公道で飛ばすのは嫌いで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

LOVE 
カテゴリ:ブログ
2017/04/08 02:02:38
「常識が通じない」マツダの世界戦略 
カテゴリ:MAZDA
2017/04/08 02:02:22
 
夏の箱根の快走録 
カテゴリ:ブログ
2017/04/08 02:00:16

お友達

コメントなど楽しく交流出来、考え方などお互い共感できる方なら車種・老若男女不問です☆
いきなりのお誘いはお断りしています。

交流が無い場合は削除する場合があります。
一方で「合わない」と感じたら削除して頂いて結構です。

一度退会した身で偉そうな事は言えませんが、お願いします。
16 人のお友達がいます
Studio-AoStudio-Ao オープンで行こーオープンで行こー
XblueXblue MYUMYU
青林檎青林檎 でぃーぷ31でぃーぷ31

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2015,10,12 契約 2015,10,16 ラインオフ(早w) 2015,11,1 ...
スズキ スイフト Polaris (スズキ スイフト)
1.3XG Limited Ⅱ(DBA-ZC11S) 色:キャッツアイブルーメタリック( ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.