• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

otsu☆のブログ一覧

2016年05月21日 イイね!

GW道東旅④

GW道東旅④

最終日(6日目)





虫類の道の駅で迎えた朝はこの上ないほどの快晴でした



忠類村(現:幕別町虫類)は、ナウマン像の化石が発掘されたらしく、道の駅の名前もここからきているようです

天気がいいので外で朝食を


おっと、奥にナウマンゾウが見えますね

メニューは
コーヒーと

ホットサンド


天気がいいと食事もおいしー


さて出発
リベンジ開始

まずはえりも岬に向かいます

快晴の中のんびりと景色を見ながら走っていると



畑のど真ん中の一本桜
なんと幸先の良いスタート

途中の広尾町ではサンタランドに寄ってみました
ここは年中クリスマスです




サンタの世界と桜というのもオツなものです




ここから黄金道路に突入です
海がキレイだったので


こんな滝もありました
フンベの滝


小さいながらも岩からいくつもの滝が流れていました



黄金道路はトンネルが多い
お金がかかったのもうなずけます

断崖絶壁にも桜


古いトンネルの名残りかな



黄金道路は天気が悪いと海が近くて恐ろしい感じもありますが、晴れると本当に景色も良く気持ちいい




庶野(しょや)の桜公園に到着しました
数日前に雨の中決死の覚悟で撮った桜と再び



ここには「夫婦桜」という樹齢300年以上の桜があります


なんだろう、年を重ねた木というのはすごさを感じます


えりもは強風のイメージが強い
そのためでしょうか、倒れてしまった山桜がありました


しかし、しっかり花をつけていました

でも、このままだと枯れてしまうでしょう・・・
どうにかできないものかなぁ


ちょうど昼になったので、公園のベンチで昼食を取りました

写真ではわかりませんが、実はものすごい突風が時折吹くんです
強風に耐えながらパンとカップ麺でピクニック^^;


次はえりも岬です

途中の百人浜

どこまでも続く砂浜の海岸
ついさっきまでは断崖絶壁だったのに

えりも岬~


えりもの春は何もない春
なんて歌がありましたが、この景色があるじゃないですか


結構人がいるんですね
お土産屋さんや食堂は大盛況でした

さぁ、次は浦河だ



この前よりも開花が進んだようです^^



道端のカタクリも元気


見事な桜トンネル


この前は5分咲き程度だった「長寿桜」

見事に咲き誇っていました

そして「百年桜」もまだまだ満開


ここはJRAの敷地なので、馬がいます



再び訪れた浦河
桜がより開花したというのもありますが、それよりも何よりも、天気がいいということは、同じ物を見ても全く違う印象になります

リベンジ成功!

終わり良ければ総て良し
ですね^^

それでは帰るとするか

実は初日に寄ったけど、激混みであきらめた「いずみ食堂」にも寄ることができました


ここのそばは特徴的です
太さがバラバラ
でも激うまです

蕎麦湯も濃厚
めんつゆを入れずにそのまま飲んじゃいます^^;

満足し、あとは自宅に向かうだけ
と走り出すと
真っ赤な夕日


旅の終わりにふさわしい景色だなと^^


5泊6日の車中泊の旅、後半はちょっと疲れもあったけど、最終日のこの天気があれば、そんなものは吹き飛んでしまいます
旅だと6日なんてあっという間ですね

さて、次の旅に行きたくなってきたぞ(笑)


最後までご覧いただきありがとうございましたm( _ _ )m



Posted at 2016/05/21 18:29:17 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記
2016年05月20日 イイね!

GW道東旅③

GW道東旅③


4日目






この時期の車中泊は車内も暑くならず快適です^^
シャトルは寝心地も良く、また疲れもあるために、早めに寝ても割と寝坊してしまいます^^;
と言っても、6時頃には目覚めますが



この日もそのくらいの時刻に目覚めましたが、外に出てみると気温が低くとても寒い
かろうじて雨は降っていないものの、風も相変わらず強めでした


今朝は珍しく目的がありました

それは、熊の湯に入ること

羅臼から知床峠に行く途中にある、無料の露天風呂です

道路から見たところ


川の向こうが露天風呂なのですがちょっとわかりませんね

ズームしてみます


丸見え(笑)

もちろん男女分かれていて、女性用は囲いがあります^^

丸見えなのは男湯

では入ってみます

自然のど真ん中に素っ裸でいる感じ


とは言え、一応脱衣所もあるので、露天のなかでは入りやすい方だと思います^^

お湯はとても熱い!!
でも、外が寒いだけに入っていると気持ちいい
しばらく浸かっていると体も温まり、外の風が気持ちよくなってきます

しかし、自分は軟弱なので長くは入っていられず、すぐに出てしまいました^^;

女湯は嫁の話では、それほど熱くなく快適だったそうです

ここ熊の湯は、地元民や観光客など結構人は入ってきます
人気の露天風呂ですね^^



すっきりしたところで先に進みます
知床峠を越えます

この時期、夜間は通行止めになっており、ゲートのオープンは8時です
因みに冬場は通行止めになっており、開通するのは例年ゴールデンウィークとなります

さて、どのくらい雪壁があるかな



思っていたよりも低いなぁ
今年は知床も雪が少なかったのだろうか・・・

キツネも登場


それにしても、人に慣れているみたい
車を見て寄ってきましたから

ごめんねー
エサはあげられないのよー

と話していたら、自分の後ろにレンタカーがキツネを見つけて停車しました

うんうん、そりゃ停車するよねー
なんて思っていたら
なんと、パンか何かをポイっとキツネに与えていました!!!

うわー、常識ねー奴ら
(そこそこ年配のご夫婦でしたが)
しかも、エサを与えたことで満足したのか、すぐに走り去っていきました


こうして人に慣れすぎたキツネは車を怖がらなくなり、道路で轢かれて死ぬんです

みなさん、キツネがいくら可愛くても、眺めるだけにしましょう
決してエサを与えてはいけませんよ~

さて、気を取り直して
峠を上がっていくに従い、どんどん気温は低くなり、木々は凍り付いています


山頂

氷点下1度でした


杭にも氷が風に向かってびっしり

なぜか氷も木目調(笑)


知床峠は雲の中だし、強風だし、寒いし、
景色も何もあったものじゃなかったので、即退散しました


次は峠を越えて、世界遺産の知床に向かいます

まずは知床自然センターから歩いて「フレぺの滝」に向かいます


まだ残雪の遊歩道を歩いていくと

目の前が開け、灯台が見えてきます
それから、結構な数の鹿もいました


この鹿たち、至近距離に人がいるのに逃げないんです

この距離感


コココココココココーン
って音が響いていて、何かと思えば

アカゲラ

響かない音で静かに穴をあけていた
エゾコゲラ(たぶん)


そしてフレぺの滝

別名「乙女の涙」だそうです

滝もいいですが、見渡せば絶景です


続いて知床五胡方面へ
到着したときにはかかっていた知床連山の雲も徐々にとれて、山肌がついに姿を現しました~


キレイです。絶景です。
いつまでも眺めていられそう

一湖と知床連山

風がなければ逆さ連山となったかもしれません
残念

今回は無料で行ける木製の遊歩道のみ歩いてきました
この辺りは熊の生息地なので、五胡すべてを回るためには料金を支払いレクチャーを受けなければなりません
その点、無料の遊歩道は空中を歩くようになっていて熊対策がばっちりなので安心です


そういっている間からリアル熊

でも安心して見ていられます(笑)


ゆっくり遊歩道を歩いて景色を満喫しましたよ~


昼ころに知床五胡を出発しましたが、その時間にはすでに青空は消えていました


青空は一瞬でした
ほんといい時に見れました


さて今日はこの後どこに進もうか
目的地がないので臨機応変に^^;

まずは走り出してすぐのところ
オシンコシンの滝

近くに行くと水しぶきがかかる
夏は気持ちよさそう
でも、今はそれは困る

さてさて続いては昨年の夏旅でも紹介し、自分的にも印象的だった
天に続く道


シャトルも入れて



ここらでこの後向かう方向を帯広方向に決定

それなら屈斜路湖畔のコタン共同浴場で温泉だ
ということになり、目的地をセット

到着してお湯を沸かしカップ麺とパンで簡単に夕食を済ませ、温泉にGO

ほぼ貸し切り状態で、まるで我が家の風呂のようにくつろげました~^^


この日は近くのキャンプ場のPを拝借して車中泊
こうして4日目の夜は更けてゆくのでした




5日目

朝目覚めると雨
今日も天気が悪いのか

まぁ、今日は帯広までの移動日になるしと、気を取り直して出発

まずは弟子屈の道の駅に立ち寄ります
ここは足湯があるので、せっかくだから入ります


お湯が熱かったー
お湯の出口では足を入れていられないくらいでした


足湯で体が温まったので
くりーむ童話のジェラートを

一つは「くるみ」と「ハスカップ」
もう一つは「ラムレーズン」と「ブルーベリー」
うまかった^^

この後、阿寒湖に立ち寄り、民芸品などのお店が立ち並ぶところで軽くショッピング


こうしているうちにようやく雨は止みました

次に訪れたのが
オンネトー
青い湖面がキレイです


雄阿寒岳は雲の中


日が差すとさらに色味が増します



ではここからは十勝に向かってややロングなドライブ
柳月のスイートピアガーデンに立ち寄り


十勝に来たらお決まりの
インデアン



片方大盛

美味かったー
満腹


ここで給油
走行距離 693.7km
給油量 31.73リットル
燃費 21.86km/l
うーん、こんなものか

この後若干帯広市内でドンキなんかに寄って、先に進みます

次の目的地にしたのは
なんと、来るときに雨だったえりも浦河方向(笑)
最終日は天気が良さそうだったので、リベンジしようということです^^;

帯広からえりも方向に南下し、虫類の道の駅で車中泊しました
さぁ、明日は最終日
予報通り晴れてくれるのか!

それにしても、この虫類の道の駅は静かで寝心地がよかったな



Posted at 2016/05/21 00:07:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2016年05月19日 イイね!

GW道東旅②

GW道東旅②

3日目





どこかわからないパーキングで目覚めました

起きて周囲を見回してみると、ここは霧多布湿原センターのすぐ近くにあるパーキングと気付きました


昨夜、朝早く目覚めれば朝陽を見たいなーなんて思っていたのですが、この時期の夜明けは速い^^;
目覚めたときにはすっかり明るくなっていました。

それ以前の問題として、空模様がありましたが・・・

曇り空の中、霧多布湿原を見渡します




風、体感気温とも、ここはまだマシな方でした
それが、後に向かう霧多布岬では修行が待っていました


これが霧多布岬です!
って、写真じゃぁ、強風は伝わりませんね^^;


じゃ、これでは?

これでもよくわかりませんね^^;
でも装備や姿勢でなんとなく読み取ってください^^;

そして
同じ半島のもう一つの岬「アゼチの岬」も同様の強風


海面の波の様子でちょっとはそれが伝わるでしょうか^^;

まぁ、何にしてもこの強風じゃ見学もままならないので先に進みます


遠くから見えた鉄塔、何かと思えば
風力発電の風車がメンテナンスされていました


この日レベルの強風が連日吹くなら風車はたまったもんじゃないですね^^;


ここから内陸に入り、野付半島に向かうことにします


この辺りは土地が広大で、酪農の牧草地のため直線道路が多いです
(この後、直線シリーズが随所にしつこく出てきます^^;)



お、ちょっと明るくなってきた


もう少しで青空


ついにキター


景色は青空があれば他は我慢できるってもんです


こういった危険もあるんですね^^;



野付半島までもう少し
ふと、道路脇をみると、一面に広がる水芭蕉の群生地でした



さて野付半島に到着
相変わらずの強風ですが・・・

日本最大の「砂の半島」らしいです

立ち枯れを見ることができます
「ナラワラ」


「トドワラ」




トドワラまでは野付半島ネイチャーセンターから1.3kmの遊歩道を歩いていきます
海抜0mなので、散歩の様子を遠くから撮るとまるで海の上にいるかのようです


ネイチャーセンターの展望台から

細ーい
両側が海です


野付半島から戻る途中のパーキングで
海の色がキレイでした

奥には知床の山々も望めました

しかし、ここ野付も考えられないくらいの強風でした


今日の目的地は羅臼の道の駅にしようと考えました
ここからまっすぐ向かったのでは、ちょっと時間が早い

それなら

地平線を見に行こう

「開陽台」へ

向かう途中の直線もなかなか


さて到着


ここは、さらに風が強かった
風速にするとどのくらいあったんだろう・・・
とにかく、飛ばされそうになるくらいで、駐車場では皆さんが隣を気にして一つ飛びで駐車していました

地平線をシャトル越しに見下ろす

一見穏やかに見えますが

展望台より

うたい文句は「地球が丸く見える」らしいですが
どうでしょう
(広角だと歪んで見えますんでね^^;)

とにかく風が強く、ゆっくり見れたもんじゃなかったので退散します^^;



開陽台の麓にも直線が



この後、中標津町で買い出しをして羅臼に向かいました



ここはちょっと有名な「ミルクロード」
10kmの直線です


さらに進んだところで
遠くに北方領土(国後島)を望む



途中で急に雨が降り出しましたが
夕立だったのか、すぐに止みました

すると

虹‼!!



しかもダブル

入りきらない^^;


虹って地面にも映るんですね


水面にも


こんなにはっきりとした虹が見られるなんて運がいい


このあと、無事に羅臼の道の駅に到着しました。
ホントは外でホットサンドにコーヒーとでもいきたかったのですが、天気もぐずついていたので、車内で適当に済ませて、早々に就寝しました^^

それにしても、この日は1日強風の日
いったい何なんだ、この天気

「青空があればいいさ」
なんて、言っておりましたが、だんだん贅沢になってきました^^;


(続く)

Posted at 2016/05/20 01:31:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年05月17日 イイね!

GW道東旅①

GW道東旅①



GW前半が道南だったので、後半は道東へ向かうことにしました






と言っても無計画
とりあえず、「道東の方」に行ってみようくらいな感じで、日にちも目的地も何も決めずに出発しました^^;
最初に走る方向だけを決めて・・・


で、最初はどこへ向かうかというと


日高にある静内です

ここにも桜の名所があり、二十間道路という長さ7kmに渡って桜並木が続く直線道路です

桜も開花しているようなので、おそらく混んでいるだろうとは予想していたものの、道中すでに向かう車が多いこと・・・

そのため、裏道から入ることにしました^^


その結果は





渋滞でした・・・・
ここからはもう抜け道もないので気長にノロノロと

こういうときハイブリッドはいいですね^^
ほとんどエンジンが止まっているのでガソリンの無駄遣いがない
1時間近い渋滞のうち、バッテリーが減った時の充電以外はほとんどエンジンが止まっていました

この日(5月3日)の気温が高かった(北海道にしては)のもよかった^^


この時期に23度はまれです

さてようやく到着です
渋滞に慣れていないので長く感じました^^;




「満開」と言っていいでしょう

山桜なので、色の濃さも様々


延々と続く直線



こういったイベント会場で時々見かけるRed Bullもいました
無料配布いただいちゃいました^^


静内は天気も良く気温も高かったので、半袖の方もいましたよ
ポカポカ陽気に桜、サイコーでした


満喫したところで、先に進みます
次は浦河です
浦河にも「優俊さくらロード」という名所があるのでそこに向けて出発

静内を出て南下すると、15分も走らないうちに雲行きが怪しくなってきました
この辺りは海からの湿った空気で霧が出やすい地域なんです
霧が出ると一気に気温が下がってきました
一気に10度台前半に

雨は降らずにもってくれ、到着~
さくらロードはちょっと内陸に入るので、霧もなし^^

到着したときは暗くなっていました
でも、ライトアップしていましたー
桜は6部咲きといったところか



同じ並木でも、静内より幅が狭く、桜のトンネルっぽくなりいい感じです^^

車に戻ると白シャトルが隣に止まっていたので
運転手さんはいませんでしたが、意識したのかな?なんて考えてみたり^^;


夜桜と


もう暗くなってしまったので、コンビニ弁当で夕食を済ませ、早めに就寝しました


翌朝、予報通り雨でした

こんな感じで周りには何もなかったので、物音一つしない静かな夜でしたが、未明から雨が降り出し、バチャバチャと屋根に当たる音で目が覚めてしまいました^^;


明るくなったところで、浦河の桜をもう少し見学

「百年桜」


見事な桜です

「長寿桜」


これは5分咲きくらいかな

咲いている桜とコラボ


さて、この辺りは馬産地です
その昔は農林水産省の管轄で日高牧場があったようで、その記念館が公開されていました


蹄鉄があったり


年代物の電話


馬の紹介もされていました
競馬好きの方であれば、自分の100倍は楽しめるかも知れませんね^^;

JRA日高育成牧場



さて、桜も満喫したし次いきますか


見納めつつ進む


道端にはカタクリが咲いていました
でも、まだこれからといった感じです



そろそろ次に進みます

人はなぜが端に行きたがります(笑)
ということで、えりも岬に向かいます


しかし、この日は雨



風雨でなーんにも見えません

ということで通過します


いよいよとりあえずの目的地である「道東の方」(笑)に向かいます


黄金道路の始まり


この道、名前の由来は、その地形から建設費が予定を大幅に上回ったためなのだそう


その地形や景色を眺めようにも、この天気ではどうにも無理なので、先に進みます


広尾町のどこかの畑模様

いったい何を植えるんだろう

この付近でネズミ捕りやってまして、自分を抜いていった車が捕まってました(汗)
旅で捕まるとテンションだだ下がりですよね
気を付けなければ
気を引き締めます



そのまま釧路に到着^^
もう夕刻になっていました
ということで、釧路に来たらこれ

「泉屋」の

「スパカツ」




「泉屋風」


うまい!!!!

スパカツは見た目通りの美味さ&ボリュームですが
泉屋風は見た目からは想像できない味で、病みつきになる感じ
言葉では表せないうまさです^^

この店舗にはギャル曽根と堀が来たことがあるみたいです^^



腹ごしらえが終わったところで先に進みます

と、ここで給油
ここまでの走行距離 444.4km
給油量 20.22リットル
燃費 21.9km/l
もうちょっと伸びてほしかったけど、雨ではこんなものか・・・




厚岸まで来ました
ここで翌日の買い出しを終えたところで西の空を見ると

ちょっとだけ夕焼け
明日は回復するだろうか

赤い厚岸大橋とトワイライトがキレイでした



この日の温泉は
浜中町「ゆうゆ」


ゆーっくり入って旅の疲れを洗い流しました^^

浜中町はルパン三世の原作者、モンキーパンチの生まれ故郷のため、温泉でもそれがうかがえます







グッズも販売していました


温泉で疲れを癒したあとは、寝床探しです
この辺りは道の駅がありません
霧多布岬のPやキャンプ場にも行ってみましたが、お仲間がいないのに加えて暴風で却下
ここに来る途中に良さげなPに目星をつけていたので、そこに行ってみると、お仲間が3台
どこかわかりませんが、今夜はここで車中泊としました^^

こうして2日目まで終了しました
明日からの天気が回復傾向にあったので期待しよう

〈続く〉
Posted at 2016/05/19 00:51:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年05月16日 イイね!

道南桜旅②

道南桜旅②






知内の道の駅で目覚めると・・・
目隠しをした窓の隙間から光が



太陽だーヽ(^o^)丿


となりは線路で、北海道新幹線が通るみたいです

適当に朝食を済ませて松前に向かいます

それにしても強風・・・

途中の海岸線


あまりの強風で白波が立っています
そして、対岸に見えるのは青森


津軽海峡にて



松前に到着~

桜の名所は松前城のある松前公園ですが
そこに行くまでの道にもこんな並木がありました


さて、松前公園
風が強く気温も低めだけど、青空があればいいさ^^

駐車場に停めてすぐのところで、いきなり満開の血脈桜が出迎えてくれました^^

品種は「南殿」
樹齢は300年以上らしいです

見事な桜でした^^


松前城


松前公園には桜の品種が250種以上あるらしいです
そのため、早咲きから遅咲きまで長い期間桜が楽しめるそうです^^

行った時期は、ソメイヨシノと南殿が全盛でした

公園内をゆーっくりと散策しました

チューリップや菜の花も


松前公園は結構広い公園でして、山の方に進んでいくと眼下に桜と津軽海峡を望めます

この景色を見ながらベンチでパンをかじり昼食にしました^^

その後もちょっと散策し、松前を後にしました

行くときに気になった場所

後で調べたら、昔の松前線の廃線跡のようです


再び知内まで戻ってきました


ここで、見ておきたいものがあります







そう、北海道新幹線です^^

トンネル出口だからなのか、ものすごく遅い新幹線でした^^;

コラボもしちゃえー


ここは、青函トンネルの出口


新幹線も見たし、函館まで戻りますか

途中、いい感じの日差しと、遠くに函館山が見えたので


海っていいよねー



さてさて、今度は函館の隣町、北斗市へ

法亀寺のしだれ桜


樹齢300年以上らしいです

そこから徒歩15分くらいのことろに、大野川沿いの桜並木があります
そろそろ暗くなってきましたが、ライトアップされています


ここも見事です


堪能後、法亀寺に戻ると・・・
ここもライトアップ!


この日も桜づくしの一日でした^^


そして、翌日

この日も晴れでした^^

早朝、観光客が来る前に金森倉庫を見て、撮影して


ほかにも歴史的な建物や


味のある茶房


旧イギリス領事館


旧函館区公会堂





また金森に戻って




ところで、以前にも紹介したモーモータクシー

いろんな色の車があるというのも面白いのですが、

小物もモーモー

乗務員さんのネクタイもモーモー

徹底してますね



函館には味のある建物がたくさんあります


街灯もそれらしい形だし、街灯の色は夜景を考えてオレンジ色が多いです



函館を十分に堪能しました^^

さて、帰路につきます
でも、寄り道しながら^^;

まずは腹ごしらえ
〆はやはりラッキーピエロ(笑)
今回は北斗市にある飯生店


オムライスもおいしいんです
ノーマルと


カレーオムライス


間違いのないおいしさ
そして、大満足の量


最後に「きじひき高原」に行ってみます

途中、かたくりが群生する場所に立ち寄ってみますが、時期すでに遅し


道端には少し元気なのが残っていました


高原の展望台から
函館方向(左下には新函館北斗駅が見えます)


大沼・駒ヶ岳方向


ここまで一望できるとは思いませんでしたー

函館を見下ろす場所から
天空のシャトル^^;



では、本当に帰路につきます


と、言いつつ途中で森町の道の駅に

駒ヶ岳が近い


見事な山桜


これで本当に〆です^^;




今回の道南桜旅
前半こそ雨模様でしたが、桜はどこを見ても満開だし、途中から青空も出てきてくれて、十分に楽しめる観桜日和となりました^^

また来年ねー



Posted at 2016/05/17 00:29:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「@アラバ さん
ご心配ありがとうございます。
今札幌ですが、ここは大丈夫です。
震源近くは心配な状況ですが」
何シテル?   10/05 12:36
シャトル購入を機にみんカラを始めました。 これまで本格オフロード車とスポーツカーには乗ったことがないので憧れを抱きながらも、最近では旧車となってしまった最...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

午前様に成る前に。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 00:25:27
備忘録② ディーラーでしか設定を変えられないカスタマイズ機能一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/17 09:27:46
備忘録① パワーウィンドウのリセットと学習 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/17 09:27:39

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シャトルハイブリッド ホンダ シャトルハイブリッド
燃費の良さ、使い勝手の良さ、それに走りの良さにも満足しています。 長さがあるので車中泊も ...
ホンダ フィットハイブリッド ホンダ フィットハイブリッド
いい車でした。 この大きさで車中泊もでき、燃費も良く、良く走る。 短い間だったけどいろん ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
中古で購入して2年ほど乗りました。 NAでしたがスバルの魅力にはまった1台でした。
ダイハツ ムーヴカスタム むーさん (ダイハツ ムーヴカスタム)
嫁の車です。 よく走るいい子です。 街乗りには最高です。 燃費以外は。。。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.