• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

keim*gttのブログ一覧

2017年03月25日 イイね!

タイヤ雑感 (続・DL SPMAXX RTパーツレビュー)

タイヤ雑感 (続・DL SPMAXX RTパーツレビュー)パーツレビューに新車装着(OE)タイヤであった
DUNLOP SPORT MAXX RT(OE) 225/45R17 91W を追加してみました。

MI PSSへスイッチしたタイミングでいろいろ書いてみて、
その中で思ったこと等を記しておきたいと思います。

完全に個人的な主観、好み等に基づくもの、個人メモ目的なのであしからず。内容は上記レビューや周辺過去記事を読んでからの方が判りやすいかもしれません。





○住友ゴム、グッドイヤー製タイヤについて

結果的に、黄色いこ最期から白いこオープニングにおいて
GoodYear印住友ゴム(日)製、DUNLOP印グッドイヤー(欧州)製のシューズを約2.4年履き続けることになりました。

そこからの印象は、

静粛性に特徴のあるGT性能を十分に満たせる実力を持つタイヤ

ということでしょうか。
寿命末期まで特段のマイナス要素は発生させないこともその実力を表している気がします。


日本市場においては特に比較コストパフォーマンスに優れたタイヤ

という大きな要素が付加されます。別銘柄等選ぶ機会があれば、また住友ゴム、グッドイヤー製から選んで検証してみたいです。

その時の市場在庫やコストにも依りますけれど、
車歴が進んだ際は設計年次が経った(タイヤ交換時点から古い)タイヤから選んでみるのも面白いなとかふと思いました。




○ドイツ車とタイヤ

日本車オーナーで合った時には理解できなかった実質的には性能差が存在するメーカ、銘柄が混在するOEタイヤリストから生産都合によってその内のひとつが装着されてくる事について、

今回タイヤ交換を経て、OEタイヤ基準を満たしさえいれば、そのメーカ、銘柄による

タイヤ性能差に左右されない走行性能を車両側で作り込んでいる

印象が在り、そういうことかと腑に落ちました。

個人的には特にメーカ差で寿命後半期の性能劣化曲線や特徴が異なると思っているので、新車購入時のロシアンルーレットなのは変わらない様な気もしますけどネーw


大げさに言ってしまうと、DL SPMAXX RTからMI PSSにシフトしてからの走行において、Mazda RX-8時には大きな違いとして感じた

タイヤ交換前後における走行感の違い

をあまり感じることが無いのです(特に無意識時)。

MI PSS 1st Impressionで嬉々としてw列挙したとおり違いはもちろん存在するのですが、その違いのレベル感は、Mazda RX-8時とは雲泥感があります。

ある意味微細と表現し続けているアルミテープの方が効果レベル感が高いのではないかとも思ったり!!??


これは完全に新しい発見であり、

自動車、ひとつの項目項目に関してホント深いですねぇ。

その選択に悩むことも含めて楽しすぎますよ、ホントヽ(´ー`)ノ


つらつらと書いたメモはこんなところでやみのまノ
相変わらずの長文展開w読了多謝!
(ここまで読んでる方はどれくらいいるのだろうかww)
Posted at 2017/03/25 07:40:08 | コメント(0) | タイヤ | クルマ
2015年10月10日 イイね!

【タイヤ】【RX-8】タイヤBlog管理人(謎)のタイヤ遍歴 v1.2

Volkswagen Golf GTI mk7 2.0 6MT ------------------
225/45R17

・???

Audi S1 Sportback 6MT、VW Polo GTI 6MT、VW Golf R 6MTとすべてサイズが異なるにも関わらず全車・BRIDGESTONE POTENZA S001でしたので最有力候補な気がしますが、標準17インチなのでサプライズがあるやも。wktkですね。

⇒DUNLOP SPORTMAXX RT でした。
(参考) http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/oeh/

⇒16522km/1.1y 走りきって、MI PSSへスイッチ
 パーツレビュー・DUNLOP DUNLOP SPORT MAXX RT(OE) 225/45R17 91W

MAZDA RX-8 1.3 6MT(SE3P) -------------------------
225/45R18




・GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02
各タイヤでの走行距離と期間(約)
11,024km/0.9y

住友ゴム(日本)製のグッドイヤータイヤ。翼を手に入れましたw
特徴の詳細は前回の記事を参照いただきたいですが、ハイコストパフォーマンス。

安いだけではなくハンドリングは中立付近はだるいもののニュートラルと言えるもので非常に車を操作し易い。MI PP2より操作し易いと思います。但しMI PS3の様なステアを増すだけ曲がっていくその先感は無いので、そこらへんはタイヤに合わせてパフォーマンスを引き出す必要がある感じですね。

6.5年ぶりにXLタイヤから標準タイヤへ出戻りになりました。乗り心地に関しては同じタイヤサイズであればやはり標準タイヤが有利なのではないでしょうか。

あと1年以上は乗る予定という状況だったので、MI PS3はあと5,000kmは走れそうでしたが早めにスイッチして良かった結果となりました。現状タイヤ交換から11,000km超走行しています(笑)





・MICHELIN Pilot Sport 3
36,523km/3.7y

タイ製のミシュランタイヤ。ビブ党(教)布教推進のきっかけ?w

特徴はコンフォート性能の良さ。まず静粛性で人間がノイジーに感じる周波数をカットしている設計の様でとても快適。実際オーディオ出力指定音量が下がります。そして、ステアリングに伝えてくる路面状況についてで、ドライバーが路面を把握したい時にはきちんと伝えてくれているが不要な時は意識させる事が無い絶妙なチューニング。

ハンドリングはハンドルを切っただけ曲がるニュートラル特性で非常に車を操作し易い。ステアを増すだけその分曲がっていくタイヤでその先でも曲がれるんじゃないかという安心感があります。(実際、タイヤが撓んでアウトサイドを使い始めたところから一気にグリップが増す感覚があります。)

下記ビブソファーは変わらず乗り心地良し、ウエットの安心感も変わらず非常に良いタイヤだと思います。

デメリットはお高い販売価格。コストパフォーマンスが良いとは言えないですね。




・MICHELIN Pilot Preceda PP2
30,468km/3.6y

ミシュランオカモト(日本)製のミシュランタイヤ。

特徴はミシュランタイヤ共通の独特な乗り心地。特に路面が綺麗な道路を走るとよく判りますが、車のシートが柔らかく変化したのかと思う感じのやわらかさ。個人的にはビブソファーとか呼んでいます。

ハンドリングはハンドルを操作した操作量分だけ車が反応して曲がっていく事をニュートラルと定義(*)すると、ハンドルを切った以上に曲がるBS RE040の直後ということもあってかと思いますがステア操作に対して遅れて車が曲がっていく感じでしたね。ミシュランタイヤでよくわかる撓みが発生してからグリップする感じ。あとはウェットの安心感でしょうか。

性能に対しコストパフォーマンスが良いタイヤでした。

(*)厳密な「ニュートラルステア」とは表現したい事が違うので説明が難しいですね。






・BRIDGESTONE POTENZA RE040(新車装着)
30,797km/3.4y

2年目までは、ドライ、ウェット、乗り心地、静粛性等特段の不満無く新車装着として選ばれたのが適当と感じる良いスポーツタイヤだったと思います。

特徴はアクティブステアリング車になったのかと思う程ハンドルのステア量に対しタイヤが勝手に車を曲げていく事でしょうか。

2年目冬からドライグリップの低下をハンドルから感じたり、25,000km超えたあたりからロードノイズが極めて悪化したので、残り溝から5,000kmは走れそうでしたがMI PP2にスイッチ。


[以下、おまけ]

TOYOTA COROLLA SEDAN 1.5 4AT(AE100) --------------
175/70R13

・MICHELIN MXT

ビブ党に入党のきっかけな気がします。

5年以上は経っていたタイヤからの交換だったとはいえ、乗り心地が極端に良くなったのを覚えています。県境の山坂道を60km/h以上で走れない走行性能の車でしたので、安全な速度でタイヤ鳴らして遊んでいましたw

・BRIDGESTONE 銘柄不明 オールシーズンタイヤ(新車装着)

いま思えば石みたいなタイヤでしたね。高速で鉄片刺さっても問題無かったですし(汗)

以上、長文をお読みいただき多謝。
Posted at 2015/10/10 20:09:54 | コメント(0) | タイヤ | クルマ
2015年10月08日 イイね!

【タイヤ】GY、住友ゴムグローバル・アライアンスを解消

http://www.goodyear.co.jp/press/2015/10/02-1.html
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sri/2015_113.html

CarWatchの記事によるとしばらくは住友ゴム(日本)製GYタイヤ(主にリプレイス)が供給され続ける様ですが、今後どういう商品展開になるのか、どこ製のタイヤを持ってくるのか等興味が尽きないですね。

ちなみに今黄色いこ(RX-8)が履いている住友ゴム(日本)製『GY REVSPEC RS-02』はとてもコストパフォーマンスに優れた良いタイヤだと存じます。

主な特徴を下記に。
◎ハイコストパフォーマンス(MI PS3比48.6%)
◯乗り心地良し
◯直進性良し

◯比較的ニュートラル寄りのハンドリング

中立付近はちとだるいので、上記直進性良しにも繋がります。但しハイエンドスポーツタイヤのハンドルをステアしただけ曲がり続けられる程の横グリップ感と安心感は感じられないので、タイヤに合わせた走らせ方が必要と思います。

◯レイン性能

降雨の中(ウェット路面を)もう500km以上(高速道含む)は走ってそうですが、なんら不安感無し。

▲静粛性

最新のスポーツタイヤと比べると一世代前のスポーツタイヤに分類されると思いますので、相応のロードノイズは出ます。最近公道の路面状態はあまり良くないのでたまにびっくりするw

やはり新しいタイヤは良いものです。タイヤ交換から3年以上を経た場合、残り溝が有っても何かしらネガティブ要因が気になるならば早めの交換をお薦めします。愛車と付き合う後ろの長さが長いなら尚更です。
Posted at 2015/10/08 22:06:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ

プロフィール

「常陸国ひとり旅 v1.1 | 58600km http://cvw.jp/b/2506657/44711986/
何シテル?   12/30 16:35
はじめまして。車種問わずドライブ好きの輪が広がればと始めてみました。 まずはお知り合いになれれば嬉しく思います。仲良くしてやってくださいませ。 そして車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ヘッドライトレンズの研磨&コーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/08 21:32:36
純正ナビ連動ETCの取り付け【DIY】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/27 18:53:41
Yellow Hat ハットにゃん おりたたみ洗車バケツ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/18 00:01:45

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
MT車に乗り続けたくてオーダー後ほぼ半年かかって独逸で生まれた新しいこをお迎えできました ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
新車から11年10ヶ月、111,720kmで白いこにスイッチ。どの車にも似ていないエクス ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.