• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

keim*gttのブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

早朝Tokyo空中散歩ドライブ | 8152km

早朝Tokyo空中散歩ドライブ | 8152km日の出後にまったり出発し、空いている早朝すとこードライブを楽しんでまいりましたよ。

走行データ等は[124km 71km/h 1:45h 15.6km/l]でした。

エンジンオイル交換から4267kmを走行。暑さが一段落する頃に5000km超くらいでしょうか。交換に関してはまたショップ、工場さん含め調べておきましょうかしら。


Posted at 2016/07/31 08:46:39 | コメント(0) | Driving | クルマ
2016年07月30日 イイね!

オーダーから約1年。納車されてから半年。 | 80xxkm

オーダーから約1年。納車されてから半年。 | 80xxkm昨年一番あづい時期にふらっと立ち寄ったDさんでオーダーしてから364days。そのDさんから次期戦闘機の受け渡されてから182daysが経ちました。

外は夏休み期間恒例の交通量過多な状態が続いておりドライブできない気持ちをキーボードにでも訴えてみます(笑)

半年を経ての個人的なまとめな意味合いが強く、とりとめなく展開されると思いますので、お暇ならままーり読んでいただけると幸いです。


○走行距離 累積8000km超え

一番のサプライズはもう既に累積8000km以上走っていることでしょうか。mazda渾身かつ稀代の名車。そしてNAロータリーのフィーリングや黄色い外装色を始めとする個性溢れる車からの移行ということで次期戦闘機との生活はどうなるものかと思っていました。

個人的にはzoom-zoom第一世代のmazda車と現行VW車の操作感は極めて似ていると思っており、最初から違和感なく納車された後の未だ累積二桁回にも満たない時点で白いこを運転している時の違和感の無さにびっくりしたものです。

但し実際には似ているだけで白いこ全般をスムーズに動かせる様になったのは、慣らし運転を終え一回目のエンジンオイル交換を終えてからでした。やはり完全に慣れるには3-4000kmくらいかかるものなのですね。MT車では二台目でありこれまた新しい経験で面白いと思います。


○マニュアルトランスミッションのフィーリング

総じて軽い操作感で操作でき、なんといってもEA888 gen3エンジンと両足を通して直接対話できるので楽しいという他ありません。

黄色いこ(RX-8)に搭載されていたアイシン・エーアイ製AZ6型6MTのトリプルコーンシンクロが付く1速から3速までのシンクロが動き出す抵抗を感じる位置に導くと(回転が合えば)ぬるっとシフト位置まで吸い込まれる感覚を懐かしく思うことありますが、これは機械の違いなので致し方ありませんね。

1速は偶に信号待ちの状況でリンゲージされていない事が発生し慣らし運転期間中は滝汗なことも数回在りましたが、最近はその場合のフィール違いから1速に入ってないのは判る様になりましたので気になるとしたらそこら辺でしょうか。

黄色いこ(RX-8)では3速において入れ難い特徴があったので機械個性の範囲内かと。白いこでは1速の稀に発生する気難しさ以外はとてもスムースであったりします。

余談ですが、MT車試乗履歴から単純に個人的な好みでレーティングすると可も無く不可も無くというレベルに当たると思います。シフトストロークは個人的には短い方だと思うのでマイナスに行かないのはそこが大きい様に思います。

現状でシフトフィーリング再重視で車を選ぶとなると、MT不遇の日本死場(笑)生まれの「SUBARU WRX STI(VAB) 」「MAZDA ROADSTER(ND) 」を個人的にはお薦めします。

輸入車枠からだと、「RENAULT MEGANE RS」「PEUGEOT/CITROENの6MT」でしょうか。

もしオーナーの方や選ばれてオーナーになった方はとても興味が有るのでw是非一緒に走って下さいね(*´Д`)


○ACC

流れている時のレーダー機能は思いの外要らないかなと思ってきてもいますが、GT(高速道長距離)走行においてクルーズコントロールの恩恵は大変大きいです。

所謂地形由来の交通集中はどこでも発生していると思いますがそんな区間において一番車間の取れない追越車線で追突リスクを負って最後列に並ばず、一番車間が取れリスクも最少な第一走行車線で車に任せて流れが再開するところまでなんらストレスを感じることなく走行できるのは疲労度軽減にも繋がっておりとても違うかつ車から受けている恩恵の一つです。


○ フラットトルク【350(35.7)/1,500‐4,400(Nm (kgm)/rpm)】

黄色いこのREとの大きな違いはここでしょう。REでもそういうエリア外で無駄に高回転を多用する様な走り方はしていなかったので(燃費記録でも明らかであると思います)、ほぼ使用の9割以上は占める3000回転以内で運用においての車の軽さの違いはハッキリしています。

走れる区間においてもその違いによる速度の乗りの違いも体感しています。


また、エンジンオイルインプレ記事(インプレ記事リンクルート)でも記しているとおり、エンジンに適したエンジンオイルを使用すれば「4500回転から7000回転まできっちり回る良いフィール」を得られることも体感していますので今後のエンジンオイル選択とメンテナンスサイクルも悩ましいですね。楽しw


○とても自然なハンドリングマシン


VW Golf7を選ぶ上で大きな決定打となった1.2T 7DSG(Comfort Line)で一日走行した際に感銘を受けた自然なハンドリングはGolf GTI mk7(Golf7 GTI)でも変わらず健在であり

(GTIの試乗では実は試していなかったので上述のMTフィーリングとともに未知の選択リスクで在りました(爆)

車を走らせるのが大変楽しくここまで距離が伸びている大きな要因のひとつに挙げられます。


○上質な乗り心地

最後に高速道走行で路面が良ければ他車のロードノイズが聞こえて来る程の静粛性と相まってダンパーもとても良く動作、働いていることによりもたらされる上質な乗り心地もGTにおける疲労感軽減効果とともに、走行距離が伸びている要因でしょう。

(これまたDCC無しのGTI試乗車で試していなかったので未知の選択リスクで在りました(爆))


エンジンオイル交換サイクルを5000km付近とするならば、所謂オイルの違いによるフィーリング差を常に新鮮にドライブで堪能できることになってしまうのでまたまた距離が伸びてしまう様な。次のメンテナンスはおそらくそこらへんでしょう。よろしければ一緒に走ってくださいね。それではまた。

Posted at 2016/07/30 17:54:24 | コメント(0) | About Golf GTI | クルマ
2016年07月24日 イイね!

累積走行距離 8000km超え

累積走行距離 8000km超え昨晩は近隣のホットハッチ(BMW M135i/MAZDA DEMIO 1.5D/VW Golf GTI)オーナと深夜の各車同乗試乗会(35kmくらいのコース)を楽しみ、無事自車累積走行距離8000kmに到達。

エンジンオイル交換(一回目)から4000km以上を走り、未知の領域突入中です。


また、前記事「Golf7 GTI ドライビングプロファイル機能 『ステアリング』と『室内エンジン音』」では随時情報共有コメントをゆるぼなうです。何かしらありましたらご気軽にコメントいただければ嬉しく思います。

最近市街地走行レベルであればドライビングプロファイル機能「エコモード」を使ってみるようにしています。一番の違いはOBCの燃費値表示で0.5-1km/L位の違いは在るように感じます。

他交通のペースに合わさざるをえない市街地走行なので運転体感上のレスポンス等不満もありませんし、こちらも上手く使っていきたいと存じます。

この一ヶ月は交通集中多発、リスク増大懸念より残念ながら距離伸びませんでしょうが、9月からまた走りますよ~
Posted at 2016/07/24 13:08:45 | コメント(0) | About Golf GTI | クルマ
2016年07月17日 イイね!

Golf7 GTI ドライビングプロファイル機能 『ステアリング』と『車内エンジン音』v1.2

Golf7 GTI ドライビングプロファイル機能 『ステアリング』と『車内エンジン音』v1.2先日の北茨城縦断ドライブ(ドライブ記参照)において、ドライビングプロファイル機能「カスタム」モード内で「調整」可能項目のうち『ステアリング』項目を「スポーツ」に変更し、ワインディングロード走行における「ノーマル」との違いを検証してみました。



違いは下記のとおり。






・ハンドルがあからさまに重くなる

「ノーマル」でも他メーカ車種比で比較的適度な重さをもったハンドルをもつVW Golf7だと思っていますが「スポーツ」から戻す(切替える)と軽く感じる程あからさまに重くなります。

タイトコーナーを切り返していると「ノーマル」比重いなーと感じる位。ワンドライブで切替を行わなければそもそも初期状態がそういうものとして運転してしまうので気にならないかもしれません。


○旋回時のロールも変わったと思える程の違いを体感

うちの白いこはDCC無しの通常純正サスキットであり電子制御ダンパーなんてものは存在しないんですがEPSやXDSと機能を列挙できる程色々付いている電子制御の総合効果か、ペースを上げたワインディングロード走行において「ノーマル」比『洗練されたニュートラルステアリングと走行安定性向上を体感』できました。

走行後ちょっと検索したところによるとサーキット?走行においてはその機能が減速(感)をもたらし邪魔になるらしいですが、ブレーキ(とその先のタイヤ)でスタビリティコントロールを実現しているとするならば確かにそうかなと思える感覚も振り返ってみればヒットするものが在りました。


◎タイヤ特性補う感覚さえ持つ走行安定性の向上

「ノーマル」で感じていたタイヤ特性の不満も考慮の上走っていたとはいえ全然気になることは無くドライブ記記載のとおり気持良く走れ過ぎたので驚愕としか言い様が無い気がします。

制御は基本的にブレーキを介して行われているという認識なので、「ノーマル」/「スポーツ」比においてどのくらいブレーキ負担が異なるのかは気になりますね。

但し走行安定性を考慮するとそういう道の場合は、ステアリング「スポーツ」が適当でしょう。「ノーマル」で走行してきたいくつかのドライブコースにおいて「スポーツ」でまた同様の違いを感じるのか、また楽しみができました。



○素Golfの走行性能を堪能するには「ノーマル」で

今日も線形改良されていない「右つづら折りあり」の黄色い交通標識が設置されている県境の県道を走ってきましたが普通走行においては「ノーマル」のステアリングの軽さと車が本来持つ十分余裕のある走行性能を味わうというメリットも改めて感じました。


○タイヤ特性を見極めるには「ノーマル」で

また上述のとおりタイヤ特性をかなり補う機能とも感じ取れ、タイヤ慣らし運転時やタイヤそのもの性能を検証する際は「ノーマル」が最適と存じます。




最後に、ドライビングプロファイル機能「カスタム」モード内で「調整」可能項目の中に『車内エンジン音』項目なるものが存在することに最近気付きまして、「エコ」にすると実質Vol=0レベルを実現できている気がします。


コーディング設定レベルでサウンドアクチュエーター機能の無効化を実現されている方で
上述項目設定値等詳細をご存知の方がいらっしゃったら状態につきご教示いただければ幸いです



慣らし運転を終えた直後頃、エンジンを高回転まで回し始めた際「ノーマル」時でも感じていたあからさまなスピーカーによるサウンドエンハンサーは無くなった様に個人的には感じます。
サウンドには詳しい耳は確かなカルメンさん、南房総ででも同乗して検証していただきたくw

(参考)
装備表 Golf GTI フォルクスワーゲン公式サイト




!購入検討(試乗等)で要確認!

車の性格を切替、バリエーションを表現するドライブモードといったセレクト機能を有する車が増えましたがもし購入候補車にその機能が付いているのであれば出来る範囲で

選択の自由度が存在するか確認することをお薦めします。

試乗やワンデードライブ程度であればメーカーがセットしたモードを切替えるくらいでなんら不満が出るまで到らないと存じますが、

オーナードライバーとなった場合かなりの時間その車(機能)と付き合うことになるので、

その設定に自由度(主に、カスタム(インディヴィジュアル)選択機能)が在るのかどうか
かなり重要と存じます。


Golf7 GTI含めてだいたいスポーツモードと称している設定は、排気音演出(増大)も含まれる場合が多く、個人的にはその機能だけをOFFにする機能が存在しない場合そのモードを選ばなくなるという感覚がありましたので書いておきます(2018/5/21追記)。

Posted at 2016/07/17 15:09:46 | コメント(1) | About Golf GTI | クルマ
2016年07月17日 イイね!

県境Country roadドライブ | 7934km

県境Country roadドライブ | 7934km前夜に過去ドライブログを漁ってみたところ学生夏休み開始と重なる三連休の中日はドライブに出かけられていたので行く方向だけ目星を付けて就寝。

夜明け頃起床、曇天
車窓もドライブを盛り上げる重要な要素でありまたこの一ヶ月強行楽車が大量に野に放たれるわけでしてそれを避けるべく掲題走ってまいりましたよ。今記は未来の自分向けログの意味合いが強いです、あしからず。

今日は黄色いこで一度走っている「K35/山梨県道・神奈川県道35号四日市場上野原線」を西に向かって走ってみました。ここもまた大変久しぶりに走るエリアであり、また最近近所では全く見かけなくなった天然の山百合やよくみかけるオレンジ色のユリ等のお花が沿道に咲き乱れており初夏を感じるドライブとなりました。



走行データは[192km 3:13h 60km/h 14.7km/l]でした。また全一般道走行で一時[47km/h 13.4km/l]でした。参考値として記しておきます。梅雨が開けたら真昼は灼熱地獄ですし夏休み交通集中は続きますし時間を選んでちょっとずつ走れたらなと思います。日常が戻る秋が待ち遠しいですねw
Posted at 2016/07/17 11:50:11 | コメント(0) | Driving | クルマ

プロフィール

「常陸国ひとり旅 v1.1 | 58600km http://cvw.jp/b/2506657/44711986/
何シテル?   12/30 16:35
はじめまして。車種問わずドライブ好きの輪が広がればと始めてみました。 まずはお知り合いになれれば嬉しく思います。仲良くしてやってくださいませ。 そして車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ヘッドライトレンズの研磨&コーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/08 21:32:36
純正ナビ連動ETCの取り付け【DIY】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/27 18:53:41
Yellow Hat ハットにゃん おりたたみ洗車バケツ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/18 00:01:45

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
MT車に乗り続けたくてオーダー後ほぼ半年かかって独逸で生まれた新しいこをお迎えできました ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
新車から11年10ヶ月、111,720kmで白いこにスイッチ。どの車にも似ていないエクス ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.