• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年01月07日

第18回鈴鹿チャレンジクラブグランプリ

エボ10で2度目の出場となるチャレンジクラブグランプリ。
エンジンパワーも前回の280馬力から22馬力上げて302馬力とカタログ値通りのパワーで参加。タイム的にも前回30秒359は余裕で上回れることは12月17日の走行で確認済み。これまで練習時のベスト区間タイムを繋げると2分28秒931になるんです。
フロントタイヤを新品にしたので27秒台が出ればと目論んでいました。

今回も土曜日開催のチャレグラに出走のため、仕事を切り上げて自宅にダッシュで帰って夕食をかき込んで18:00頃に高松を出発。経費節減のため名阪国道経由で鈴鹿に向かって22:20頃に鈴鹿のシェルで翌日1本目用のガソリンを給油。ガス欠は絶対いやなのでノズル突っ込み継ぎ足しなしの満タンで。
22:40にはコンフォートホテル鈴鹿で会社の福利厚生を活用して3,800円でのチェックイン。
酒も飲まずに0:00頃には素直に就寝。
翌朝、4:45にクリリンより電話連絡。ゲート前状況6台並びとのこと。5:20にホテルを出発。途中のコンビニでおにぎり2つと飲み物を購入して朝食。
5:30頃にゲートに行くと予定通りOPEN済み。
今年のパドックは、昨年より緩やか。クリりんが6台分(2列)を押さえていてくれた。
荷物を降ろして軽く準備して、7:00には受付開始。
今回も、申告タイムで走行枠を割り振ったようで5枠の中で後ろから2番目の4枠目の走行です。
結果24秒から33秒で走ると申告した車両が多かった感じ。 (25台)
チャレクラの時よりも台数が少なくて走りやすそう。
車両的には、GT3やFD3Sなどもいたが劇速マシンはおらずEG6のような直線劇遅コーナー劇早やマシンもいませんでした。
滋賀のマーチ乗りのS氏は1枠目。マナティさんとさかな5さんと京都のKi氏は3枠目。私とクリリンとこの日初めてお会いした名古屋のK氏は4枠目。
8時からブリーフィング。
今回のゲストドライバーは片岡龍也。
今回のブリーフィングは旗の説明もなく昨年よりさらにコンパクトだったな。
片岡選手のトークの時間に片岡選手からウェイビングについてお話があり、ウィンカーの出し方も丁寧に話されていたので今回の走行枠では先導走行時のウェイビングも無くウィンカーを逆に出す人もいなくて非常に走りやすかった。今後のチャレクラのブリーフィングでも徹底してもらいたいものだ。
同乗走行の希望者が多かったので抽選はパス。フォーミュラエンジョイも昨年乗ったのでパス。
ピットに戻って、準備・準備。
やっぱり内圧が肝心だよな。
路面温度も気温も17日に走行した時と同じような感じだったので、F:164、R:164に決定。
走行枠後半でのリアのグリップダウンは、内圧設定が誤っているのではないかとの考えから。
いつもはリア内圧を2.3にしていたが、2.2を目指す。
最近のタイヤは1周でほぼ温まるので、タイヤウォーマー(ホットカーペット)も使わない。
タイヤはフロントが新品でリアが9部山くらい。
その他、前回と違う点は前後のパッドが新品である。

1本目(10:45)
EDFCはいつもの通り
ブースト:A(1.3)
ASC:ALL OFF
ACD:GRAVEL
SST:S-SPORTS(MANUAL)
天候:晴れ
路面:DRY
気温:10.1℃(10:30)
湿度:45%(10:30)
路面温度:11.8℃
劇速はいなくとも私より速そうな車両がいるのでわれ先に組みの後ろ7台目に並ぶ。
先導走行
路面状況はよさそう。
ピットイン
停車せずにピットアウト
前方はウェイビングさせずともタイヤを暖められる速度で走行してくれた。
後ろからはまったく来ないので130Rwo過ぎてからウェイビングをしてタイヤを最終的に暖め前方と車間を取る。
S2000が後ろから来たので譲ってタイム計測開始。
このときの内圧は前後1.95くらいで9割方の内圧か。

1周目2’29.110(デジスパイスでは29秒055)最高速度218.84km/h
S字区間までちょっとタイヤがすべり気味。
セクタ2当日セカンドベスト:25.325
デグナーでタイヤが完璧な状態であることを確認。
セクタ3当日ベスト:53.424
アンダーの出やすいコーナーでフロントが食っている。

2周目2’29.858最高速度219.28km/h当日ベスト最高速度
セクタ1当日ベスト:42.070
110Rから最終コーナーまでまで33秒台で走るエキシージに詰まる。
この周からがタイヤはベストだったであろう。

3周目2’29.567最高速度217.75km/h
1コーナー侵入で減速しながらインからようやくエキシージをパス。
(だから最高速が遅い)
セクタ2当日サードベスト:25.598
セクタ4当日セカンドベスト:27.641

4周目2’29.904最高速度218.39km/h
セクタ2当日ベスト:25.322
セクタ3当日サードベスト:53.758
ヘアピンでラインを外してスロー走行するS2000がいたのでマージンを取って進入・パス。
130Rでスロー走行のエボ10にちょうどクリップであってアウトからスローパス。
ここだけで0.8秒ロス。残念。

5周目2’30.977最高速度218.27km/h
2コーナー立ち上がりでSSTアラート!!またも、ポンプ回し忘れた。
ポンプ電源を入れて4速のまま冷えるのを待って走行。ダンロップで復旧。
130Rでクリリンに詰まってインから減速しながらパス。

6周目2’29.964最高速度217.97km/h
セクタ1当日セカンドベスト:42.076
タイヤが終わり始めた感じ。

7周目2’31.362最高速度216.60km/h
デグ2でアンダー。
セクタ3当日セカンドベスト:53.483
タイムを確認してタイヤが終わっていることを確認して減速。
ピットイン。1本目終了。
ベストは更新したのでとりあえず良いかな。
ピットに戻るとクリリンもK氏も終了済み。

最高水温:91℃
最高油温:113℃
エンジン出力:302馬力
内圧はフロントが2.55と上がりすぎ。リアは2.17と想定通り。

やれやれしてからガソリンを入れようとエンジンを掛けると、なんとM/TとENGのアラートが!!
とりあえず走れるが、ギアが偶数にしか入らない。バックギアにも入らない。
悲しくガソリンを入れに行くが街中でも復旧せず。
この偶数ギアにしか入らなくなる症状ってエボ10で起こることがあり、ディーラーに持ち込むと150万コースのミッション新品交換なんだよね。横浜のショップで20万くらいで直してくれるらしいけど。
「帰り用のガソリンでも入れるかね」とガソリンを満タンにしてピットに戻ろうとすると
なんとM/Tアラートが復旧。何とか2本目も走れそう。無理させるといよいよだめになるのかな?ENGチェックランプは消えないし・・・。

皆で仲良く昼食。
昼食後、エンジンを掛けるとチェックランプが消えていた。やれやれ。
フロント内圧を0.1下げる。
2本目(14:45)
EDFCはいつもの通り
ブースト:B(1.35)気温もちょっと上がったのでほんのちょっとブーストを上げてみた
ASC:ALL OFF
ACD:GRAVEL
SST:S-SPORTS(MANUAL)
天候:晴れ
路面:DRY
気温:11.1℃(14:25)
湿度:48%(14:25)
路面温度:25.0℃
われ先に組みの後ろ7台目に並ぶ。

ピットアウト
2本目は、先導走行なしなのでタイヤを暖めながら走行。
ヘアピン立ち上がりからは太陽がまぶしいのでサンバイザーをおろす。

1周目2’31.326最高速度217.69km/h
1コーナーではタイヤが温まりきっていなかったがS字区間ではもう完璧。

2周目2’29.481最高速度219.18km/h当日セカンドベスト最高速度
ヘアピンでインに付けず。
セクタ4当日ベスト:27.616

3周目2’29.671最高速度217.59km/h
セクタ1当日サードベスト:42.082
ヘアピンでインに付けず。
セクタ4当日サードベスト:27.777

4周目2’30.368最高速度218.92km/h
5周目2’30.162最高速度218.38km/h
デグ2でRX-8に詰まって立ち上がりでパス。
ヘアピンでインに付けず。

6周目2’48.000最高速度208.62km/h
30秒連荘にくじけてクーリングラップ。

7周目2’35.872最高速度217.71km/h
後ろから25秒台で走るRX-8が来たのでデグ2立ち上がりでアクセルを抜いて先に行ってもらう。
諦めてクーリングへ。

8周目2’30.317最高速度219.03km/h当日サードベスト最高速度
悲しい30秒台なので諦めて終了。
ピットイン。

最高水温:91℃
最高油温:113℃
エンジン出力:292馬力
タイヤ内圧前後2.17。内圧完璧。
ブースト設定を0.05上げたけど、結果1本目より0.03下がっていた。
気温が上がるなど状況が悪くなる午後は0.08は上げないと1本目の同じブーストは得られないということだろうか。
総合結果はクラス5(ラジアル)で15台中6位となりました。
前回より速い人が少なくなって中位の一番上くらいになりました。

12月17日のロガーデータと見比べると、直線区間で17日の方がタイムが出ていてトップスピードも17日の方が3キロ以上速い。
フロントニュータイヤ分は確かに1秒くらいあったようだが、エンジンパワーが落ちていたのでタイムが思うように上がらなかったのだろうと分析した。

今回の区間ベストを繋げると2’28.432

タイヤのおいしいときにクリアが取れずに0.7秒ほどロスして、謎のトップスピードダウンで0.5秒ほどロスしているようだ。
当面の目標は27秒9となります。
これ以上は遠いな・・・。

当日の宴会も飲み過ぎることなく、翌朝の朝食を食べて帰路につけました。
めでたしめでたし。
ブログ一覧 | サーキット | 日記
Posted at 2018/01/07 15:58:32

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

セントラル タイヤ処分がてらの練習 ...
clawbridgeさん

ドライビングの精度
OX3832さん

2017.12.30 美浜サーキ ...
Yuatoさん

久々の阿讃アタック!
み・けさん

自己ベストの壁
OX3832さん

鈴鹿サーキット 練習
昌太朗77さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2017年5月21日フロントキャリパー定期交換他 http://cvw.jp/b/250873/41509815/
何シテル?   05/21 18:14
サーキットを走るオヤジです。 大雑把な記載をみんカラブログへ記載しています。 最新情報はMixiでのみ公開中です・・・。 あしからず。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

三菱 ランサーエボリューションX さとエボ10 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/02 05:41:04
三菱 ランサーエボリューションX  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 19:15:01

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
パワーが出にくいといわれるSST車両です。 ハーネスアンカー オイルクーラーローテンプ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ECU:社外品 排気系:プチ変更 プラグ:社外品 オイルパン:社外製 エンジンマウント: ...
三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
ノーマルタービンででしたが、Sタイヤでのもてぎベストが11秒台でした。 軽い事がサーキッ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
サーキットデビュー車両。 セダンにならなくてはならなくなって手放しました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.