• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

いとーたろーのブログ一覧

2015年06月23日 イイね!

もっと頭を使ってドライビングを見直したい人に・・・

ここ最近は走る機会が少なくなっているせいか、走らないときはもっぱらこんなHPをみて理論づけしたりしています。大学時代物理を学んでいたので少しですが書いてあることが理解出来たりします。

自動車を物理する


もしかしたら皆さんご存知のサイトかもしれませんが・・・

結構面白く読めますよ~(^^)
Posted at 2015/06/23 00:29:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2015年06月21日 イイね!

再現性の高いドライビングをマスターしよう

ジムカーナ競技は1日2本の走行でタイムを競う結構過酷なスポーツだと思います。1本目からきっちりタイムを残し2本目にさらなるタイムアップを果たすために慣熟歩行のうちからラインの組み立て方とかシフトポイントの設定とか・・・ある程度イメージが固められた状態で走りだしたほうがメンタル面でもアドバンテージがあるように思います。しかし中級・初級のドライバーはまずコースを覚えるだけでいっぱいいっぱいになってなかなかコース攻略まで自分でイメージすることが出来ない人も多いのではないかと思います。

コースの覚え方は人それぞれいろいろな方法があると思いますが、やはりオーソドックスなのは平面でコースを見るだけでなく実際にコースを歩いている時点で自分の走行ラインをイメージし、出来ればハンドルの回し方やブレーキングポイントまで細かくイメージして覚えておくことでしょう。もし自分の覚え方に自信がない人はトップドライバーが実際に慣熟歩行で歩いているところを見ながら歩いてみるといいかもしれませんね。
僕的にはクルマのコンソールにコース図を貼って走るのはナシです。あくまでも平面は最初に覚えるための地図のようなものです。視覚に頼らずイメージ優先でコース攻略しましょうね。

そして慣熟歩行でイメージした走りを1本目にどれだけ再現できるか・・・もちろん最初にイメージした走り方が正解の走り方では無いケースがほとんどだと思います。それでもイメージをしているのとしていないのとではたとえその走り方に修正が必要だったとしても恐らくは微調整の範囲で走ることが出来ると思います。ラインの取り方であったりブレーキの開始ポイントであったり、その再現性がある程度実際の走りとリンクしてくるようになると、1本目から素晴らしい走りが出来るようになると思います。
また、もし1本目に想定した走り方が大きく外れてしまったら、どの部分で実際の走りと違和感を感じたか検証することが大切です。2本目に向けた作戦の立て方によって逆転も可能だと思います。

1番最初にも書いていますが、ジムカーナという競技は2本の走行でタイムを競うものです。1本目から全力アタックをするためにも自分自身のドライビングの再現性を高く保たないと結果はついてこないと思います。逆にいえば再現性の高いドライバーは1本目を走る時点で他のドライバーよりもアドバンテージがあるのではないでしょうか。
そして、この再現性を高く保つ秘訣とは・・・決して焦らないこと。欲張らないこと。だと思います。まずはその再現性の精度を上げるための訓練としてサーキットコースや練習会などでイメージトレーニングの練習をするといいと思います。出来るだけ慣熟歩行でしっかりした走りの組み立てをし、それに基づいて実際に走ってみる。繰り返し走るたびにそのイメージの修正を行い、その差異が少なくなってきたらもう一度改めてコース図をみて最初に組み立てた走行イメージで大きく外した点をメモしておくと、次に走る際自分の苦手な部分が分かるようになると思います。

美浜ジムカーナDAYでは慣熟歩行のイメージトレーニングにもしっかり時間をとってレクチャーしていますので、ぜひとも慣熟歩行の組み立てが苦手な方は参加してみるといいかもですよ~(宣伝)
Posted at 2015/06/21 23:44:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2015年06月17日 イイね!

タイヤのグリップ力を最大限に活かす

過去2回のブログを読んでいただいた皆さんは、予測運転の効果も何となく頭に残ったのではないかと思うのですが、結局クルマを早く走らせるためには何が必要なのかというと・・・いかに効率的にクルマを進行方向に進めるかということにつきますよね。有り余るエンジンパワーを持った車でもそのパワーを生かしきれないくらい低いグリップ力のタイヤを使っていれば決して速く走ることはできません。究極はどんな路面状況でも進行方向に加速してくれるタイヤがあれば速く走ることが出来る・・・ような気がします。

単純に速く走りたいのであればSタイヤを使って走ればある程度速く走ることが出来ます。ブレーキもハンドルもかなり雑に扱ってもそこそこは速く走れるでしょう。でもジムカーナのように同じタイヤを使って他人と速さを競う競技の場合、ドライバーの運転方法によってタイヤのグリップ力に差が出てしまうケースが散見されます。同じタイヤを使っていてもなぜグリップ力に差が生じてしまうのでしょうか?

タイヤは荷重をかけることで摩擦円の大きさが変化します。ただ荷重変化の量に対して比例的に摩擦円が発生するわけではなく、空気圧であったりサスペンションのセッティングであったりでこの摩擦円の大きさの変化が変わるんです。またドライバーの運転の仕方でも変化の仕方が変わります。この変化する量とスピードをコントロールできれば一番おいしいグリップ力を発生しながら走らせることが出来るはずです。
ここで注意しなければならないのは、前のブログでもちょっとだけ触れた「物質の慣性」が常に働いていることなんです。質量のある物質は運動量を保存する性質があるため、スピードが高い状態でカーブを曲がろうとすると摩擦円がたとえ大きくなったとしても本来行きたい方向より外側にラインが膨らみ、結果的に走行距離をたくさん走ることになってしまいます。なので距離を極力走らず更に高いコーナリングスピードを維持するにはドライバーがタイヤのグリップ力を慣性の法則に逆らわないようにコントロールすることが大切だということです。

そしてさらに路面状況による摩擦円の変化も知識として知っておく必要があります。グリップの高い路面とグリップの低い路面では摩擦円の大きさが違います。当然路面グリップが悪いと摩擦円は小さくなり速いスピードでコーナーをクリアすることが出来なくなります。ここで必要以上にスピードを落としてコーナーを曲がろうとすると面圧の下がったタイヤでは逆にタイヤの摩擦円が小さくなったところでコーナーを曲がらなければならず結局アクセルが踏めない状況となるわけです。路面のミューが低くてもタイヤの摩擦円を極力大きな状態でコーナリングしなければ決して速くは走れません。

この摩擦円の大きさをコントロールするにはクルマのピッチング量・ロール量の大きさを感じ取り、どのくらいの量でアンダーステアが出るのか?リバースステアが出るのかなどを経験値として知っておくことが大切かと思います。ココが理解できないと最終的にタイヤのグリップ力を最大限に生かすことが出来ないと僕は思っています。

このピッチング量・ロール量のコントロールはジムカーナ練習でなくてもちょっとしたワインディングで練習が出来ます。もちろんスピードレンジが低い状態で問題ありません。出来れば3速くらいで低い回転域で練習するとなお効果的だと思います。
是非とも意識して練習してみてくださいね~
Posted at 2015/06/17 22:13:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2015年06月16日 イイね!

操作スピードとタイミングを察知する

先のブログで予測運転について書きましたが、実は予測運転というのは経験からくる部分が一番大切ではあったりします。見聞きしたことでもある程度予測は出来ますが、経験値が多ければ多いほど想定する出来事が現実に起こることと近くなるのは理科の実験などでも体感できると思います。
(街中の事故が減らないのは経験則では計り知れない不確定要素が多いからだと思います)

ジムカーナの場合コースレイアウトはイベント当日発表されるため、過去の経験の多さがそのままコースを走る際の組み立て方に影響はすると思います。ただ日々運転している自分の車であればその車の特性はおおよそ見当が付いていることと思います。ハンドルをどれだけ切ればどのくらい曲がりブレーキを踏んだらどのくらいスピードが落ちるか・・・その程度の知識があれば予測運転は案外簡単にできるのではないかと。

スピードレンジが上がると一番変化するのは時間当たりの車の走行距離なのは、シュウさんが先のブログに書かれていた通りです。例えば時速50kmで走っているクルマが1秒間にすすむ距離は13.8mです。これが時速60kmで走った場合1秒間にすすむ距離は16.7mです。たった10km車速が上がっただけで1秒間に3mほど距離が変わってくるのです。ブレーキを踏むタイミングを時速50kmと時速60kmで比べた場合当然同じタイミングでブレーキをかけても制動距離が変わるのは周知の事実ですよね。更に高い車速からのブレーキングは踏み方がきつくなると慣性の法則でフロントに車重が集中しリアロックする確率も増えてきます。実際には時速50kmで踏むブレーキの踏力の力の入れ具合と時速60kmで踏むブレーキのそれとでは実は違う場合が多いのですよ。
もちろんハンドル操作でも同様のことが言えます。同じタイミングでハンドルを切った場合車速が高ければそれだけ速いスピードでハンドルを切り始めないとコーナーに間に合わなくなります。(実際には操作スピードを上げると車の姿勢制御が難しくなるのでドライバーは無意識のうちにスピードを上げられなくなると思いますが・・・)ハンドルを切り遅れたうえに更にハンドルを切る量を増してしまうとアンダーステアが増長し結果的にパイロンから離れてしまいます。いわゆる突っ込みすぎという現象に陥るわけです。1本目の走行でスピードが遅く感じ2本目に車速を修正して走行した場合突っ込みすぎになる現象は上記の事由によるものと推察されるのです。


何が言いたいのかというと、スピードレンジに合わせて操作するスピードとタイミングを変える必要があるということを頭において予測運転をしてほしいんです。当然街中でスピードを出すリスクはこの操作スピードの概念が理解されていない人が多いことなんだと思います。スピードを出すということはあらかじめ先の情報を察知するということも大切ですが、操作するタイミングが低い車速域よりも早くしなければならないということなんです。

自分なりに分かりやすく操作スピードとタイミングについて書いてみましたが、文章で説明してもわからないことがたくさんありますので、まずは練習でそのあたりの検証をすることをお勧めします。もちろん一般道ではリスクもあるので、お近くのジムカーナ練習会でそのあたりを意識しながら走ってみましょう~(^^)

シュウさん・・・頑張りすぎた場合の結果の検証こんな感じでよいですかね???
Posted at 2015/06/16 00:58:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2015年06月14日 イイね!

予測運転の重要性

ジムカーナに限らず一般道での運転も『予測運転』が必要なことは以前も書いた覚えがあります。周りの環境を観察しながら運転すると自然とスムーズにクルマを運転することが出来るばかりか、周囲の危険も速く察知することが出来るようになります。

人間は主に視覚で情報を察知し、その情報を能が理解・分析したうえで手や足が反応して行動となるわけです。反射神経の良い人でも情報を察知してから行動に移すまで大体0.3秒くらいだそうです。当然反射神経の鈍い人もいるわけで0.5秒くらいかかる場合もあるでしょう。そしてその行動が回避行動であるならば確実にその反応時間分遅くなるわけです。
クルマの運転でいえば0.5秒の間に少なくとも数メートルは進んでしまうので、やはり視覚だけに頼った運転では未然に事故を防ぐことが出来にくいこともあるわけです。

さて、上記の事例を頭に入れてジムカーナ走行をしているシチュエーションでこの予測運転を考えてみましょう。ジムカーナの場合一般道よりも当然スピードレンジが高いので、コースの見落としであったりパイロンの距離感の認識間違いをしてしまうと当然操作が後手に回ります。操作が遅れた分余分な距離を走ったりパイロンを引っかけてしまうこともあるでしょう。また、予想しないグリップ変化でクルマが暴れた場合も滑った事実を認識して体が反応するまではやはり0.5秒くらいはかかると思います。事実を認識してから反応すればやはり操作が間に合わないでしょう。

トップドライバーといわれる方はドライビング中に生じる予期せぬ出来事にもかなりの確率で適切に対応し、何事もなかったようにクリアしていくことでしょう。またその予期せぬ出来事の発生確率も一般の人と比べると極端に少ないと思います。それはドライバー自身が高いスピードレンジの中でも冷静にクルマをコントロールし予測運転をしているからだと僕は思います。その予測運転をするための情報源は慣熟歩行中の路面状況の確認であったり、事前テストにおけるケーススタディの成果であったり、もっといえばマシンのセットアップと自身のドライビングスキルのマッチングが完璧であるたまものなのかもしれません。

なので、普通のドライバーはドライビングを組み立てる際に出来る限り具体的にそのコースの攻略方法をイメージトレーニングし、更に走行中は落ち着いて進行方向を確認しつつイメージトレーニングで組み立てた攻略法をトレースすることが結果的に速いドライビングにつながるのかなって思います。


もちろんドライビングのスキルアップは基礎訓練の積み重ねでも蓄積されると思いますが、効率よく速く走るためには自分自身が操る車の特性や挙動変化などを十分理解し、更に予測する運転を心がけることでそのレベルアップのスピードは確実に高くなるでしょう。
そんな運転を目指したいと思う方はゼヒ美浜ジムカーナDAYに参加してみてください。その予測運転の方法なども含めていろいろレクチャーしてもらえると思います。
Posted at 2015/06/14 22:55:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記

プロフィール

「今年に入ってからヤフオクで散財が止まらない…( ´△`)
そろそろ打ち止めですが、取り敢えず最後のブツはかなり楽しみです。」
何シテル?   02/20 22:58
こんにちわ。 音楽(邦楽)と映画(邦画)が好きなオッサンです。 車も少し好きですが、最近は何か違う趣味が出来たらいいなと思ってます。 お暇な方覗いてっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

Speed Heart Racing Oil 
カテゴリ:レーシングパーツサプライアー
2010/02/26 21:49:56
 
RAYSホイール 
カテゴリ:レーシングパーツサプライアー
2010/01/29 00:02:26
 
JMRC中部ジムカーナ部会 
カテゴリ:ジムカーナ関連
2009/02/02 13:47:58
 

愛車一覧

トヨタ シエンタ トヨタ シエンタ
3列シートで一番コンパクトな車をチョイス。 このサイズでないとガレージに入らないので。。 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
盆栽買いました。
ホンダ S2000 ホンダ S2000
ジムカーナ用の車です。 派手ですが遅いです・・・(滝汗) 2009年10月に次のオーナ ...
トヨタ bB トヨタ bB
2009年3月に中古で購入。 人も荷物もそれなりに乗せられてしかも快適な車をキーワードに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.