• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ROUSSILLONのブログ一覧

2018年11月12日 イイね!

ボヘミアンラプソディ愛が止まらない

ボヘミアンラプソディ愛が止まらない

あの時、あの場所で、
クイーンのコンサートを見ていなかったら…。
きっと違った人生になっていただろうと。






あの時とは1981年。あの場所はもちろん武道館。
その当時、洋楽も邦楽も区別なく音楽を聴き始めた頃。
知り合いがクイーンのチケットを取ってくれることになって。

静岡から東京に行くのも冒険のような年齢。
自分にとっては初めての洋楽のコンサート。ちょっと不良の匂いが(笑)。

で、どのくらいクイーンファンだったかと言うと、
世代がワンテンポ遅れているので、そうでもなく、
正直、クイーンは洋楽の1つという感じだった。

フィルムコンサートでボヘミアン·ラプソディは知っていたし、

当時のTHE GAMEも持っていたけれど、
そこから初期クイーンまで遡るのは武道館の後のこと。

生まれて初めて行った武道館の席は、
アリーナの真ん中の9列目か10列目ぐらい。
そんな席がどれだけ強いコネの席だったのかを知るのは、
さらにずっと後のことだった。

そんな席で見たクイーンのコンサートのことは、
今でもはっきりと記憶に残っている。

客殿が落ちて、ベース音が鳴り出すと、武道館が揺れ始めて…。
地震かと思うほどの揺れで不安になったほど。
そこからサンダーボルトライトニングがドーン!
当時、クイーンのライブの代名詞だったら証明に光が入り、

ステージを照らしながら、クレーンで上に持ち上がっていく。
そしてメンバーが登場し、速いWe Will Rock You。



そりゃ、彼らのステージングを持ってすれば、
田舎の中学生の人生を狂わすなんて簡単なこと。
あんなものを見なければ、
今とはまったく違う人生を歩んでいたのかもしれない(笑)。
まぁ、今の人生は嫌いじゃないけどwwww

その後もクイーンは何度か来日。
日本で最後の公演となった85年の武道館ももちろん行った。
後期のライブの代表曲、Hammer to fallを聴けただけでも満足だったけれど、

大御所感があつて、以前ほどの勢いは感じられなかった。

その約2ヶ月後に行われたライブエイド。
偶然にも、初めてクイーンの武道館を一緒に見た友達の家で中継を見ていた。

あの時、もっとも話題だったのはZEPの再結成。
天国への階段やハートブレイカーを聴けるかと思うと、
クイーン以上の期待感はあった。

ポール·マッカートニーのソロのキャリアとして花を咲かせるのは、
もう少し後のことで、それよりもU2であったり、ボウイであったり、
アメリカ側のマドンナであったり、
話題性としてはクイーンも出るの?ぐらい。

しかし、期待に反して、
ライブエイド自体は中継の手際が悪く、
CMの入るタイミングも最悪。
トラブルも多い中でストレスだらけだった記憶が。

そんな中で登場したクイーン。 

本当に魂の入ったライブで、
クイーンここにあり!と、改めて世界に知らしめるに十分なもので、
パフォーマンスはどのアーティストをも超越していた。

今でも思う。その後の活動はあったけれど、
ライブエイドがクイーンを自分の目で見た最後の煌めきだったと、
 
映画「ボヘミアンラプソディ」を制作者もまた、
ライブエイドのクイーンの演奏に対して、
自分と同じ気持ちあったのだろうと容易に想像できる。
映画作りもそこが原点だと言っても過言ではない。
85年のあの時、ウェンブリー・スタジアムというあの場所で、
世界最高のパフォーマンスを見せた、
エンターテナーの生き様を伝えたかったのだ。

映画の内容に対して、時系列や史実と違うと言う人や
フレディの人間性を描き方の薄さを指摘する人がいるけれど、
そこはこの映画の本質ではない。
史実と言っても当時音楽雑誌読んでる人なら知ってるレベルのこと。
ドキュメンタリーでもあるまいし。

それよりもあのパフォーマンスに対する思いにこそがリアル。
それを完璧に映像化しただけでも、映画として十分成功している。

Posted at 2018/11/13 00:02:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月09日 イイね!

ポールの名古屋公演が感動的な件

ポールの名古屋公演が感動的な件

やるな名古屋。

タイトル間違えてた−w








 
Posted at 2018/11/09 09:15:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月08日 イイね!

あなたのディスコソング教えてください。

あなたのディスコソング教えてください。




今のダンスクラスの先生は20代前半の女性です。











ハロウィンにも登場しましたが、
いろいろと意欲的で、最近のディスコ・ブームに合わせて
ディスコ・ナイト・レッスンを企画しました。
2ヶ月ほど先ですが、問題は曲です。

ディスコといっても、
基本は70年代、80年代、90年代と、
世代によってそれぞれ代表する曲が違うわけです。

ましてや23歳。
ということでどんな曲にするかリクエスト受付中。

クラスに来ている方は、
ディスコに行ったこともない人が意外と多くて…。

自分も若かりし頃は、
新宿、渋谷や六本木のディスコに行ったこともあります。

が、

基本、ロック、サブカルの人なので、
ディスコのようなメインストリームから完全に外れてます。
ただ付き合いと時代背景のみでディスコに行ったような…。
 

もし、当時のお店が復活するとすれば、
マハラジャでもジュリアナでもなく、
ツバキハウスのロンドンナイト。
友達に誘われてのメタルナイトもOKです。
あるいは、新宿2丁目の伝説のお店、ニューサザエ!
あのママも今年6月ご逝去されたそうです。

よく行ったのは、新宿3丁目の69や六本木のピジョン。
(どちらもレゲエバー)
もはやわかる人にしかわかりません。

そんな人間がディスコの曲と言われても…。
EWFやビージーズ(サタデー・ナイト・フィーバー)、
クール&ザ・ギャングのセレブレーション、
ABBAのダンシングクイーンは別にしてあんまり思いつきません。

日本人受けするこの曲とか?



たまに六本木の外人が多い店に行くと、
さすがにこの曲だけはいつも盛り上がっています。


ユーロビート全盛の時代、
ニュー・オーダーと言いたいところですが、
この曲だけはディスコでよくかかっていた記憶が。



個人的には、当時あったチークタイムの方が思い出深く、なかでも定番はコレ。
ただ、この曲で踊ったからといって特別な思い出はありませんww


さすがにレッスンだとチークタイムはないのでちょっと残念ですが、
踊りたいかと言われると、お知り合いばかりでそうでもない(笑)。

それにしてもディスコソングは?と聞かれると、
年齢と若い頃遊んでいたお店まで特定されそうです(笑)。

それでも、ディスコといえばこれだー!というのがあったら、
教えてほしいところです。
Posted at 2018/11/08 01:32:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月07日 イイね!

トリコロールなテイスト

トリコロールなテイスト




オランジーナの新味。

1本はボトルのデザインがトリコロールカラーです。






フランス車乗りとしては、これは買わなければ(笑)。


来月になると、わりと近所にルノー&アルピーヌがまもなく誕生します。


中旬ということなのですが、
オープンの際にはキャプチャー乗りが集まって訪問。
ゆるいオフ会なんてのもありかなと思ってはいるのですが、
東名沼津インター下りてすぐなので、
それなりに遊ぶところも食べるところもあります。

ただ、日付がまだ出ていないので、お声を掛けるタイミングが…。

Posted at 2018/11/07 12:09:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月02日 イイね!

ポール・マッカートニー@東京ドーム

ポール・マッカートニー@東京ドーム


FRESHEN UPと題された






今回のポール・マッカートニーのツアー。


去年来たばっかりなのにまた来るの?
しかも、ONE ON ONEとの違いは?

そんな風に思っていました。

セットリストもそんなに大きく入れ替わっていたわけではないのに、
実際に見た感想は、本当にリフレッシュされていました。


今回のポールのコンサートで3つのポイントを上げるとすれば、

1 照明が大きく変わっていた。

後半こそ派手めなライティングになりますが、
前半はオールドスタイルといってもいいぐらいの、
シンプルな色の切り替え+映像。
映像は前回と同じものもありますが、
今回のツアー用の映像もあって、
ポールらしいメッセージが込められていました。


2 ホーンセクションが加わった

音的には、一部の曲に3人のホーンが加わって、より音に厚みが出ています。
どの曲にホーンが入るのかが、これから見る方は期待していいと思います。

3 エジプトステーションの曲

ニューアルバムの曲も少しだけやりますが、
これがライブで聴いた方が10倍いい(大げさかっ)。
改めてアルバムを聴き込んで言ってほしいですね。


この3つにプラスして、
前回も感じた、やはりポールはロック、
そしてバンドが好きなんだなと。

年齢の衰えはあります。声はもちろん、動きも。前回からは落ちています。

にもかかわらず、ヴォーカルだけでなく、
ベーシスト、ギタリスト、ピアニスト、オルガニストとしての
役割も完璧にこなし、年齢を超越してバンドサウンドを追求する姿には、
驚きと感動しかありません。

正直、ヘルタースケルターをはじめ、
そこまでシャウト系の曲を入れなくても…。
彼なら適当にバラードとビートルズソングだけを歌っていれば、
満足する層もいるでしょう。

でも、ポールは決して懐メロ大会にはしない。
そんな決意がこの日のセットリストからも見えてきます。

ちなみに基本のセットリストは2つあり、
2曲めが運命の分かれ目。
ちなみに昨日はイエスタデイなしのセットリスト。
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアでしたが、
イエスタデイとアイ·ソー·ハー·スタンディング·ゼアを両方演った日もあるようです。
これからツアーに参加される方は、そのあたりも楽しみなところです。

かなり何度も見てるし、ポールもう来なくていいかも…。
なんて思った自分がいましたが、
年齢の限界に挑戦しつつ、
10代や20代に創った世界観を壊すことなく表現し続けるポールに、
ここまできたら死ぬまで付き合うしかない!
改めてそんな感想を持ったコンサートでした。








Posted at 2018/11/02 09:11:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ボヘミアンラプソディ愛が止まらない http://cvw.jp/b/2515527/42178585/
何シテル?   11/13 00:02
R1やR246+都内を走ってます。 ルノーに乗って以来、いろいろと試乗してます。 とにかく乗って楽しい車が好き。 キャプチャーはいたって普通の乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スターレット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/26 16:02:04
水中撮影:180527-01 祝!ジオパーク/西伊豆・黄金崎公園ビーチ シュノーケリング行 の事 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/21 16:51:27
ヒューズボックスからのシガーソケット電源引き出し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 08:21:47

お友達

ブログは車以外の話題も多いですが、それでもOKなら(笑)。
46 人のお友達がいます
twinguistestwinguistes * 84(おじー)84(おじー) *
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム * ヤジキンヤジキン *
《》 ひで 《》《》 ひで 《》 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー キャプチャー ルノー キャプチャー
3万km突破。高速での安定感、燃費、荷物のスペースともに満足。男性の友達からはかっこいい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.