• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年06月17日

世界レベル恐竜博物館 と お城 と 珍スポット(福井県勝山市)

世界レベル恐竜博物館 と お城 と 珍スポット(福井県勝山市) 6月17日は、福井県は勝山市に行ってきた。

また長くなりますが、よろしかったらおつきあいください。

長距離攻撃なので、金曜日の夜出発。
厚木ICから東名に乗り、新東名に乗り継いで、途中のPAで仮眠をとり、東海環状道を経由して東海北陸道に入り白鳥ICからは、油坂道路と国158(美濃街道)を使って勝山に向いました。

途中にあるのが、「九頭竜ダム」
1968年(昭和43年)に完成した、高さ128メートルのロックフィルダムです。

これほどの高さのロックフィルダムは、なかなかお目に掛かれません。

勝山市に入り朝飯は、コンビニで確保してお城に向いました。

最初のお城は、「勝山城」

市民会館の駐車場に車を止め、朝飯を食べましたが、このあたり一帯が勝山城址です。

遺構は残っていないのですが、勝山城址碑がある場所が、天守台があった場所だそうです。
柴田勝家が越前を治めていた頃に、養子の柴田勝安が築いたお城です。

次のお城は、「村岡山城」

天正2年(1574)に、平泉寺にいた朝倉景鏡勢に対抗して、一揆衆が築いたものだそうです。
この景鏡、前年の一乗谷の戦いにて、朝倉義景を裏切り実質的に朝倉家を滅亡に導いた人で、
織田信長に許されて、本領を安堵されるのですが、越前一向一揆の標的にされ、平泉寺に逃げ込んでいました。
その後、村岡山城を、朝倉景鏡が攻めるのですが討ち死して、一揆衆が勝利しました。
この勝利によって、人々はこの山を「勝山」と呼ぶようになり、現在の「勝山市」の地名はこれにちなんでいるのだそうです。

麓の公民館に車を止めて、登りましたが、険しい坂道の上に築城された山城です。
柴田勝家が越前に入った時、村岡山城にも柴田勢が入っているので、遺構は、柴田勢によって改修されているのであろうと思われますが、堀と土塁で囲われた廓がしっかり確認でき、深い堀切や竪堀も残っていて、山城満喫できました。

一番高い郭から、次に行く恐竜博物館が、確認できました。

ということで、次に行ったのは「福井県立恐竜博物館」

世界三大恐竜博物館の一つと称され、日本の恐竜博物館の代表格です。
勝山では、5種の新種の恐竜が発掘されており、その化石標本とその発掘現場が国の天然記念物に指定されています。

入館すると、エスカレーターを下って展示ホールへと向かうのですが、まず最初に、動くティラノサウルスが出迎えてくれます。

館内には、恐竜の化石がずらっと並んで展示されており、圧巻です。
さらに、その化石の大半が、複製ではなく現物であることに驚かされます。

恐竜は、中生代に生まれて、中生代末に隕石衝突により滅びた生物である。
くらいの知識しかなく行ってみたら、新しい情報の洪水で頭の中が大混乱。

ちなみに、恐竜は、中生代の三畳紀に発生します。
中生代のジュラ紀には、恐竜が大型化し大繁栄します。
中生代の白亜紀も、恐竜の繁栄は続くのですが、その末期に絶滅します。
翼竜の一部だけは生き残り、現在の鳥類となったとされています。

映画「ジュラシック・パーク」は、ジュラ紀の公園だと思っていたのですが、映画に登場するヴェロキラプトルもティラノサウルスもトリケラトプスも、白亜紀後期から晩期の恐竜なのだそうです。

3時間ほど見て回りましたが、全然観きれない。
次回は、もう少し予習してから行きたいものです。

次に向かったのは、「勝山城博物館」

博物館の広い駐車場の空きスペースに車を止めました。
車は何台も止まっており、次々に車が来るのですが車を降りで皆さんが向かうのは、博物館ではなく、駐車場の横のお店「みるく茶屋 本店」
ソフトクリームとジェラートのお店です。
バニラを使わないミルク味というソフトクリームを頂きました。
ジャージー牛の牛乳の味がダイレクトに感じられて、美味しかったです。

多くの人がソフトクリームやジェラートを食べて帰って行くのなか、博物館に向いました。

勝山城博物館 は、天守風建築物の博物館です。
建物の高さが57.8mあり、天守風建築物として日本一の高さだそうです。

外壁の龍が特徴的。

博物館と言っても、展示品にさほど貴重なものは無く、いろいろ展示されているので、見れば時間はかかるけど、、、、 というものでした。
なお、本物の勝山城には、天守台はあったものの天守閣は無かったので、博物館の外観は、姫路城に似せて作ったのだとか (^_^;)

最後は、「大師山清大寺」「越前大仏」
珍スポットとして有名なところです。

勝山出身の実業家、相互タクシーの創業者 多田清 氏により1987年に建立。
  ちなみに、勝山城博物館も同氏の出資により建築されました。
当初は観光目的の寺院だったのですが、参詣者数は当初から伸び悩み、2002年から臨済宗妙心寺派の寺院となり宗教法人となっています。

門前の土産物屋街は、ゴーストタウン状態。

南大門 : 東大寺南大門を模して造られ、その規模は同程度だそうです。

金堂 : 東大寺大仏殿を模して造られ、東大寺より大きいそうです。

越前大仏 : 大きさは17mで、東大寺の大仏より大きく、中国の洛陽市にある龍門奉先寺座像をモデルにしているそうです。

金堂内の壁面には、千体を超える仏像が安置されています。
昭和の終わりに作られたものなので、ありがたみはない筈なのですが、千体を超える仏像にかこまれた大仏と正対したら、思わず手を合わせてしまいました。

五重塔 : 鉄筋コンクリート造りとしても日本最大の五重塔だそうです。

いずれの構造物も、すごいお金をかけて作られたのだと思われますが、まばらにしか居ない観光客に紛れて見てみれば、まさに、珍スポットでした。

このあと、焼き鳥の「秋吉」で夕食を頂き、来た道を戻って途中のSAで仮眠をとりつつ帰ってきました。

全行程 約920km 燃費計 17.4km/L
ブログ一覧 | ドライブ | 旅行/地域
Posted at 2017/07/03 21:54:45

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

恐竜博物館(福井県立)①!
ウェルコギさん

ふく会長の恐竜探索
ふくちゃんCARさん

B6ツーリングオフに参加 その1
ヒロ@1483さん

福井県に遊びに行ってきました。
ラリーすきさん

福井の恐竜博物館とJAMに行ってき ...
SHINYAさん

【ローカルスキー場巡り②】 『スキ ...
LEN吉さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

aladdin2です。よろしくお願いします。 金曜の夜出て仮眠取りながら移動し、土曜観光して、夕方から仮眠取りながら帰ってくるというパターンで、あちこちで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

タイヤと燃費(総まとめ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/09 11:10:27

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークX トヨタ マークX
マークX 250G Sパッケージ に乗っています。 15年10月に、インプレッサ GT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.