• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年07月16日

東北旅行2018(6月20日~23日)

東北旅行後半戦です。

記憶がどんどんこぼれ落ちる中で、とりあえず記憶にある限り。

○6月20日

8時にホテル出発、青森に向かいます。

東北自動車道に乗り、この旅の最北、鶴の舞橋に着いたのが11時くらい。

JRのCMで吉永小百合さんが登場し、一躍有名になった観光地だそうです。



絵になる風景ってのは間違いないけど、なんでこんなとこに橋作ったかな・・・

歩いて往復し、この日は早くもホテルへ向かいます。

しかし、コレが意外と大変でした。

酸ヶ湯から奥入瀬へ抜ける道は結構クネクネ&高低差がありました。

まあでも、センターラインがあるから全然いいか。

冬期や豪雨時は閉鎖になる道をしばらく行き、なんとか無事に奥入瀬に着きました。

この日の宿泊は奥入瀬渓流ホテル。

午後3時に着きました。

駐車場に止まると、ささっとホテルマンがカートを持ってクルマまで来てくれます。

チェックインはロビーにいくつもあるテーブルに向こうから来てくれます。

懇切丁寧に説明を受け、客室にも案内してくれました。

さすが星野リゾートですねえ。

ちゃんと教育が行き届いてる感じがしました。

この感じは、ずーっと前に行った沖縄のブセナテラス以来。

ま、基本は庶民ホテルバンザイなので。



泊まった部屋の室内はこんな感じです。

特に高い部屋ではありません。

もとは二人用の部屋を、エキストラベッドで3人泊まれるようにしたようですが、全然広かったです。

部屋から目にいっぱいの緑が見え、これは一泊ではもったいないと思いました。

ホテル付属の露天風呂と、シャトルバスで行ける露天風呂もあります。

ディナーはホテルのフレンチ。

量を少なくしてほしいという要望にもできる限り応えていただき、とてもゆったりと、贅沢な気分を味わうことができました。

夜は奥入瀬についてのレクチャーなどもあり、「ただ泊まる」以上の楽しさがありました。

走行距離276km

○6月21日

翌日、目を覚ました私を待っていたのは「体の不調」でした。

この日はホテルのアクティビティ、「苔さんぽ」を予約しており、この旅で最も私が楽しみにしていたイベントでした。

それが、頭痛と吐き気、倦怠感でキャンセル。

父と母を送り出して、あとは昼までずっと寝てましたΣ( ̄ロ ̄ )

自業自得とはいえ、なんでこんなことに。

今になって、悔やんでも悔やみきれない。

まあ、その時に出かけるのは絶対無理だったんだけど。

というわけで、父が撮った写真。



昼に奥入瀬渓流ホテルを出発。

私は体調が戻らず、父に運転をお願いすることになりました。

そして正直、父には感謝しているものの、道中しんどすぎてほとんど覚えてません^^;

助手席でシートを倒し、半分覚醒状態で運ばれてました。

この日のホテルはホテルリッチ&ガーデン酒田。

山形県にあるホテルです。

5時半に到着しました。

まだ頭痛が残っていたので、たまたまホテルの近くにあったドラッグストアで頭痛薬を買ってもらい、速攻で飲んで1時間後、やっと復活しました。

EVE(頭痛薬)さまさまです。

ここもディナーはビュッフェで、ピザ(焼きたて)なんかもあって、つい頼んでしまいました。

とりあえずはなんとか体調が戻り、ほっとしました。

あとはもう帰るだけです。

走行距離301km

○6月22日

7時20分にホテルを出発、もうひたすらに北陸自動車道で南西に向かいます。

米山SA、有磯海SA、尼御前SAに寄って、この日は福井県のホテルリバージュアケボノで宿泊。

駐車場でクルマの整理をしていたホテルマンのお兄さんがCX-3のオーナーで、エアロ欲しいって話で盛り上がりました。

着いてるの見ると、ちょっといいなあって気持ちになるのは分かる(*ノノ)

ぜひ着けてください!

えーとね、ここは両親がツイン、私がシングルで分かれてたんですが、どちらの部屋も「テレビが大きい」!

びっくりするぐらい大きかったです。

狭い部屋なのに・・・

自分ちは控えめなサイズなので、「でかっ!」と思いましたよ。

まあ結構疲れてたので、ほとんど見なかったんですが。

部屋自体は、十分快適でした。

走行距離546km

○6月23日

8時にホテル出発。

この日は父たっての希望でタケフナイフビレッジへ。

なんかテレビで見て、行きたいんだそう。

父は料理する人なので、包丁も結構こだわるというか、好きなんです。

自分で研いだりしますし。

というわけで、使いやすそうで、かつ自分で研げそうな包丁を1本購入しました。

9時半ごろにタケフナイフビレッジを出発、あとはもう帰るだけ。

途中で高速を乗り間違え、100kmほどロスしたのは内緒です。

実家に着いたのは午後4時50分でした。

総走行距離2866.8km

<感想>

1週間にわたったとはいえ、これだけ毎日長距離を走ったのは記憶にないかなあ。

ただ、帰ってきたらしばらくクルマ乗りたくないかと思ったら、次の日にはまた(ホイールのために)高速乗ってたので、そうでもないようです。

連日長時間クルマに乗ったので、そのうち腰が痛くなるんじゃないかと懸念してたんですが、それはまったくなかったです。

「乗り心地イイ」とまではいかないにしても、長距離ユースでも必要十分なだけの乗り心地ではあるのかなと。

このあたりはドラポジも影響してくるのかな?

毎日高速に乗っていたため、クルコンの設定が素早くなりました。

本線に乗って十分加速したら、すぐ設定完了。

あとは自分の好みの速度のクルマをストーカー(*ノノ)

追従機能付クルコンなので、そこはすごい助かりました。

単に一定速度しか出ないと、やっぱり速度調整が頻繁に必要だし。

エンジンはずっと快調でした。

高速がほとんどだったので、ご機嫌♪って感じ。

ただ、父が運転したらi-DMが3.8まで下がりました^^;

まあ、そりゃそうですね。

加速・減速時にペダル踏む量も違うし。

慣れないクルマでよく運転してくれたと思います。

母と二人だけだったら途方に暮れているところでした。

ということで、自分的にはそこはかとない残念感が残る結果になりましたが、死ぬまでにはリベンジしたいと思ってます。

待ってろよ、奥入瀬(≧∇≦)ノ
ブログ一覧 | 東北旅行2018 | 日記
Posted at 2018/07/16 19:49:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

東莞に到着。
とよりんさん

RC-F Let's go! Pa ...
湘南乃男さん

一足お先に有給休暇 hawaii ...
sinyさん

ボラカイに行ってきました 後編
atsuhlyさん

関東へ
夕焼け・いっちー@埋蔵チタンさん

本日の宿 と、 メルセデスのタクシー
KSeeさん

この記事へのコメント

2018/07/16 21:13:00
こんばんは。
ご両親との旅行、良い思い出になられたかと思います。
やはり女性は親思いの方が多いですね(ウチの娘を除く)。

そう言えば、水害は大丈夫でしたか?
至る所で局地的な水没があったみたいで、会社でも新車から2年足らずのベゼルがダメになり、ショックで出社して来ない若手も居ます。
ウチは全くの無事でしたが、米倉の笹ヶ瀬川があと少しで溢れる所でした。
あそこが溢れるとウチはアウト…

今まで、大した災害も無く人ごとのように思ってましたが自然は怖いですね。
コメントへの返答
2018/07/17 06:44:07
おはようございます。

両親が思いのほか喜んでくれていたようなので、何よりでした。
私は特に親思いってわけではありません^^;
くめきちさんとこは、これからなんじゃないかと思います。

おかげさまで私のほうは、ご近所含め何も被害がありませんでした。
クルマはちょっとショックですねえ。
晴れの国ってことで、岡山はあまり水害のイメージなかったんですが、こういうこともあるんですね。
もし堤防が決壊したらどうするか、早めに行動する意識が大事かもしれないですね。
私も今回でだいぶ考えさせられました。
2018/07/16 21:56:26
こんばんは。

長旅お疲れさまでした。
宿泊が何日も伴う旅になると、天候だけでは無く体調を含めたコンディションに影響されてしまうので、なかなか思惑通りに旅する事は難しいですよね。
ただ、私も過去に何度も同じ様な経験をしていますが、そう言った点を含めて、(次回への宿題=また旅するきっかけ作りが出来て)旅する事って楽しいなぁ~って感じています。

また近いうちに、オコシストさん的に今回の旅でリベンジ対象になった場所の再レポートを楽しませて頂ける事を願っています^^

今回のレポートを拝見していて気付いたのですが、鶴の舞橋は数年前に青森を旅した時は全くノーマークでした(^^ゞ
岩木山をバックに橋の景色を眺める事が出来て良さ気な場所に感じたので、次回青森を旅する機会があれば、立ち寄ってみたいと思います!

コメントへの返答
2018/07/17 07:03:17
おはようございます。

これだけ長い旅というのも初めてに近く、いろいろと準備不足な面もあったかなあと思います。
次の旅へのきっかけというのは、確かにそうですね。
次こそあそこに行こうと思っていると、積極的に旅行に行きたくなります。
プラスに考えられるよっすい.さんの精神は素晴らしいです。

ぬう、場所が場所なので・・・
でも結局奥入瀬渓流をまったく見ることすらできなかったので、ホテルを堪能することも含め、いつかリベンジはしたいです。

鶴の舞橋は、同じ有名な橋の錦帯橋とはまた風情が違い、自然の中にありました。(しかも無料)
写真映えしますし、よっすい.カメラマンの腕が鳴ると思いますよ!
行った日は天気があまり良くなくて、これが晴れてたらもっときれいなんだろうなあと思いながら写真撮りました。
ぜひ行ってみてください^^
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ホイール&タイヤ交換。 http://cvw.jp/b/2533428/41655167/
何シテル?   06/27 19:39
CX-3オーナーになって以来、(自分の)クルマ好きに拍車がかかっています。 バカだな~ということで、生あたたかく見守っていただければと思います。 文字を書く...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

よろしくお願いいたします。
5 人のお友達がいます
よっすい.よっすい. 直管のshin直管のshin
seki-kaseki-ka くめきちくめきち
isshi-misshi-m

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-3 マツダ CX-3
(2017.05.14追記、写真撮影) 2017.04.28にエアロ装着したため、プロフ ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
約8年ちょっと、文字通り足となって活躍してくれた、大事な大事な車でした。 クルマを運転す ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.