• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

picoo32のブログ一覧

2018年03月30日 イイね!

桜 R32

桜 R32  3月25日(日)、スッキリ晴れの休日、気分は最高(^^)
 
 桜の花と一緒にやってくる日本の春
 今年もしっかり近場の桜とコラボしてきました(* *)
 1週間遅れになりましたが、ようやくアップ出来ました。
 
 春の眩しい日差しに花びらが輝いてとても綺麗でした。
 Rもニコニコ笑っているように見えるから不思議♪♪
 さぁ、いよいよ車を楽しむシーズンの到来です。
 早くジャブジャブジャブと時間を掛けて洗車もしたいですね(^^)

 忙しい毎日でしたが無事に年度末を迎えることが出来ました。
 来週からの新年度も相変わらず忙しいですが、頑張ります(^^)v




































Posted at 2018/03/31 01:08:31 | コメント(8) | BNR32 | クルマ
2018年03月25日 イイね!

最愛の相棒とともに

最愛の相棒とともに 3月24日(土)、春の暖かな日差しで、雪で固くなった桜のつぼみが一気に開きましたね(^^) 
 早いもので来週から4月、新年度入りですね。最近は時間の経過に加速度を感じます。歳を取りました(笑)

 表題の「最愛の相棒」は、もちろん我が愛車のこと。ささやかながら充実した毎日が送れている自分には、欠くことの出来ない存在であり、今後も変わることはないでしょう。
 自分は今年還暦を迎えます(^^) 愛車のメンテナンスに加え、いつまでも格好よく運転できる健康な身体と相応の体力維持にも気を遣っていこうと思います(^^)
 
 さて、今回のブログは3月の未報告写真でまとめてみました。


 24日(土)に撮影した近所の桜です。 綺麗に咲いていましたよ(^^)v




3月18日(日)の チョイ乗りから 


根岸港でまったり(^^)





いつものようにヨットスクール開講中





古い倉庫に横付けしてパチリ


パチリ


パチ


パチ


パチ


パチリ







次の目的地へGo


帰りにKn's Factoryに立ち寄り

ヘリテージパーツの在庫確認とあるパーツの製造見込をヒアリング
保安部品でしたが、現状製造再開の見込みはないとのこと。残念です(><)


1点発注


ノート e-POWER NISMO 用スポリセの体感試乗キャンペーン中



3月4日(日)の チョイ乗りから 


休日の早朝


久しぶりにモーニングコーヒーを飲みに大黒へ


34の日でしたが


32も






友遠方より来る




某氏の牽引フックイイですね(^^) 
妄想しましたが、Pダンパー装着車輛は無理みたいです。残念(TT)  




どのクルマも個性的。予定があったので一足先に失礼しました。




3月11日(日)の チョイ乗りから


第三京浜から首都高経由でベイブリッジを東進


方向転換のため大黒PAへ


PAは写真撮影のみ タッチアンドゴー


雲一つない綺麗な青空でした


湾岸線を南下。気持ちのよいクルージングで締めくくり、帰路へ



 忙しくても、いや、忙しいからこそ、乗りたくなるクルマ
 一緒に過ごす時間は、翌週のための貴重な充電時間

 25年の付合いとなった相棒は、なくてはならない存在
 クルマを降りるまで、乗り続けたい我が愛車 32GT-R


 ではでは(^^)

Posted at 2018/03/25 02:35:49 | コメント(11) | BNR32 | クルマ
2018年03月21日 イイね!

Nostalgic 2days 2018 ⑤ 最終回

Nostalgic 2days 2018 ⑤ 最終回    3月21日(水)、桜が開花した春分の日の横浜は、昼前からしっかり雪景色の寒~い一日になりました。
 Rに乗れず残念ですが、繁忙の毎日が続く老体には、週中のお休みはとってもありがたいです(^^) こうやって家でのんびり溜まったクルマの写真を整理するのも、ストレス発散になってイイですね(^^)v
 大変遅くなりましたが、2月17日、18日に開催された第10回 Nostalgic 2days 2018の報告も、いよいよ最終回「気になる車編」です。宜しかったらご覧ください。


うっすら雪景色(11時頃撮影)




3月なのに正午の気温は1.1℃ (横浜地方気象台発表)




もう一つのGT-R
いすゞ BELLETT 1600GTtypeR  (1969年~1973年)
渋いですね。オレンジのボディカラーが似合う車です。


1969年8月の鈴鹿12時間耐久レースの優勝マシン「GTX」をプロトタイプとして10月に発売


ブラック塗装のボンネット、エアインテーク、分割型フロントバンパー、フォグランプがtypeRの証


全長 4,005mm、全幅 1,495mm、全高 1,335mm、車両重量 970kg
前ダブルウィッシュボーン式/後ダイヤゴナルスイングアクスル式 4輪独立懸架


1.6L DOHC直4ツインキャブレター仕様のG161W型
最高出力 120ps/6,400rpm、最大トルク 14.5kgm/5,000rpm、 最高速190km/h



いすゞ  117クーペ  (1968年~1981年)

ジャパンプレミアム出展車輛
72年式 いすゞ 117クーペ  4,990,000円



日野 コンテッサ1300クーペ (1965年~1967年)

ENDLESSがフルレストアした日本一綺麗なコンテッサ
何処から見ても美しい低く流れるようなスタイリング


東京オートサロン2018でも展示されていたコンテッサ。今回のお目当ての1台でした。


全長 4,150mm、全幅 1,530mm、全高 1,340mm、 車両重量 945kg
前ウィッシュボーン式/後スイングアクスル式 4輪独立懸架


1,251cc 直列4気筒OHVエンジン 駆動方式 RR(リアエンジン・リアドライブ)
最高出力 65ps/5,500rpm、最大トルク 10.0kgm/3,200rpm、 最高速145km/h


エンジンルームもピカピカにレストアされていました。



マツダ コスモスポーツ (1967年~1972年)

世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載した2シータークーペ
説明は不要ですね


販売台数は前期型(L10A型)から後期型(L10B型)まで累計で1,176台



マツダ R360クーペ (1960年~1969年)

Rがついた乗車定員2名の2ドア軽クーペ  
最高出力 16PS/5,300rpm、最大トルク 2.2 kg・m/4,000rpm
全長 2,980mm 、全幅 1,290mm 、全高 1,290mm、 車両重量 380kg



ホンダ S800 (1966年~1970年)

略称「S8(エスハチ)」 2ドア オープン/クーペ
最高出力 70PS/8,000rpm、最大トルク 6.7kgf·m/6,000rpm、最高速度 160km/h
全長 3,335mm 、全幅 1,400mm 、全高 1,215mm、車両重量 755kg
S500・S600に続き66年1月に発売された高性能小型スポーツカー



ホンダ 初代Z (1970年~1974年)

Zはスペシャリティカーとしてデビュー。ロングノーズの2ドア・ピラードクーペ
こちらのZもオレンジが似合います。


ツインキャブ仕様の最高出力 36ps/9,000rpm、最大トルク 3.2kgm/7,000rpm
全長 2,995mm、 全幅 1,295mm、 全高 1,275mm、 車両重量 510~525kg



スバルは誕生60周年を迎えるスバル360を記念して特設ブースを設置していました。
尾根遺産も沢山いて力が入っていました。

スバル 360 (1958年~1970年)

初代 K111型  かわいいですね
全長 2,990mm、全幅 1,300mm、全高 1,380mm、車両重量 385kg


可愛いですがRRです


ヘッドライトのアルミリングと分割のバンパーがお洒落ですね


フロントサイドウインドウはスライド式


テールとウインカー兼用の超可愛いランプ


356cc、最高出力 16ps/4,500rpm、最大トルク 3kgm



スバル 1000スーパーデラックス (1966年~1969年)

スバルの基本駆動方式のルーツであり、国産初の量産型FF乗用車


水冷水平対向4気筒OHV 977cc  最高出力 55ps/6000rpm、最大トルク 7.8kgm/3,200rpm
全長 3,930mm、全幅 1,480mm、全高 1,390mm、車両重量 695kg





スバル ff-1 1300Gバン 4WD

東北電力のオーダーでFFから4WDに改造された国産初のワゴンボディの乗用車タイプ4WD
その後、レオーネ、レガシィへと引き継がれていく。スバルAWDのルーツとなったクルマ


スバルが所有する現存する唯一の個体


水冷水平対向4気筒OHV 1,267cc  最高出力 80ps/6400rpm、最大トルク 10.1kgm/4,000rpm
全長 3,880mm、全幅 1,480mm、全高 1,430mm、車両重量 695kg



スバル レオーネ 4WD ツーリングワゴン 1.8 (1979年~1984年)

レガシィに続く「ツーリングワゴン」、「4WDターボ」が誕生したのは2代目レオーネから


1.8L水平対向4気筒OHV、最高出力 100PS/5,600rpm、最大トルク 15.0kgm/3,600rpm
全長 4,275mm、全幅 1,620mm、全高 1,470mm、車両重量 1,035kg


スバル レガシィ(初代) GT (1989年~1993年)

レガシィは28年間スバルの看板車種として2014年に6世代目へ進化、
ツーリングワゴンは後継車種「レヴォーグ」に継承された
全長 4545mm、全幅 1,690mm、全高 1,395mm、車両重量 1,350kg



スバル アルシオーネVX (1985年~1991年)

リトラクタブルヘッドライトを採用したウェッジシェイプ(くさび形)のスタイリング
全長 4510mm、全幅 1,690mm、全高 1,335mm、車両重量 1,300kg


日本車で初めてCD値0.30の壁を突破し0.29を達成
フラッシュサーフェス・ラップラウンド・キャビン、ハイデッキ、ダックテール形状か特徴的




2.7L水平対向6気筒NA、最高出力 150PS/5,200rpm、最大トルク 15.0kgm/3,600rpm



スバル アルシオーネSVX (1991年~1996年)

全長 4,625mm、全幅 1,770mm、全高 1,300mm、車両重量 1,590kg


3.3L 水平対向6気筒 EG33型、最高出力 240PS/6,000rpm、最大トルク 31.5kgf·m/4,800rpm








:懐かしくてい可愛い3台














BMW M5

2017年10月に発表された6代目のM5 パシャリ


4.4LV8ターボ、最高出力 608ps/5600~6700rpm、最大トルク 76.5kgm/1800~5600rpm
ハイパワーを受け止めるM5史上初の4輪駆動システム


おお、価格は1703万円 


ボディもデカくて迫力あります。




〆はみらいの夕景



おまけ 前回のブログに続き、愛車画像(2月18日撮影)です。








ご覧いただき、ありがとうございました。

週末はお天気も回復して暖かくなりそうですね。ではv(^^)v




Posted at 2018/03/21 16:59:38 | コメント(5) | 旧車 | 日記
2018年03月11日 イイね!

Nostalgic 2days 2018 ④ トヨタ車編

Nostalgic 2days 2018 ④ トヨタ車編  予告をしながら2週間放置、鮮度の悪いブログになります  m(^^)m
 お陰様で毎晩遅くまでたっぷり仕事をさせてもらってます(笑) ストレスを発散しながら、仲間と楽しく頑張れていますのでご心配なく(^^)
 あと1~2か月、爽やかな新緑の頃を楽しみに、今年も、Rくんチョイ乗りと得意の妄想で乗り切ります(^^)v

 パシフィコ横浜展示ホールで2月17日、18日に開催された第10回 Nostalgic 2days 2018 より(^^)
 ④はトヨタ車編です。気になったクルマだけですが、宜しかったらご覧ください。

 あっ、その前に、生存報告を兼ねて、ピコRのワンショットを入れておきますね(^^)
 2daysに行った翌日、2月18日に撮影したものです。とても青く綺麗な空でした。
 沢山撮影したので、また何処かで♪





 86,201㎞ ピコRが走りたい◎◎ と言っている♪



以下、第10回 Nostalgic 2days 2018 より


ジャパンプレミアム出展車輛
68年式 トヨタ2000GT(前期型)  130,000,000円


全長 4,175mm 全幅 1,600mm 全高 1,160mm
ホイールベース 2,330mm 車両重量 1,120kg


トヨタ2000GT(後期型) 
当時の価格は238万円でカローラ6台分(大卒初任給は2万6000円前後)
日本向け生産台数 前期型110台、後期型108台、計218台、海外向け102台


MF10型 1988cc 3M型直列6気筒 DOHC
最高出力 150ps/6600rpm 最大トルク 18.0kgf·m/5,000rpm






トヨタ スポーツ800(通称ヨタハチ)
初代パブリカをベースに65年から69年に製造したトヨタ初のスポーツカー


全長 3,580mm 全幅 1,465mm 全高 1,175mm
ホイールベース 2,000mm 車両重量 580kg


ノーマルスペック.
2U型 790cc 空冷水平対向2気筒OHV
最高出力 45ps/5400rpm 最大トルク 6.8kgf·m/3,800rpm





スポーツ800 GR CONCEPT
TOYOTA GAZOO Racingの徹底的にチューニングされたマシン


GRチューニング
ボディ補強(ロッカー~サスペンション支持部)、エンジンバランス取り、点火系強化、
専用フロントパイプ&マフラー、専用ダンパー、専用シート&内装、専用メータパネル


前後クイックジャッキ用バーフレーム、ボンネットピン、給油口移設、大容量ガソリンタンク、
3点式ロールバー、レーシングサス


最高出力70ps 大口径キャブレター&マニホールド、圧縮比アップ、ハイカムシャフト





68年式 トヨタ 1600GT5

超懐かしい(^^)


近所のお兄さんがイエローボディの1600GTに乗っていました。
カッチョイイと毎日眺めながら小学校に通ってい頃を、しみじみ~(ーー)


TE27 73年式 スプリンタートレノ(初代)

スパルタンなトレノとレビン
この迫力のスタイルに子供ながらに憧れて、免許取ったらと夢見てましたね。.












TE51 78年式 カローラレビン(2代目後期) 

お洒落にスタイリッシュになりました。












TE71前期型 カローラレビン(3代目後期)   

最初に買った車がTE71前期型の白のハードトップGT でした。懐かしくじっくり拝見(@@)




そして、AE86 カローラレビン と スプリンタートレノ(4代目)

説明は不要ですね。










AE86 86年式 カローラレビンGT-APEX








GAZOO Racing 86











まだ、他社の素敵な車、思い出の車の写真があります♪ 頑張ります(^^)


Posted at 2018/03/11 10:14:35 | コメント(4) | 旧車 | 日記

プロフィール

「夏の思い出 2019 http://cvw.jp/b/2540366/43378153/
何シテル?   10/19 18:05
picoo32(ピコ)です。よろしくお願いします。 32GTR暦は2台で通算28年になります。 平成3年11月、ガンメタ車を新車で購入、平成6年2月、V...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

シルビア・ターボ・スーパーシルエット 1984年型 1/64  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/20 09:44:29
シルビア・ターボ・スーパーシルエット 1983年前期型 1/64 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/19 23:31:07
雨の休日 自宅でのんびりと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/16 23:38:35

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
日産 スカイライン GT-R BNR32 VspecⅡに乗っています。
日産 ノート のーちゃん(妻の愛車) (日産 ノート)
日常の足として妻と共用しています。コンパクトで使い勝手のよいハッチバックです。1.5Lエ ...
その他 キャノンデール その他 キャノンデール
Cannondale CAAD10 1 DURA ACE に乗っています。メタボ対策 ...
その他 ミニカー その他 ミニカー
ピコの秘密部屋 旧車を中心としたミニカー、お宝を整理していきます(^^) 2019年10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.