• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年08月19日 イイね!

2018 Indycar series 第14戦 ABC Supply 500 Qualifying

2018 Indycar series 第14戦 ABC Supply 500 Qualifying2018 Indycar series 第14戦 ABC Supply 500 Qualifying

2018年のインディカー・シリーズ 第14戦の予選が8月18日(土)にポコノ・レースウェイで行われ、ウィル・パワー(ペンスキー)がポールポジションを獲得。佐藤琢磨は10番手だった。

オーバルコースといえば楕円、もしくは長円のレイアウトが一般的だが、ペンシルベニアの緑深い山間に作られたポコノ・レースウェイは三角形をしている。それだけでなく、3つのコーナーはどれも異なる半径で、コーナーにつけられたバンクも1つずつ違っている。3本のストレートも長さが1本ごとに違う極めてユニークなオーバルコースとなっている。

このように3つのコーナーの性格が明確に異なる上、全長が2.5マイルと長いことからスピードも非常に高いものが維持されるため、マシンのセッティングもドライビングも難しく、ポコノ・レースウェイには“トリッキー・トライアングル”というニックネームがつけられている。

オーバルトラックでの予選は、各車が2周を連続して走行し、その平均速度をもとにグリッドを決定する。

ポールポジションを獲得したのはウィル・パワー(ペンスキー)。平均速度219.511をマーク。通算53回目のポールポジション獲得となり、歴代2位のA.J.フォイトに並んだ。歴代1位はマリオ・アンドレッティの67回。

2番手にはジェセフ・ニューガーデン(ペンスキー)、3番手にはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が続いた。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は平均速度216.863で10番手だった。

1 12 Power, Will D/C/F 40.9198 41.0808 01:22.0006 219.511

2 1 Newgarden, Josef D/C/F 41.1722 41.0941 01:22.2663 218.802
3 27 Rossi, Alexander D/H/F 41.2094 41.0733 01:22.2827 218.758
4 28 Hunter-Reay, Ryan D/H/F 41.3504 41.2918 01:22.6422 217.806
5 22 Pagenaud, Simon D/C/F 41.2416 41.4148 01:22.6564 217.769
6 6 Wickens, Robert (R) D/H/F 41.3551 41.3609 01:22.7160 217.612
7 26 Veach, Zach (R) D/H/F 41.3640 41.3617 01:22.7257 217.587
8 18 Bourdais, Sebastien D/H/F 41.4366 41.3997 01:22.8363 217.296
9 5 Hinchcliffe, James D/H/F 41.4384 41.5076 01:22.9460 217.009
10 30 Sato, Takuma D/H/F 41.4024 41.5993 01:23.0017 216.863

11 98 Andretti, Marco D/H/F 41.5262 41.5542 01:23.0804 216.658
12 10 Jones, Ed D/H/F 41.6197 41.5030 01:23.1227 216.547
13 9 Dixon, Scott D/H/F 41.5182 41.6572 01:23.1754 216.410
14 14 Kanaan, Tony D/C/F 41.5753 41.6318 01:23.2071 216.328
15 20 Carpenter, Ed D/C/F 41.7411 41.5825 01:23.3236 216.025
16 21 Pigot, Spencer D/C/F 41.8965 41.7556 01:23.6521 215.177
17 19 Fittipaldi, Pietro (R) D/H/F 41.9230 42.0574 01:23.9804 214.336
18 15 Rahal, Graham D/H/F 41.9882 42.0358 01:24.0240 214.225
19 23 Kimball, Charlie D/C/F 42.6072 42.3310 01:24.9382 211.919
20 4 Leist, Matheus (R) D/C/F 42.5070 42.5207 01:25.0277 211.696
21 59 Chilton, Max D/C/F 42.8636 43.0146 01:25.8782 209.599
22 88 Daly, Conor D/C/F 42.7467 43.3978 01:26.1445 208.951

HIGHLIGHTS: 2018 ABC Supply 500 at Pocono Raceway
Posted at 2018/08/19 08:26:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2018年08月19日 イイね!

2021年に延期に!

2021年に延期に!『MANUFACTURERS GIVEN MORE TIME FOR ELECTRIC RALLYCROSS SWITCH』

世界ラリークロス選手権は、電気自動車化の導入を2021年に延期した。マニュファクチャラー陣に、マシンを開発して参戦する可能性を調査する期間を与えるため。これによりマニュファクチャラー陣は、電気自動車での参戦を決定するための時間を、2019年3月29日まで与えられることになる。

世界ラリー選手権は、2019年、2020年も、現在の内燃エンジン(ICE)スーパーカーの使用を続ける。2021年以降、世界選手権は電気自動車のシリーズとなるが、ICEスーパーカーも重要な存在であり続けるという。

「エキサイティングなモータースポーツの新しい時代が目前に迫っている。電気自動車は、自動車業界のあらゆる側面で重要性が高まっており、ラリークロスは電気自動車が持つ楽しさと、コンペティティブでコスト効率が高く、環境に対応できる素晴らしいパフォーマンスを披露するための土壌として完璧だ」と世界ラリークロスのプロモーターを務めるIMGのモータースポーツ担当上級副社長、ポール・ベラミーはコメント。

「2017年7月の最初の公式ミーティング以来、この短い期間に非常に多くのことを成し遂げた。全く新しいラリークロスマシンが考案され定義が確立されたので、コンペティターたちに出来る限り最高の環境を与えるためにも、少し長く時間を与える価値はある。これまでのファンにもこれからのファンにとっても、この競技がよりスリリングになると信じている」

このマシンは、オレカ社が供給するカーボンファイバーのモノコックシャシーをベースに、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングのバッテリーを使用する。動力となる2基の250kWモーターはマニュファクチャラーが開発することになる。マニュファクチャラーは、BまたはCセグメントの量産車の寸法に合致してデザインされたボディをベースにそれぞれ公認を取得することになる。

プライベーターも選手権に参戦することができ、マシンはマニュファクチャラーから供給を受けるか、FIAが認可したベースデザインから独自のドライブトレーンとボディを開発することができる。

2020年シーズンには、何戦かでマニュファクチャラーとプライベーターがそれぞれの電気自動車を披露する機会が設けられるとのことだ。

流石にサーキットレースと違い振動の激しいラリークロスでは、電動化は難しいのではないかと思っていたんすが、やはりねぇ・・・

それでも先送りになったのが1年だけなので、どうなるのか見守りたいっすよね
Posted at 2018/08/19 07:55:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | World Rallycross | ニュース
2018年08月19日 イイね!

2018/19 6 Hours of Silverstone qualifying

2018/19 6 Hours of Silverstone qualifying2018/19 6 Hours of Silverstone qualifying

FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦シルバーストン6時間レースの予選が行われ、7号車トヨタTS050 HYBRID(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。

20分の予選セッション、まず7号車のドライブを担当したのはコンウェイ。一方8号車はフェルナンド・アロンソが乗り込んだ。
 
先にアタックしたアロンソは1分36秒789をマーク。後からアタックしたコンウェイは、それをわずか0.020秒上回るタイムを記録してピットに戻った。

ドライバーを交代し8号車は中嶋一貴、7号車はロペスがアタック担当。セバスチャン・ブエミと小林はピットで状況を見守った。
 
ロペスが1分37秒021を記録したのに対し、中嶋はミスがあったか1分37秒824というタイムだった。すると、コプスコーナーでLMP2クラスの29号車レーシング・チーム・ネーデルランドがスピン。グラベルにスタックし、動けなくなってしまったため、赤旗が掲示された。
 
残り時間が5分20秒のところからセッション再開。LMP1クラスのプライベーター勢がコースに出る中、トヨタの2台はピットに留まり、そのままセッション終了を迎えた。
 
これで、ポールポジションはトヨタの7号車。2番手が開幕から2連勝を飾っているトヨタ8号車となった。
 
3番手に入ったのは、SMPレーシングの11号車(ヴィタリー・ペトロフ/ミカエル・アレシン/ジェンソン・バトン)。バトンがアタックを担当したセッション後半にポジションを上げた。
 
LMP2クラスはジャッキー・チェンDCレーシングの37号車がポールポジション。2番手にはチーメイトの38号車も続いた。
 
LM GTE Proクラスは、アストンマーチンの2台を抑えた66号車フォードGTが首位。LM GTE Amクラスはチーム・プロジェクト1の56号車ポルシェがトップとなった。

1 7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 - Hybrid LMP1 H 1:36.895

2 8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 - Hybrid LMP1 H 1:37.306 +0.411

3 11 SMP Racing BR Engineering BR1 - AER LMP1 1:38.932 +2.037
4 17 SMP Racing BR Engineering BR1 - AER LMP1 1:39.070 +2.175
5 3 Rebellion Racing Rebellion R13 - Gibson LMP1 1:39.247 +2.352
6 1 Rebellion Racing Rebellion R13 - Gibson LMP1 1:39.613 +2.718
7 10 DragonSpeed BR1 1:41.412 +4.517
8 4 Bykolles Racing Team Enso CLM P1/01 - Nismo LMP1 1:41.839 +4.944
9 37 Jackie Chan DC Racing Oreca 07 - Gibson LMP2 1:44.896 +8.001
10 38 Jackie Chan DC Racing Oreca 07 - Gibson LMP2 1:45.083 +8.188
  ・
  ・
  ・
16 66 Ford Chip Ganassi Team UK Ford GT LMGTE Pro 1:55.727 +18.832
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
26 56 Team Project 1 Porsche 911 RSR LMGTE Am 1:59.001 +22.106
  ・
  ・
  ・
33 61 Clearwater Racing Ferrari F488 GTE LMGTE Am 2:00.118 +23.223

2018 6 Hours of Silverstone - Qualifying highlights
Posted at 2018/08/19 07:34:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | WEC | ニュース
2018年08月19日 イイね!

2018 WRC 第9戦 ADACラリー・ドイチュランド レグ2

2018 WRC 第9戦 ADACラリー・ドイチュランド レグ22018 WRC 第9戦 ADACラリー・ドイチュランド レグ2

世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイッチュランドは、土曜日のレグ2で2位につけていたセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がパンクに見舞われ、首位のトヨタGAZOOレーシング・ワールドラリーチームのオイット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が43.7秒という大きなアドバンテージを得て明日の最終日に2年連続勝利を賭けて挑むことになった。

ラリー・ドイチェランドは土曜日、バウムホルダーの軍事演習地へと戦いの舞台を移したが、12.3秒をリードしてこの日を迎えたタナクとオジエは前日に続いてまさしく一歩も引かないバトルを繰り広げることになった。

タナクはSS8アリーナ・パンツァープラッテ(9.43km)では後方からのスタートのために路面の汚れがあるために慎重にスタート、オジエに1.7秒を縮められている。しかし、タナクはSS9パンツァープラッテ(38.57km)ではヤリスのフロントフェンダーにダメージを負いながらもオジエを2.6秒引き離し、リードを13.2秒に拡大している。

バウムホルダーのあと、戦いはザールランド郊外のハイスピード・ステージと舞台を変えたが、タナクはSS10フライゼン(14.78km)でオジエに0.7秒縮められたが、SS11ルーマーシュトラッセ(12.28km)でふたたび1.6秒を引き離して、朝のループを終えてリードを14.1秒に広げている。

「このステージではちょっと良くなるようにトライしてフィーリングは良くなった。今日の午後のメインの目標はもっと最適なバランスを見つけて、またいいループを走れるようにすることだ」とタナクは語った。

いっぽう、オジエは朝のループで限界の走りでタイムを削ぎ落とそうとしたにもかかわらず、タイムを縮めるどころか1.8秒を失ってしまったため、すでに戦いの運命を受け入れたかのようにも見える。「トップタイムはいつもトヨタだ! 僕は本当にプッシュしている、前のステージは完璧だった。愚かなことだけはしないように可能な限り思いきりハードにプッシュしているが、ほとんど不可能かもしれない」
 
緊迫感のある戦いを続ける二人に対して、3位のティエリー・ヌーヴィル(ヒュンダイi20クーペWRC)は朝からハンドリングに不満を抱えてペースが上がらない。パンツァープラッテを終えてオジエとの差は20秒へと広がり、早くも「正直言って(追いつく)チャンスはないよ。クルマが全然思うように機能してくれない。ハードなブレーキングはできないし、デフもおかしい。何かが正しく機能してないんだ」と苦悩の表情を浮かべている。

SS10を終えてオジエから25秒遅れとなったヌーヴィルは、SS8でベストタイムを奪って後方から激しく迫ってきたヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)に対して朝のループを終えてわずか0.1秒差ながら3位を譲ることになり、さらに、SS9でベストタイムを奪ってペースを上げてきたダニエル・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)にも1.8秒差に迫られてしまった。

だが、ヌーヴィルはボスタールゼーのデイサービスでデフとともにギヤボックスを昨日オイル漏れがあったために念のために取り外してチェックしたものへと交換したが、ペースアップの決定打を欠くことになり、ついにSS12アリーナ・パンツァープラッテでソルドに4位を譲って5位へと後退することになった。

ヌーヴィルの失速によって、タナクとの白熱した戦いを続けてきたオジエにとっては、選手権リーダーのヌーヴィルとのポイントを縮めるまたとないチャンスが到来したかにも見えるが、続くSS13パンツァープラッテでまさかの事態が発生する。オジエはラリー最長のこのステージをスタートした直後に石をヒットしてパンク、残りが30km以上あるため彼はタイヤを交換を余儀なくされて、1分43秒を失って9位へと後退することになってしまった。

「パンクだ。いつもと同じラインなのに、どうして起きたか分からない。だが、そこに石があるかどうかはギャンブルのようなものだとしか言えないよ」と、ステージエンドで吐き出すように語ったオジエは、選手権争いにとっても痛恨の一撃になったことを覚悟したかのように引きつったような笑みをみせた。

このステージでふたたびベストタイムを奪ったソルドがこれで2位へと浮上することになり、首位のタナクのリードは42.8秒という大きなものとなった。オジエのニュースを知ったタナクは、「僕らも前のステージでパンクしていた」と告白、スペアを使い果たしていた彼はオジエとの勝負が決したことに安堵したことだろう。タナクはこの日残されたステージではペースを押さえて着実な走りでフィニッシュ、43.7秒という大量リードでこの日を終えることになった。

「今日のセブとの戦いは凄かった。僕たちは本当に激しくプッシュした。最初のループはあまりフィーリングが心地よくなかった。セブのトラブルは本当に残念だった」と語り、彼は2年連続のドイツ勝利を確信したかのように余裕の笑みをみせた。
 
2位はソルドが守り切ったが、3位のラトバラも最終ステージでこの日2つめのベストタイムを奪ってわずか0.8秒差に迫っており、まだまだ二人のバトルは行方は見えない。

ラトバラの8秒後方には4位のヌーヴィルが続いているが、バウムホルダーの汚れた路面では苦戦したエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)が、クリーンな路面だったSS10フライツェンのステージではベストタイムを獲得してヌーヴィルの後方6.3秒に迫っている。

また、ラッピの後方にはSS11ルーマーシュトラッセでベストタイムを奪ったクレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)が僅差で迫っていたが、彼はベストタイムを奪った2回目のルーマーシュトラッセの走行でコースオフを喫して6位から9位へと後退してしまった。

また、SS13パンツァープラッテのパンクで9位まで後退したオジエは、意地をみせるようにSS14フライツェンでベストタイム、さらにSS15ルーマーシュトラッセでも3番手タイムを並べ、6位のアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)の0.5秒後方の7位へと順位を上げている。

また、4位でこの日をスタートしたエルフィン・エヴァンス(フォード・フィエスタWRC)は朝からライバルたちのスピードに追いつくことができずに苦戦、SS9で7位まで後退したあと、SS10でコースオフ、サスペンションを壊してリタイアとなっている。

最終日はグラーフシャフト(29.07km)のブドウ畑のステージから始まる3SS/ 72.18kmという一日となる。はたしてタナクがこのまま逃げ切ることができるのか、それとも波乱のドラマが待ち受けるのか。オープニングSSは現地時間7時49分(日本時間14時49分)のスタートが予定されている。

WRC
1 8 オット・タナック トヨタ・ヤリス WRC 2:23:27.1

2 6 ダニ・ソルド ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:24:10.8 +43.7
3 7 ヤリ=マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリス WRC 2:24:11.6 +44.5

4 5 ティエリー・ヌービル ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:24:19.6 +52.5

5 9 エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリス WRC 2:24:25.9 +58.8

6 4 アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:25:17.8 +1:50.7
7 1 セバスチャン・オジェ フォード・フィエスタ RS WRC 2:25:18.3 +1:51.2

8 3 テーム・スニネン フォード・フィエスタ RS WRC 2:25:24.1 +1:57.0
9 10 マッズ・オストベルグ シトロエン C3 WRC 2:25:47.5 +2:20.4

10 11 クレイグ・ブリーン シトロエン C3 WRC 2:26:01.5 +2:34.4
  ・
  ・
  ・
  ・
51 105 セヤ・リョウプジョー 208 R2 3:37:22.2 +1:13:55.1
52 103 クニサワ・ミツヒロ フォード・フィエスタ R2 3:43:41.1 +1:20:14.0

WRC2
1 44 カッレ・ロヴァンペラ シュコダ・ファビア R5 2:34:29.8
2 34 ファビオ・アンドルフィー シュコダ・ファビア R5 2:34:32.7 +2.9
3 31 ヤン・コッペキー シュコダ・ファビア R5 2:34:35.7 +5.9

WRC3
1 63 .Taisko ラリオ プジョー 208 R2 2:58:58.6
2 62 エンリコ・ブラッゾリ プジョー 208 R2 3:01:49.0 +2:50.4
3 65 ルイーズ・クック フォード・フィエスタ R2T 3:18:00.0 +19:01.4

WRC - ADAC Rallye Deutschland 2018: Highlights Stages 8-11


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2018: HIGHLIGHTS Stages 12-15
Posted at 2018/08/19 06:54:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年08月19日 イイね!

日本で寿司を食べ、生まれて初めて「鮮度」とは何かを知った=中国メディア

『日本で寿司を食べ、生まれて初めて「鮮度」とは何かを知った=中国メディア』

日本と中国の食文化には大きな違いがあり、生ものが広く食される日本に対して中国では生食はほとんど見られない。野菜を生で食べることを嫌い、サラダも口にしたがらないという中国人もいるほどだ。

 しかし、近年は中国でも日本料理が広く食されるようになっていて、刺身や寿司といった形で生食に触れる中国人も増えつつあるのは事実だ。中国メディアの快資訊はこのほど、初めて寿司を食べたという中国人の手記を掲載し、「寿司を通じて、鮮度や新鮮というものが何か初めて知った」と伝えている。

 食材に火を通してしまえば、鮮度の良し悪しによる味の変化を感じられなくなってしまうのは当たり前のことで、しかも、中華料理は濃い味付けのものが多いため、鮮度の良い食材が持つ本来の美味しさを体験したことのない中国人は少なくないだろう。

 この中国人は日本を旅行で訪れ、日本の高級寿司店で寿司を堪能する機会があったようだ。マグロやウニ、フグなどの高級食材を楽しんだことを写真とともに紹介している。寿司を食べたのは今回が初めてで、魚を生で食べたのも今回が初だったようだ。生食の習慣がない中国ではこのような人は決して珍しくはない。

 しかし、寿司を食べることで魚は種類ごとに味や食感が大きく違っていること、そして「鮮度」とは一体どのようなものかを初めて知ったと伝えている。鮮度が良ければ魚は生で食べられること、そして、鮮度が良い魚は非常に美味しいということに衝撃を受けたようだ。近年は中国人もサンマをはじめ、様々な魚を食べるようになったと言われるが、将来的には魚を生で食す習慣も定着するかもしれない。
Posted at 2018/08/19 06:24:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

プロフィール

「[パーツ] #デミオ レッドブル・イヤーマフ(嘘爆) https://minkara.carview.co.jp/userid/2541884/car/2089842/9308189/parts.aspx
何シテル?   07/07 21:32
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.